フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

カテゴリー「うおこのつぶやき」の記事

ポーリッシュポタりーを手に入れた!

私にとってポーランドはあまり馴染みのある国ではありません。ドイツの隣国とはいえ一度も訪れたことはないし、その歴史や文化も未知数。戦争に絡んだ歴史を少々聞きかじったのと、周囲でポーランド出身の方がちらほらいると、そのくらいの知識です。

そんな私がちょっと興味を持ったのが、ポーリッシュポタリーと呼ばれるポーランド食器。
ポーランドに家族が住んでいるという友人宅へ遊びに行った際にその食器を初めて見ました。それまで全くその食器の事は知らなかったのですが、一目見て、私好みだな、素敵だな、と。
でもその時は記憶に留める程度でそれ以上追い求めることはしませんでした。

ところが少し前になりますが、私の住む街のお店で偶然置いているのを発見したのです。そのお店は衣類や雑貨を扱っていますが、商品は全て新品だけれど価格は安く提供しています。おそらく廃版となったり商品入れ替えのために型落ちとなったものだと思われます。
ですので常に商品は早いサイクルで入れ替わり、店頭に出ているだけで在庫もないと予想されました。


なんという一期一会。即購入決定!

私の買い物パターンは一目惚れ購入タイプではありません。
いいな、と思ってもとりあえず全部見て数ある選択肢の中から自分にとって一番気良いものを吟味して買いたいタイプです。
その私が現物をポンと手に取るのは珍しい事です。

本当は、調べたらもっと好きな柄があったんだけどな、とか決してそんなに安価なものではないので価格的にはお買い得なのか?などという考えも頭をよぎりました。でもここで見逃したらもう二度と手に入らないかもしれない
(ネット通販でいくらでも好きな柄が購入できるんですけどね。やはり気に入ったものは実物を見て買いたいという思いもあり)





Img_2740

幾何学的な柄に手描きの素朴さがくわわって独特の魅力がある。色も素敵。





Img_2741

上の食器を購入してから1カ月くらいたった頃だったかな、こちらも入荷したので即ゲット。
実は絵柄的にはそんなに気に入ったわけではないのだけど、実際に食べ物を入れて使い込んでいくと、優しい雰囲気が青の柄より馴染んできていい感じ。




Img_2742

この、ぽてっとしたフォルムも魅力です。外側にも内側と同じ柄が描かれています。
温かいスープを入れるとその大きさといい、雰囲気といい、本当に暖まる感じがします。


その後2カ月ほど経ちましたが、新しいポーランド食器は入荷されていません。もしかしたらもう入ってこないのかも。
次の出会いを心待ちにしつつ。




★ポーリッシュポタリーいいね、と思った方は★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ただいま夫と子供たちは旅行中

寒い。昼間暖かくなれど、朝晩の冷え込みが激しいです。室温が20℃を切るので40歳すぎたおばちゃん(←私の事だ)には堪えます。室内がそんな調子なので、外出時にはうっかり冬のオーバー着ていってしまい、あら、案外15℃以上あったのね、みたいな。

先週はとても寒くて雨も降ったので、ワインとなる予定のブドウ畑もけっこうダメージを受けたとか。ライン川・モーゼル川の懐で風光明媚な景色に囲まれて暮らす私としては、陽を受けて青々としたブドウ畑が広がるあの光景が待ち遠しいです。どうか5月は暖かくなって夏にはそんな景色を見せておくれ。


さて、今日の本題。
夫と子供たちが23日の旅行中で、有閑マダムしている私について。

といっても初日出発したのは午後3時で、それまで子供たちは保育園を休んで自宅待機。いつもは保育園でお昼ごはんを済ませる子供たちに昼食を用意したり、電車内で食べる晩御飯用のおにぎりを用意したり。2日目は完全に一人でしたが、3日目はコタロウの誕生日プレゼントをケルン市のおもちゃ屋さんで購入するという任務を仰せつかったので、アウトバーンふっ飛ばして車で向かいます。今このブログを書いているのが朝の9時。後1時間後には出発します。そして午後には家族とケルンで合流。途中までお迎えにいくような形ですね。

つまり、実はそんなに暇でもない。
コタロウの誕生日が迫っているので、居ない隙にその制作物をやらねば!思いがけない自由時間をどんな風に使おうかな~と考える余裕無しでした。夫は「邪魔する人(子供たち)も居ないから、たっぷり家の整理整頓ができるだろう」とか言ってましたけど、聞こえなかったフリで。


それでもちょっと思い直しました。
ついつい予定を入れて焦りがちなので、今回は少し贅沢に過ごそうと。今の私にとって贅沢というのは自分のための余暇時間を設ける事。もちろん毎日休憩という名目で珈琲にお菓子頬張ったり、お笑い番組見たりもしているのですが、それにプラスして、いつもとちょっと違うことしてみるとか。




Img_2443

2
日目の朝食。
パン、ルッコラと生ハムのサラダ、紅茶とフレッシュジュース。
ルッコラは子供たちが好きではないし和食には合わないと思うので普段はあまり買わない野菜。フレッシュジュースは休日によく作るけれど、ジューサーを洗う時間も含めるとけっこう手間。それを自分のためだけに作ってみました。たったこれだけの朝食を用意するのに30分近くかけちゃった。これだけで贅沢だわ。

そしてなにが贅沢って、ペーパーナプキンを自分一人のために使っていること(笑)。かわいい絵柄があるとつい買ってしまいますが、普段はほとんど使っていません。
ついでにパソコンでクラシック音楽を流しながら朝食をいただきました♪




Img_2444

おうちカフェタイム。いつもはコーヒーメーカーで自動でやってしまうか、自分でコーヒー落としてもミルクは冷たい牛乳そのまま入れるだけ。今日はちゃんとホイップしてふわふわの泡を作りましたよ~。カカオでハート型のデコも。ちょっとしたことなんだけど、特別感。


そして夜はお風呂にお湯ためてリラックス効果の高いバスソルトを入れて、ゆっくり読書。




Img_2457

本日の朝食。
昨日に引き続きルッコラのサラダ。今日はチーズとほうれん草入り。お気に入りのルイボスティー。
夫もルイボスティーは嫌いではないけれど、あまり積極的には飲まないので朝食時はいつもレモンティーなのです。なので一人の時はこちらを。それと初めて試すシリアルを。一口が大きすぎてチョコレートも固まり食べているようでした。これはもうちょっと小さい粒がよかったなぁ。



さ、準備して出発します。ケルンまで110㎞...安全運転!
また明日から頑張ろう。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

マレーシア人の友達ができました

在独8年。そんなに社交的でもないうえに、ドイツ語が未熟すぎる私はドイツ人に友人と呼べるような人はいません。コタロウの友達のママさんとは付き合いがあるといっても、それは互いの子供ありきです。個人的にお茶飲みしようかとか家族ぐるみの交流もなく。

そんな私でもアジア系の友人は居たりします。知り合うきっかけは、やっぱり互いに小さな子供連れだった、ということもありますが。


うーん、何ででしょうかね。

やはり外見的にも圧倒的にアウェーの状況に置かれている中で、民族違えど、対欧米人という大きなくくりで見ると同じグループに所属するアジア人に味方意識を感じるからとか。
醸し出す柔らかそうな雰囲気に安心感を覚えるから、とか?(こっちの人は黙っていても眉間にシワ寄せていたり、いろいろ大きめで威圧感のある人もいます)

私が消極的になってしまう最大の理由はドイツ語力なんですが、対アジア人に関してはそれをあまり意識することはありません。お互いドイツ語で苦労しているだろうな、ということを察することができるし、たとえ相手がドイツ語堪能だったとしても、こちらが話そうとする事を理解しようとしてくれるからです。

本当にドイツ人の友人が欲しいならば、ビクビクしてないでどんどん自分から出ていかないといけないのですが、こればっかりは性格もある故


ま、私の考察は置いておいて。

最近マレーシア出身の方とお友達になりました。

母国語はマレーシア語なのかと思いきや、話を聞くとマレーシアというのは多民族国家で、言語のくくりも単純ではないらしいのです。マレー人はマレー語を母語とし、中国系は中国語、インド系住民はタミル語を。それに加え1960年代まで公用語であった英語を母語とする人たちも多く。

彼女自身の母国語は中国語で、同じくマレーシア出身の旦那さんは英語が母国語。でも彼女は英語もできるし、夫婦ともにマレーシア語も多少はできるそうです。家での共通語は英語。4歳の長男は早くから保育園に通っていたのでドイツ語で話し、2歳になったばかりの次男は英語と若干の中国語を理解している。
複雑ですね~。
今まであまり考えたこともなかったけれど、改めて単一民族国家である日本が世界の中では異質な存在なのかとも思ったり。


旦那さん:「食事はやっぱり毎日日本食を食べているの?」

私:「そうですね。毎日お米を食べます」

旦那さん:「寿司とか」



日本食=寿司

うん、いや、そうなんですけどね。毎日お寿司は食べないよね。旦那さんにこの質問をされる数十分前に奥さんの方からも「毎日お寿司作るの?」って聞かれましたけど。

私が、「インド人は毎日カレーを食べているのかな」って思うのと同じなんでしょうね。


奥さん:「あ、あともう一つ日本食知っているわ!えーと、卵の
チャワンムシ?」

茶碗蒸し。ええ。それも日本に居たとしても滅多に食卓には上がらない料理かと思われます…。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

男の子の家あるある?

あー寒い。寒い。

桜も終わり、木々がいよいよ芽吹き、さ~春を満喫するぞ!と思ったら、寒くなりました。
霰も降るし、気温も一桁前半とか、あり得ない。マイナスまで下がって朝起きたら車のフロントガラスが凍ってた日もあり。
クローゼットの奥にしまい込んだ冬のオーバーをまた引っ張り出してきました。

そんなことや、いろいろとやらなければならないことも山積していて、あまり落ち着かない日々を過ごしています。
なので、これからしばらくブログは簡単な記事になると思われます(←自分に言い訳)。





Img_2217

うちのリビング。
トミカのプラレール、BRIO(木製レールの電車セット)、ミニカー、レゴブロックが占領。
この光景…The・男の子がいる家庭の図。
ぼやっと歩いているとうっかり線路を蹴飛ばして壊してしまうので注意が必要です。1日に何度も線路を作り直すハメになります。そしてミニカーを適当に並べると、たまに「そうじゃない!」と怒られます。




Img_2219

そしてコレ。うちの子限定?それとも他の家でもそうでしょうか。
おもちゃが入っていた箱が好きらしい。
時々、空き箱をじーっと眺めていたり、読めないはずの文字を読み込んでいたり。
コタロウもコジロウも二人ともです。

なんだかよくわからないけど、幸せなんでしょうね。



★今日もご訪問ありがとうございました★
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

イースターこぼれ話

イースター休みが終わりました。
我が家では毎年恒例の「エッグハント(卵探し)」をやって子供サービスも怠りなく。




Img_2426

もともとイースター用のお菓子が入っていた卵やウサギ型の缶ケースに、チョコやグミなどのお菓子を入れて室内に隠します。缶に入りきらない大きなものは、隠し場所を書いたカードを入れておきます。
文字をすっかり読めるようになったコタロウはカードを頼りにお菓子を見つけて更に大喜び。そんなコタロウの後ろをほぼくっついていくだけのコジロウですが、それでも自分で2つくらいはみつけたかな。


さ、イースターが終わったので次は子供の日に向けて兜や鯉のぼりを飾らなくては。もう少しイースターの飾りは残しておくものの、サクサクと次にいかないとあっという間に当日になってしまいますからね。それに3週間後にはコタロウの誕生日も待っています。大真面目に日独のイベントをやろうとするとけっこう大変。でもまぁ、子供が小さいうちはこれが私のライフワークだと思うので、頑張ってやりたいと思います。



さて、前置きが長くなって本題のボリュームが尻すぼみなのですが、本日はイースターのこぼれ話。

先週の木曜日のこと。コタロウが突然こんなことを言い出しました。


コタロウ:「明日はヨーズが死んだので哀しい」



ヨーズ...しかも明日死ぬって。何の話じゃ?
聞くと、保育園の先生がそう言っていたらしい。先生がこのタイミングで話すことといえばキリスト教絡みか?
ヨーズ→ヨーゼフ→ヨセフ? キリストの弟子か誰かにそんな名前の人いたような?すかさずネット検索して即判明。

イエス・キリストをドイツ語で表記するとJesus Christus(イェーズス・クリストゥス)。
ちょっと苦しいが、イェーズス→ィエーズ→ヨーズ、の聞き間違いか?
そして「明日死ぬ」ってことは金曜日。十字架に磔にされたキリストは金曜日に死んで3日後の日曜日に復活を遂げたそうな。これぞまさにイースター(復活祭)の話。(すみません、キリスト教に関してはかなり無知な私。)

先生から聞いた話を真面目に悲しい事としてとらえているコタロウはなんて素直なんでしょ。とりあえずイースターをただの子供イベントとして乗っかっているだけの我が家なので、「あぁそうかい」とあっさり流しましたけどね。




Dsc_0081

いつも子供たちにクリスマスプレゼントをくれるお隣さんへのお礼も兼ねて、また卵カバーを編みました。ゆで卵とチョコレートをセットにして贈りました。

はい、イースターお疲れ様でした!



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

「電気器具婚式」とも言うらしい、今年の結婚記念日

3月末の話なんですが、ワタクシうおこと夫の8回目の結婚記念日がありました。
まぁ、今年も我が家は通常運行ってことで、


何事もなく通り過ぎていきました。(´(エ)`)



何事もというのは、記念に何か食事をしに行くだの夫がサプライズで花束を贈ってくれるだの、お互い「今日は結婚記念日だね。いつもありがとう」などの感謝の言葉をかけあうなどなど


無いですねー。辛うじて当日を覚えていたくらいなもので。
世間一般のご夫婦はどのようにこの日を過ごしていらっしゃるのかしら。一度アンケート取ってみたいものです。


さて、そんな8回目は「青銅婚式」「ゴム婚式」または「電気器具婚式」とも呼ぶらしいです。
電気器具かぁ。結婚して一緒に住み始めた時に購入した家具の買い替え時という意味合いもあるのでしょうね。

確かに、最近の我が家は家電が怪しい。私のパソコンが壊れてつい最近購入したばかり。電子レンジは2年前に壊れて買い替えた。DVDプレーヤーも壊れたけど貰い物でしのいでいる。CDプレーヤーも壊れたのでこれも1年ちょっと前に別のものに買い替えた。テレビは時々通電でもしているかのように「ビビ!ビビッ!」ってなるけれども、使用頻度は高くないのでだましだまし使っている。掃除機も去年買い替えた。
冷蔵庫は使えているけど、冷凍庫には霜がすぐについてしまい、収納スペースが狭くなるのが問題だ。


そして最大の問題は洗濯機!!排水管の問題なのか、排水ポンプの問題なのか、どうも汚れた水が洗濯機の中に逆流でもしているかのように、洗えば洗う程洗濯物は薄汚れていく。そして臭いもひどい。


ストレスの一つなので洗濯機は今年買わないとだめかな~。でも夫と私のパソコン2台分、予定外の出費が重なってしまったし、実は先日私が運転している時に車をこすってしまって、その修理に400ユーロとかなんとか。痛いわ


うーん。そんな事をぼやいた今年の結婚記念日でした。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★

↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

桜便り

この数日の陽気で一気に桜が開花しました。
幹の大小も種類も様々(本当は桜じゃなくてそれっぽいピンクの花を咲かせる木だったり、アーモンドの木だったりもする)だし、並木道ではなく二、三百メートル歩けば遭遇できるというくらいまばらではあるけれど。




01



ドイツ人はおそらく桜が咲いたからって大して気にも留めないでしょう。綺麗だなとは思うかもしれ

ませんが。まぁそれは興味の問題なので日本人とて同じこと。

でも私はこの時期になるとどうやら桜アンテナが立ってしまう性なのです。自分の行動範囲内にある道のどこに桜の木があるのかだいたい頭の中にインプットされています。どこの木の開花具合がどんなのだったか、きっとご近所の人より把握しているかもしれない。
そんな役に立ちそうもない事を自負しながら、子供たちの保育園送迎をする日々なのであります。




021





03

うっすらと花びらの絨毯ができていました。コタロウは「女の子の絨毯だね」と。彼の図式ではピンク=女の子なので。






04





05

ご近所にある老人ホームのお庭。

写真が逆光ですごくわかりにくいのですが、ここのお庭は〝日本庭園をテーマにした?″と思わせるような作りになっています。
岩に見立てた大小の石が並べられ、脇には灯篭が置かれています。その合間をゆったりと水が流れ、桜の木も1本植えられています。まさに見ごろとなったこの時期は本当に趣のあるいいお庭だなと思います。


そこを眺めていたら、お散歩途中のお婆さんに挨拶をされました。
ここの施設に住んでいらっしゃるのか尋ねると、そうだと。ついつい、自分は日本から来ていて、ここのお庭は日本風に作られているんですね~なんて余計なおしゃべりをしたくなってしまった私。「綺麗なお庭ですね」と続けて話かけてみました。


お婆さん:「ぜんぜんダメよ。気に入らないわ。長い事庭を造る工事をしていて楽しみにしていたのに。」


私:「ど、どうして

お婆さん:「ベンチは少ないし、狭すぎる。●×/▼◇#

私:「で、でも眺めるだけで綺麗

お婆さん:「座るところはあるわ。奥の方に。」


見ると、奥の端っこに大きなテーブルがあって6人くらい座れるスペースがありました。

お婆さん:「でもね、私は友達も親戚も子供も誰もいないの。◎?*$#


...って、半分怒りながら見ず知らずの通りがかりの私に言われても

その後もあなたの家の家賃はいくらかとか、訳わからないことまで聞かれたのでそそくさと退散してきました。

そういえばそうだ。少し前までよく道ですれ違っていた白髪の足が少し悪いお婆さんがいた。この老人ホームに入居している夫を見舞うため毎日通っていた。ところがその夫は認知症なのか何らかの病気のせいで妻のことはわからないのだと言っていた。
私が子供を連れていたのがきっかけで話しかけられ、それから顔見知りになったのだけど、会うたびに自分が不憫であるような不満をこぼされました。

私と同じアパートに住んでいるお婆ちゃんしかり。2年前に夫に先立たれ、今は一人暮らしをしています。時々息子が様子を見にきていますが、かなりご高齢で足腰も弱いご様子。心配なので見かけるたびお元気か声をかけています。最近では笑顔も見られるようになりましたが、それまでは会うたび病気の話だとか、私にはもう楽しいことがないだとか、そんな話をされました。


私のドイツ語力不足で深く共感することも相談に乗ることも、適切な言葉をかけることができないのは申し訳ないのだけど、なんだか寂しくなりますね。歳を重ねるほどにいい事ばかりではなく背負うものが多くなるのもまた事実。
だけど、できるなら、歳をとってからこそ明るい話をしたいなぁと彼女らを見て思いました。

そういう意味では、実家の両親も夫の両親もそういう話をすることがほとんどありません。子供にだから?それもあるかもしれません。もちろん苦労話や辛い話をしたって構わないのです。でもそれが全てかのように暗く覆われているよりも、日常の小さな楽しみや喜びを抱えているのを感じさせてくれる方がずっと素敵。




06


なーんて事をピンク色の花を見上げながら思った次第。





07

花びらが散る様子を見て「雪みたい」と。もっと散らそうと必死に飛び上がってふーーーっ!と息を吹きかけるコタロウ。





08

こうして親の要望に応えて花と写真を撮ってくれるのなんて、あと何年だろう。



ついつい、いろいろな事に思いを馳せてしまいましが、とりあえず子供たちは元気です。
私も元気です。
それが一番。





09

朝焼けの景色も最高。

さーて、のんびりしていられません。こんなに洗濯日和なのですから、洗濯、洗濯!
洗濯機で洗えない冬のジャンパーや手袋、帽子がわんさかあります。
手洗いして、ついでに心もお洗濯!



★お花の下でお弁当食べたい★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

春なのに ~2017~

春、やってきましたね、ドイツ。
アーモンドの木が薄桃色に色づき、気が付けばあちらも、こちらの木も、まるで音が聴こえそうなくらいムクムクと芽吹き。小鳥たちは競い合うように活発にさえずり。
朝はまだ冷えるけれど、日中15℃を超える日は上着も要らないくらい。

こんな季節は、待ちわびた春の訪れに心躍らせながらカメラを構えていた私。
数カ月ぶりに仰ぎ見る青空や、彩りあふれる野の花たちにレンズを向けて。


が、しかーし。

今年はまったくそんな余裕のない私。
実は1月末からずっと体調を崩していて、身体も気分もいまいちすぐれないのです。倒れたり寝込んだり薬を飲み続けたりという程ではないのですが、とにかく風邪が治らない。
鼻風邪をひいてよくなってきたかな~と思った矢先に別のウイルスに感染したのか咳がひどくなり。それがまだ完全に治らぬうちに今度は突然38℃を超す発熱に見舞われ。それを23回繰り返すうちに花粉症らしき症状が出て最悪の状態に。鼻水はとめどなく流れ、くしゃみをすれば目からも涙。頭痛はするわ、咳は止まらないわ。

早く病院に行きたかったのですが、コジロウも同じようにズルズル風邪を長引かせていて保育園を休んでおり、小児科に行ったりするだけで手いっぱい。コタロウの保育園のお迎えや習い事も休ませたくなかったので、とても自分の病院に行く余裕はありませんでした。
しかしついに気管支が痛くて若干呼吸が苦しかったので、もう限界と思い先日かかりつけ医に行きました。

気管支炎じゃね?コレは。
と思っていたら、


医者:「風邪ですね。今流行っていてウイルスが蔓延しているからね~」。



ただの風邪か
。気管支炎とか、物々しい病名でもつけば「ほーれ、みたことか。私しゃ辛いのに家事を頑張ってますよ」アピールを夫にできたものだが。結局、痰を軽減させる薬を処方されただけで、その薬だって効いているんだかどうだか。
その後も続く痰で、咳をするたびに骨のあちこちが痛くなってきました。まず鎖骨。その周辺部位は咳をしなくても常に痛いです。それから肋骨。横隔膜のあたりに負荷がかかっているのがわかります。それから時々肩甲骨のあたりも。


早く治したいのでなるべく早く寝て睡眠を心掛けています。でもそのせいで自分のやりたいことをする時間が削られているというストレスもあります。

あーーーもうっ 春なのにぃ!キィーーーーー!!(*`pЗ´q)



アパートの前の芝生に水仙の葉が出てきました。この芝生は去年整備したばかりですが、球根は意図的に植えられたものではなく、その時運び込まれた土に偶然球根が入っていたのではないかと推測されます。
力強く伸びてきたその水仙の成長を見守っていたある日、コタロウがそれを出る釘は打つがごとく踏みつけているのを目撃。他(芝生部分)と違うものを踏みたくなる子供心はわからなくもないけれど、「花がかわいそうだろう!」と怒ってやりました。

その後コタロウの踏みつけにも負けず、なんとか起き上がって黄色い蕾までつけた水仙。
あと数日で咲くだろうと楽しみにしておりました。そして前述した病院からの帰り、ふと芝生を見ると蕾がなくなっている。蕾のついた茎は34本ありましたが、見事に首チョンパれていました。


だ~れ~だ~よ~ もう。
(-゛-メ)

芝生の横は砂場があったりサッカーをしたりする遊び場になっているので、おそらく子供がふざけてやったのでしょう。


そりゃー、やったけどね、私も大昔。花の首チョンパ。タンポポとかマーガレットとか。でも一応全部雑草(野草)だし。子供の心理もなんとなくわかるけどさーーーー。

どっと疲れが増しました。


と、同時に頭の中で懐かしのメロディがリフレイン。


春なのに お別れですか

春なの~に 涙(鼻水)がこぼれます~♪
春なの~に~ 春なの~に~
ため息 またひとつ~♪




※数年前から発症し、年々程度が悪化していく私の花粉症。例年は4月上旬でしたが、今年は3月中旬に第一波がやってきました。その情報は後日別記事にて。



★みなさまはお元気にお過ごしくださいね★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

冷蔵庫にカエルの卵

夫:「冷蔵庫に入っているカエルの卵みたいなの、なにあれ。気持ち悪っ!」

あぁ、あれね。カエルの卵だよって、

んなわけないだろーーー!



チアシードですよ、チアシード!

ミント植物の種子で、健康&ダイエット食品として注目されている、アレですよ。
水に浸しておくと10倍に膨らんでゼリー状になるっていう。

実は私、今年は少しだけ健康や美容に気を遣っていこうと思っている次第で。ほんの少しだけね。日焼け止めはこまめに塗りなおそうとか、腰痛対策用の運動をするとか、そんな程度だけ。
でも大好きな毎日のおやつは止められないの。ストレス解消と称してチョコレート三昧。

そんな甚だ疑問だらけの取り組みですが、家族の健康もありますし、食事には気を遣おうと思って日本から入手したチアシード。
さっそく試すわよ~と思った矢先のこの指摘。

….
だめだ。ヨーグルトに混ざてみたが、もうカエルの卵にしか見えない。
透明のゼリー状になったプルプル感といい、種の黒い点々といい、これは...。よく遊んだ裏山の小川にこんもりと溜まっていた、あの光景。30数年前の記憶が蘇る。

なんてことを言ってくれたんだ、夫よ。
もったいないから食べるけどね。

それとわからないようにこっそりとお料理に入れるレシピとかないかしら。


※チアシード愛用中の皆さま、失礼しました。あくまでも個人の感想です。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ引っ越ししようかな...&コメントくれた方へお詫び

またですよ~。

自分のブログにコメントができない、という状況がまた発生しました。
ココログさんに問い合わせると、海外からのスパム防止のため特定の地域からのIPアドレスに規制をかけているのでご了承ください...というような回答を毎回いただきます。しかしちょっと最近頻繁になってきたので、正直同じ問い合わせをすることすら面倒になってきました。

もうブログ自体お引越ししちゃおうかな。
FC2ブログかアメーバブログが無料ブログの中では人気のようなのですが、どこがいいのかしら。
でも今あまり時間がないので新しく構築する手間がなぁ...。過去のブログと別れてしまうのも嫌だし。

しばらくは続けるとは思いますが、ちょっと考えるかもしれません。


ということで、ひとつ前とその前の記事にコメントいただいているみなさん、コメントありがとうございました。そして申し訳ございません。今現在コメントの返信ができません。

1週間くらいで解決すると思いますので、また引き続きよろしくお願いいたします。



より以前の記事一覧