フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

カテゴリー「食べもの」の記事

スーパーで買ったあずきアイスが意外とおいしい

Lidlというスーパーで抹茶アイスが売っているという噂を聞きつけ、探してみました。
すると、こんなものを発見。




Img_1097

あずき味のアイスクリーム。
「アジアの心」とめっちゃ日本語で書いてある。

これ、誰に訴えかけているの?日本語知らなきゃ読めないこの一文。そしてJapanの表示も。
ここまで限定されたら日本人としては買うしかない!


ドキドキ。

パク・・・



イケル!!


抹茶味のは、まぁ、まぁ、こんなものでしょうという味だったけれど、こちらは案外おいしかったです。



そしてこんなのも発見しました。



1475425145068


アジアの心臓


と書かれた焼き鳥らしきもの。すごいキャッチコピーつけましたね。
どなたか試してみて感想をお聞かせください。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

くりくり坊主

栗が市場に出てきましたね。早速おいしくいただいております。
しかし栗といえば皮剥きが辛い。
そこで活躍するのが、コレ!




P1220792

その名もくりくり坊主!
ペンチのような形をしており、刃物の片方にはギザギザがついています。そこでぐっと皮を押さえつけ、もう一方の強力な刃でぐいぐいむいていくという。
栗が大好きでたくさん食べたい夫がネット注文をして、日本から送ってもらいました。


夫:「でもコレ、刃の向きが右利き用だからさ~、俺は使えないんだよね」(←左利き男)


え・・・。それ、買う時からわかってたんじゃ・・・。
夫は普通のナイフを使って皮剥き手伝ってくれますが、結局くりくり坊主を使っているのは私のみ。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

まだあった秋の味覚♪と、カボチャのその後

秋になると、夕焼け空も劇的な表情を見せることがあります。
これはそんなある日の一枚。



Dscf4397


あ~、寒いです。身震いして思わずきゅっと身体を縮めこんでしまう時は、自分が痩せ細っていくような気がします。あくまでもそんな気だけね。
実際は秋の味覚に舌鼓うってます。期間限定かと思うと、せっせと食べようと思ってしまい(笑)。

この秋の我が家のご馳走はムール貝。魚介類を犬猿しがちなドイツでも、この時期はムール貝が近所のスーパーにも置かれます。
パスタやリゾット、パエリアなんかに使ったりもしますが、シンプルに酒蒸しにするのが一番好きです。




Img_1106

この日はベルギー風にフライドポテトを付け合せにしました。
コタロウも大好きなので夫・コタロウ・私で争奪戦になり、1.5キロパックのムール貝があっさりなくなります。





Img_1100

前回の秋の味覚の記事で書いた、フラムクーヘンとフェダーヴァイサーの定番組み合わせも健在。おいしくいただいてます。


それから、カボチャ!その後のスーパーの在庫状況をお知らせしま~す。
今秋最初に入荷したグリーンカボチャが5個。私が3個を買占め、残りが2個となった時点で追加入荷されました。数は数えていませんが、ざっと見たかんじ7個~10個くらい。スーパーに行くたびに状況を見守っていますが、減ったかんじがしません。最初に入荷したものの残り2個はそのまま売れ残っています(2回目入荷のものはどれも大きさが小さいので見分けがつきます)。

この間、2回目入荷のものをひとつ購入してみました。
別のお店でもひとつ購入したので、我が家はこれで丸ごとカボチャ5個買いました(笑)。


Img_1101

カボチャパーティー継続中です。
煮物、天ぷら、スープ、シチュー、パンプキンパイ、バターとガーリック炒めなど、いろいろに使っています。これからカボチャ団子もつくる予定。

肥ゆる秋、ですかね。




★カボチャ好き、という方は応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

秋が楽しみな理由

9月中旬まで30℃を越える日が続いていたドイツですが、ようやく涼しくなり秋めいてまいりました。
秋が終われば暗い冬がやってくると思うと去り行く夏が惜しまれて仕方がありません。しかし、ここ数年秋の訪れも少し楽しみなのです。

その理由は、秋の味覚!

期間限定の“季節もの”が日本より多いドイツでは、本当にこの時期を逃すとまた1年後まで手に入れることが難しいものがあります。私が住んでいるような小さな街では特に。

その代表格がグリーンカボチャ!!
昨年、私が通うスーパーで日本のカボチャと見た目も味もよく似た「スイートママ」という種類のカボチャを見かけた時は、喜びのあまり半狂乱になってそれを買占め、カボチャ祭りを開催しましたわ。
その時の記事はコチラ。


そして今年はですね、「スイートママ」はありませんでしたが、これまた見た目がそれとそっくりで、ネーミングもそのままの「ホッカイドウ グリーンカボチャ」が並んでいました!!その他に名前は忘れてしまいましたが、「ホッカイドウ・・・」よりも少し平べったくて皮の表面がツルっと光沢があるような緑色のものもありました。それぞれ5個ずつ。

こ、こんなに緑のカボチャが並んでいるなんて・・・!夢のようです。一昨年まではただの一つもなかったのですから。

「これさ、絶対私のおかげだと思わない?去年試しに緑のカボチャも置いてみるか~って売り出したら、案外売れたものだから、じゃあ今年も仕入れてみるか、ってなったんじゃない?」


夫:はいはい、そんなわけないじゃん (っていう表情)

いや絶対そうだって。去年ほぼ私が買占めましたもん。あのスーパーのカボチャ売り上げにかなり貢献したよ。食に保守的なドイツ人がそうそう緑色に手を出すとは思えないよ?
(と、自負する私。)

では検証してみようではありませんか。912日の段階で私が見た在庫数は、緑カボチャその1は5個、ホッカイドウカボチャは5個。
20
日の段階でホッカイドウカボチャは既に私が3個購入して残り2個。ほらほら~~、私しか購入してないっ。どうなるかな~。

ちなみにホッカイドウカボチャのお味は美味しいです!とてもホクホクしていて栗カボチャのようです。しかしちょっと水分が少なすぎるのか、煮物にしたら食べるときにポロポロと崩れてきました。スープにしたら、冷めた時や翌日はすごい粘度があがってスープと言うよりカボチャのピューレになりました。水分出るように玉ねぎも一緒に入れたんですけどねぇ・・・もっと牛乳を足せばよかったかな。でも味は最高です♪


お次はミラベル。黄金色が美しい、まさにこの時期限定の果物です。
ミラベルについてはコチラ。


昨年はミラベルのパイを焼いたので今年はミラベルのクラフティを作りました。
簡単だけどクラフティなんて初めて作ります。張り切って家族に出したならば・・・我が家の男3人には不評。




Img_1065

こんなに残しやがって・・・!

これねー、23cmのケーキ型で焼いたんですけど、残り半分を私一人で食べることになりました。おデブまっしぐら♪でもいいんだ。私には美味しいから。


そして期間限定といえば、なんといってもフェダーヴァイサー!!ワインになる前の、発酵途中のぶどう酒ですね。
お酒が苦手な私ですが、これだけはまるでジュースのように甘くて美味しいので毎晩のようにほんの一口だけちびりちびりとやっております♪♪

これにフラムクーヘン(平べったいピザみたいなもの。これもこの時期限定が多いです。)を合わせるのがドイツ式。そうだ、今日はフラムクーヘンを食べよう!と、スーパーに出来合いのものを買いに行ったら売り切れてありませんでした。さすがドイツ。品切れしてから補充されるまで時間がかかるので思い立った時に手に入らないこともしばしば。
入荷したら買い置きしておかなくっちゃ。


これはまだ先になりますが、10月末くらいから栗が出てくるかな~。
日本に住んでいた時より食の面では季節を感じて過ごしているかもしれません。



★秋にバンザイ★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツで豆腐は作れるのか?

「突然ジューサーを購入した訳は」記事の続きです。


お豆腐を作ってみよう!と張り切る夫。
4日間酢に浸した卵の殻は少~しやわらかくなっていました。この殻を取り除き、ニガリの代用品完成!

さぁ、大豆をジューサーで潰しますよ、の段階になってネットでレシピを検索していた夫が言いました。

夫:「あれ~おかしいな。ジューサーで作るレシピがない。ミキサーでやるレシピならあるんだけど」


結局ハンドミキサーでやってみました。
ジューサーってこのために購入したんじゃなかったっけ?というツッコミは敢えてしない妻・・・ジュース作るのに大いに活用しているし。

お豆腐を成型するのにちょうどいい大きさの入れ物がなかったので、パウンドケーキの型に入れたりなんだり、うまく出来るのかどうかかなり疑わしい目で眺める妻の横で奮闘する夫。




P1220468

できました!薄っぺらいけど(笑)。
1回目とは思えぬほどいいお味。ドイツで売っている堅ったいお豆腐よりず~~~っと美味しくできました。




P1220471

大豆を搾る段階で出た豆乳で豆乳鍋を作り、さらに残ったおからで健康おから餅も作りました。上の写真はおから。
改めて大豆ってすごい。あらゆる形に姿を変えてもおいしくいただけちゃうなんて。そもそも、「大豆ににがりを入れたらお豆腐作れるんじゃない?」って考えた最初の人がすごい。
夫と、日本人ってすごいねーーーと、冷奴を食べながらしみじみとしたものです。



自宅でもちょっと頑張ればいろいろ日本食が作れるものだね~~~~と思った夫、今度はこんなことを言い出しました。

夫:「うどんって小麦粉と水だけで作れるよね」


・・・うん、うん。そうだね・・・。





P1220484

やりだした。
コタロウが足で踏み踏み。




P1220497

切るのは私も手伝いましたよ。でも美味しそうに見えない。

出来上がったうどんをパクっ。



美味しい~~~~~~っ
o(*^▽^*)o

(お腹空いていたので写真は撮り忘れました)



夫:「うどんもできるもんだなぁ♪」 ←ご満悦


我が夫、いったいどこへ向かっているのか。




★お豆腐、バンザイ★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

突然ジューサーを購入した訳は

突然夫がこんなことを言い出しました。


夫:「ジューサー買わない?」

うおこ:「・・・なんで?」

夫:「卵の殻と酢でにがりの替わりを作れるんだって。そしたらドイツで豆腐が作れる♪」


マ・ジ・で?


んなアホな。どこでそんなの調べた?
で、それを作るのにジューサーが必要なんだとか。

夫:「その大豆で豆乳も作れるし♪」

いや・・・そうかもしれないけど。


まぁ、フレッシュジュースが手作りできるのはいいことだし・・・と、豆腐作りのことはひとまず置いておいて購入を決定。




P1220370

こんなの。


P1220372

オレンジ、リンゴを中心にレモンや人参、トマト、キュウイ、モモなどなどなんでも好きなものを投入してジュースを楽しんでいます。先日は搾りかすを使ったカレーも作ってみました。
うん、私、健康的な生活している(ような気がする)♪




・・・と、すっかり豆腐作りの事を忘れていた頃、夫が何やら酸っぱいものを手にやってきました。器には酢に浸かった卵の殻が。

夫:「これを常温で4日間放置するんだって。そうするとニガリが・・・」


マージーでー?


時に夫は、私には持ち合わせていない大いなるチャレンジ精神を発揮する。
さて、その結果やいかに?次回につづく。



★豆腐は作れるか?次回ご期待★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

カボチャ祭り~♪

私的には今年はカボチャの当たり年だと思います。ななななんと、日本のカボチャによく似た味のスイートママが近所のスーパーで売っている♪♪

ドイツで通常よくみかけるオレンジ色のカボチャは、正直残念なかんじです。水分が多いので煮物には向きません。でも、これしかないのだから仕方がない。栄養をとるためだ、と思って時々購入してはため息をついていました。

がっ!今年はどういうわけか家から歩いて3分のスーパーに売っているんです!スイートママを求めて街中のアジアショップに通ったり(タイ産のカボチャが時々入荷していますが、いつ入荷するかわからないので無駄足することが多かった)、車で大きな街まで行ってそこの朝市で購入したりしたのが嘘のよう。

買占めるよね、もちろん。
ベビーカーのコジロウ連れて何個も買っていられないので、少しずつの購入ですが。
でもこれもあともう少しだと思われます。スーパーに並んだのは9月の初めくらいだったでしょうか、このグリーンのカボチャが出回るのはこの時期だけで、ハロウィンが終了する頃には姿を消してしまいます。




Dsc_0169

これは別のスーパーですが、彩りも鮮やかで種類も豊富。私はほとんど食べませんけどね。日本のスーパーのカボチャコーナーでは見られない光景ですね。




P1220382

右がスイートママ。見た目も味も日本のカボチャのようです。
左のひょうたん型みたいなのもバターナッツというカボチャです。これはおいしい、という情報をネットで見たので買ってみましたが、私はうーん・・・・、でした。水っぽくはないけれど、イマイチ甘みが足りないというか。たまたまイマイチなのに当たったのかもしれません。


スイートママ、今家に丸ごと1個あるけれど、もうひとつ買って冷凍しておこう。今後スイートママが無くなった時にバターナッツがまだあったらもう一度試してみようかな。

我が家の食卓には今頻繁にカボチャが登場しています。まさに年に一度のカボチャ祭り。



★今日もご訪問ありがとうございます。★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ミラベルっておいしい~~~♪♪

この歳になると「初」の食べ物に出会うことはあまりありません。特に日本に住んでいたら何でもありますもの。
ドイツに来た時に初めて食べた野菜などがありましたが、まぁ、まぁ・・・という感じで。

ところが!今年初めてミラベルという果物を食べました。美味しくてびっくりしましたよ~~~。



P1220387

ミラベルは西洋スモモと呼ばれ、プラムのミニチュア版みたいなものです。この黄色がとっても綺麗で味も甘く、とても上品な味がします。
大きさを私の小指と比べてみましたが・・・わかりますかね?

夏の半ばから秋の終わり頃に市場に出回りますが、その期間はとても短く6週間くらいと言われています。
フランス北東部ロレーヌ地方のものが特に有名で、世界で生産されるミラベルの7割はこの地域で栽培されているそうですよ

少し前にこのロレーヌ地方に小旅行したいね~と、ネットで調べていたらたまたまミラベルの存在を知りました。
首都メッスでは毎年8月末になると「Fetes de la Mirabelle(ミラベル祭り)」なるものが開催されているとか。
結局この旅行には行かなかったのですが、ミラベル食べてみた~~いと思っていました。そうしたらドイツでも八百屋さんに売っているではありませんか!!わ~お。近所のスーパーには売っていないので、ドイツに住んで6年間、存在に気付いていませんでした~~~。しかもほんの限られた期間だけですものね。

早速買って試してみました。
直接食べても絶品。子供たちも大好きでパクパク食べました。




P1220395

まずはジャムを作ってみました。この黄金色が綺麗~~~。




P1220397

次にミラベルのパイ。
市販のパイシートにミラベルをぎっしりと並べるだけという超簡単&手抜きケーキ。




P1220398

焼き上がりは・・・ちょっと焦げた?
お砂糖も何も必要なしとレシピに書いてあったのでそうしましたが、ケーキとして食べるなら私はもうちょっと甘くした方がおいしいかな~と思いました。生クリームを添えたらよかったかも。


本当はミラベルのタルトなんかを作ってみたかったけれど、それは来年の楽しみにしようかな。

ごちそうさまでした。



★ミラベル食べてみたいと思った方は★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

子供が大好き!トウモロコシの炊き込みご飯

先日トウモロコシの炊き込みご飯を作りました。以前に夫がレシピを見つけてきて作ってくれたのですが、これがまたすごーく美味しくて、子供たちも大好き。



P1220383

炊き上がりはこんなかんじ。お釜の蓋を開けると飯が見えないくらいトウモロコシがいっぱい。芯の部分も入れて炊くレシピでした。



P1220384


甘くてとってもおいしいです。家族みんな笑顔でいただきました。

残ったご飯を冷蔵庫に入れ忘れ、翌日に腐らせてしまったというマヌケなオチ付きですが・・・。

キノコや栗など、これから炊き込みご飯が美味しい季節ですね。


今回参考にしたレシピはこちら


★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

納豆を作って大成功

ドイツ在住の日本人なら一度は試そうかと思ったこともあるに違いない、手作り納豆。
納豆菌を日本から送ってもらったので挑戦しました!


夫が。

(普段はお料理はほとんどやりませんが、好きなもののためなら手の込んだものも作るうおこ夫)


24時間大豆を水に浸け、圧力鍋で30~40分蒸します。
大豆が指で潰せるくらいやわらかくなったら、ボールに移して水に溶かした納豆菌をふりかけて素早く混ぜます。このときに使う調理器具類を全て直前に熱湯消毒(殺菌)しておかなければなりません。これがけっこう手間でしたね。
その後密閉できる容器に移して24時間38℃~40℃を保ちます。

長時間いかにしてこの温度を保つかが問題ですが、我が家ではこの方法をとりました。




Dscf2323

大豆を入れた容器を大きな発泡スチロールの箱に入れ、ハイツング(パネルヒーターのようなドイツの暖房器具)の上に置きます。
発泡スチロール箱の中には湯たんぽと熱湯を入れたペットボトルを入れました。写真にはレゴブロックが写っていますが、このレゴの上に大豆の容器を置き、下にペットボトルが入っています。温度計も一緒に入れて温度管理をしながらお湯を入れ替えました。




Dscf2324

大豆を入れた容器はこんなかんじ。本当はケーキや食材を入れて運ぶための容器なんですが、ちょうど良く蓋がついていて密封できるのでこんなところで大活躍♪写真にはありませんが、蓋をする前に大判のガーゼを被せました。


で、夜寝るときはどうするんだ?って話。洗面所のハイツングの前にスタンバイさせました(洗面所が一番狭い部屋なので閉めきればけっこう暖かいため)。
朝起きてみると、ギリギリ37.5~38℃を保っていました。



Dscf2321

24時間経っていよいよ蓋をオープン!ふわ~っと納豆のいい香りがして、おお~~~っ、しっかり糸を引いています。大成功~~~。


ドイツで納豆を購入するととても高価です。しかも私の住む小さな街ではアジアショップでも手に入りません。いつもデュッセルドルフのアジアショップから購入しています。1パックを家族3人で分け、ちまちまと食べており。コタロウも納豆大好きなので争奪戦となります。

今日ばかりはそんな食べ方とはおさらばよ~~。

THE・納豆パーティー開催。


早速その日の夜に心ゆくまで納豆がけご飯をいただきました。
本当は1晩冷蔵庫で寝かせるといいらしいのですが、待ちきれずに食べちゃいました。

翌日は納豆丼なるものをいただき、さらに翌日には節分のご飯に納豆巻きを作りました。残りは冷凍保存したのであと2回くらいは食べられます。

シ・ア・ワ・セ。


夫よ、またよろしく~~~~。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧