フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« miwamamaさんへのコメント返信 | トップページ | 祝・卒園(前編) »

ドイツで初めて洋服のお直しを出してみた

2009年からドイツ在住ですが、初めて洋服のお直しを出してみました。
Änderungsschneidereiと看板を掲げているところもあれば、クリーニング屋さんの中でそのサービスを行っているところもあります。


今回は子供の夏用薄手ジャンパーのファスナー交換。
ドイツのみならず、私は日本でもジーンズの裾上げくらいしかお直しを出したことがありません。ドキドキしながら、まずは現物を持って値段の確認をしに行きました。


店員:「1516€ってとこね。」

値段はもうちょっと安くならないかな~とは思ったのですが、素人目にもファスナー交換は手間がかかりそう。ならば仕方ないかと。

店員:「ファスナーの色は近いものでお任せでいい?」

“おまかせ” なんて危険な言葉!悪いけど「繊細」な部分で感覚の違いすぎるこちらの方へのおまかせは、後悔する率高すぎない?しかもこのジャンパーにはポケットがついており、そのポケットに使われているファスナーも、飾りのステッチで使われている糸も色を揃えてありました。なのでメインのファスナーの色を適当に選ばれたらちぐはぐなことになる!


私:「ファスナーは今、私が見ることができますか?」

店員:「できません」

私:「じゃあ自分でお店で探して持ち込みます。そうしたら少し安くできますか?」

店員:「うーんせいぜい1012€であまり値引きできないと思うけれど」



まぁそれならいいかと、自分で納得するファスナーを探しに街に行きました。
ところが小さな街では案外色や太さの種類が少なくていいものを探せません。数件回ってようやく納得のものを見つけました。しかも在庫入れ替えのせいか、その色だけ安くなっていました。ラッキー!!50㎝ほどの長さで通常7€ほどのものが3€で。


ファスナーとジャンパーを持ち込んでお直しの引換券を受け取りました。引換券には仕上がり日のみ記載されていました。
本日火曜日で金曜仕上がり。で、金曜に取りに行ったらば

店員:「お直しの人が休んでこなくて、今日来たの~。だからできてないわ。来週の火曜日ね」


じゃあ連絡よこせよ


と、心の中で思ったけれど、そこは日本でもそんなものですかね。約束日にできていなくても仕方ないでしょ、かな?でも交通費かけてきたり、お婆ちゃんとか労力かけてきたりする人だっているのでは
と。それとも「できてますか~?」ってこちらから確認電話入れてから行くのが常識なのかな。

改めて火曜日に取りにいくと、前回まで対応してくれた店員さんは不在で別の方が出てきました。

店員:「15€です」

私:「え。私はファスナー持ち込んだんです。別の店員さんが、12€ほどだと言っていましたが」

店員:「知らないわ。伝票に15って書いてあるんですもの。その店員と直接話してくれる?」



たった
3€の事でわざわざそんなことしないですよ。15€支払ってきましたけどね。じゃあ持ち込んでも持ち込まなくても同じ値段だったんでしょうか。仕上がりに問題はありませんでしたが、先方の言い値で全て決まってしまうようで、後味悪いとまではいかないけれどなんだかすっきりしない注文になりました。

ちなみに、私が発注したお店はクリーニング店の中のサービスだったので、窓口に出た方がお直しの値段を決められるわけではなさそうでした。なので事前に値段の確約交渉も難しいと思われます。





★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« miwamamaさんへのコメント返信 | トップページ | 祝・卒園(前編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« miwamamaさんへのコメント返信 | トップページ | 祝・卒園(前編) »