フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 祝・卒園(前編) | トップページ | シュールテューテ制作 »

祝・卒園(後編)

保育園最後の行事は、各クラスの卒園する園児と先生だけで行く遠足でした。
チャーターバスで向かう先は動物とのふれあい園兼遊園地。完全なるお楽しみ会です。
コタロウはこれが何日も前から楽しみでならず、「あと〇日で遊園地に行く」と繰り返していました。




Img_3714

どんな乗り物があるのかなぁと想像しながら描いた絵。
ジェットコースターのつもりです。






01

当日保育園はお休みです。卒園生のみ朝8時半に集合。真っ赤なバスに乗り込んで出発です。
そして子供たちが遠足から戻ってくるのを待ち、夕方からは保育園で保護者が参加してのお別れ会が予定されていました。

で、私ってばてっきりこの日が登園最終日だと思っていたんですよね。卒園式なるものは無いと知っていたので、この遠足を最後の思い出にして楽しく過ごし、夕方から保護者が集合しての盛大な(?)パーティーで締めくくるのかと。

それでこの日は夫も一緒にコタロウを保育園まで送り、笑顔で手を振る息子を、あぁこれが最後の送り迎えなんだと噛みしめながら「いってらっしゃーい!」と写真撮りまくって盛大に見送ったんですが、実は翌週も1週間登園日があったという





02

夕方からのお別れ会は園庭で行われました。保護者が各自食べ物を持ち寄ります。





03

ビュッフェ形式の食事には果物やケーキ、パン、サラダなどが並んで賑やかです。
そんななか、私が持参したのは




04

手巻き寿司!The・日本人の威力を見よ!(?)

ふぅ疲れたぜぃ。お米5合分。具材を切るところから含めると準備に2時間以上かかったわ。
子供たちが遠足から帰ってくる少し前に保護者は保育園に集合ということになっており、時間は16:45分。16時すぎには作業を終えることを目標に、自身のお昼ご飯を済ませた後早速準備に取り掛かりました。しかし目標時間に集中したあまり、コジロウを保育園にお迎えに行かなければならないのをすっかり忘れてました(笑)。

ひたすら巻き巻き巻き巻き….はっ!と気が付いたら1430すぎ。コジロウの保育園は1500まで。慌てて猛ダッシュでお迎えに行きましたよ。


お寿司好きのコタロウはぱくっぱく食べていましたけど、いやいやいや、あなたじゃなくてみんなのために作ったものだから。先生方も保護者の方もみんな美味しいと言って食べてくれました。あっという間に無くなってましたね。お寿司の力、偉大なり。





05

食事もひと段落した頃、子供たちが集められました。園長先生からお祝いの言葉をいただきます。そして先生方一人一人の名前が呼ばれ、子供たちからお世話になった先生方への気持ちを込めて拍手が贈られました。
今度は子供たち全員の名前が呼ばれます。呼ばれた子はクラスの担任の先生からプレゼントの包みを渡されました。





06

プレゼントの中身はTシャツ!なんともかわいらしい絵がプリントされ、背中には子供たち一人一人の名前も入っていました。これは記念になりますね。





07

私たちのクラスでは、先生方へのお礼として鉢植えのお花を用意しました。カードとともに子供たちから手渡してもらいます。





08

それとは別に、私は個人的にクラスの担任の先生3名と園長先生には小さなお礼の品を用意しました。
コタロウの成長がわかるように、初めての登園日に撮影した3年半前の写真と、現在の写真を載せた手作りカードを添えて。
品物は和柄がプリントされたガーゼハンカチです。
ちなみに昔のドイツではハンカチ=鼻をかむもの(手を拭いたり汗をぬぐうものではない)という位置づけだそうで。現在はそんな用途も少なくなったらしいですがまぁそれは気にしない♪





09

たっぷり友達と遊んで帰宅。お別れ会で食事もしたので、家では特別なお祝いはしませんでした。でもやっぱり節目のおめでたいことなのだからお祝いしてあげたいという気持ちが膨らみ、急遽玄関に「おめでとう」の文字入りの飾り付けをすることにしました。

朝、遠足へ出発したバスを見送った後に突然思いついたので、家にあるものをかき集めて、急場しのぎの飾りです。なんとなく「卒業、入学」の飾り付けといえばお花紙で作ったお花、というイメージがあったのでそれを真似て。お花紙なんて持っていなかったので和紙っぽい紙で代用。隠し持っていた子供用木工工作キットを包んで小さなプレゼントとし、おめでとうのお手紙もつけて。
それを玄関ドアのノブにかけておきました。
長い1日を終えて帰宅したらそれを発見する、というサプライズ。もちろんコタロウは喜んでくれましたよ。



卒園、本当におめでとう。




★今日もご訪問ありがとうございました★

↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 祝・卒園(前編) | トップページ | シュールテューテ制作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝・卒園(前編) | トップページ | シュールテューテ制作 »