フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« レッグウォーマーを編みました | トップページ | 泣ける絵本 »

初のクルーズ旅行!-ギリシャ・ピレウス編

本日はギリシャのピレウス港に入港です。ここからエーゲ海の島々へのクルーズ船が出ており、エーゲ海クルーズの拠点となっているそうです。Wikipedeiaによると、ピレウス港はギリシャ最大&ヨーロッパ最大且つ世界第二位の旅客港なのだそうですよ。

観光の予定を立てている時、ここからエーゲ海の島へ向かうという選択肢もありました。しかし首都アテネにも比較的近いことから今回はパルテノン神殿を見学できるオプショナルツアーに申し込みました。

自力で地下鉄で行くこともできましたが、なにせパルテノン神殿は山の上。徒歩に不安のあるコジロウ、そして神殿に行くならベビーカーは持参できないということでできるだけ徒歩の少ないツアーに申し込みました。
この「自力で行くことを選択しなかった」のは正解だったと思います。ピレウス港は前述したように大きく、ピレウスの駅(私たちが行ったのはバスターミナルっぽかったです)えはまでもかなりの距離がありました。下船後はすぐに駅まで向かうバスに乗りました。そして駅からはまた別のバスに乗り換えてアテネに向かいます。これらはツアーに申し込んだので用意されていたバスです。これを自力でだなんてとんでもない。これから自力で向かわれる方は、よく下調べをされてからの方が良いかと思います。





01

さて、最初はバスのパノラマツアー。新しいオリンピックスタジアムを通りすぎうーん、説明がわからない。基本は下車しないので突然車窓に表れたパルテノン神殿を慌てて撮影したりといった具合です。事前にお勉強しておかないと認識する間もなく通り過ぎてしまいます。

これはシンタグマの近くの衛兵交代式が見られるところだったかな。





02

ハドリアヌスの門。

実は私、アテネは2回目です。学生時代の事なのでもう二昔も前の話ですが。車窓の景色から記憶を呼び覚ましながらのツアー。

坂道がけっこう多いなぁ。そんな中での縦列駐車、絶対嫌だわ~、よ~やるわ~。あれ~、こんな電気バス走っていたっけ?それにしても渋滞が多いな、なんて道路事情にも目を向け。やっぱり時間制限がある中公共交通機関を使ってきたら大変だったかもしれませんね。





03

そんなパノラマツアーで唯一停車したのが古いオリンピックスタジアムでした。10分のトイレ休憩と撮影タイムです。
あいにくの雨だったので撮影はささっとすませ、トイレへ。50セントなり。しかもお釣りも出なけりゃ両替機もない、50セントコインのみ受け付けるというトイレ。
たま~にこういう所があるので50セントコインは常に用意しておいた方がいいかもしれませんね。





04

バルコニーの装飾もなんだかギリシャっぽい。



ではいよいよパルテノン神殿へ向かいます。
雨脚が強くなってなってきたので支給された使い捨て合羽を着ました。時期によるかもしれませんが、夏場は観光客が多いので傘なんてさしていると迷惑になると思います。足場も悪いですしね。





05

こんなipadみたいなものを貸してくれました。実際の場所でボタンを押すと当時はこんな様子だったと、再建された建物が表示され、古代の世界をバーチャル体験できるものです。





06_2

これは興味深い!たくさん使ってみたかったのですが、舗装されていない石でごつごつした細い道をこんな岩場を見ながら登ります。大理石(?)の石段も雨で滑る滑る片時もコジロウから手を離せません。





07

アクロポリスの入り口であるブーレエの門をくぐって階段を上っているところ。





08

眼下にはヘロデス・アティクスの音楽堂。





09





10

前門(プロピライア)。ここを通ればいよいよパルテノン神殿と再会です~~~。





11

今通ってきた前門を振り返って。





12

はい、パルテノン神殿です。
建造は紀元前5世紀の事ですってよ人間の英知を感じざるを得ませんね。





13

別角度から。
前に来たときは青空広がる最高のお天気だったので神殿も白く輝いて見えたものですが、本日は残念。ずいぶん砂岩っぽい色に見えました。それでも変らないのはこの迫力。

夫はイメージしていたパルテノンと違ってちょっと残念そうでした。あまりにも修復していて重機もその辺に転がっていたりして。どこから見ても現代の物が映りこんでしまうからと。
絵葉書の美しい写真は相当加工しているのでしょうね





14

白く見える部分は修復した新しい所だと思います。人間は未来永劫までもこの遺産を守っていけるのでしょうか。





15

私よりもコタロウの方が熱心に使ってお勉強中。





16

遠くにディオニソス劇場をのぞむ。





17

えーと、なんだったかな、コレは





18

エレクティオン神殿。神室の玄関にあたる柱廊に並ぶ女性像(カリアテッド)で有名ですね。こちらはコピーで実物は博物館にあります。それは後程。




19




20

ギリシャの国旗はためく展望台。


ここまで来るのにとても疲れました。雨で転びそうなコジロウの手を握ったり時には抱っこしたりで十分に観光している余裕はありませんでしたし。実際転んで泣きわめいていたし。こっちも必死になるうえ合羽を着ていたら暑くて汗だくになるしで。
神殿を背景に撮影した私の顔は、どれもものすごいお疲れ顔になっていました、トホホ





21

繰り返しますが、これが造られたのは紀元前





22

アクロポリスの丘を下った後は丘の麓にある新博物館へ。これもオプショナルツアーについています。
アクロポリス博物館はかつてパルテノン神殿の裏側にありましたが、2009年に新博物館が開館されたと同時に閉館となったようです。
以前来たときは急に「(デモかなにかで)午後から休館」と言われてアクロポリスの丘を追い出されてしまったので博物館までは見学できなかったのです。
ですのでちょっと期待。が、またもや我が家のちびっ子たちの行動で打ち砕かれました。

博物館内を走る~~、大きい声を出す~、展示物に触れそうで怖い~~~。

で、ガイドさんのせっかくの説明も右から左へと流れてゆき、子供たちを監視したり怒ったりすることで終了したような。まぁ仕方ありませんね、博物館に来るにはまだ小さすぎる子供たちですもの。
それよりもなによりも、既に疲労困憊していたにも関わらず、アクロポリスの丘から一度も休憩なしで博物館見学というスケジュールが辛かったです。す、座りたい

23





24

でもこれだけは見なくては!こちらが本物のカリアテッド。





25

本来の姿で神殿の柱を担っていたらば正面からしか見ることができませんが、博物館では裏側からも見ることができます。

どうですか、この緻密な細工。





26

博物館からアクロポリスの丘が見えました。


このオプショナルツアーは「市内のパノラマツアー、パルテノン神殿見学、博物館見学、買い物」というスケジュールでした。
博物館見学後はかなり疲れていたのですが、バスに戻ることができず、なんとここからプラカ地区まで歩いていくことに。バスに戻れない=念のため持参していたベビーカーを使えない。
時間が押しているのか、どんどん歩いて行くガイドさんに必死についていくもコジロウに抱っこをせがまれ。年配の方には相当辛いスケジュールだったと思います。何組か離脱していた人もいたような?

プラカ地区についたら自由行動で、お買い物や観光などを楽しんでください~って言われましたが、集合は25分後。疲れたよ、座りたいよ、お腹空いたよ。
結局、解散した場所の目の前にあったカフェでお茶して終了。サンドイッチが4ユーロに対して3カップ分のアイスが6ユーロ。なんだかちょっと高い印象でした。

もちろん買い物などする時間もなく、帰りのバスターミナルで慌てて絵葉書だけを購入しました。


今回のクルーズ旅行で感じたのは、クルーズ旅行においてのオプショナルツアーの利用の難しさです。
絶対に観たいものがピンポイントであるならばツアーを利用してもいいですが、その街を観光したいだとか子供連れの場合はフリーの方が望ましいということです。ツアーではお昼ご飯のケアや休憩は全くといっていいほど考慮されません。子供には辛いだけでした。
しかしフリープランにすると時間制限もあるため、港からのアクセスを事前に下調べしなければならないという手間もありますし、悩ましいところです。


ともあれ、写真には残ったので子供たちが大きくなった時の記録にはなりました。





.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.


これまでの関連記事はこちら

・初のクルーズ旅行 ‐紹介編
・初のクルーズ旅行 ‐持ち物編
初のクルーズ旅行 ‐いよいよ出発編
初のクルーズ旅行 ‐乗船編
初のクルーズ旅行 ‐船内紹介編
・初のクルーズ旅行 ‐イタリア・バーリ編

初のクルーズ旅行 ‐トラブル編
初のクルーズ旅行 ‐ギリシャ・カタコロン編
・初のクルーズ旅行 ‐ドレスコード編
・初のクルーズ旅行-ギリシャ・ミコノス島編
・初のクルーズ旅行-船内の食事編



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.




★ユネスコ世界遺産のマークはパルテノン神殿★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« レッグウォーマーを編みました | トップページ | 泣ける絵本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レッグウォーマーを編みました | トップページ | 泣ける絵本 »