フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 今年も早速ズボンの膝補修 | トップページ | ドイツでマスクはご法度 »

初のクルーズ旅行!-ドレスコード編

あまりにも途切れがちにお届けしているクルーズ旅行記。ここいらでいったんまとめておきますね。
この記事の終わりに今までの記事のリンクを表記しておきます。初めての方、もう一度読みたい方はそちらからご覧ください。

また、このページの左バーにあるカテゴリー
2016年クルーズ旅行記」からもご覧いただけます。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.




では本日の話題は、夕食時のドレスコードについてです。


レストランで夕食を取る場合には、ドレスコード(服装規定)というものがありました。それは毎日変わり、今日がどのドレスコードにあたるかは、毎日お部屋に届けられる船内新聞に記載されていますのでそれをチェックします。

有料のレストラン、ビュッフェではドレスコードはありません。

私たちが乗った船では以下の種類がありました。
・ガラ(正装)
・インフォーマル
・カジュアル
・テーマパーティー


船で7泊したうち、正装は2回、カジュアル2回、テーマパーティーが3回ありました。





01

正装の日は女性は着物、カクテルドレス等。男性はタキシード、ディナージャケットまたはダークスーツとネクタイ等となっています。


私は一生に一度のクルーズ旅行の思い出だ!と思って着物を持参しました。荷物が増えるから、本当は正装にもなるワンピースを着ていこうと思っていたのですが、それに似合うヒールを持ってなかったのが理由なんですが。そのためだけに普段絶対に履くことのないヒールを買いたくなかったのが本音で(汗)。

地味ですが、夏だったので黒の紗の一重で。




02

夫もスーツで。子供たちも襟のある長袖服を着せました。靴は薄汚れた運動靴ですけどね(笑)。
他の方々も人それぞれで、さすがにTシャツにジーンズという方はいませんでしたが、比較的ラフな格好をされている人、ゴージャスなアクセサリーに彩られてしっかり着飾っている人など様々でした。子供も同様です。

着物はやはり注目を集めましたね。多くの視線を感じましたし、「綺麗ですね」と声をかけてもらったり、写真撮影をお願いされる場面もありました。



インフォーマルは外出着。女性はワンピース、ブラウスとパンツ等、男性はジャケットとパンツ(ジーンズはお控えください)。今回乗った船ではインフォーマルの日はありませんでした。

カジュアルは普段通りで。Tシャツやスポーティーな服装、ジーンズもOKです。



そして面白かったのがテーマパーティー。
これも船旅のお楽しみの一つだと思います。テーマの内容は当日の船内新聞で発表されます。

乗船2日目の夜に初めてのテーマパーティーがありました。テーマは「イタリアンナイト」。イタリアの国旗にちなんで、緑、赤、白のお洋服や小物でいらしてください、との事。

そんな都合のいい服持ってないし~~~~(汗)。




03

家族全員、精一杯の「緑」で統一して参加してみました。夫もコタロウも緑のTシャツで。




04

コジロウもまぁなんとなく緑(黄緑?)のTシャツで。私は写真にはありませんが、エメラルドグリーンのスカートを。

そしてテーマパーティーと言うからには、ドレスコードだけではありません。テーブルをご覧ください。イタリア国旗柄のテーブルランナーがありますよね?




05

テーブルコーディネートや食事の内容、レストラン内の装飾もそのテーマに沿って用意されているのです。




06




07




08

ウェイターさんの恰好まで。

こういうの見ているだけで面白かったです。





10

食事も佳境に入り後はデザートを残すのみというところで、いきなりラテン系の(?)陽気な音楽が響いてきました。同時に次々とウェイターさんが片手にお盆を乗せて列になって登場、そのままレストラン内を闊歩します。

これはですね~、おそらく、「はーい皆さん、シェフ特製の今夜のデザート、ティラミスを持ってきたぜ~~~」っていう行進だったのではないかと思われます。

ここで来場者は大盛り上がり。歓声を上げたり拍手で迎えたり。写真中央の人はなんの仮装をしているのかわかりませんでしたが、赤い布を振って楽し気な雰囲気を盛り立てています。
うちもコタロウに手元のナプキン振らせてノッてみました。

あ、もちろんデザートは全員がティラミスを頼まなければならないわけではありません。アイスクリームなど3種類から選べますし、必要なければ注文しなくても大丈夫です。私は「どうせならおススメを食べてみたい」派なのでティラミスにしましたよ。



09_2



滞在中、後
2回テーマパーティーの日がありました。ひとつは「60-70-80年代」で60-80年代を髣髴とさせる花柄の洋服で、と。都合よくそんな服装持ってきている人いるの?

もうひとつが「ホワイトナイト」で真っ白なお洋服をメインにしたスタイリングでどうぞ、とありました。
両方ともそんな洋服はなかったし、レストランでの食事にも飽きてきてしまった時だったので参加しませんでした。このテーマでどんなミニイベントがあったのかと思うとちょっと興味もありましたけどね。


ちなみに席は自由ではなく、いつも同じテーブルと決められていました私たち家族はたまたま4人用の小さめテーブルで家族のみでしたが、大きな円卓に見知らぬ人同士相席になることが多いと思います。ですのでレストランでの食事はひとつの社交の場。
クルーズ旅行の常連さんだったら、寄港地での観光がメインではなく、たくさんお洋服を持参してこういう場でのお洒落を楽しんだりする方もいるんだろうな~と思いました。




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.


これまでの関連記事はこちら

・初のクルーズ旅行 ‐紹介編
・初のクルーズ旅行 ‐持ち物編
初のクルーズ旅行 ‐いよいよ出発編
初のクルーズ旅行 ‐乗船編
初のクルーズ旅行 ‐船内紹介編
・初のクルーズ旅行 ‐イタリア・バーリ編

初のクルーズ旅行 ‐トラブル編
初のクルーズ旅行 ‐ギリシャ・カタコロン編



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.


★のんびりとですが、引き続き旅行記書いていきますのでよろしくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 今年も早速ズボンの膝補修 | トップページ | ドイツでマスクはご法度 »

コメント

こんにちは。
ブログを覗いてもらった上に、知りたい情報までコメントしてもらえて嬉しかったです♪
ありがとうございます!
こちらのブログもドイツ情報で一緒なので覗かせてもらっています。
でも、コメント入れずに読み逃げです~ごめんなさい^^;

クルーズ旅行、楽しいのが伝わってきます♪
素敵なご家族ですね。
また覗きに来ますね~これからもよろしくお願いしますヾ(*´エ`*)ノ

>komomo姉さん

コメントありがとうございました。
そして今までも覗いていて下さったんですね、ありがとうございます!
こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も早速ズボンの膝補修 | トップページ | ドイツでマスクはご法度 »