フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 初のクルーズ旅行!-ドレスコード編 | トップページ | 桜便り »

ドイツでマスクはご法度

冬から続く風邪や花粉飛散が活発になるこの時期、日本では多くの人がマスクを着用している姿が見られると思います。それはもう日本では当たり前の光景として定着しており、それに疑問を抱く方は少ないでしょう。

ところがどっこい。
ドイツでそんなことをしたら怪しさ満点すぎて、かなり奇異の目で見られます!!


なぜならドイツではごく一部の限られた人以外、マスクをする習慣がないから。
一部の限られた人というのは歯医者さんや病院のドクターであったり、化学物質を取り扱ったり粉塵がでるような作業をする人たちなど。
つまり、この限られた人たちが仕事の場において着用するのみで、一般人がマスク姿で外をうろつくなんてことはほぼあり得ないのです。

私のかかりつけ医の所では受付にマスクが置いてあり、待合室でそれを着用している患者さんもいます。ということは、マスクにはなんらかの感染を防ぐ目的があるということが多少なりとも認知されているのでしょう。けれどもそんな知識云々以前の問題で、顔の半分を覆い隠すマスク姿事態に驚きと不信感を抱く人が多いようです。


あっ、マスク姿の人がいる!
かなり危険な伝染病でも持っているのか?!
顔を見せられないということは、何らかの犯人か?!



先日、風邪による咳に加え、花粉症の症状が出て透明の鼻水がとめどなく流れたので、ついに子供たちの保育園送り迎えの際にマスクを着用しました。だって、そうしないと本当にどうしようもなかったんですもの。鼻につっぺ(ティッシュを丸めて鼻の穴につっこむこと)をして、それをマスクで隠すという。

まぁ、道行く人には驚いて振り向かれるは、保育園着いたら先生から「病気なの?」と問われるは、子供たちからも「病院の先生みたい」と言われてみたり「なぜマスクをしているの?」と質問されるは。
風邪をひいて咳もしているし、ウィルスがと説明したところで理解してもらえず、子供は眉間にシワを寄せてあからさまに怪訝な顔をして私から離れていきましたよ。


なんと思われてもいいんです。それだけひどい状態だったんですから。
でもこの姿で銀行に行くのは避けてみました。さすがに銀行強盗だと思われたらやっかいですから(笑)。


ちなみに、前述した「つっぺ」。

北海道弁なんですって?! 

今の今まで40年間知りませんでした。書いてからフト気になって調べてみたら北海道の方言とネットに書いているではありませんか。マスク姿よりこっちの方が私にとっては驚愕の事実だよ。


花粉症の症状も波があって今はおさまっていますが、例年だと4月上旬に酷くなるので戦々恐々としています。



★マスクを愛用している方、こちらに来る時はご注意ください★
↓ ↓ ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 初のクルーズ旅行!-ドレスコード編 | トップページ | 桜便り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初のクルーズ旅行!-ドレスコード編 | トップページ | 桜便り »