フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ひな祭りの工作2017 | トップページ | 卒業して大人になってゆく »

今年のカーニバルはけっこう楽しめました

終わりました、カーニバル週間。
先週の木曜日はコタロウとコジロウそれぞれの保育園でカーニバルのお祝いがあり、仮装をしていきました。そのままコタロウの保育園は休みとなり、その休みは月曜まで。コジロウの保育園では金曜日が通常通り開いていた代わりに翌週の火曜日までお休み。ちょっと風邪をひいたので今日(水曜)も保育園はお休みして。夫は金曜日と月曜日は会社がお休みだったので、私にとっては長いお休みのような気分でした。




01

コタロウの保育園で仲のいい友達と記念撮影。
右の子はワニ、真ん中の女の子は馬好きなのでカウボーイみたいな恰好を。コタロウは牛の着ぐるみで。黒い服着た子はもう着替えてしまっていたんですが、警察の仮装をしていたそうです。左の子は・・・ドラゴンだったかな。

男の子は海賊やら消防士、なんらかの着ぐるみを着た子が多かったかな。女の子は永遠の憧れでお姫様の恰好だったり、「アナと雪の女王」の人気はいまだ健在で、エルザの衣装を着た子が多かったような気がします。


コジロウの保育園の担任の先生(女性)は、「白鳥の湖」でお出迎えしてくれました。バレーシューズに白タイツ、白鳥の首が付いた純白のバレーの衣装。
素敵~って思ったけれど、同時に日本のお笑いコントなんかを思い出してしまった私(笑)。いや、さすがに白鳥の首はあの位置ではなく、背中から首に回すような形に作られていましたけどね。




03

今年の子供たちの衣装。
コジロウは私手作りのピーターパンの衣装で。2年前にコタロウ用に作ったものの使いまわしですが(汗)。
コタロウは牛の着ぐるみで。

とにかくコタロウは仮装もパーティーも好きなのでノリノリで楽しんできたようです。みんなで歌って踊ったと言っていました。


そして、コジロウ。



予想通り。


「残念だけどコジロウはパーティーを楽しめなかったわ」


と、保育園迎えに行った時先生が言っていました。


でしょうね。
だいぶ解消されたとはいえ、もともと人見知り・場所見知り・怖がりのコジロウ。
いつもと違う雰囲気だったり、先生をはじめ園児もフェイスペインティングまでバッチリしてきていたりするので誰だかわからない、見たこともないうごめく者たち的な?
登園した時点で涙目で固まっていたのでそうなるだろうとは予想していましたが、案の定、パーティーの間もずっとぐずぐずでイベントに参加できなかったようです。

まだまだ修行が足らんな。




02

違う意味でお疲れさまだった二人にはドーナツなどの揚げ菓子(カーニバルの定番といえば揚げ菓子)を用意。もちろん私も食しましたよ、ほほほほ。





04

ではパレードの様子を。
鼓笛隊の行進。いいですね、こういうのがある方が、山車から音楽ガンガン鳴らしているだけより盛り上がる気がします。




05

今年はこんな大砲を引いているのをたくさん見ました。私たちが見ているすぐ横に消防車が待機していて、多くの消防隊員もパレードを楽しんでいました。その彼らに向かって空砲を撃ったり紙吹雪を詰めて撃ったりして盛り上げていました。




06

その消防隊員さんたち。はしご車の上の特等席でしばしお仕事忘れて(?)観戦中。





07

大きな山車は、こんな風にトラクターで引いていることが多いです。コジロウは「大きなトラクターだ!」と大興奮。




08

こんなに足出しちゃって・・・寒いですよ(しかもやっているのは自分と同年代かもう少し上であろうおばさんだったりする)




09

かわいらしいドイツの凧に扮して。




10

ダースベーダー。




11

誕生日ケーキ(?)。おばあちゃんに近いおばさんも、おじさんもピンクのカツラつけてこの恰好(笑)。




12

その彼らの山車。




13

これらの山車の上に乗った人たちから、キャンディーやグミなどのお菓子が見物客に向かって投げられます。子供たちはそれを拾うのが楽しみ。
コジロウは、飛んできた飴が頭にぶつかっただかなんだかで半べそかいていましたが、5歳になり機動力アップしたコジロウは他の人達と争奪戦を繰り広げておりました。




14

今年の戦利品。いはやは、大量です。
私的にはポケットティッシュが一番嬉しい。おいしいチョコが投げられるっていうのなら私も必死に争奪戦に参加するところですが、ほとんどが飴とグミ。コタロウの友達が家に遊びに来た時にどーんと出すことにしよう。そうしないと消費できなさそうです。


郷に入れば郷に従えで、子供が喜びそうなイベントは特に、宗教関係なく関わった方がドイツ生活もより楽しめるのかなと思うのでありました。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ひな祭りの工作2017 | トップページ | 卒業して大人になってゆく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひな祭りの工作2017 | トップページ | 卒業して大人になってゆく »