フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 平仮名の習得状況 | トップページ | スーパーで買ったあずきアイスが意外とおいしい »

初のクルーズ旅行!-ヴェネツィア編

7時。教会の鐘の音で目覚めました。クルーズ旅行、乗船の前日は1日ヴェネツィア観光に当てました。
ヴェネツィアに来るのはこれで3度目。前回は2012年だったので4年ぶりです。

その時の記事はコチラ。
1
歳になりたてのコタロウの姿も。



まぁ観光というよりは、コジロウにとっては初めてのヴェネツィアなので記念撮影会と、私の独断と偏見による、気になる風景撮影会ですかね。
その様子を写真を中心にお届けします。




Photo

イタリア本土からの玄関口であるサンタルチア駅。ここからメインとなるサンマルコ広場まではこの駅を背にすると左手に進んでいくのが一般的だと思います。
ですが、今回は右手に進み、ローマ広場へ向かいました。
こちらからもサンマルコ広場へ行けるようです。




Photo_2

物資を運ぶボート。世界に名だたる観光名所でも、こういう生活感が垣間見られるのがいいですね。




Photo_3

見慣れたDHLをイタリアで見るとは。ボートも黄色だ(笑)。





Photo_5

こちら周りで来たのもよかったです。観光客は少ないし、その分素朴な景色に出会えたような気がします。
それと、アート関連のお店もちらほら見られました。




Photo_4

こちらはカーニバルの仮面の工房なのかな?もしかしたら絵付け体験とかができるのかもしれません。中に座っている子供たちは製作風景をのぞいているというよりは実際にやってみているのかも?





Photo_6




Photo_7

無数に張り巡らされた迷路のような路地。やっぱり今回も迷子になりました(笑)。

地元人なんでしょうねぇ・・地図も持たず、番地の表示も見ずに、サクっと細い路地を曲がっていった女性がいました。なんだかかっこいい。




08

煙突の形がいろいろです。




09

これはヴェネツィア特有?それともイタリアによくあるパターン?
よくわかりませんが、ドアノブが扉の中央についているものが目立ちました。



10

ドアの風景だけ切り取っても絵になる感じ。いいですね~。





11

DELL’ACCADEMIA
橋。ローマ広場からサンマルコ広場へ向かう際に運河を渡るにはこれが唯一の橋になります。私たちはこの橋のたもとにあるレストランで昼食をとりました。

ここで、「食事をしますか?それならいいですよ」と言われました。つまり、飲み物だけなら入店を遠慮してください、という意味です。あちらも商売ですので、単価の低い飲み物だけを注文するより食事をしてくれるお客様をとりたいのでしょう。
私たちは食事をするつもりでしたし、店員さんの態度も悪くはなく、食事もおいしかったのでそれほど嫌な思いはしませんでした。
それでも私たちが入店するときはテラス席も空いており、それほど忙しいようには思えませんでした。

同じことがこの後訪れたギリシャでもありました。30℃を超えてなおかつ強い日差しと湿気で倒れそうになり、どこでもいいから座って飲み物をお願いしようとレストランに入った時です。海沿いで船着場に近いそこのレストランは大勢の観光客で混雑していていました。ようやく開いた席に座ろうとしたら店員さんが「飲みものだけならダメだよ」と。

そこは混んでいましたし、たとえ私たちを断ったとしても代わりのお客様はたくさんいたでしょう。でも店員さんの応対は悪く、店を選ぶよりすぐにでも座りたいと思っていた私には印象が悪かったです。しかも既に席に座っているお客様を見ても飲んでいるだけの人がほとんどでした。
これはどういうこと?食事が運ばれる前に飲んでいるだけ?それとも食べ終わって食器が片付けられた状態で飲んでいるの?
もしかして、子供連れのアジア人だから無下に断ったの?なんて憶測までしてしまいました。

どうせ観光客でリピーターになるわけではないから強気の態度だったのだと思われますが、せっかくいい思い出をつくりに来ているのに気分が台無しです。二度とくるものか、なんなら店名をメモしておいてネットで悪口流そうか~なんて思いましたよ。
今後もどこかで同じような場面で入店拒否されることもあるでしょう。でもせめて申し訳なさそうにしてくれたらいいのに、と思いました。





12

話を観光に戻します。
こちらはその橋の上から見た景色。




13

「ゴンドラかっこいい!」とコタロウは興味津々。

その時は言わず、後から「ゴンドラ乗りたかったなぁ」なんて言ってました。ダメダメ、我々には高いもん・・・。





14

サンマルコ広場にやってきました。なぜか気合の入ったポーズで撮影に挑む二人。




15

そして広大な広場を疾走。
わかりますかね~?遠くに緑と黄色のTシャツを着たちびっこらが走っているのを。はい、うちの子たちです。しかも、地面にまるで迷路のように見える白い石の部分に沿って走っているのです。意味不明じゃ。




16

何度見ても美しい天文時計。屋根に鐘を鳴らしているような人たちの像があるなんて3度目にして初めて気がつきました。


サンマルコ広場からは海の幸を前面に押し出したレストランがひしめく路地を通りながらサンタルチア駅に戻りました。
そのレストランの前には大きな水槽が置かれ、ロブスターみたいなエビも泳いでいました。初めてそんなものを見たコタロウ、釘付けです。エビのハサミが動いているのを見て、夫が「エビがコタロウにバイバイしているよ」と言ったら、コタロウもニコニコしながら何度も手を振り返していました。純粋ですねぇ・・・。



17





18




19

それにしても。今回もやはり思いました。ヴェネツィア物価は高い!
コーヒー5ユーロくらいとか。あ、日本ならこれくらい当たり前か・・・。でもピザが10ユーロくらいなのにコーヒー15ユーロは高い気がしますね。
そしてチャージと銘うって、席に座るだけで一人2ユーロ前後かかりました。その代わり私はチップは払いませんが、食べた額によっては、うーん・・・なんだかすっきりしません。
ホテルでもツーリスト税みたいなのがかかりましたし。イタリアって未だにこんな制度をとっているんですね。

丸い型ですくうタイプのアイスクリームも、ひとすくいが1.7ユーロくらいでした。あまりに暑くてアイスが食べたいと子供たちにせがまれていたのですが、スーパーでカップアイスを買って石段に座って食べました。庶民でごめんねー!(笑)

公共トイレは1.5ユーロ!!でもサンタルチア駅は1ユーロでしたよ。ここですますべし。


最後に貧乏くさい話題で失礼しました!
子供たちはゴンドラもボートもたくさん見ることができてヴェネツィアを満喫していたようです。コジロウにいたっては、電車にも船にも何度も「バイバイ」と手を振っていましたよ。



次回はついにクルーズ船にお目見えします。





★長文、最後までお付き合いいただきありがとうございました★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 平仮名の習得状況 | トップページ | スーパーで買ったあずきアイスが意外とおいしい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平仮名の習得状況 | トップページ | スーパーで買ったあずきアイスが意外とおいしい »