フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 季節はずれだけど宣言します | トップページ | 雨の中のSt.Martin2016 »

初のクルーズ旅行!-紹介編

夏のバカンス旅行、今年はなんとなんと、地中海クルーズに行きました~~~!
なんだかとてもいい響き♪クルーズ旅行なんて私には縁がないと思っていましたが、ドイツにいる間にできる事はやっておこう、という夫の提案で実現いたしました。

なにしろ初めてのクルーズはわからないことだらけです。実際にクルーズ旅行に行った人の旅行記をいくつか読みながら準備を進めました。私のこの体験記もこれから行く人の参考になればと思い、かなり細かく書いていきたいと思います。

新カテゴリー2016年クルーズ旅行記」をつくりました。これから年内いっぱいを目処にのんびり記事を掲載していく予定です。後でまとめて閲覧する場合はこちらのカテゴリーから検索してくださいね。


では本日は、クルーズの工程と船の紹介をしたいと思います!



■クルーズ工程■


出発日:
93日(土) 出港:イタリア・ヴェネツィア
到着日:910日(土) 帰港:イタリア・ヴェネツィア

9
3日(土) イタリア・ヴェネツィア  - 16:30
9
4日(日) イタリア・バーリ      11:00- 17:00
9
5日(月)  ギリシャ・カタコロン      11:00- 17:00
9
6日(火)  ギリシャ・ミコノス島     08:00 -20:00
9
7日(水)  ギリシャ・ピレウス      07:30 -19:30
9
8日(木)  終日航海
9
9日(金)  クロアチア・ドゥブロクニク 09:00 - 15:00
9
10日(土) イタリア・ヴェネツィア    09:00 -


出港は16:30とはいえ、船のチェックインは13:00。当日の朝ドイツを発つのは危険すぎますし前日でも飛行機の時間の関係でなんだかちょっと中途半端・・・ということで私たちは1日の夕方にドイツを発ちイタリアに2泊しました。
1
日は移動日、2日は丸一日ヴェネツィアの観光に当てました。



■船■

MSC
クルーズ MAGNIFICA

MSC
クルーズはヨーロッパ最大のクルーズ会社。
何故この会社のこの船を選んだのか?最大の理由は子供料金が無料だから!
(他にもおそらく無料の会社はあると思いますし、MSCでもいろいろ条件がありますのでそこはご自身で確認されてくださいね)


絶対に失敗したくない!という人はこの船のお料理がおいしいとか、こんな船内設備があるとか、いろいろ調べるかと思います。でもそれをやり始めたらきりがないですし、初めてなので他と比べようもありません。

私たちの場合はまず上記の理由からMSCクルーズにしようと決め、それから大雑把に「このあたりの国に行きたいよね」というイメージを持つことから始めました。

次に日程。夫が休みを取れる日が決まっているのでその日出港の船を探します。
私たちの他の条件としては、子供連れなのでファミリーも楽しめるカジュアル船であること(もちろん豪華客船だと価格の条件にもひっかかってきます)。おおよその予算を決めてその範囲内の船にすること。
この時点で候補は23つに絞られました。

最後に寄港地とその停泊時間で決定します。
似たような航路でたくさんの船が航海しています。同じギリシャでもいく島が異なったり。
私たちの場合は子供連れなので夜出歩くことはないだろう、したがって昼過ぎや夕方に寄港地に到着して夜の時間まで楽しむような設定はあまり意味がありません。早朝到着も疲れます。それよりは朝食が終了したくらいの時間に到着して、ひとつひとつの寄港地での停泊時間が長い方がいいと思いました。


そして「MAGNIFICA」に決定しました。
この船のここがいいから!ではなく、自分たちの条件で最終的にこれに決めたというかんじです。


さて、ここまでの工程は夫がネットで探してくれた情報で決めることができました。
もちろんこの後の予約手続きも自分たちで行えます。が、いろいろ聞きたい事が日本語で聞けて新しい情報が得られるかもしれない・・・ということで、私たちは日本の旅行会社のフランクフルト支店に話を伺いにいきました。日本人スタッフが対応してくれます。

これが、正解♪
船の予約をするところまでは自分たちでネットで探す情報となんら変わりはないのですが、その後のケアをすべて日本語でやりとりできたのでとても安心でした。
例えば寄港地でのオプショナルツアーの情報やチケット受け渡しの日程、その他ネットでは探せなかった船に関する質問などなど。
初めに一度お店に行きましたが、その後はすべてメールでやりとりできましたので、何度も足を運ぶ必要はありません。旅行会社を通すことで手数料がかかることもありませんでした。



次回は持ち物などの準備情報をお届けします。



★楽しみにしているよ~という方は、応援クリックお願いします。励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 季節はずれだけど宣言します | トップページ | 雨の中のSt.Martin2016 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節はずれだけど宣言します | トップページ | 雨の中のSt.Martin2016 »