フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ちょっと小旅行2-ケルンの科学博物館へ | トップページ | 長寿祝いに手作りカード »

ドイツの収穫感謝祭

10月の第一日曜日はドイツの収穫感謝祭Erntedankfestです。
お祭りといっても音楽あり、お酒ありのお祭りをするものではなく、教会で収穫感謝礼拝を厳かに行うものです。
収穫した農産物で飾りつけたものを捧げ、収穫を神に感謝するのだそう。

昔は収穫を自然の女神に感謝する風習だったそうです。それがいつしか、創造主である神が恵みを与えてくれると信じられるようになり、神に感謝する日になったようです。
今でも馬やトラクターに引かせた荷台に収穫物を積み込み、走る回る村が残っているそうです。


農産物による飾りつけがどんなものなのか見てみたい気もしますが、礼拝を覗いてみるほどの勇気もなく、まだ一度もその雰囲気を味わったことがありません。

ちょっとだけ参加したといえば、コジロウの保育園で収穫感謝祭をやるから果物を少し持ってきてくれと言われてリンゴなどを持っていったことくらいでしょうか。


この時期に合わせてカフェの飾りや保育園の工作で取り上げられるモチーフにDrache(凧揚げのタコ)があります。
これが収穫感謝祭に関係あるのかないのかは不明です。すみません、そこまで調べられなかったです。

日本で凧といえばお正月ですよね。でもドイツは秋。保育園の先生に、何故凧なのかを聞いたら「さぁ~、秋は風が強くなるからじゃない?」と、よくわからないようでした。




20169_drache

こんな風にひし形で顔を書き、リボンをつけたりするのが一般的です。それもなぜなんでしょう。謎です。
これはコタロウの保育園作品。右は3歳の時のもの。左は先日作ったものです。顔が上手に描けるようになりましたね。


★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ちょっと小旅行2-ケルンの科学博物館へ | トップページ | 長寿祝いに手作りカード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと小旅行2-ケルンの科学博物館へ | トップページ | 長寿祝いに手作りカード »