フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

ちょっとだけハロウィン

いよいよ秋も終わりです。暗い冬の始まり・・・って、既に10月中旬くらいから雨が多く、11月のようなお天気が続いていますけれども。



Dsc_0002




今年はもう十分すぎるくらいカボチャも食べていますし、なんだかちょっと面倒くさくなっちゃってハロウィンのイベント事はスルーしようと思っていました。

去年もらったカボチャの仮装マントも出番無し・・・
うーん。せっかくあるのにな、もったいないか。超お手軽な飾りつけだけしようか。



Img_1198

ということで、ちょっとだけハロウィン気分です。
マントを壁に飾って、その横に「Halloween」の文字。



Img_1199

文字はコタロウが切り取ってくれました。なのでちょっといびつ。
それにお化けカボチャやコウモリなどの飾りを貼り付けて。飾りは去年だったかな・・・日本人仲間の子供たちと工作しようと思って手作りしたものが余っていたのでそれを活用しました。



Img_1204


ハロウィンのモチーフのクッキー。何が悪かったのか、ちょっとこんがり気味・・・。

明日はコタロウが友達のハロウィンパーティーに呼ばれているので、このクッキーを持たせる予定。こんがり焼けて硬いですけど・・・味に問題なし、ということで。
我が家のハロウィンはこれでよしとします♪






★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

秋ひろい

10月も後半に入り、ぐっと秋が深まってきました。





Dsc_0605

このあたりではあまり見かけないイチョウの木。
日本の街路樹で見るようなイチョウ並木はドイツに来てから見たことがありません。しかも木自体もとても貧弱。もともと中国原産でヨーロッパにも持ち込まれたようですが、環境があまり適応していなかったのかな。





Dsc_0607

先日の胡桃ひろいにはじまり、今年は子供たちと“秋”をたくさんひろいました。

カスタニア(マロニエの木の実)や落ち葉、黄色い果実を集めてガラスの容器に入れたり。
この黄色い果実、すごくいい香りがするんです。たぶん・・・マルメロ?もしくはカリン?花はピンク色で、枝に棘があるので果実を摂る時は要注意です!





Img_1185

今年は落ち葉でこんな工作をしてみました。

保育園からの帰り道、紅葉した綺麗な落ち葉を集め、押し花に(本に挟んで重しをして1週間ほど放置)。

それをラミネート加工します。
加工されて出てきたものにコタロウ、興味津々。




Img_1189

コタロウにハサミで切ってもらいました。いろいろな種類があって、これだけでも綺麗!




Img_1190

糸をつけて天井のライトから吊るしました。

部屋の空気の流れでゆらゆらと揺れている様は、なんとも表現しにくいのですが、ゆっくりと秋が降ってくるかんじでいい雰囲気ですよ。

コタロウは気に入ってくれて、子供部屋にも飾ってくれと。





Img_1193

葉は上ばかり向けないで下や横を向いているのもバランスよく組み合わせると、飾り自体に動きが出ていいと思います。





Dsc_0598

オマケ:

最近のコジロウ。ペダルのない自転車・Laufradの練習を始めました。座に腰掛けるのは怖いので、ただまたいでヨチヨチ歩いているだけですけども(笑)。コジロウは足腰がまだしっかりしていないので階段も足を交互に出して上り下りすることができません。頑張って練習させて足腰を鍛えたいと思いま~す。
いつか兄貴(コタロウ)のようにスピード狂になる日が来るかも?いや、無いな。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

1ヶ月遅れで十五夜のイベント

10月の満月は16日でした。
本来ならば十五夜のイベントといえば9月の中秋の名月の日に行うものでしょうけれども、9月は私の準備が整わず、1ヶ月遅らせて先日やりました。

それに、9月だと子供たちが起きている時間はまだ若干明るくてお月様も見えない・・・とかなんとか、理由をつけて。




Img_1169

晩御飯の後、コタロウとお供え用のお団子作りです。
急げ~~!月が出てしまうぞ。




Img_1170

お団子は2種類。きな粉と白玉。白玉の方には後から餡子をつけていただきました。

うむむ・・・お団子を綺麗な球形に仕上げてピラミッド型に積み上げるのって難しい。なんだか貧相なかんじだけど良しとしましょう。


すぐに食べたいコタロウを制止して、「月のうさぎ」の絵本を読み聞かせ。

お月様にはウサギがいてお餅をついている。
それはなぜか?
インドに伝わる仏教伝説が日本に伝わり、今昔物語集にも収録されていますね。
それを簡単にまとめた絵本が欲しかったのですが私は持っておらず。やむを得ずネットからそれにまつわるイラストを拝借したり話をかいつまんでまとめて自作絵本を作りました。




Img_1182

読み終わって、東の空に上ってきた満月を眺め、お団子を食べ・・・。


私:「中秋の名月の時にはこうして、お月様を眺めながらお団子を食べるんだよ」


コタロウ:「本当にうさぎさんがお餅ついてるの?」


私:「そうだよ~、ほら、見てごらん」


コタロウ:「本当だ!黒くなっている(月の模様のこと)。あっ、わかった!うさぎさんがたくさんおもちつくから空からばらばらーってお餅が降ってきて、それで食べるんだね」



よし、そういうことにしておこう。
こんな会話を子供と楽しむひとときが幸せ。
ただ一人、ノリの悪い奴を除いては・・・。


私:「コジロウ~、お団子食べる?」

コジロウ:「食べない」


私:「どうしてよ~」


コジロウ:「だって、そういうものだから」


最近お得意の決め台詞


ウサギさんの話をしても、「あ、そう」って反応だもんなー。コジロウにはまだ早いのかな。でも大概のイベント事に対してコタロウと比べるとコジロウはノリが悪いです。


ちなみに夫も、晩御飯を食べ過ぎたとかでお団子を一つも食べてくれませんでした。


いいんだ。文化の継承は
1日にして成らず。私が教えないかぎり、子供たちはそういう事を一切知らずに育ってしまうのだから私が頑張らねば。
コタロウの純粋さとノリの良さが私の支えです(笑)。


月の黒い模様は世界中でさまざまな捉え方がされています。ドイツでは「薪をかつぐ男」の姿だとネットでみつけましたが、本当かな?



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

minneに新作出しました

少し前にminne(ハンドメイド作品の通販サイト)で作品の販売を始めました。
といっても作品数はたったの7点でまだ1点も販売実績がないんですけどね。ハハハ。

プロの方から私のようなアマチュアまで誰でも登録できるので、なんとここのサイトに登録している作家さんは28万人もいるそうですよ。そんな中から私の作品が売れるだなんて夢のまた夢~なんでしょうね。
それでも、たまに私の作品を「お気に入り」登録してくれたりフォローしてくれる人がいると嬉しくなるものです。ブログみたいなものですかね。


夫に「今日、私の作品をお気に入り登録してくれた人がいたよ~」と言ったらば、「・・・だから?売れてから報告してくれ」と冷たくあしらわれました(涙)。


いつかその日が来ることを願いつつ、新作を掲載しました。

Kirinuki


「ふわもこブローチ」

丸いお団子のような形がかわいらしい、ニットボールのブローチです。ショールやマフラーのブローチとして、帽子やバッグなど小物のアクセントとして使えます。モヘアの毛糸による、ふわっと、もこっとした素材感がポイントです。


Image1_3

Image2_2



minne
のサイトはこちらから


既に掲載しているクリスマスソックスも、これからが本番の時期なので近いうちに追加していきたいと思います。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

くりくり坊主

栗が市場に出てきましたね。早速おいしくいただいております。
しかし栗といえば皮剥きが辛い。
そこで活躍するのが、コレ!




P1220792

その名もくりくり坊主!
ペンチのような形をしており、刃物の片方にはギザギザがついています。そこでぐっと皮を押さえつけ、もう一方の強力な刃でぐいぐいむいていくという。
栗が大好きでたくさん食べたい夫がネット注文をして、日本から送ってもらいました。


夫:「でもコレ、刃の向きが右利き用だからさ~、俺は使えないんだよね」(←左利き男)


え・・・。それ、買う時からわかってたんじゃ・・・。
夫は普通のナイフを使って皮剥き手伝ってくれますが、結局くりくり坊主を使っているのは私のみ。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

紅葉を見る絶景ポイント360mのつり橋!

先日、ドライブに行きました。目的は迫力満点のつり橋を渡ること!




01

360
mもの長さがあるつり橋なんて、どんな深い森の中にあるのでしょう?と思っていたら、ご覧の景色。どこを見ても畑、畑、畑。




02

専用駐車場から延々と農道を歩いていきます。
看板はほとんどありませんが、観光客が続々とやってくるので道に迷うことはありません。

この日は風が強く、強風が怖いコジロウは到着前から既に号泣。途中抱っこしたり、オヤツをあげたり励ましたりしながらなんとか歩かせ・・・。




03

ようやく森っぽい所に到着です。駐車場から1.5kmほど歩いたでしょうか。

さて、その景色やいかに。




04

おおっ!!




05

なかなかのスリルではありませんか。




06_2

横から見るのも美しいですが、正面から見るのも巨大滑り台のようです。実際に歩いていると傾斜は気になりませんが。

抱っこすると返って危ないのでしっかり手を握ってコジロウにも歩いてもらいます。歩くのが遅いから後ろが渋滞ぎみ・・・。
コジロウは高所に対する恐怖がそんなにないのかも?高いから怖いというよりも風が吹いているし、抱っこしてほしいのにしてくれない、歩かなければならないことに心が折れて、うぇ~~~んとなっていました。はい、でもここまで来たんだから歩いて渡るよ。スパルタ、スパルタ♪


想像していたよりも揺れませんでしたが、人とすれ違う時はさすがに揺れるので手すりに掴まりたいかな、というかんじ。





07

絶景ですね。
もう少し紅葉が進んだらもっと綺麗かも。




08




09

コタロウは橋を見た瞬間、怖いといってちょっと怖気づいていましたが、さすがお兄ちゃんです。

渡り始めたらこの余裕。手すりに掴まらなくても一人でほいほい歩いていました。たいしたものです。感心!




10

この橋は小さな街が観光目的で建設したようです。2015年に完成したばかりで1周年を向かえたところでした。ですので橋は新しく、そういう意味では安心できました。これ、古くなってきたら怖いかもしれませんが・・・。


詳しく知りたい方、ホームページはこちら



駐車場に隣接して、ビジターセンターがあります。雰囲気の良いレストランがあり、そこで昼食を食べて帰りました。
みなさんも是非、ちょっとスリルと絶景を楽しみに行ってみてください。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

大量♪胡桃

夫の会社に大きな胡桃の木がございまして。拾ってまいりましたの。




Img_1154

ほらほら。こんなにたわわに実って。日本ではそんなにお目にかかれない光景なのでは?


木の持ち主:「棒でガーンとつついて落としちゃえばいいのよ~」




Img_1150

持ち主の許可を得ました。
夫、うりゃーーー!子供たち、やっほーい!
コタロウ、あたあたた…(落ちてきた胡桃がコタロウの背中を直撃しました)

どんどん、どんどん落ちてきます。拾え拾えーーーーい!!
なんだかもう、やめられない楽しさです。子供たちも喜んでましたが、私がおもしろくなって必死に拾い集めました。




Img_1152

実もこんなに大きくて。




Img_1157

大量!
横に30cm定規を置いてみたんですけど、どれだけ大量かわかりますかね・・・。
数を数えようか、いや日が暮れそう。
ならばと重さを量ってみた。

4.7
㎏なり。


商売始めるか?




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ボクはママと結婚する

コタロウ:「ボクは~、ママと結婚するんだ」


来たーーーーーっ!ついに来ましたよ、この台詞。待ってたわ、プロポーズ♪♪


何の前触れもなく、一緒に歩いていたら突然コタロウがそう言いました。
やっほーい。即答するよね、「Yes!」ってさ~。


いつだったか忘れましたが、こちらから話題をふって「大きくなったら誰と結婚するの?」とか聞いたことがありました。その時も「ママと」と答えていましたが、今日は自ら言い出したのよ、この台詞を。

木枯らし吹きすさぶ中でしたが、私の周りだけぱぁぁぁあっと明るく、暖かくなりましたわ。
よし、記念にブログに綴っておこう。
55ヶ月待ちわびたその言葉を。(←バカ親ですみません)


コタロウ:「あと、コジロウもママと結婚するの」


え、一妻多夫制?





★すみません。本日、どーでもよい記事で★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

おそろいのネックウォーマー製作

子供たちにネックウォーマーを作りました。



Img_1112

もともと私が愛用していたグリーンのショールを、最近使わなくなっていたので思い切ってまっぷたつに裁断。それだけだと長さが短いのとボリュームが足りないので、別の黒い布地を縫いつけました。この黒い布も不要になった洋服からとったもの。

つまり、材料費0円。
はい、今回も貧乏作品なり。よく言えば経済的なリメイク作品(ものは言いよう)。

ショールの端のフリンジ部分はそのまま活かして、革紐とボタンをつけました。




Img_1115

こちらはコジロウの。コジロウのはくるみボタンをつけてちょっとかわいらしくしましたよ。




★今秋もものづくりに燃えるぞ~~~!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

まだあった秋の味覚♪と、カボチャのその後

秋になると、夕焼け空も劇的な表情を見せることがあります。
これはそんなある日の一枚。



Dscf4397


あ~、寒いです。身震いして思わずきゅっと身体を縮めこんでしまう時は、自分が痩せ細っていくような気がします。あくまでもそんな気だけね。
実際は秋の味覚に舌鼓うってます。期間限定かと思うと、せっせと食べようと思ってしまい(笑)。

この秋の我が家のご馳走はムール貝。魚介類を犬猿しがちなドイツでも、この時期はムール貝が近所のスーパーにも置かれます。
パスタやリゾット、パエリアなんかに使ったりもしますが、シンプルに酒蒸しにするのが一番好きです。




Img_1106

この日はベルギー風にフライドポテトを付け合せにしました。
コタロウも大好きなので夫・コタロウ・私で争奪戦になり、1.5キロパックのムール貝があっさりなくなります。





Img_1100

前回の秋の味覚の記事で書いた、フラムクーヘンとフェダーヴァイサーの定番組み合わせも健在。おいしくいただいてます。


それから、カボチャ!その後のスーパーの在庫状況をお知らせしま~す。
今秋最初に入荷したグリーンカボチャが5個。私が3個を買占め、残りが2個となった時点で追加入荷されました。数は数えていませんが、ざっと見たかんじ7個~10個くらい。スーパーに行くたびに状況を見守っていますが、減ったかんじがしません。最初に入荷したものの残り2個はそのまま売れ残っています(2回目入荷のものはどれも大きさが小さいので見分けがつきます)。

この間、2回目入荷のものをひとつ購入してみました。
別のお店でもひとつ購入したので、我が家はこれで丸ごとカボチャ5個買いました(笑)。


Img_1101

カボチャパーティー継続中です。
煮物、天ぷら、スープ、シチュー、パンプキンパイ、バターとガーリック炒めなど、いろいろに使っています。これからカボチャ団子もつくる予定。

肥ゆる秋、ですかね。




★カボチャ好き、という方は応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

長寿祝いに手作りカード

ペーパークラフトというか、紙を使った作品を製作しました。
名誉ある賞を受賞された方や、長寿(全員70歳以上)の方をお祝いするためのメッセージカードです。

とてもおめでたいことですし、格式、長寿といった雰囲気が出るものがいいかなと思い、モチーフは鶴にしました。
まるで折鶴みたいになるように色画用紙を組み立て、羽の部分に日本の伝統文様を切りこんで作ります。




01_2

カードは立体。外装の箱には麻の葉模様を切り込みました。




02

箱から白いカードを取り出して開くと、ポップアップカードのように鶴が立ち上がって羽を広げるという仕組みです。
記念のカードとして飾っておいてもらえると嬉しいなという思いもあって、このような形にしました。




03

ちょっと模様がわかりにくいけれど、網代文様の応用(?)みたいな柄。




04

カードを立体にしたもう一つの理由として、せっかくのこの文様を綺麗に見せたかったから。羽を台紙のカードに少し浮かせて固定することで、台紙に文様の影が落ちます。それも併せて楽しんでもらえたら、と。





05

松。



06





07

矢羽根。



08





09

亀甲。



10





11

青海波。




12




13

菊。




14






いかがでしたでしょうか。皆さんはどれがお好みですか?





★いいね、と思った方は応援クリックお願いします。励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの収穫感謝祭

10月の第一日曜日はドイツの収穫感謝祭Erntedankfestです。
お祭りといっても音楽あり、お酒ありのお祭りをするものではなく、教会で収穫感謝礼拝を厳かに行うものです。
収穫した農産物で飾りつけたものを捧げ、収穫を神に感謝するのだそう。

昔は収穫を自然の女神に感謝する風習だったそうです。それがいつしか、創造主である神が恵みを与えてくれると信じられるようになり、神に感謝する日になったようです。
今でも馬やトラクターに引かせた荷台に収穫物を積み込み、走る回る村が残っているそうです。


農産物による飾りつけがどんなものなのか見てみたい気もしますが、礼拝を覗いてみるほどの勇気もなく、まだ一度もその雰囲気を味わったことがありません。

ちょっとだけ参加したといえば、コジロウの保育園で収穫感謝祭をやるから果物を少し持ってきてくれと言われてリンゴなどを持っていったことくらいでしょうか。


この時期に合わせてカフェの飾りや保育園の工作で取り上げられるモチーフにDrache(凧揚げのタコ)があります。
これが収穫感謝祭に関係あるのかないのかは不明です。すみません、そこまで調べられなかったです。

日本で凧といえばお正月ですよね。でもドイツは秋。保育園の先生に、何故凧なのかを聞いたら「さぁ~、秋は風が強くなるからじゃない?」と、よくわからないようでした。




20169_drache

こんな風にひし形で顔を書き、リボンをつけたりするのが一般的です。それもなぜなんでしょう。謎です。
これはコタロウの保育園作品。右は3歳の時のもの。左は先日作ったものです。顔が上手に描けるようになりましたね。


★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ちょっと小旅行2-ケルンの科学博物館へ

世界遺産のケルン大聖堂で有名なこの街にODYSSEUMという博物館があります。



09


展示室は大きく分けて3室。第一の部屋は動物や地球といった自然界に関すること、人間の視覚、聴覚、触覚に訴えるような展示になっています。



01

太古の風景を再現したような世界も迫力ありましたね。





02

ほとんどの展示が体験型なので子供も飽きることがありません。像の鼻装着~~。




03

こちらは化石発掘。何の骨?




04

ティラノサウルス登場!これが時々動いたり唸り声をあげるので、コジロウは怖がってしまってました。




05

こちらは錯覚体験。テーブルの下に台があって、両手を置きます。といっても片方はダミーの手。テーブルの向かい側に座った人が、先端に綿みたいなものがついた棒でこの手をくすぐります。本物の手もダミーの手も両方いっぺんにくすぐるのがポイント。テーブルの上からこの様子をずっと見ていると、あら不思議。ダミーのはずのもう片方の手も痒くなってくるという錯覚がおきます。




06

展示室第二の部屋は力学、物理学、電気工学的な・・・うまく表現できないけれど、それをテーマにしたものが並んでいました。

これは自転車をこいで、街の中を疾走するというヴァーチャル体験ができるもの。




07

台を回して、その速度などで水槽の中の水がどのように変化していくかを見るもの。コジロウはこれが気に入ったようで、長い時間ずーっと見ていました。




08


外にはこんな遊具もあって、保護者がレストランで食事をしている間子供は遊べたりもします。




10

第三の展示室はドイツ生まれの人気キャラクター「マウス」とコラボした部屋。ここでは日常生活の中で見られる簡単な科学現象などが紹介されていました。もちろんこれも体験型。
後はパソコンを使って簡単なアニメーションを作ってみたり・・・とか。




11

数学ができるようになりそうな時計発見。


大人も子供も楽しめるし、興味深い博物館でした。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »