フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ちょっと小旅行1-ノイスの子供農園へ | トップページ | ドイツの収穫感謝祭 »

ちょっと小旅行2-ケルンの科学博物館へ

世界遺産のケルン大聖堂で有名なこの街にODYSSEUMという博物館があります。



09


展示室は大きく分けて3室。第一の部屋は動物や地球といった自然界に関すること、人間の視覚、聴覚、触覚に訴えるような展示になっています。



01

太古の風景を再現したような世界も迫力ありましたね。





02

ほとんどの展示が体験型なので子供も飽きることがありません。像の鼻装着~~。




03

こちらは化石発掘。何の骨?




04

ティラノサウルス登場!これが時々動いたり唸り声をあげるので、コジロウは怖がってしまってました。




05

こちらは錯覚体験。テーブルの下に台があって、両手を置きます。といっても片方はダミーの手。テーブルの向かい側に座った人が、先端に綿みたいなものがついた棒でこの手をくすぐります。本物の手もダミーの手も両方いっぺんにくすぐるのがポイント。テーブルの上からこの様子をずっと見ていると、あら不思議。ダミーのはずのもう片方の手も痒くなってくるという錯覚がおきます。




06

展示室第二の部屋は力学、物理学、電気工学的な・・・うまく表現できないけれど、それをテーマにしたものが並んでいました。

これは自転車をこいで、街の中を疾走するというヴァーチャル体験ができるもの。




07

台を回して、その速度などで水槽の中の水がどのように変化していくかを見るもの。コジロウはこれが気に入ったようで、長い時間ずーっと見ていました。




08


外にはこんな遊具もあって、保護者がレストランで食事をしている間子供は遊べたりもします。




10

第三の展示室はドイツ生まれの人気キャラクター「マウス」とコラボした部屋。ここでは日常生活の中で見られる簡単な科学現象などが紹介されていました。もちろんこれも体験型。
後はパソコンを使って簡単なアニメーションを作ってみたり・・・とか。




11

数学ができるようになりそうな時計発見。


大人も子供も楽しめるし、興味深い博物館でした。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ちょっと小旅行1-ノイスの子供農園へ | トップページ | ドイツの収穫感謝祭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと小旅行1-ノイスの子供農園へ | トップページ | ドイツの収穫感謝祭 »