フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« minneに新作出しました | トップページ | 秋ひろい »

1ヶ月遅れで十五夜のイベント

10月の満月は16日でした。
本来ならば十五夜のイベントといえば9月の中秋の名月の日に行うものでしょうけれども、9月は私の準備が整わず、1ヶ月遅らせて先日やりました。

それに、9月だと子供たちが起きている時間はまだ若干明るくてお月様も見えない・・・とかなんとか、理由をつけて。




Img_1169

晩御飯の後、コタロウとお供え用のお団子作りです。
急げ~~!月が出てしまうぞ。




Img_1170

お団子は2種類。きな粉と白玉。白玉の方には後から餡子をつけていただきました。

うむむ・・・お団子を綺麗な球形に仕上げてピラミッド型に積み上げるのって難しい。なんだか貧相なかんじだけど良しとしましょう。


すぐに食べたいコタロウを制止して、「月のうさぎ」の絵本を読み聞かせ。

お月様にはウサギがいてお餅をついている。
それはなぜか?
インドに伝わる仏教伝説が日本に伝わり、今昔物語集にも収録されていますね。
それを簡単にまとめた絵本が欲しかったのですが私は持っておらず。やむを得ずネットからそれにまつわるイラストを拝借したり話をかいつまんでまとめて自作絵本を作りました。




Img_1182

読み終わって、東の空に上ってきた満月を眺め、お団子を食べ・・・。


私:「中秋の名月の時にはこうして、お月様を眺めながらお団子を食べるんだよ」


コタロウ:「本当にうさぎさんがお餅ついてるの?」


私:「そうだよ~、ほら、見てごらん」


コタロウ:「本当だ!黒くなっている(月の模様のこと)。あっ、わかった!うさぎさんがたくさんおもちつくから空からばらばらーってお餅が降ってきて、それで食べるんだね」



よし、そういうことにしておこう。
こんな会話を子供と楽しむひとときが幸せ。
ただ一人、ノリの悪い奴を除いては・・・。


私:「コジロウ~、お団子食べる?」

コジロウ:「食べない」


私:「どうしてよ~」


コジロウ:「だって、そういうものだから」


最近お得意の決め台詞


ウサギさんの話をしても、「あ、そう」って反応だもんなー。コジロウにはまだ早いのかな。でも大概のイベント事に対してコタロウと比べるとコジロウはノリが悪いです。


ちなみに夫も、晩御飯を食べ過ぎたとかでお団子を一つも食べてくれませんでした。


いいんだ。文化の継承は
1日にして成らず。私が教えないかぎり、子供たちはそういう事を一切知らずに育ってしまうのだから私が頑張らねば。
コタロウの純粋さとノリの良さが私の支えです(笑)。


月の黒い模様は世界中でさまざまな捉え方がされています。ドイツでは「薪をかつぐ男」の姿だとネットでみつけましたが、本当かな?



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« minneに新作出しました | トップページ | 秋ひろい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« minneに新作出しました | トップページ | 秋ひろい »