フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

ちょっと小旅行1-ノイスの子供農園へ

すっかり涼しくなって朝は上着が欠かせないドイツですが、これは夏真っ盛りの時の話です。
(なのでコジロウは甚平着ていま~す)

デュッセルドルフから車で30分ほどの所に、Neuss(ノイス)という小さな街があります。ここにKinderbauernhof(子供農園)があるので行ってきました。




01

ここではいろいろな動物が飼育されており、柵ごしにですが触れ合うことができます(施設の管理人さんが見回っているという風でもなかったので自己責任ですよ~)。



02

早速いい顔のヤギさんがお出迎え。いいですね~、悩みとかなさそうなお顔。
写真は撮りませんでしたが、ウサギや黒豚、牛などもいました。




03

羊さん。あ~ほのぼのする。




04




05

ここの良いところは、ちゃんと動物の名前が記載されたプレートが掲げられていて、その足跡まで表示されていたこと。子供たちのお勉強にもなりそうです。





06

鳥の種類もなかなか豊富で、中でもインパクトがあったのが、この鶏!
足までもっさもさの毛が生えていて、威厳のある顔つき。
コタロウはこれを見て「お洋服着ているみたいだから暑そうだねぇ」と言っておりました。確かに。この日の気温は34℃!




07

敷地は広く、途中こんな林の中も歩けます。これが入場無料なんですよ!お散歩にも最適ですし、近くにあったら通いそう。




08

お散歩の楽しみは動いている動物だけではありません。道沿いには木製のこ~んなオブジェ(?)も点在しているんです。このカタツムリは子供が座れるくらいの大きさでしたよ。




09

蛙も。これがけっこういい味だしているんですよね。




10

オブジェを探しながら歩くのも面白いかもしれません。




11

「はい、ヤギさんどうぞ」

我が家は事前に、「エサをあげられる」という情報を得ていたのでリンゴと人参を持参しました。でも本当にあげてよいのかどうなのか実際のところはわかりませんでした。
「エサを与えないでください」と書かれた看板もありましたが、それは特定の動物の柵にだけ掲げられており、隣の柵には何も表示はなく。
また、「病気になるのでパンを与えないでください」と、パン限定で書かれた看板もありました。それは逆にとるとパン以外ならいいということか?とにかく係員が見当たらないので聞くこともできず。
でも人を見たらすぐに近寄ってきたので、人からエサをもらうことに慣れているのかなという印象でした。




12

ロバさんにも。馬系はロバ、馬、ポニーがいました。
動物好きのコタロウは撫でたりエサをやるのをとても楽しんでいました。




13

コジロウはちょっと怖くてパパに付き添われながらおそるおそる・・・。




14

あなたも良いお顔していますね~。


みんさんも是非。癒されますよ。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コタロウ小学生への道

コタロウは来年ドイツの小学校に進学します。日本人学校ではなく現地の普通校です。日本の小学校とは入学手続きなどが異なると思いますので、新カテゴリーをつくってそこに記事をまとめていくことにしました。
さて、その道のりやいかに?


新学期がスタートして10日後。私たちの住んでいる学区内の小学校からお手紙が届きました。

「あなたの息子のコタロウ君、来年小学生になりますよね~。一度お話しましょ。申込書を同封したからそれに記入して息子連れて学校に来てちょうだい。来週火曜日の8時半に。」

という内容の。
この手紙が来たのが金曜日。指定された日が翌週の火曜日の朝。
ちょ、ちょっと急すぎでない?その日は都合が悪いわ・・・なんて人もいるだろーに。


持参するものは
①申込書2
②コタロウの出生証明書
③現在保育園に通ってますよ、という証明書みたいなもの(保育園からもらう)
④保育園での個人ファイル(園での生活を記録したアルバム集みたいなもの)


申込書には本人の生年月日、国籍、兄弟姉妹の有無、保護者の連絡先、宗教などを記入します。ドイツに来た日を問う項目もありました。これは移民の人たちを対象としているのでしょうか。それからメインで話す言語とか。うちの場合は日本語となります。このあたりの質問事項、日本にはない項目でしょうね。

それから宗教または倫理教育(?道徳?)の授業の選択。
ドイツの小学校には宗教(キリスト教)の授業というものがあります。初めは道徳的な内容ですが学年があがっていくと聖書の内容など、本格化するそうです。
様々な宗教の人がいますから、この授業を拒否することもできるようです。実際、面談の時に宗教の授業は受けないと言ったら必然的に倫理教育の方に回されました。


申込書に記入することは簡単な内容なのですが、それでも知らない単語が出ると辞書で調べ・・・夫と1時間以上かけて記入しました。


面談はも拍子抜けするくらいあっさりと終了しました。
秘書の方が申込書に記入された内容を確認している間、コタロウのみ横の部屋に呼ばれ担当者と顔合わせ。
おそらく名前とか兄弟姉妹の有無なんかを聞かれたと思うのですが、後でコタロウに何を聞かれたのか尋ねても「えーと、忘れた」との事で、正確な情報は得られませんでした。

それと日本ではあり得ないと思うことがひとつ。
お友達のうち誰と一緒のクラスになりたいかの希望を聞かれたこと。2人まで名前を挙げることができ、クラス分けはこれをある程度考慮してくれるようです。
コタロウは親友M君の名を即答していました。M君もどうやらコタロウを挙げてくれたようです。よかった、相思相愛で。同じクラスになってこのまま友情が続くといいな。


もうひとつ確認事項が、何時まで子供を預けるか。

通常ドイツの小学校は午前中で終了し、お昼ご飯は自宅で食べます。
しかし母親が働いていたり、何らかの事情がある場合を考慮して午後も子供を預かってくれる制度があります。ただしこれは授業を行うのではなく、単なる預かりの場。コタロウの小学校の場合、時間は午後2時までと4時までの2パターン。

小学校へあがっても親が迎えに行かなければならないこと(いつになったら友達同士で帰宅OKになるのかな?)、コジロウの保育園のお迎え時間なども考慮して、午後2時までと申請しておきました。

とりあえず小学校への道、第一段階クリアです。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブレッツェル・ブレッツェル!

ドイツ最大のビール祭り・オクトーバーフェストがミュンヘンで開催中ですね~。
我が家は飲めや歌えやのドンチャン騒ぎは好きではないので行ったことはないし、この先も行くことはないと思いますが。

興味はないけど会期はいつなんでしょ?と思ってネットで検索していたら、日本開催のオクトーバーフェストがたくさんヒットしてきました。
日本でも全国各地で開催されているんですね。まぁ知りませんでしたわ。



さてさて、ここからが本題。
ドイツを代表するパンのブレッツェル。パンの他に同じ形をしたお菓子もあるのですが、これらはオクトーバーフェストなどのビールがらみのイベントでは定番のおつまみとなっています。

オクトーバーフェストかぁ・・・よし、ブレッツェルでも作ってみるか。
といっても食べ物ではないですよ。私が作るといったら編み物。




Dscf2913

雰囲気は出てる?

子供のおままごと遊びに活躍しています。あと、自分用にはキッチンのドアに飾ってカフェみたいな雰囲気をつくってみたりとか。



Dscf2910




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

秋が楽しみな理由

9月中旬まで30℃を越える日が続いていたドイツですが、ようやく涼しくなり秋めいてまいりました。
秋が終われば暗い冬がやってくると思うと去り行く夏が惜しまれて仕方がありません。しかし、ここ数年秋の訪れも少し楽しみなのです。

その理由は、秋の味覚!

期間限定の“季節もの”が日本より多いドイツでは、本当にこの時期を逃すとまた1年後まで手に入れることが難しいものがあります。私が住んでいるような小さな街では特に。

その代表格がグリーンカボチャ!!
昨年、私が通うスーパーで日本のカボチャと見た目も味もよく似た「スイートママ」という種類のカボチャを見かけた時は、喜びのあまり半狂乱になってそれを買占め、カボチャ祭りを開催しましたわ。
その時の記事はコチラ。


そして今年はですね、「スイートママ」はありませんでしたが、これまた見た目がそれとそっくりで、ネーミングもそのままの「ホッカイドウ グリーンカボチャ」が並んでいました!!その他に名前は忘れてしまいましたが、「ホッカイドウ・・・」よりも少し平べったくて皮の表面がツルっと光沢があるような緑色のものもありました。それぞれ5個ずつ。

こ、こんなに緑のカボチャが並んでいるなんて・・・!夢のようです。一昨年まではただの一つもなかったのですから。

「これさ、絶対私のおかげだと思わない?去年試しに緑のカボチャも置いてみるか~って売り出したら、案外売れたものだから、じゃあ今年も仕入れてみるか、ってなったんじゃない?」


夫:はいはい、そんなわけないじゃん (っていう表情)

いや絶対そうだって。去年ほぼ私が買占めましたもん。あのスーパーのカボチャ売り上げにかなり貢献したよ。食に保守的なドイツ人がそうそう緑色に手を出すとは思えないよ?
(と、自負する私。)

では検証してみようではありませんか。912日の段階で私が見た在庫数は、緑カボチャその1は5個、ホッカイドウカボチャは5個。
20
日の段階でホッカイドウカボチャは既に私が3個購入して残り2個。ほらほら~~、私しか購入してないっ。どうなるかな~。

ちなみにホッカイドウカボチャのお味は美味しいです!とてもホクホクしていて栗カボチャのようです。しかしちょっと水分が少なすぎるのか、煮物にしたら食べるときにポロポロと崩れてきました。スープにしたら、冷めた時や翌日はすごい粘度があがってスープと言うよりカボチャのピューレになりました。水分出るように玉ねぎも一緒に入れたんですけどねぇ・・・もっと牛乳を足せばよかったかな。でも味は最高です♪


お次はミラベル。黄金色が美しい、まさにこの時期限定の果物です。
ミラベルについてはコチラ。


昨年はミラベルのパイを焼いたので今年はミラベルのクラフティを作りました。
簡単だけどクラフティなんて初めて作ります。張り切って家族に出したならば・・・我が家の男3人には不評。




Img_1065

こんなに残しやがって・・・!

これねー、23cmのケーキ型で焼いたんですけど、残り半分を私一人で食べることになりました。おデブまっしぐら♪でもいいんだ。私には美味しいから。


そして期間限定といえば、なんといってもフェダーヴァイサー!!ワインになる前の、発酵途中のぶどう酒ですね。
お酒が苦手な私ですが、これだけはまるでジュースのように甘くて美味しいので毎晩のようにほんの一口だけちびりちびりとやっております♪♪

これにフラムクーヘン(平べったいピザみたいなもの。これもこの時期限定が多いです。)を合わせるのがドイツ式。そうだ、今日はフラムクーヘンを食べよう!と、スーパーに出来合いのものを買いに行ったら売り切れてありませんでした。さすがドイツ。品切れしてから補充されるまで時間がかかるので思い立った時に手に入らないこともしばしば。
入荷したら買い置きしておかなくっちゃ。


これはまだ先になりますが、10月末くらいから栗が出てくるかな~。
日本に住んでいた時より食の面では季節を感じて過ごしているかもしれません。



★秋にバンザイ★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

鎖骨骨折の記録

おかげさまでコタロウの鎖骨骨折、完治いたしました!(病院行っていないのでわかりませんが。)
その人生初の骨折について記録をしておきたいと思います。


骨折当日:

サッカー教室の練習中に、他の子と一緒に転倒。その子の膝か足のどこかがぶつかったらしい。その瞬間を私は見ていませんでしたし、本人の説明も曖昧なのでよくわかりませんが、おそらく膝かスパイクシューズの足裏がコタロウに上から乗るような形で当たったのかと。

最初は上腕部を抑えていたため、コーチも私も腕を痛めたのかと思いました。コーチが腕を回せるかどうか試させ、痛がりながらも腕はぐるっと回せるようでした。
痛みに強い(我慢強い)コタロウは痛がりながらも泣きもせず。なので私たちもたいしたことはないと思ってしまいました。
休憩を取らせて見学していましたがプレーすることはできなさそうなので途中で帰宅。
コーチによると腕を動かせる事から骨折はしていないだろう。冷やしてクリームを塗った方がよいとアドバイスされたので帰宅後は氷で冷やしておきました。

それが金曜の夕方の事で、病院の診察時間は終わっていたので病院には行かず。
ところが帰宅後にコタロウにしては珍しく痛がりました。まず着替えが一人ではできない、ベッドから自分で起き上がることができない、眠りが浅くなっているようで何度か目が覚めては痛みを訴える。



2
日目:

見かけ状は腫れていないし打撲の痕も見られず。しかし痛みは変わらず。土曜日で病院が休みのため、三角巾で腕を固定して様子見。三角巾をするとだいぶ楽になったようですが、痛みで体を真っ直ぐに保つことができず、右肩が下がっているような姿勢を取る。
上記のかんじから、筋でも痛めたのかと思いました。



3
日目:

怪我をした当日は上腕辺りが痛いと訴えていたのに、触って一番痛いところを尋ねると鎖骨の辺りだと。そしてよーく見ると肩が若干盛り上がって腫れている。そして2日経過したのに痛みが全然引かないことから、緊急外来に行くことに。

自分自身と二人の子供の怪我等で何度も訪れている緊急外来。そのたびに受付でたどたどしいドイツ語で症状を説明して「あなたどこから来たの?旅行者?」なんて質問をされては自分の未熟なドイツ語に悲しくなり・・・(ドイツは往々にして、先生は優しいが受付の人の態度に疑問を感じる事多し!)という事を繰り返しています。
ただでさえ心配で不安な状態なのに受付での対応は辛すぎる、と思って夫にも一緒に病院へ来てもらい、受付・診察ともに夫に任せました。

結果、「鎖骨骨折」。
レントゲンを撮って、「折れてますね~」とアッサリ診断されました。レントゲンは見せてくれなかったそうで、どのあたりがぽっきりいってるのか、若干歪んだだけなのかなど詳しいことは夫にはわからなかったそうです。

液状の痛み止め薬が処方されました。




Img_1064

骨折の矯正バンド。背中でクロスして脇の下から前にかけてマジックテープで留めるようになっています。正面から見るとリュックサックを背負っているような姿です。

これを24時間(就寝時も)、1ヶ月間着用すること。
体を真っ直ぐ保った状態で着用すること。これが大変でした!首も肩も腰も左右にぐにゃんと曲がるし、なにより痛みで猫背になってしまいます。しかしそこを我慢してできるだけ胸を張った状態に保つことが大切とのこと。
着用するときは私が頭や腰を真っ直ぐに抑えて夫が装着するなど、二人がかりで行いました。



6
日目:

回復はおそらく順調。
6日目で痛み止めなしでも1日過ごせるように。



1
週間:

腕をそこそこ上げられるようになり、体もほぼまっすぐ保てるようになってきた。
さすが子供!脅威の回復力。



8
日目:

着替えが自分でできるように。とにかく腕を上に上げることができなかったのでTシャツを脱ぐのが至難の技でした。
腕は後ろにも伸ばすことができる。



10
日目:

友達が家に遊びに来てテンションあがったらしい。おいかけっこして遊ぶし高いところから飛び降りたりも。かなりヒヤヒヤなんですけど・・・。




12
日目:

かかりつけの小児科へ検診に。患部を触ったらまだ痛みがあるけれど、両腕を前、上に上げられる。

就寝時はバンドを外してよし、昼間は後1週間着用することと診断される。

しかしこの時には自分でもうリュックでも背負うかのようにバンドを着脱していました。初期段階の時はあんなにマジックテープをぎゅっとひっぱって固定していたのに、正しい姿勢を取れるようになってからはテープを一番きつい状態にしているのにゆるいかんじでした。これって意味があるの?

ちゃんと骨がくっついたかどうか、後日検査をしに来る必要もないとの事でした。日本で同じ状態でも検査不要なんですかね・・・それとも鎖骨骨折特有?



20
日目:

矯正バンドをはずす。

一応運動も今日からやってもいいとの事だったのでアスレチックで遊ばせてみたら問題なし。おもいきり遊ぼうとするからハラハラしますけれど。
でも日焼け止めを塗るなど、患部がこすれたりするとまだ痛いらしい。


ということで、いつをもって完治したとはわかりにくいのですが、3週間でほぼ通常の生活に戻りました。

真夏の暑い時期でしたが、矯正バンドの着用を嫌がらずにしてくれたので助かりました。汗疹などの二次トラブルもありませんでした。
なによりも、コタロウ自身が動きや遊びを制限されても文句を言ったり機嫌が悪くなることもなく、痛くても我慢してグダグダ言うこともなかったのが素晴らしいです!

ただ、一気に回復してきたときは要注意です。痛くなるようなことはさすがにしませんが、本人に自分が怪我人であることの意識が欠如してくるからです。ちゃんと前を見て歩かずフラフラしてみたり、平均台のような細いものの上を歩こうとしたり高いところから飛び降りようとしたり。
これで転んだらどうなると思ってるのーーー!!!と、何度か大声上げました(笑)。


「この矯正バンドがあるから、また今度骨折しても大丈夫だな♪」
と夫は(冗談で)言っておりましたが、そういう問題ではない。

コタロウ、人生初の骨折&試練の夏でした。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

息子の足が臭い・・・

生まれた頃はミルクと赤子独特の甘い香りがしていたのに。

5年。

コタロウの足が臭い。


サンダルなんて刺激臭を通り越して殺人的な臭い。
毎日汗だく&砂だらけになって遊んでいるのに、横着してあまり靴を洗っていなかったからかな~。


対処法を調べました。

●外から帰ってきたらすぐに足を洗うこと。
●お風呂からあがったら、重曹を入れた洗面器で足湯をする。アロマオイルを使う手もあるらしい。
●脱いだ靴下は洗濯機で洗う前に裏返して下洗いすべし。
●靴は最低1週間に1度は洗い、何足かをローテーションさせること。
●お茶の葉を入れるような袋に重曹を入れて靴の中に置いて脱臭。


なんか面倒くさいなー。
いや、でもこれは女子に嫌われる勢いなので試してみたいと思います。
早速夫がサンダルを洗ってくれました。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

そして、こうなる

長男コタロウの鎖骨骨折も完治し、いよいよ今週からサッカー教室の練習に行ってきます。休暇も取っていたので、もう1ヶ月以上も空いてしまいました。

そもそも始めたきっかけは、水泳教室が春夏期間お休みになるから。その期間に身体を動かすのにサッカーでもやってみるか~という軽い思いつきからでした。なので全く真剣にやらせるつもりはありませんでした。練習のたびにビシッとドイツ代表やらイタリア代表やらのユニフォームを着用し、靴も本格的なスパイクを履いてくる子供たちを「気合入ってるねぇ~~」なんて思いながら見ていたものです。
かたやコタロウの出で立ちは普通のTシャツにスパイダーマンか何かのズボン。普段保育園に履いていっている運動靴。保育園児ですもの、これで十分です。


ところがねぇ・・・

練習場は人工芝。普通の運動靴では滑って危ないみたい・・・。
「サッカー始めたよ」、なんて言ったら夫の実家からスパイクついたサッカーシューズが贈られてきた。
コタロウの誕生日に夫の会社の上司からちゃんとしたサッカーボールプレゼントされちゃった。
最初はやる気のなかった本人も乗り気になってめちゃくちゃ楽しみにするようになってきた。
あ!フリーマーケットでアディダスのトレーニング用半ズボン発見。安いし、これくらい買ってあげましょうか。
やっぱり怪我防止のためにもすねを保護するすねあてがあった方がいいかしらね?




ということを繰り返し、
そしてついに我が家にコレが届きました。




Img_1045

日本代表ユニフォーム!!サムライジャパーーーン!


そうか、やっぱりそうなっちゃいましたか。

夫がネットショップをみつけてきて、最初は購入を渋っていた私もポチっと購入ボタンをクリックしてしまいました。
これで気合入れている子の仲間入りじゃないですか。

いや、きっとあの子たちも本人が気合入れているわけではないんだろうな。往々にして親や周囲の影響ありなんだな、と思った瞬間でした。

小学校にあがって勉強が大変そうだったら(コタロウはドイツ語自体に周囲よりハンデを負っているので)、サッカーはあっさりやめてもいいかなとは思っているのですが、どうなることやら。



★頑張れ、ニッポン男児★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

再開宣言

しばらくブログをお休みしておりましたが、休暇から戻りましたので再開したいとおもいます。
がっ、パソコンの調子がこれまた悪く、頻繁に電源が勝手に落ちてしまいます。のんびり旅行記なんて書いている状態ではないかんじです。
ですのでしばらくは騙し騙しパソコンを使いながら日常の事などを綴りつつ、旅行記もある程度書き溜めておいてから載せようかな~と思っております。
つたない日常記録ブログですが、またよろしくお願いします。


いや~~~、それにしても今回の休暇、食べまくりバカンス(?)により


2.5㎏増量 しましたわ。



夫と「このお腹の出具合、まずくない?」とか言いながらも最終日までしっかりいただき、夫もおなじく
2.5㎏増!
何故こんなに太ったのかはまた今度ネタあかしすることにして・・・とりあえず明日よりダイエット開始じゃ。


本日は、無事ドイツに帰国したご報告とブログ再開のお知らせまで。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »