フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

夏休みの工作

鎖骨骨折により、外遊びを控えなければならないコタロウ。家で工作でもしましょうか・・・夏休みですし。

このブログで何度か登場したことのある、カラフルなヨーグルトの空きカップを使っての工作です。

作り方は単純。下からひたすら被せていき、グルーガンで接着します。接着剤は速乾性なので、ボンドよりも使いやすいです。ただし、高温に注意。スピーディーに作業しなければならないので少々慌てて、コタロウと「アチっ、アチっ(笑)」と言いながら楽しく作業しましたが、火傷には注意ですね。




Img_0323

ロボットくん(の、つもり・・・)。

目や耳(? 左右の突起部分)はグルーガンで接着しただけですが、さすがに腕の部分は強度が必要なので糸で繋げています。オレンジの胴体と緑色の腕に糸を通す穴を開け、糸がその穴から抜けてしまわないようにボタンで押さえています。こんな説明でわかるかな。
それと、ただ上に重ねただけでは左右にふらついてしまうので、所々、各列を繋げる用に厚紙を挟んでいます。水色の線状に見えているのがそれです。




Img_0324

大きさはこんなかんじ。ちょっとかわいいペットみたいでしょ・・・?




Img_0328

「ロケット砲発射!どーーーん!」

腕は先ほど書いたように、接着剤ではなく糸とボタンで繋げているので可動式。


コタロウ:「歩けないの?」

うっ・・・足までは動くように作れなかったよ・・・。いや、頑張れば作れるけどけっこう面倒よね。

作るのはわりと楽しくやってくれたし、完成した時は喜んでいたコタロウ。
しかしその後一切これで遊んでくれません。おそらく強度的にイマイチだからだろうな~。1回バタッと倒したらバキバキ壊れそう(笑)。

ま、いいんだ。これは作ることに意義がある工作だから。
工作があまり得意ではないコタロウに、ただ重ねるだけでこんな物も作れちゃうんだよ、という経験をさせたかっただけなので。(と、自分に言い訳)


これを2016年の夏休みの自由研究といたします。
ドイツにはそんな課題は無~~~い。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

暑すぎない? &最近の食卓

ドイツ寒すぎないか?とブログに書いていたのがつい先日のことだったと記憶しています。が、今度はいきなり連日の猛暑ですよーーーっ。
昨日なんて予報が37℃だったので屋外プールに行きましたよ。
その2日前は12日の小旅行に出かけたのですが、気温34℃で西日がガンガン当たるホテルに宿泊したら冷房がない!狭い部屋に家族4人、防犯的に大丈夫かと心配しつつも窓全開で寝ました。

さてさて、子供たちの夏休みももう終わり。来週から新学期がスタートします。
う、嬉しいっ 長かったわ。

今週は夫も会社の休みを取っていたので、前述の小旅行に行ったり、家で普段はめったにやらないパン作りなんかをして家族の時間を楽しめました。




Img_0335

ちょっと見た目はアレですが・・・数年ぶりに作ったアンパン。
小豆を煮るところから生地作りも夫が一人でやりました。私とコタロウは生地に餡を包んだだけ。子供たちは餡子が大好きなのでいっぱい食べていました。
(餡子作る時の砂糖の量に一瞬恐れおののくけどね)




Img_0330

トウモロコシの皮むき。
うちの近所ではスーパーでも八百屋さんでも、皮付きの状態のトウモロコシは売っていません。既に軽く茹でてあるものか、生でも皮が剥かれてパックにされているものだけです。
これはちょっと足を伸ばしてBioショップで購入しました。




Img_0334

今回は一番内側の皮を1枚だけ残して茹でる方法でやってみました。そうするとより黄色くなって色味がいいんですって。うん、確かに。


新学期が始まって早々になりますが、9月から長期で休暇を取ります。8月中にあと1回くらい記事を載せたら、しばらくブログはお休みすると思います。
ではみなさん、また今後。


あ、それから。今現在、私が自分のブログにコメント返信できない状況になっています。先月にもそんなことが発生し、ブログの管理会社に問い合わせ中です。
コメントくださった方、申し訳ありません。解決次第すぐに返信させていただきます。





Img_0322

コジロウの力もだいぶ強くなりました。ボビーカーに乗る兄をせっせと押してあげています。
こうやっていつも兄弟仲良く遊んでくれれば、私の眉間のシワも減るだろうに・・・。夏休み期間中、おそらく毎日鬼の形相してました(笑)。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ささやかな誕生日プレゼント

乗り物好きのコジロウに、ささやかな誕生日プレゼントとして「市内バスに乗ろう計画」を贈ることにしました。
あまりバスに乗る生活ではないので、バスを見かけるたびに「コジちゃんバスに乗りたい。今度一緒に乗ろうね」と、お誘いという名の催促を受けておりましたもので・・・。




01

駅前のバスターミナルが出発点。次々とターミナルに入ってくるバスを眺めるのがお気に入り。
今日はどんなバスに乗るの?と聞いたら
「タコのバス♪」とか言っていましたけれど・・・赤いバスのことかな?




02

バスに乗ってコブレンツの観光名所、ドイチェス・エックへ。
川が見えるベンチに座り、昼食をとりながらしばし船を鑑賞。
「船ばいばーい!」と大声で叫んでいましたけれど、手の振り方が小さかったので気がついてもらえず。




03

これが本日のメイン。コブレンツの旧市街の観光バス(電車?)、Altstadt – Expressに乗車しまーす。




04

こんな汽車ぽっぽ型のもの。
これがバス停に待機しているのが遠くから見え、一気にハイテンション。小躍りをしながらテレビアニメ「ヤッターマン」のテーマソングを大声で歌っておりました。そしてお得意の変顔で記念撮影。




05

車内で。
運転席のすぐ後ろの車両に座ったので、信号などがよく見えました。
「赤ですよー、右にまがります」とか、石畳でガタガタ揺れるところでは「(頭がぶつかって)頭痛い」(実際は痛くない)、わけのわからぬ奇声などあげて終始ご機嫌でした。




06

初めに川沿いを通り・・・




07

お城を通り・・・

ま、子供にとっては外の景色はほぼどうでもよくて「乗った」ということだけで満足なのでしょうけれども。




08

かわいいプレートがついた汽車ぽっぽでした。


締めくくりにご所望のチョコレートアイスを食べて再びバスに乗って帰宅。
乗ったことなんてどうせ忘れてしまうだろうけれど、楽しんでもらえてよかったです。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

硬い爪の意外な特技

レゴブロックのパーツってけっこう小さいのです。
初めてのレゴブロックDUPLOシリーズじゃないですよ。それは1つのパーツの厚みが19mmほど(突起部分を含めず)ありますが、普通のレゴブロックになると薄いものだと3ミリしかありません。




Img_0207

この3ミリ同士がしっかりとくっついていると、外すのになかなかの力が必要です。そのための専用道具もあるくらい。

しかし専用道具が手元になかったりすると・・・


コタロウ:「できない~~。パパ外して」
     ↓
夫:「う~~~ん・・・ ママにやってもらえ。俺の繊細な爪では恐ろしくてできない」
     ↓
私:「どれどれ」


ぱかっ(←いとも簡単に外せる様子)



なんて言うんですかね~、パーツとパーツのわずかな隙間に爪を押し込んで卵を割るようなイメージでぱかっと外すんですけど、夫は爪が柔らかすぎるために、そんなことをやると爪がぐにゃっとなってしまうようです。


かたや私の爪は非常に硬いらしい。
(そうらしい、という内容の記事はコチラ。)



意外な特技発見。

どんどん持ってこーい!




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コジロウも3歳を迎えました

我が家のチビッコも3歳になりましたー!
赤ちゃん時代を経て、初い初いしさに溢れる幼児時代は今年いっぱいでしょうか。4歳になっちゃうと、普通に「子供」ってかんじになっちゃいますもんね~。よし、2度と巡ってこないこの年を楽しもう。


誕生日当日は家族のみでお祝いしました。
まずは恒例の、母の力作紹介(笑)。




01

テーマは「乗り物」。
コタロウの誕生日の時と同様に、壁一面を使って船の飾りを作りました。
(船本体はコタロウの時の使いまわしだったりする・・・)




02

別角度から。
色鮮やかな虹を船の帆に見立ててみました。

このブログでも何度か書いたことがあるかもしれませんが、やっぱりねぇ・・・好きなんですよ、乗り物が。兄弟揃って。コジロウはその中でも特にバスが好きですね。




03

夏らしく、爽やかなマリンカラーのガーランドも編みました。
ガーランドはパーティー飾りの定番ですし、船のモチーフにも合いますよね。賑やかさには欠けるかもしれませんが、紙製のものよりもボリュームもあるし、高級感も出ます。高級感というと大げさですが、安っぽくはならないかなと思います。
しかも使いまわしができる!!(←ここ重要)
旗には紐を通す穴を作り、紐は固定していないので並べ替えたり他の色柄のものを追加することができます。これから少しずつ他の色柄を作り足し、その組み合わせ方でいろいろなシーンに使っていく予定です。


ガーランドの合間には大好きな「となりのトトロ」のキャラクターを印刷して吊るしました。写真じゃわかりにくいかな~。
コジロウはこれを見て「ネコバス~~~♪♪」と大喜びしてくれましたよ。食事中も上を見上げて「まっくろくろくろ(真っ黒くろすけ)」と嬉しそう。




04

ただの飾りじゃないですよ、母ちゃんは遊び心を加えて一工夫しました。
船のマストはカラフルな線路。ネコバスに付いている紐を引っ張ると、ネコバスが線路を上に登っていく仕組みです。
これにはコタロウの方が反応してくれて時々遊んでくれています。




05

そしてもうひとつ。コジロウが好きな絵本に「ノンタン ほわ ほわ ほわわ」というのがあります。この絵本の中に雲の汽車が登場します。空に浮かび上がったノンタンとその友達が落ちそうになった時、雲さんたちがピューンと飛んできて雲の上に乗せて助けてくれます。そして汽車のような形に連なって虹のトンネルをくぐり地上まで届けてくれます。

これはその絵本の一場面を表したもの。コジロウはすぐに「雲の汽車だ~~、虹のトンネル~~」と、わかってくれましたよ。
もう、この瞬間の笑顔を見るために頑張って作ったといっても過言ではない。





06_2

ケーキはいつものショートケーキ。コタロウもデコレーションのお手伝いをしてくれました。

コジロウ:「何してるの~?コジロウも見たい~~」

コタロウ:「だめだめ」


うおこ: 建前「主役にやらせるわけにはいかないからね~。後のお楽しみだよ」
     本音「手を出された日には、せっかくのケーキがぐちゃぐちゃにされる!」 



07


虹のカラフルな飾りに合わせてケーキも彩りよくトッピング。




08

いよいよパーティーでーす。
汽車ぽっぽに3本のロウソクを立てて、バスの形の誕生日カード、乗り物のモチーフで飾った王冠を。
コジロウは誕生日カードも見るなり「バス~~~!」と喜んでくれました。いや~、嬉しいっ。中身のメッセージを読み上げたた時はな~んにも聞いてくれませんでしたけどね。




09

3
歳になったよ~~~。


実はこの王冠、コタロウが3歳の時の誕生日につくったものの使いまわしだったりする・・・。
被り物、首からの下げものといったコスプレ系が嫌いなコジロウ。どうせ王冠作っても被ってくれないだろうな~と思ったので、「乗り物」というテーマにも合っているしこれを使っちゃおうと思ったのです。この王冠を作るのがけっこう大変だったので捨てるのがしのびなく、思い出にとっておいたんですよね。

コタロウ:「これ、僕も3歳の時に被ってたー♪」

あ、あら、覚えてたの?覚えてないだろうと思ってました、おほほほほ・・・(汗)。





10

コタロウ直筆の「おめでとう」の文字も。鎖骨骨折した直後で右手が使えず、左手で書いたので書きなぐったような筆跡ですが。




11

ロウソクをなかなか吹き消すことができず、前のめりになったコジロウを慌てて夫が手で制する、の図。前髪焦がしちゃうパターン(笑)。




12

プレゼントはミニカーなどやっぱり車系。トーマスのお洋服には嬉しくって思わず両手で頭を抱えちゃうほど。


お誕生日おめでとう。

追加の小さなプレゼントもあるのでそれはまた後日。



★おめでとうのクリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

最高のお天気と観覧車

寒かった先週から一転、久々に青空の広がる夏らしいお天気になりました。こんな日は家族で街にお出かけです。



01

コブレンツ市の観光名所ドイチェス・エックに聳え立つ、ドイツ初代皇帝ヴィルヘルム
1世の騎馬像もいつもにも増して凛々しいわ。




02

ユネスコの世界自然遺産となっているライン川中流域も、ここドイチェス・エックが終着点。川の対岸にはかつて難攻不落といわれた要塞が建っています。




03

ドイチェス・エックでライン川と合流するのがモーゼル川。遊覧を楽しむ観光船やボートの白が、空と水面の青との対比で眩しいです。

もはや見慣れた景色。観光名所も限られている、というか、ほぼここのみ。
だけど、こんな風高明媚な所で暮らせていることが幸せだなぁとしみじみ思います。




04

さて、本日はコブレンツ市の夏のお祭りの日。
食べ物の屋台やユーフォーキャッチャーなどのゲームが出来るお店が並び、移動遊園地もやってきます。ここ2年余りは来ていなかったのでわかりませんが、数年前まではメリーゴーランドだけだったものが今年は遊具が充実していました。写真にあるように、棒がグルグル回る絶叫マシンも。




05

なんと巨大観覧車まで!




06

鎖骨骨折したコタロウでも観覧車なら問題ないでしょう。って、よく見たら日本で見かけるような観覧車とちょっと違います。けっこうな速さで回っているし、ガラス張りのボックスタイプではなくて、背もたれに柵1本付いただけでめちゃくちゃオープン!ぶら下がっているだけのカゴ状態。
だ、大丈夫?

気になるお値段は大人6ユーロ、子供4ユーロなり。家族全員で乗ったら1回で20ユーロ。
うーん・・・。

結果、6ユーロをケチッてみた。私はお留守番で下から写真撮影役。




07

先ほどの景色を上から見るともっと素敵。




08

右下から伸びている道が行き着く先がドイチェス・エック。
川の合流地点で川の色が変わっているのがわかりますか?




09

最初あまり乗り気でなかったコジロウも楽しんでくれたみたい。高所は怖くないのかな?




10

1
回で3周してくれました。個々の座席(カゴ?)はグルグルと水平回転もできました。
こんなものをたった2日のイベントのために持ってきて設置するんだからすごいですよね~。

イベントのメインは夜の打ち上げ花火。さきほどの写真にあった山の上の要塞から、まるで大砲のようにどんどこ花火を打ち上げるのです。なかなかの迫力ですよ。


さて、もう1回観覧車に乗りたい、他のメリーゴーランドにも乗りたいと騒ぐ子供たちを、「また後で来るからまずは腹ごしらえしようよ~」とその場から引き離し、昼食を摂ることに。




11

子供たちは大好きなトウモロコシを。
コタロウが肩にリュックサックのようにかけている白いものが骨折矯正のバンドです。でもタオル地なので、畑で作業している人が首にかけたタオルみたい。麦藁帽子と首のタオルにトウモロコシ、夏っぽくて似合っています(笑)

味は残念ながらいまいちです。茹でたトウモロコシに少量のお塩とバターを塗ってくれたのですが、茹でた後お湯につけっぱなしなのが駄目な原因なのではないかと。




12

コタロウが見入っているのは・・・?




13

ジャガイモを電動で回転させて削るスライサー。お店のおじさんが電気ドリルみたいな(見た目はめちゃくちゃ普通の工具)ものを支えてスイッチオン。その先にブスッっとさされて固定されたジャガイモが高速回転しながら薄くスライスされていきます。




14

これを油で揚げてポテトチップスのようにいただきます。私がカメラを向けると、おじさんは快くパフォーマンスを見せてくれました。





15

帰りにカフェに寄り、パフェをいただきました~。これぞ我が家の夏のお楽しみ♪
今回は胡桃がたっぷりトッピングされた胡桃パフェをいただきました。ソースもナッツ系の濃厚ソースでちょっとくどかったかな。





16

家に帰って夕食を食べていると、窓の外には「100 Made in Germany」と書かれた飛行船が。これから始まる花火を空から鑑賞するのでしょうか?





17

少しずつ日が短くなってきているので夜9時半には日没ですが、なんと花火が始まったのは夜11時!
我が家は小高い丘の上にあり、アパートの最上階。ちょうどいい具合に背の高い木々の間から自宅にいながらにして花火を鑑賞することができました。
音はかなり遅れて届いていましたけどね。

しっかり昼寝をしたコタロウは夜更かしをして、打ち上げ花火初鑑賞です。

「火の粉が家に届くー!」
「カメラ撮ってるの誰だよ~」(ピカピカ光るのがフラッシュだと思ったらしい)
「これ、人がやってるの?」(手持ち花火しか知らないから、これも人が持っているとか思ったのか?)

などなど面白語録が飛び出しましたよ。

例によってコジロウがぐずりまくったのでお疲れの1日でしたが、お天気がいい中家族とお出かけできたというだけで満足な日でした。あ、アイスと言うご馳走も食べたか。





★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

寒すぎない?

週末はいいお天気になりましたが、先週のドイツは寒すぎました。

朝の気温は一桁台。日中も最高気温が13℃とかの日もあって。もちろん寝る時は冬の掛け布団。
そりゃーもう、晩御飯のメニューは冷奴の予定を湯豆腐に変えましたわ。お蕎麦だってザル蕎麦やめて温かいかけ蕎麦よ。
あ~、温かい汁物が心もぽかぽかさせてくれるわ~、ってことでシチューやらコトコト煮た野菜スープなどのメニューが続きました。

土曜日は一転。久々に晴れ晴れとした夏らしい日で気温も30℃まで上がったので、アイスとか食べちゃいましたけどね。
身体壊すわ。


この日差しはもったいない。夏休みで持って帰ってきた保育園の上靴や、もう小さくなって履かなくなった靴などをせっせと手洗いして洗濯に精を出しましたよ~。

このままのお天気が続くといいのですが。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

なかなかのストレスですなぁ

子供たちの夏休みが始まって1週間。なかなかのストレス具合でございます。
鎖骨骨折により安静にしていなければならないボクちゃん(コタロウ)は、先週末に風邪をひいたコジロウからしっかり風邪を移され発熱。
1
日で熱は下がりましたが、友達に遊びに来てもらう予定もキャンセル。

やはり体調不良からか、コタロウは少し甘えモードです。歯をみがいてよ~、着替えも持ってきてよ~、ママの膝の上に座りたい、などなど。そうしたら弟が黙っちゃいない。自分もお膝~~、本を兄よりも先に読んでくれ、ご飯食べさせて~、などなど。

結果、自分が先だ、いや自分だの争い勃発。他にもおもちゃの取り合い(7割方弟が悪い。兄がせっかく綺麗に並べた車の列や作った線路を容赦なく破壊)などで喧嘩。
コジロウは弱くてすぐに泣くくせに、相手を蹴る、叩くなどの暴行をはたらきます。
そしたら兄も力で反撃→当然弟は大絶叫で泣く→ママに報告しに来る、の繰り返し。


その報告だって

コジロウ:「コタロウがコジちゃんの頭叩いた~~~痛かった~~~」


コタロウ(遠くから叫んで):「コジロウ、嘘つくな!僕何にもしてない!」

コジロウ:「ウギャー!痛い~~。コタロウが~コジロウの~頭の~バーンって~~」



あーーーうるさーーーっい。

マジメにうるさい。
最初は頑張って双方の話を聞いて、二人にたしなめる言葉をかけていたけれど、繰り替えされるとだんだん限界を超えてきます。

五月蝿い!
喧嘩するな!
コジロウもそんなことで泣くな!
こっちはご飯の用意していて手が離せないんだよ!忙しいんだよ!


・・・という具合に、問題を解決することはもはやどうでもよく、とにかく黙れ、静かに仲良く遊べ、という方向になっていきます。
そうなりません?怒らない世のママさんたちはすごいですね。神業。


夫:「それが兄弟というものでしょう」

そうっスね・・・。
私にも姉がいて、姉妹喧嘩は身に覚えがありますもの。


お互いの興味が違ったりすると、どうしてもどちらかを優先しなければならないことが多々出てきます。二人ともテレビを観たいけれど、観たい番組は違うのでどちらが先に観るか、とか。

限られた空間(家)の中だけで遊ぶからお互いストレスが溜まるのかも。安静にしなければいけないし風邪もひいているけれど、まぁ砂場遊びや買い物に付き合わせるくらいは問題ないでしょう、と、ちょこちょこ連れ出しています。

ところが状況は外でも同じ。砂場で遊びたいコタロウに対して、砂恐怖症のコジロウは
「ヤダ。砂場で遊びたくない。うわぁぁぁ~~~す、砂が靴に入った~~!嫌だ~~~うわーーーん!」

私&コタロウ:  カッテニスレバ・・・。


あれか。もはやどんなにコジロウが泣こうとも、心を無にすればいいのかも?
あーはいはい、わかったよ~、そうかいそうかい、痛かったねー。ん?何を兄弟で争っているんだい?そんなこと長い人生において取るに足らないことだよ。もっと未来をみつめなさいよ~。

新境地を切り開く勢いで。あ、そうか。夏休みは修行の場なのだね。
子供たちの夏休みは後2週間。最後の1週は夫も休みをとっているので、子供たちと自分だけの日々は後1週間!
ガンバルぞ~~。

補足すると、楽しいこともいっぱいあるんですよ。いつもより長い時間をすごしている分、普段出来ないことが一緒に出来たり、時間に余裕がある分、同じことをしても心にも余裕をもってじっくり向き合うことができたり。
旅行などに行く予定はないので、少しでも思い出に残るような夏休みにしてあげたいんですけどね。



★ふぁいとー、いっぱーっつ!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

minneのサイトで作品販売はじめました

私の趣味の、ものづくり。
もっと楽しみつつ、ちょっとだけ自分を追い込んでみるべく、てづくり品の販売サイトに自分のお店を構えて作品販売をはじめました!

ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)
https://minne.com/atelierpicco

atelier picco
(アトリエ ピッコ)という名前でやっています。

このブログの左側にあるminne(ミンネ)で販売はじめました」の靴下のアイコンをクリックしても、作品をご覧いただけます。



Up1

季節はずれでなんですが、クリスマスのオーナメントやプレゼントにも使えるクリスマスソックスを編みました。
ご興味のある方はminneのサイトからでもいいですし、このブログからでもどちらでも、質問やメッセージ等お気軽にお寄せください。


注文来るかな~?そう簡単には来ないだろうな(笑)




★今日もご訪問ありがとうございます。ポチっと応援宜しく♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

前途多難な夏休み

さぁ、先週末から保育園も夏休みに入りましたよーーー!
コタロウとコジロウは別々の保育園に通っていますが、今年は二人の休みがほぼ一緒。ということはですよ、毎日二人同時に朝から晩まで家に居るってことですよ。ひーーーっ。

いや、でもここは楽しく過ごそうじゃないですか。プールに行く?暑い日があったらアイスでも食べに行く?

と、思っていたら・・・


コジロウ、発熱。風邪をひいたもよう。
(これは1日で熱がひいたのでまぁ心配ないでしょう。でもまだ咳をしています)


コタロウ、サッカーの練習で肩を負傷。

負傷したのは金曜日の夕方。土日は病院がお休みなのでとりあえず冷やしたり三角巾で腕を吊ったりして様子をみていました。
しかし我慢強いコタロウにしてはあまりにも痛がるので日曜日に緊急外来に連れていきました。


結果、



鎖骨骨折。

1
ヶ月間補助ベルト(?)みたいなのを着用して安静にすること。




終わった・・・・。

終わったよ。コタロウ5歳の夏、これで終了だよ。

コジロウの誕生日がもうすぐあるから、そのお祝いに乗り物好きのこの兄弟にたくさん乗り物に乗せてあげようと計画していたけれど、それも延期だよ。
先日コタロウとプールに行ったけど、すごく楽しかったみたいだから、新しく水中眼鏡と浮き輪を買ってコタロウを喜ばせようと用意していたんだよ。それも出番がなくなったよ。
よりによって右鎖骨骨折だよ。右利きなのに右手が使えないよーーーっ。


なんだかね、私がショック受けてしまっているというか。
痛くてかわいそうだな、というのと、前述したように予定が崩れてしまったのと、こんなに動くのが大好きで毎日自転車に乗ったり友達と外遊びするのを楽しみにしていたのが全くできなくなって本人が精神的にショックを受けるのでは・・・とか、いろいろ思ってしまって。

夫は「怪我をしたのは仕方がない。男の子なんだからこれからもっといろいろな事がある。これくらいで(私が)落ち込んでいるようではこの先大変だよ」と、男親らしいご意見。

そうなんですけど、そうなんですけど~~~~。
まだ5歳になったばかり。
どうしても心のモヤモヤが消えやらぬ私なのです。

保育園が休みだったのはまだ幸か。
気持ちを切り替えて夏休み期間中、家に閉じこもっていても友達と外遊びできなくても楽しく過ごせるよう、なにか策を練ることにします。


コタロウ、人生初の試練です。




★コタロウに愛の手を★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

サッカーを習い始めました

ドイツでスポーツといえば、サッカー!
(地味に卓球も身近なスポーツだったりするけど)

コタロウも地区のスポーツクラブに所属してサッカーを習い始めました。



P1230972

夏季は屋外のグラウンドでやっています。なかなか立派な施設です。
手前の黄色い靴を履いてボールを追いかけているのがコタロウです。この日は他地区のチームとの交流試合があったのでユニフォームを着用し、本格的な感じですね。

写真中央のオジサンは「ボールがぶつかった、痛いよ~~~」と泣くわが子を励ましており、手前に写っている見学者は寝転がっているという・・・3歳半~7歳までのちびっ子たちのチームなので、普段の練習もほのぼのとした感じです。
4
歳児まではかなり自由奔放な子もいて、練習中に草むしりを始めたり、コーチの話は聞かずに芝生でゴロゴロ転がりだしたり、いきなりグラウンドから抜け出して見ている親の所へ行き戦線離脱する子も。
そんな中ではコタロウは真面目に頑張って走っている方かな。


夏季はこのグラウンドで、冬季は体育館で行います。夏季はその体育館は完全閉鎖されてしまうので、雨が降ったら中止になります。おそらく、雨で芝が滑ると危険という理由で。
でもそれもどうなんでしょう?
6
月は2週連続雨が降って中止。3週目は体調不良につき欠席。4週目も天候が悪く・・・途中で中断なんてこともあり、ほとんどできなかった月もあったんですけどね。月謝はどうなる?


このサッカーはコタロウ本人がやりたいと言い出したのではなく、春から秋までは水泳教室がお休みなのでその間何か運動でもしてみない~?という軽い気持ちで私が薦めたものでした。
全くの初心者だったので最初は辛かったようですが、ようやく楽しくなってきたようです。




20160709103433

夏休み前には他地域のチームが集結する大規模な親善試合もありました。まだ正式にクラブ所属の手続きが完了していなかった私たちは、そんな試合があるとも知らず、コーチに「明日試合あるから来てみる?」と誘われてなんとなく参加したらその規模に驚きました!

こんなに広々としたグラウンドで。全部で5試合くらいしたかなぁ?




Img_1043

本日支給されたユニフォームは黒。5歳になったばかりのコタロウはチームの中でもかなり小さい方です。ルールもよくわかっていないけれど、とりあえず参加(笑)。




20160709103944

走れ!コタロウ!
ドリブルできないし、誰にパスするとかわかっていないし、ボールを扱う技術なんてゼロに近い。
けれどコタロウはスタートダッシュがなかなか速いようで、ボールに触れる機会は多かったようです。




Img_1054

試合終了後に参加賞が授与されます。
各チーム1列に並んで待機。それにしてもみんな見事に金髪ですな~~。

外国に住んでいるのだから当たり前なんですが、今のコタロウは国籍も人種も違い、言葉でのコミュニケーションですら十分ではないという状況。その中でもこうして友人を作って逞しく、そして楽しく活動している。その姿を見るのがなんとも言えず嬉しい母なのでした。




Img_1059

金色に輝くメダルと、なんと青年がサッカーをしている姿のトロフィーまでもらいました。
参加賞で誰でももらえる物なのですが、コタロウの人生初のメダルとトロフィーになりましたよ。

頑張れ、コタロウ!




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

革のペンケース製作

先日購入した、コタロウの鉛筆を入れるペンケースを作りました。



Dsc_0521


思いつきでやった即席のものなので作り方はいたって簡単です。




Dsc_0518

使用したのはA4サイズ程度の革(家にあったものを利用)。ハトメの穴が開いていますが、今回はこれは活用しません。

千枚通しでグリグリと穴を開けます。机が傷つかないよう、革の下に雑誌をひきました。
革を加工する専用道具があればもっと綺麗で楽にできるんでしょうね~。




Dsc_0519

上下を適当な長さに折り、穴に麻紐を通してとめます。下は鉛筆を数本入れられるように仕切りもつけて。
表には同じ革で細い紐を付けました。これで最初の写真のようにペンケースをぐるっと巻けば完成です。

Dsc_0520

表から見たらこんなかんじ。
ペンケースを止める革紐の色を本体と変えたらもっとお洒落だったかな、麻紐じゃなくてジーンズを縫ってあるような丈夫なカラー紐だったらもっとよかったかな、など反省点はいろいろありますが、家にある材料だけで作ったのでこんなものでしょう。

コタロウは気に入ってくれましたが、まぁ5歳児が持っているペンケースではないですね(笑)。



Dsc_0522

コタロウが使わなくなったら、私のかぎ針を入れるケースにしてもいいかな。





★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

削ってある鉛筆

コタロウの平仮名お勉強用にと、近所の文房具屋さんで鉛筆を購入しました。

こちらの特に小さな個人商店なんかは、
①入店→お目当ての品を自分で探して品定め→レジへ持って行く
の流れではなく、
②入店→お店の人に挨拶&お目当ての品が何かを伝える→お店の人が探してくれる
の、流れが一般的です。

もちろんどっちでもいいんですけどね、今回私は②のパターンで最初にお目当て品を伝えてみました。


私: 「2Bの鉛筆探しています。」


で、差し出されたのがコレ。






Dsc_0515


既に削ってある・・・!Σ(゚д゚;)


あれっ、鉛筆ってお店に並んでいる時から削ってありましたっけ・・・?いや、日本じゃ削ってないですよね?

ヨーロッパでは鉛筆は購入後すぐに使えるように削ってあるんですって。そうあるべきもの、という文房具の歴史があるのだとか。


ちなみにメーカーはMilan(スペインの老舗文具メーカー)のものでした。
いや、今回はメーカーにはなんのこだわりもないのでそれでもいいのですが、普通に日本でも有名なドイツ製のSTAEDTLER社のものでいいですよ?
他のメーカーのものは?そして値段は?(必要なのはたった1本なのでどうでもいいですが)

気になるのならば聞けばいいのだろうけど、選択肢を与えられずに「はい」と出されたので、おとなしくそれを購入してきました。11.3ユーロでした。鉛筆も高くなりましたねぇ。


近所の個人商店だからか、もちろん小さな紙袋に入れてくれるなどの包装は無しです。
キンキンに尖った鉛筆をそのまま渡されたけど、私はコジロウのベビーカーを両手で押さにゃならん。そして食料を購入した袋もある。
仕方ないのでカバンに入れましたよ。
2B
ですもの。家に着いたらカバンの中は黒くなってたよね。


本当に小さな事なんですが、またも日本との違いに驚いた出来事でした。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »