フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 服をリメイクして自分のものいろいろ | トップページ | 古都・シュパイヤーに行く »

「おおきな おおきな おいも」を実践してみた

小さい頃好きだった絵本がいくつかありました。是非わが子にも読み聞かせたいと、実家の本棚から探し出してドイツまで持ってきた絵本があります。コタロウもコジロウもとても気に入って、笑いながら聴いてくれます。
30数年の時を経て日の目を見たその絵本とは。





01

「おおきな おおきな おいも」 赤羽末吉 作・絵


皆さんご存知でしょうか。
主役はあおぞらようちえんの子供たち。芋ほり遠足を楽しみにしている子供たちが、どんなお芋なのかと想像します。そしてそのお芋をみんなで紙に描くところから、子供らしいユニークな夢の世界があふれ出します。

で、この絵本で子供たちがやっていたことを実践してみました!





02 03_2


せんせい おいも かくから   かみ ちょうだい  えのぐ ちょうだい  ふで ちょうだい

かみを つなごう





04 05


さあ おいもを かくよ

ごし ごし しゅっ しゅっ ぴちゃ ぴちゃ しゃっ しゃっ





06

もっと かみ    
えっさか ほっさか






07

大きなお芋になってきました。
絵本では先生がどんなお芋ができたか聞きます。





08

どんな おいもが できたかな





09

まだ まだ





10

まだ まだ





11

うわー  おおきな おおきな おいも!






12

我が家ではとりあえず乾かさねば。ベランダでまるで反物のように干します(笑)





13

絵本ではこの後、こんな大きなお芋をどうやって幼稚園に運ぶかと相談し、ヘリコプター2台で宙吊りにしたり、プールに浮かべて芋丸号にしたり、みんなで飾り付けをして恐竜イモザウルスを作ります。写真はその恐竜。





14

我が家でもイモザウルスを作るよ~~。





15





16

出来ました~~!壁一面に貼ったらこーんなことに。






17

コタロウがアルファベットで「イモザウルス」と書こうとしたら、「イモザウリア」になりました。ドイツ語で「恐竜」は「ディノザウリア」なので、私も一緒に間違えた~~。





18

絵本では、お芋でたくさん遊んだ子供たち。お腹が空いたので食べちゃおうということになりました。天ぷらや焼き芋、大学芋を作っておいもパーティーを開きます。


我が家でも絵を乾かしている間にお昼ご飯にしましたよ。大学芋とじゃがいものホイル包み焼きをしてプチおいもパーティーです。

子供たちも楽しんでくれたと思うけれど、私自身がノリノリでやったので楽しかったです。
絵本の子供たちはたくさんお芋を食べたのでお腹パンパン。ガスが出ておならで空に飛び上がります。さすがにそれは真似できませんけどね(笑)。


いかがでしたか?この絵本は涙をそそるとか、感動モノといった種類のものではありませんが、子供たちの発想がとても初々しくも生き生きとしていて想像力を育んでくれる絵本です。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 服をリメイクして自分のものいろいろ | トップページ | 古都・シュパイヤーに行く »

コメント

うわ~楽しそう~っ!!この絵本、私も大好きでした!!これを実践してみようという発想、うおこさんすごいです!!こういう独創的な遊びは子供は本当に大好きですよね!

おお!大きな作品ですね~。
最後まで頑張ってえらい!
大学芋はスーパーで売ってるオレンジ色のサツマイモで作ったんですか?
私も食べたい~。

>さくらさん

さくらさんもこの本ご存知でしたか?いい本ですよね。言葉が簡単だしほとんどが会話の台詞なので子供たちも覚えやすいですし。
紙さえ手に入ればすぐに実践できます。さくらさんも是非~~~。

>ポン子さん・・・かな?

子供たちの集中力が続かなかったので、2日にわけて製作しました。
さつまいもはアジアショップで購入しました。ホンジュラス産とか・・・よくわからない所が生産地になってました。たまにハズレもあってスジだらけの時もありますが、まぁまぁいけます。
スーパーのサツマイモらしきものは水っぽいんですよね?それを買ったことがないのですが、大学芋にするのはちょっと難しいかと思います。

うおこさん、大正解!
名前入力して確認もしたんですけどね...なぜかしら~。
今回は大丈夫かしら?

絵本の世界と日常がリンクしてて、楽しそうだねぇ♪
作ること、食べることも繋がってるし、家族共同で楽しむ感じがいいね〜
もう我が子たち絵本は卒業しちゃったけど、久々に引っ張り出したくなったな。
うおこから頂いた「ジェインのもうふ」「小さいおうち」は今も、お気に入り!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 服をリメイクして自分のものいろいろ | トップページ | 古都・シュパイヤーに行く »