フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« オムツケーキ第二弾 | トップページ | シュトゥットガルト早足観光 »

恐ろしいと思った息子の話

この話は、「ママが警察に捕まえられ、それをコタロウが助けに行く」という設定からスタートします。

以下、コタロウが私に話した原文ママ。


すごい速さで走って行って、(警察の)頭 ぐーで(手をグーチョキパーのグーにして)ガーンと叩くでーーー!
目をまわすでーーー!


そしたら倒れて血がでる。
それから(コタロウが)上からドーンと飛び降りる。

それでー、
ナイフで警察の首を切るの。

それで、M君(保育園のいつも遊んでいる友達)に「警察はもう死んだ」って言うんだ♪




私:

・・・・

・・・・・・・。

・・・・・・・どうして警察にそんなことをするの?

コタロウ:「だって警察は悪いって決めてるから」

なんでっ?!普通は子供の憧れ、正義の味方やで?
そもそも、ナイフで首を切るという発想はどこからきた?


私:「それ、誰かが言っていたの?M君?」

コタロウ:「ううん。コタちゃんが自分で考えた」


・・・・・・・・・・・・・・怖い。


この話も、ママを助けに行くという心優しいところから生まれているようなのに、その手段が怖い。
いったいなんの影響なんだ。そんなテレビとか家では観てないのに。
心が病んでいるのか?

それともー、やっぱり男の子だから?剣とかナイフとか銃とか好きだよねぇ・・・強いことはカッコよくていいことだ、の発想なのかしら~~。




★息子のことがわからない・・・★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« オムツケーキ第二弾 | トップページ | シュトゥットガルト早足観光 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オムツケーキ第二弾 | トップページ | シュトゥットガルト早足観光 »