フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

もうすぐひな祭り

コタロウとひな祭りの工作をしました。

なんだか最近バタバタしているのでオリジナルのアイディアをしぼり出す時間もなく、ネットで検索してよさげなのを真似して作ってみました。




Dscf3314

トイレットペーパーの芯に折り紙を貼ってお内裏様とお雛様を作ります。
菱餅は牛乳パックで形を作り、モールを付けて籠の持ち手のようにし、画用紙で切り抜いた桃の花を飾れば完成です。

参考にしたサイトはこちら


着物などのパーツは予めこちらで用意しておき、好きな柄の折り紙を選んでもらってそれを糊で貼り付けるだけだったのですが、思ったより時間がかかりました。
パーツが多いうえにお内裏様、お雛様の2体作らなければなりません。
とても可愛らしくできましたが、子供の作業量と事前準備の手間を考えると、ちょっと難易度高かったかな~という印象です。
参考にしたサイトでは3歳0ヶ月の女の子が30分で完成したと書いてありましたが、コタロウはもっと時間かかりました。工作慣れした女の子なんかだともっとさっさと楽しく作れるかもしれません。





Dscf3311

屏風を飾れば立派なひな祭りの飾りになりましたよ。
ニヒルな笑い顔が愛嬌のある作品になり増した。


ところでひな祭りは「桃の節句」で、飾るお花は桃の花。
桃と梅と桜と・・・似てますよね。私は見分けがつきません。梅と桜の違いは比べればなんとなくわかりますが、じゃあ桃は?というレベル。

ドイツに来た当初、「わ~~~ドイツにも桜がいっぱい~~」って思っていたのですが、実はアーモンドの花が桜とよく似ているそうで、桜だと思って見ていたものがアーモンドの花だという可能性大です。

もう既にピンクの蕾をつけている木を見かけるのですが、はたしてこれから何の花が咲くのか・・・
私的には何でもよかったりします(笑)。その時々に都合のよいように解釈しつつ、純粋に美しい花を観賞できればそれでよいのです。

あ~春が待ち遠しい。




★今日もせっせとものづくり★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

兄貴は頼もしい

コタロウ49ヶ月。前々から思っていたけれど、頼もしくなったなぁ。

もとから侍気質に溢れているというか、あまり弱音は吐かず、我慢強くもあり、口数も少なく、涙はほとんど見せない。たいして文句も言わず黙ってよく歩き、調子に乗ってふざけて怪我をすることも多々あるが、強くありたいと願っているようで、少々の事には耐えてみせる。


一方、兄とは正反対のコジロウ。すぐ泣く、すぐ甘える、すぐ諦める、すぐ飽きる、すぐ弱音を吐く、しかし口だけは達者。

コジロウが色々な事に対して消極的というか慎重なのは持って産まれた性格にくわえ、病気で思うように身体を動かせなかったというのも多分にあるのでしょう。これはもう少し成長して経験を積めば徐々に解消されていくと思われます。


しかし今現在、この弟に手がかかりすぎて母お疲れ気味。


コタロウはそんな母を気遣って弟のお世話をしたり母を手伝ったりと、心優しい面をみせてくれます。


先日またも腰痛を発症して非常に身体が辛い中、どうしても子供二人を連れて電車で出かけなければならない用事がありました。


電車の種類にもよりますが、たいていの長距離列車の乗車口は幅が狭いうえに子供には危険なくらいホームと列車に隙間があって、段差25センチくらいはあるのでは?という階段を3段ほど登らなければなりません。


自分のバッグに加え、オムツ、子供たちの着替え、おもちゃ、おやつ、水筒などでパンパンのママさんバッグを肩から斜め掛けにして、片手にコジロウ、片手に折りたたんだバギーを抱えヨタヨタしながら歩く私。
まずコタロウには自力で乗車してもらい、片手でバギーを3段ほどある段差を一気に持ち上げる。腰へのダメージ大。先に乗車したコタロウにそれを受け取ってもらい、抑えてもらっている間にコジロウを抱っこして乗車させる。
バギーをコタロウから受け取りどこかに置くか、狭い通路をコジロウとバギーを引きずりながら進む。コタロウには先に行ってもらい、3人が座れそうな席があれば素早く確保(基本的に2人席ですが、向かい合って座る4人席がたまにあります)。

コタロウ、これやってのけてくれました!た、頼りになる~~~~。

乗車口では周囲の人が手伝ってくれたりもしますが、最初からそれをあてにしていてはいけないですし、途中で乗り換えもあったり、混雑して座席確保が難しい場面もありました。
(最初から席を予約しろって?だってー高いんですもの~。)


乗車しただけでぐったりの母の気も知らず、コジロウはわざとミニカーや備え付けの時刻表などをを床に落としたりしてウヘヘヘヘーと笑って調子に乗っています。
狭い座席で前かがみになって床の物を拾うなんて腰へのダメージは甚大すぎます。

「お、お願いコタロウ。拾って・・・」と言うと、その後何回も落としたいろいろな物を黙って拾ってくれました。

兄貴よ・・・母ちゃん涙が出そうになったよ。

子供二人(しかも一人はベビーカー必要)を連れて電車移動なんて大変だけれど、今回は逆にコタロウがいて助かりました。


こんなかんじでいつもコジロウにも優しくしてくれるともっといいんですけどねー。おもちゃ隠したり電気消して部屋に閉じ込めたりと、いじわるすることもしょっちゅう。
でも本当に母は助けられたから、君の武勇伝をここに記しておくよ。

コジロウもいつかは母を助けるほどたくましくなってくれるかな~、どうかな~。




★コタロウに、よくできました!の応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

素敵すぎる一人時間

ボンの美術館で先日まで日本人が収集した、印象派を中心とする絵画のコレクション展が開催されていました。日本人画家による作品も展示されるとのこと。


行ってみたいなぁ~~~と思っていたところ、夫が「こんなのやっているから行ってきたら?」と言ってくれました!もちろん子供たちを預かってくれて、私一人での美術鑑賞!なんていい響き♪


ボンまでは電車で30分ちょっとです。この日は雨模様で天気は悪かったのですが気分は上々。駅で珈琲を買って身軽に乗車、半日旅行()に出発です。




01

美術展に来るなんて本当に久しぶりでした。子供が生まれる前までは夫と何度か美術館を訪れたりもしましたが、やはり子供がここまで小さいと難しいことも多く。
説明パネルは当然ながらドイツ語と英語だけなので語学力不足の私はそれにはほとんど目を通さず純粋に鑑賞を楽しむスタイルに徹底し。

バルビゾン派の画家による絵の前では思わず目を閉じて深呼吸をし。
自然の一部を切り取ってフレームに閉じ込めたかのような印象派のタッチにため息を漏らし。
そこに時間や風、季節の匂い、温度まで感じられる気がする。
印象派が好き、なんてすごくベタですが、やはり自分はこの時代の絵が好きなのだと改めて感じ。

広重や歌麿など、印象派に影響を受けた日本人画家の絵も展示会では紹介されていました。日本にいた頃は日本画にあまり興味がなかったので、本物の日本画を実際に観たことがなかった私。まさかドイツで逆に目にすることになるとは。画集で見たことのある母国の絵を異国で観てるよ。




02

絵画鑑賞を堪能した後は街をプチ観光です。
花屋さんの前では一足早く春の花がところ狭しと並べられ芳香を放っていました。




03

バレンタインデーを翌日に控えていたこともあり、薔薇を中心とした花束で溢れています。

04

いい香りだけいただいて私が向かったのはミュンスター教会。
ボンと言えば音楽家・ベートーベンの出身地として有名ですが、私にとってはドイツに来て間もない頃、夫と二人でほとんど初めて訪れた街でもあります。その時にこの教会の回廊の美しさに魅了されたものです。




05



06




07

バラ窓(半円のものもバラ窓と呼ぶのかな?)の色使い、模様も他ではあまり見かけない感じ。





08

よくわからないオブジェ。




09

マルクト広場の前に鎮座する旧市庁舎。


写真には写っていませんが、ランチはこの旧市庁舎の向かって左隣にあるFirst Flush Tea Roomに行きました。


人気のお店らしく、お洒落なインテリアの店内は多くの人で賑わっていました。私は一人だったので大きいテーブルに他のお客さんと合い席するような形で座ることができました。



10

トマトのパスタを注文。
周囲を見渡しても、インテリアだけでなく使用している食器もティーカップも素敵。お料理の値段も少~し高めなせいか、客層も年齢が高めでした。マダムたちが会話を楽しみにきたり、“いつか夫とこんな雰囲気出せたらいいよね“的なカップルが見つめあい、手を取り合いながらお茶したり。

とっても素敵だったんですが、なんだかすごくアウェイ感に襲われた私。大人のティールームに小娘一人で何しに来た?みたいな。
いや、40を超えた立派なオバサンな私なのだけど、背も決して高くはなく、若作りしているつもりはないけど格好もラフな私はおそらく見た目ではけっこう下に見られていると思われます。そして語学力に自信がないので初めての所はちょっとオドオドしてしまって未だにこういう所がちょっと慣れない。

お料理が来るまでの間、製作中の編み物なんぞやって平静を装い、食べたらそそくさと退出してきました。でも素敵な所なので機会のある方は是非どうぞ。




11

帰りがけにSchoko Café Mirabelleに立ち寄りました。ここは夫と初めてボンに来たときに夫が連れてきてくれたカフェです。初めての海外生活、メニューも読めない、オーダーのシステムもわからない、こんなお洒落なカフェに自分が居るなんて!な~んてドキドキしながら(しかも新婚ですし・笑)いただいたホワイトチョコレートのチョコドリンクがおいしくて幸せ感じた思い出の場所。

ここで夫と子供たちにミニチョコレートをお土産に購入してボンを後にしました。


たった半日でしたが充実の一人時間でした。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

干支の工作2016

そういえば。

今年の干支は猿。
干支のことなどまだ理解するはずもない息子たちではありますが、毎年干支にちなんだ工作をしているので今年の分をご紹介します。


お猿さんに取り付けられたヒモを引っ張るとそのヒモを登っていく工作、あれなんていう名称なんでしょう?名前もわからないけれど今回はそれを作ってみました。



P1230017

色画用紙でサルとバナナ、バナナの木と葉をつくります。
バナナの木と葉くらいならコタロウでもハサミで切れました。




P1230019

お猿さんの裏側にヒモを取り付けます。
ヒモの長さは1メートル弱くらいだったかな?このへんは適当です。それを真ん中で折ります。
ストローを2センチくらいの長さにカットしてセロテープで貼ります。ハの字になるよう、ちょっと斜めに貼るのがポイントです。
そこにヒモ(タコ糸など)を通し、先端に玉をつくってストローから抜けないようにします。




P1230022

バナナの木と二つ折りにしたヒモの真ん中を壁に貼ります。
これで完成~~~。

我が家は縁起物にちなんで、福が入ってくるように玄関に飾りつけました。




P1230020

ヒモの先端を両手で外側に開くようにぐいーんとひっぱると、下にいたお猿さんが木を登って木の上にあるバナナを手にできるというストーリーです。




P1230023

バナナに到達~~~。やったーっ。ムシャムシャ。ごちそうさま~~~。


といった遊びができるので子供たちには大変ウケのいい工作ができました。
顔の部分に子供の顔写真を貼ったので、自分が猿になったような気になって、それがまた楽しいようです。

ヒモを左右交互に引っ張ってカタカタと登っていくのが本来の仕組みなんでしょうけれども、この年齢ですとこれだけでも十分面白がってくれましたよ。


2016
年我が家に福が訪れますように。



★今日もご訪問ありがとうございました★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

膝あては永遠のループ

目下コタロウが頻繁にズボンの膝に穴を開けるので、それの補修にひーひー言っている私。
今度はついにコジロウまでジーンズに穴を開けました。
まぁコジロウの場合は兄のように激しい遊びの結果ではなく、兄からのお下がりの服で最初から膝の生地が弱くなっていたのが原因ですけれども。




P1230262

今回はどうしようかとしばし考えた末に、そうだ、私には編み物があるじゃないか、と。

ポケットのように四角く編んで両膝に縫い付けました。
毛糸だからお洗濯を重ねるうちに布地が硬くなってしまうかな?ドイツの洗濯機はお湯を使うし。ジーンズとの相性はどうだろう、など、使ってみなければわからないこともあるのでこれは実験です。
問題なさそうであれば今度コタロウ用にも作ってみようかなどと考えていた矢先・・・

今年のお正月に補修したばかりのコタロウのジーンズ、補修したそのあて布に穴を開けてきました~~~~~。約1ヶ月しかもたなかったよ(泣)。

そ、そうか。我が家では膝あて補修は永遠に続く作業。もはや年中行事。



★そして母は今日も夜なべ★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ版 おともだち帳(?)

コジロウ宛に保育園の友達から「Freundebuch」というのが回ってきました。日本語では「おともだち帳」とでも言うのでしょうか。
1
冊のノートを友人たちに回してそれぞれの名前、好きな遊び、好きな食べ物などを書きこんでもらうものです。

こちらでは卒園するからとか、引っ越していなくなってしまうからという理由がなくても、記念としておともだち帳を書いてもらうことがよくあるようです。


今回のノートはどうやら保育園児版のようです(表紙にそう書いてあるから)。ということは、小学生版もあるのかしら?
代筆するママに配慮してなのか(?)2ページに渡る個人のスペースは質問形式になっていました。




P1230266

名前、住所、、誕生日、家族、などに続き一番好きな食べ物・飲み物、好きな色、よく聴く音楽、好きな遊びなどよくある質問が並びます。

後は星座とか。
せ、星座? そうか、こっちにもありますよね。
日本だったら血液型の欄もありそうですが、こちらの人は自分の血液型すら知らない人が多いのでもちろん血液型を書く欄はありません。

逆に日本ではないでしょう!という質問がコレ。




P1230267

目の色と髪の色。


困ったのが
Ich verkleide mich gern als :
という質問。

まずverkleidenを辞書で調べる。「仮装・変装させる」と書いてある。
えーとっ、なにかしら憧れてその格好をしてみたいものってことかしら?みんなはいったいなんて書いてあるのかと、他の子のページを見てみる。

答え:妖精、バービー(人形の)、お姫様、カウボーイ、フック船長(ピーターパンに登場する)

うーん・・・ コジロウは・・・  空欄のまま提出!


とかなんとか他の子のページをチラ見しながら進めるも、アルファベットを使わない異国民として感じるのが、

代筆ママの手書き文字が汚い!


読めないよ。ブロック体と筆記体を織り交ぜたような文字だから判読が難しいよ。


これさ~、今は幼稚園児の子が小学生になって文字が読めるようになった時、このノート見てわかるのかしら?大人になったらスラスラ読めるんだろうけど、子供向けに書いてあげているんだから、もう少し配慮しましょうよーと思うのは私だけ?


そんなこんなでたった2ページ仕上げるのに1時間近くかかっちゃったよ。ふーっ疲れた。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

バレンタインデー2016

バレンタインデーでしたね。
日本では女性側からチョコを贈ることが定着していますが、こちらでは男性側からプレゼントをするのが一般的。
都合よくその慣習にのっかって、バレンタインデーはあまり何もしない私なのです。怠け者~~。



Dscf3304

しかし来るものは拒まず。夫からの薔薇の花、ありがたく受け取りました。
綺麗~~~っ。真紅のミニ薔薇の鉢植えです。造花でできたかわいらしいハート型の飾り付き。

鉢植えで薔薇をもらったのは初めてです。
どうやって育てたらいいのかな。後でネットで検索してみよう。

私がいない時に子供たちと散歩に行った際、コタロウと一緒に選んでくれたようで、コタロウの手から渡してくれました。


私:「ありがとう~~~っ。嬉しいわ。コタロウも大きくなったらママにお花を買ってくれる?」
(将来そうしてちょうだいね、ということを今から刷り込む作戦)

コタロウ、難色を示す顔。

コタロウ:「うーん、お花って何ユーロするんだろう・・・」

お花は特別でちょっと高価なものと思ったのでしょうか?変なところで金銭感覚が芽生えてきたことに笑ってしまいました。




Dsc_0319

午後は甘党の我が家恒例(?)、街中にあるカフェにお茶をしに行きました。

ドイツでは珍しい苺のケーキ。日本のショートケーキとも違うけれど、見た目はそれっぽいです。
大きいし、中身が苺ムースみたいで柔らかくなっているのでお皿の上に横倒しになっていますけれど、横倒しで出されるのもドイツではよくあることです。

カプチーノの泡がハートっぽく見えて、それだけでなんだかほっこりした気持ちになります。
ケーキもとてもおいしかったですし、幸せ~~~なバレンタインデーでした。

あ~~~これじゃあいつまでたってもダイエットできるはずもなし~~~。というか、やる気なし?



★一応私も夫にチョコ買ったんですよ★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ケルンのチョコレート博物館

ケルンはコブレンツから比較的近い街ということで私たちは過去に何度も訪れています。




Dsc_0164_2

初めは感動しきりだった世界遺産のケルン大聖堂もすっかりお馴染みに。

昨年の秋にケルンに立ち寄った際、今回は行ったことのない場所に行ってみようということで、チョコレート博物館に行ってきました。




Dsc_0161_2

日本のガイドブックにも紹介されていたりしますが、チョコレートの歴史やそれにまつわるものが展示されています。

こちらはドイツのチョコメーカーで有名なMilkaの紫の牛。
操作パネルがあって音声を聞いたり映像を見たり、手でボタンを押せたり・・と、体験型の展示が数多く見られましたが、ドイツ語や英語をあまり解さない私にとっては少々お高い入場料分満喫したとは言えませんでした。
特に子供にとってはちょっと退屈かな~。




Dsc_0156_2

子供が楽しめたといえばココ。チョコの試食ができるところがあります。
チョコレートの泉のようなものがあり、オジサンがウエハース(だったかな?)にそのチョコを付けてくれます。
試食といってもこの一切れだけなんですけどね。
私たちが行ったときは空いていたこともあり、一緒に写真を撮ってもよいかとお願いすると、コタロウにもう一切れくれました。




Dsc_0163_2

後はLindtのチョコレート工場があり、製造工程やベルトコンベアーで運ばれるチョコを見ることが出来るので楽しめます。

こちらはイースターの時期になると出てくるLindtのウサギ型チョコで作った大きなウサギ。


冒頭で少々消化不良だったと書きましたが、それでも今回は観光というよりも、家族でのんびりした時間を過ごそうというのが目的だったのでそれはそれでよかったのです。

1F
にはカフェが併設されており、ここで全面ガラス張りの窓からライン川を眺め、のんびりランチをしました。食後はもちろんデザートにケーキを。
チョコレートを使ったケーキはどれも美味しそうで、どれにしようか悩むほど。実際とても美味しかったですし、ボリュームもあって満足♪(写真は撮り忘れました・・・)

博物館に入場しなくてもカフェは利用できますので、駅からお散歩して休憩しに立ち寄るのもいいかもしれませんね。


★もうすぐバレンタインデー。チョコいっぱい食べたいな~★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ころころニットボール

友人からの依頼でニットボールたくさん編みました。直径2cmくらいのミニサイズです。



P1230242

いっぱいコロコロしていると、けっこうかわいい。
レース編み用の極細毛糸を使えばもっと小さいのも編めそうですが、私の技術的にもこの小ささが限界かな~。




P1230244

こんな風にアクセサリー用の安全ピン(?)に通してもいいかも。

ヘアゴムにつけて髪飾りにしてもいいし、先日作ったヘアバンドのように衣服類のアクセントにしてもいいし、インテリア小物などニットボールはいろいろ使いでがありそうです。
今度これで自分用にネックレスとか作ってみようかな。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

春の到来は大荒れで

昨日は薔薇の月曜日でした。私の住む町では賑やかにカーニバルのパレードが行われる予定でした・・・がっ、あまりの天気の悪さで中止となりました。
前日の夜から風が吹き荒れ、当日の朝はパレード用の山車が壊れて怪我人がでるのではないかという暴風。おまけに雨が容赦なく降りつけていました。
たぶんコジロウが外に出たら風で飛ばされていたかも~。


このカーニバル(謝肉祭)はゲルマン人が春の到来を喜んだお祭りに由来しているという説もあります。

まだお天気も不安定で薄暗い中で朝を迎えるような毎日ですが、少しずつ日が長くなってきているのを実感していた今日この頃。そんな折にこのお天気ですから、春の到来はもう少し先かな~と思われます。


一応建前としては、これから復活祭まで断食をすることになります(もちろん今は起源である宗教的要素は薄いようです)。

断食に入る前の栄養補給的な意味合いもあるのでしょうか、カーニバルの時期には揚げたものにたっぷりと砂糖をまぶした揚げパンやお菓子が出回ります。もちろん甘党の我が家でも昨日はベルリーナ(前述の、中にジャムが入った揚げ菓子パン)をいただきました。



あれ、そういえば。


クリスマスにケーキ等を食べつくして「ダイエットは来年から」ってこのブログに書きましたよね、ワタクシ・・・。それからズルズル、お餅を食べならが「ダイエットは正月が過ぎてから」、揚げ菓子を食べながら「ダイエットはカーニバルが終わってから」と、今日に至っているわけで。

断食見習って少し甘いもの控えるかな。
いや、でもねー、現在「サッパリ体重が増えないコジロウを太らせよう計画」が持ち上がっておりまして、バター、生クリームたっぷり&お肉増量、揚げもの大歓迎の献立なんですよね~。コジロウだけ別メニューというのも作る手間がありますし・・・
うーん。夏くらいにダイエット成功したよ~の報告ができればいいのですけど。




★今日もご訪問ありがとうございます。★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今年の節分

カーニバル真っ最中ですが忘れてはならない日本の行事、節分の豆まきをしました。

少し前から「おにたのぼうし」の絵本を読み聞かせ(改めて読むと胸が痛くなるお話ですね~)、「鬼のパンツ」の歌を歌い、鬼というキーワードをちょいちょい登場させておきました。
歌はコジロウも気に入ったらしく「ちゅよいじょ~♪」なんて力こめて歌っています。コタロウは「はこう はこう 鬼のパンツ♪」の部分は振り付け付きで。


さて当日。
毎年恒例ですが、夫が鬼のお面を被って登場。コタロウが豆(落花生)を投げて鬼を撃退します。

「鬼は~外、福は~内」
と教えましたが、本人は必死なのでキャーキャー大騒ぎしながら迫り来る鬼から逃げて走り回ったり豆を投げたり。
コタロウのいい所はこういう時にノリがいいので自らもお面を被って仮装したり、とにかく明るく楽しく行事を行うことができること。こちらもコタロウに楽しませてもらっています。

一方、兄ちゃんと対照的なコジロウはお面を被った夫が怖くて泣く始末。コタロウが今のコジロウの年齢の時の節分では、鬼に襲われそうになっている生後半年の弟を守るために果敢に鬼に立ち向かっていったものですが。




Dscf3293

豆まき後半戦は鬼交代。
コタロウが鬼に扮して新聞紙で作った金棒を武器にパパをやっつけます。鬼のお面に慣れたのか、兄ちゃんに加勢しているのかわかりませんが、何故かコジロウもパパを押さえ込み。


ところでコタロウが履いている黒い単パン、写真ではわかりませんが虎の模様をあしらった私手作りの鬼のパンツです。豆まきをする前にコタロウに「鬼のパンツ履いてね~~~」と言ったら何故か「これ鬼のパンツ?」と何故か確認されました。
そしてふとリビングを見ると、どういうわけかコタロウの使用済みパンツがぽろんと落ちています。
なんじゃこれ?と思いましたが謎が解けました。
自分の今まで履いていた下着のパンツを脱いでその代わりに単パンを着用したようです。あ~、だからこれはパンツなのかどうか確認していたわけね。このおちゃめな行動に夫と大笑いしちゃいました。


豆まき後は歳の数だけ豆を食べる・・・なんてことになるわけもなく、コジロウもコタロウも年齢以上にガッツガツ落花生を食べていましたよ。


夫:「恵方巻きは作らなかったんや」

あ、忘れてた・・・。





★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

カーニバルの衣装を手作り

カーニバルのお祭り騒ぎ始まりましたよ~。今日は保育園でもカーニバルをお祝いする会(?)が開かれました。

コジロウは病院の予約が入っていたので保育園に行かなかったんですけどね。4日は保育園休みます、って言ったら「なんでこの日に予約を入れたの?!Schwerdonnerstag(脂っこい木曜日)よ?変更できないの?」って園長先生にかなり驚かれました。
ちなみにカーニバルウィークが始まる「木曜日」の言い方は州によって違うみたいです。最終日は来週の「灰の水曜日」。

で、一応病院に電話をかけて予約変更が可能かどうか聞いてみたのですが無理でした。今日はコジロウが生まれた時に入院していた総合病院の小児科院長先生との定期健診。4ヶ月も前に予約を入れていたし、そんな前にカーニバルの事なんか気にしてなかったし・・・。

園長先生:「じゃあ来年は参加してね、予約入れちゃだめよ」

はい・・・。


さて、前置きが長くなりましたが、そんなわけでこの木曜日だけは保育園にカーニバルの仮装をしていくことが許されています。今年はコタロウに海賊の衣装を手作りしました。




P1230251

黒くてよくわからないですね。

難しいことはできないので、上着は簡単に出来そうだったこちらのサイトを参考にしました。


実はこれ、上着もズボンも私の古着です。上着は不要になったOL時代のパンツ(ドイツに来てから1回くらいしか着用していない)を一旦全部解いて大きな布に直してから使用。
ズボンは膝に穴が開いてしまったレギンスをコタロウサイズにカットしたりゴムを入れて詰めたり。赤いスカーフを縫い付けて海賊っぽくしてみました。


これだけでは寂しいので帽子も用意しましたよ。
雰囲気出すために「パイレーツ・オブ・カリビアン」風のカツラ付きで(笑)。




P1230141

まずはカツラ作り。極太の茶色い毛糸を布に縫い付けていきます。




P1230255_2

その布を帽子に直接縫い付けるという大胆かつ暴挙にうって出て完成。髪にはビーズの飾りもつけてみました。
子供用ですからね。自分でヒモを結んだりなんだりという手間がない方が着用が楽です。ズボンに巻いたスカーフしかり、最初から縫い付けてしまうのが一番です。


それっぽい?でもよくわからないですよね。では着用した姿がコチラ。




P1230248

手持ちのボーダーTシャツと組み合わせて。ちびっこ海賊のできあがり~~~。

いや~それにしても作るのけっこう手間でした。というのも上着に仕立てたこの生地が伸びる素材の生地で、またしてもミシンがうまく動かず・・・結局ほとんど手縫いしたっていう、相変わらずのド素人仕上げ。

でも本人は剣を持って喜んで着てくれました。



Dscf3273


材料費だけなら5ユーロくらいの貧乏服(笑)。私の作業代入れたらそこそこ立派なお値段よ。
コタロウは仮装も楽しんでするので作りがいもあります。
一方、ノリが悪いコジロウ(帽子でもなんでもイヤイヤ)は、去年作ったなんちゃってレダーボーゼを使いまわして着てもらいます。


P1220453



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

思わぬ弊害

わりと小さな頃からテレビを見るのが好きだったコタロウ。サンプルでもらった英語体験DVDなどを見せていました。3歳過ぎたくらいから全く見ていなかったのですが、音楽というものは記憶に残りやすいもので、DVDに収録されていた「ABCの歌」をよく覚えていたようです。

保育園でこの「ABCの歌」を何度か歌ったのでしょう。家でも楽しそうに歌っているのですが・・・



コタロウ:「あー べー つぇー でー ♪ いー えふ じー ♪」





混ざってる!∑(゚∇゚|||)



混ざってるよ、ドイツ語と英語が。


綴りが一緒でもドイツ語と英語では発音が違います。

ちなみに英語は えー
() びー(B) しー(C) でぃー(D) いー(E) えふ(F) じー(G) ♪
ドイツ語は あー() べー(B) つぇー(C) でー(D) えー(E) えふ(F) げー(G) ♪


小さい頃よかれと思って見せた英語教材が思わぬ弊害になっている。
今コジロウがこの英語のDVDが大好きでよく見ているのですが、コタロウのいる前では放送禁止にしました。

バイリンガルを目指すとか、あまりしっかりと考えずにいるウチみたいな家庭では語学習得はけっこう難しいですね~。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »