フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 子供たちへのクリスマスプレゼント | トップページ | 2度あることは3度、いや、それ以上ある »

天気が悪いと疲れます

毎日雨です。それも、さっきまで青空も見えていたのに急にザーッと降りだすとか。
こうなってくると、もう保育園の送り迎えがすごーく面倒くさい。朝は夫と一緒に車で行くので楽ですが、お昼は徒歩でコジロウを迎えに行き、夕方再びコタロウを徒歩でお迎えに行きます。

他のお母さんもみんな同じ事やってるよ?と言われてしまうとそれまでなんですが、なにせコジロウが魔の2歳児のイヤイヤ期真っ只中。


私:「コジロウ、おいでよ」

コジロウ:「ヤダ、行かない」


私:「お兄ちゃんのお迎え遅れちゃうからさぁ・・・」


コジロウ:「いやーだぁー!」


私:「お菓子食べる?ママ持ってるよ。それとも抱っこしようか?」
(←あの手この手を駆使)


コジロウ:「要らん!! ギャーッ!!」



お願いだから静かにして・・・。


身体の動きがのんびりなので、逃走をはかったり大暴れするということがさほどないだけマシなのですが、一時が万事この調子で、しかも声が大きい。

コタロウの保育園までは徒歩10分ほどですが、その間ベビーカーで休むことなくずーーーーーーっとギャーギャー泣き叫んでいることもしばしば。あまりの声の大きさに道行く人は振り返り、やさしく声をかけてくるお婆ちゃんもいますが、お構いなしで泣くコジロウ。
こうなると埒があかないので、早く目的地に着いてコジロウの気を紛らわせようと急いで歩いてベビーカーを押しまくる私ですが、周囲から見ると子供がこんなに泣いているのにガン無視する鬼のような母親に映っているに違いない。

ベビーカーの上で暴れまくって靴を自分で脱ぎ捨てるのが彼の得意技。何度も何度も「靴落としましたよ」と周りの人に拾ってもらっています。


そしてなかなか口も達者。
今日もこんなやりとりをしていました。

私:「お外は寒いから帽子被って家に帰ろうね」

コジロウ:「要らん! ベビーカー乗らない、歩く!」


歩くって・・・徒歩約20分の道のりコジロウに歩かせたら日が暮れるわ。それに5分も歩かずして「抱っこー」ってなるのが関の山。
お菓子で釣ってなんとかベビーカーに座らせた私。家路へと出発!
急に降りだした雨。やだーっ、さっきまで晴れてたから傘いらないと思って持ってこなかったのに。


私:「雨よけのカバーをベビーカーにしようね。濡れちゃうから」

コジロウ:「要らんー!! オニギリ食べたい!今食べる!」


私:「オニギリは今は無いよ・・・家に帰ったらオニギリでお昼ご飯にしようか」


コジロウ:「やだ!今! ぎゃーっ(涙ぽろぽろ)」




その後持参していたバナナなどを道すがらあげて落ち着かせたものの、事あるごとに

コジロウ:「右曲がる!」(←俺様はこっちの道を行きたい。曲がれ、の指示)

私:「いや、真っ直ぐ行くよ」(雨降ってるんだよ、最短距離で帰りたいんだよ)

コジロウ:「右~~~!!ぎゃーーっ」



ブロロロローーーー(バスが通る音)

コジロウ:「バス乗りたい」

私:「そうだねぇ。今度乗ろうねぇ」


コジロウ:「バス乗りたいぃぃ~~~」


私:「はいはい」


コジロウ:「
はい“は1回だけね」



ねぇ、この台詞言う? 言う?
2歳児が。


家へと歩を進めながらも、もっと食べ物よこせと言われればご機嫌損ねぬようつど都度貢物をし、話しかけられればそれに応対している母、ずぶ濡れ。

つ ・ か ・ れ ・ る ・ よ~~~~っ



コタロウも地面に大の字になったり逃走をはかって大変だった時期もあったけれど、それは1歳の時の話で意思疎通ができるようになってからはこんなに大騒ぎすることもなかったような気がします。通園路ではとにかくちょろちょろして柵があればよじ登り、他の幼稚園児がいれば付きまとい、作業中の車があれば延々立ち止まったりして通園にはてしない時間をかけてはいたけれど、本人は楽しんでいたものです。
それに対してコジロウはまだ長距離を歩けないし、私も腰痛があるので何度も抱っこをせがまれても困るということもあって必ずベビーカーに縛り付けてしまいます。自由がないことへの不満ですぐに機嫌が悪くなったりもしているのかもしれません。そう思うと少し可哀想ですが、それを鑑みても・・・


あなた少しウルサイあるよ



毎日こんな騒がしい弟と帰宅する兄、コタロウ。母が弟に手を焼いている間文句も言わず黙って歩くか、時には「コジちゃん、家に帰ったらボクのお菓子あげるから泣かないでね」なんて声をかけてあげたりしています。

そんな言葉に感動して母が涙しそうになるわ。肝心の弟はお構いなしで騒いでますけどね。お兄ちゃんって大変だなぁ・・・急にコタロウがすごく良いコに見えてきたぞ~~~。
私の実姉も、「我侭放題の妹(私の事)の世話が大変だった、幼心にも自分がしっかりしなければと思った」と語ることがあるんですがね、うん・・・きっと兄弟姉妹ってこういうことなんでしょうね(なんじゃそりゃ)。


現在25ヶ月のコジロウ。イヤイヤ期っていつまで続くのかしら~~。
しばらく無理だろうから、せめてお天気が良くなってくれないかなー。そうすればお疲れ具合も少しは軽減されるような気も・・・。



★母ガンバレ、の応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 子供たちへのクリスマスプレゼント | トップページ | 2度あることは3度、いや、それ以上ある »

コメント

うおこさん、本当に本当にお疲れ様です…なんか、つい最近までの我が家を見て(読んで)いるようです(汗)それにしても「”はい“は1回だけね」に笑ってしまいました、すごい&ごめんなさい。ただでもイヤイヤ期って気が滅入るのに、言葉での応酬が始まると輪をかけてイライラが増してくるんですよね。これが成長過程だと分かっていても、ですね。うちはそれが3歳前後だったように思い出します。うちは3歳半過ぎてかなり落ち着いたので、コジロウ君も半年くらいでしょうか・・・私にはこんな共感しかできませんが、いつかは分かってくれる、通り過ぎる嵐だと信じて!明日を見ていってくださいね~!

お疲れ様です、うおこさん。
子供達の年齢が近いので何時読んでも「あ~わかるわ。」な内容で...
私も魔の2歳児に振り回されっぱなしです。
コジロウ君おしゃべりが上手ですね!
私も早く息子と会話できるようになりたいです。
お天気しばらくはこんなかんじですかね、外行くのも嫌になりますね。

>さくらさん

いつも私が長男に「”はい”は1回だけでいいよ!」と注意しているのを聞いて覚えたのでしょう。これを聞いた時はさすがに私も笑いました。そんな事言う?しかも使い方正しいし。

長男は今でもそうですが言葉を駆使するのは苦手なようで、不満などは態度で示していたのですが、次男は言葉を武器に応酬してきそうです。怖いわー。

>ポン子さん

私もポン子さんの記事にいつも共感&笑わせていただいています!
ハム太君も手ごわそうですね。
後半年、ですかね。頑張りましょう~~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供たちへのクリスマスプレゼント | トップページ | 2度あることは3度、いや、それ以上ある »