フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

アルファベットを勉強するぞ!

コタロウ48ヶ月。読み書きが未だできず・・・。
あれ、遅い?数字と自分の名前くらいは読めるんですがね。さすがにのんびりしすぎたというか、どうやらあまり興味もなさそうなので積極的に教えないとできるようにならないっ!!

と、ちょっと焦りだした今日この頃。
「あいうえお」も教えたいですが、目下必要なのは「ABC」。

ということで母ちゃん作りましたよ、アルファベット教材を。




P1230245

日本人の語学学習法といえばこれ!THE・単語帳~~~。

表には大文字と小文字を併記。裏にはその頭文字から始まる単語と絵を載せておきました。今は単語が読めないけれど、絵と併せて何度も見ているうちに読めるようになるかな~と。

でもこれ、作るのにものすごい時間かかりました。
例えば「A」から始まるドイツ語の単語でコタロウがわかりやすいものはなんだろう?と考えるところから始まって、単語が決まったらそのイラストをネットで探してダウンロード。次に単語を書きますが、これってder? das? die? (ドイツ語には名詞に性があって、その単語が男性名詞か女性名詞、または中性名詞かによって冠詞が変わってきます)
私の知識も曖昧なので調べます。ま、名詞の性なんて今は覚える必要ないと思いますが、どうせカード作るなら長く使えるものにしたいし・・・。

こうしてデータが出来たら両面印刷→ラミネート加工→手を切らぬよう角を丸くカット→リングに通せるよう穴あけ→完成!→母ぐったり。肩こり。


これでひとつお願いしますよコタロウさん。アルファベット読めるようになっておくれ。


アルファベットができるようになってきたら今度は「あいうえお」・・・か?
50
音もあるよー。アルファベットの倍以上。つ、作りたくない・・・。



★教材は買うに限るかも。でもママが作ってくれたという付加価値がついてるってことで。★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

自分のヘアバンド

とっても久しぶりに自分の物を作ってみました。




P1230148

ヘアバンド。ニットボール付きです。


私の髪は頑固なくせ毛です。ドイツの硬水のせいかそれがさらにひどくなって前髪や生え際がひどいことになっています。

日本に帰国するたびに縮毛矯正パーマをかけてなんとか真っ直ぐに保っているのですが、前回かけたパーマがいまいちだったのか、もう限界です。


髪にムースやスプレーはしたくない

    ↓
毎朝ドライヤーで整える時間も気力も無い
    ↓
隠すしかない!


という結論に至りまして。

とりあえず見目苦しい部分をすっぽり隠ぺいするという作戦にでました。
顔洗う時に髪が落ちてこないようにするバンドをそのまましてきたの?という風に見えないようにニットボールで飾りなんぞ付けてみたのですが、いかがでしょう・・・。


それにしても、こんなもの一つ作るのも大変でした。この生地がすごく伸縮性のある生地だったのですが、何も考えずにミシンで縫ったら糸が機械に絡んで動かなくなり、ボビンケースを収める部分を分解しなければならないことに。危うくミシンを壊すところでした。

後からお裁縫に詳しい人に聞いたところ、そういう生地の場合はある程度伸びしろのある糸を使わなければならないとのこと。そうしないとミシンで布地を送っているときに糸に負荷がかかって切れてしまうらしいです。そういう糸を使うか、もしくは普通の糸でもジグザグ縫いをすればまぁなんとか出来るとか。

なるほど、そんなのがあるんですね。(常識?)

もう仕方ないのでこれは途中から手縫いで仕上げました。
あー疲れました。でも大活躍しています。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しく♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

息子にかわいそうなことをした日

先日の日曜日に、コタロウの保育園の友達A君と遊ぶ約束をしていました。
先週の木曜日の朝、保育園にコタロウを送り届けた際、A君のお母さんが声をかけてきたのです。

「息子がコタロウと遊びたがっているからうちに来ない?日曜日時間ある?」
A君のお母さんとは道で会えば必ず挨拶をし時々会話もする間柄ですが、それ以上のこともなく、息子同士を遊ばせようというような声をかけてもらったのは初めてだったので、喜んで約束をしました。

私の家にコタロウを迎えに来てくれてA君の家で遊んだ後また送り届けてくれるとのこと。もちろん来たければ一緒に来てもよいが、どちらにしても迎えに行くから住所を教えて、聞いてきました。
私はその場で自分の名前、住所、携帯番号を書いた紙を手渡しました。

「じゃあ日曜日の午後ね。連絡するわ」と。

ここで相手の連絡先を聞かなかったのが私のミスでした。連絡くれるというのだから前日か、少なくとも来る前には電話をくれると思いましたし、なにより私は病院の予約時間が迫っていたので急いでたのです。そして日曜日は夫が出張で不在なので特に何も予定はなく、時間がはっきりしていなくてもなんら問題ないと思ってしまったのです。


日曜日、待てど暮らせどA君のお母さんからの電話も訪問もありませんでした。
コタロウはA君の家に遊びに行くのを心待ちにしていて、「何時にお迎えが来るの?」とそわそわ。「遅いねぇ・・・もう来るかな」と、時々窓の外を眺めたりしながらミニカーで大人しく遊んで待っています。新しく手にしたばかりの恐竜の絵本をA君と一緒に見るんだと言ってカバンに入れて用意もしていました。

午後、というからにはお昼ご飯を食べた1時頃か、2時頃には来るのかなと予想をたてていた私はコジロウのお昼寝の寝かしつけの間もその時間をちょっと気にしつつ。

待っているうちに3時近くになりました。私の感覚では遊び始めるには遅いのでは?と思いますがご近所さんだし(家は知りませんが)、ドイツで子供の誕生日パーティーは3時頃から5時頃まで行うとも聞いていたので、そんな時間設定もよくあることなのかな?と思いつつ。


どうしてなのか考えられることをいろいろ予測してみました。
木曜日に約束して「日曜日」といえばその週末のことだろうと思い込んでいましたが、実は今日ではなかったとか?
何らかの事情があってダメになったけど、私が教えた電話番号が間違っていて先方が私に連絡を取れない状況になっているとか?
単純に忘れられているとか?


家にお邪魔するなら手土産を持っていくべきか(初めてですし)と思い、前日に焼いたケーキも恐竜の図鑑とともに玄関に用意して置いてあったんですが・・・。
どちらにしても、先方の連絡先を知らないのでこちらから連絡する手段がありません。文句も言わずにひたすら待っているコタロウが可哀想になってしまい、私はコタロウに謝りました。

今日遊べなくなってしまったこと、ママが連絡先を聞かなかったからどうしてなのか今はわからないこと、明日会えたらA君のお母さんに聞いてみること。
そして、持たせるはずだったケーキとは別にクレープを焼いてあげて二人で「おいしいね~」と言いながら食べました。


翌日の月曜日。幸運にも朝A君のお母さんに会えたので昨日のことを聞いてみました。
すると、「時間がなくなっちゃったのよ~~~」と。
それならそれで、連絡をくれればよかったのに。私はこのお母さんが子供同士を普段からちょっと遊ばせるのにどういうやり方(時間などははっきり決めずに気楽にその場の状況に応じて適当にやりくりしているのかも)をしているのかわかりませんから何が常識なのかもわかりません。お母さん自体をよく知りませんから今後どういう付き合い方をしていくべきかも判断しかねます。そして、今回は私が連絡先を聞いていれば多少は回避できた事だったとも思いますので、このお母さんに対して不満を言うような態度はしませんでした。

ただ、コタロウはA君と遊ぶのをすごく楽しみにしていてずっと待っていた。すごく悲しんでいた、という事をお伝えしました。そして今度予定が変わることがあれば連絡を欲しい事も言いました。

それを聞いたお母さん、A君に「ですってよ~~~、遊べなくて残念だったわね~~、A君。」と声をかけていました。

じゃなくて、私かコタロウに対して「ごめんなさい」の一言あってもいいのでは・・・。

「じゃあ次の日曜は?」
って誘われましたが、とりあえず予定を確認してみて私から連絡入れることにして電話番号を聞きました。


普段の生活の中で私のドイツ語が不十分なために正確に伝わっていなかったり、逆に私が勘違いして間違いや誤解を生んでいることがしばしばあることを自分でも自覚しています。

今回はコタロウにも可愛そうな思いをさせてしまいましたが、私自身もちょっと哀しくなってしまいました。今後、コタロウが友人と遊ぶ約束をする時は直前まで本人には黙っておこうかと夫と相談しています・・・(その約束が果たされなかったときコタロウが一番かわいそうなので)。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今度はこれだ。

はいはーい、コタロウさーん、膝あてしましたよ、あなたのズ・ボ・ン。




Dscf3265

何かキャラクターをアップリケするのはあまり好きではないのですが、もうネタ切れです。
どうせやるならば・・・と引っ張り出してきたのがこの布。実はこれ、コタロウ→コジロウが着ていたTシャツの一部を切り取り、手縫いしました。

もうサイズが小さくなってしまって去年の夏に着おさめしたもの。ここで再び登場させてみました。コタロウはかつて自分が着ていた服だなんて覚えているわけではありませんが、「実はこうなんだよ~」と説明すると、ワニが可愛かったからか、エピソードがあるからかわかりませんが、けっこう気に入ってくれている様子です。

こんな活用法もいいかもしれませんね。
いや、でも穴を開けないでくれるのが一番いいです。新しく買ったジーンズは何ヶ月もつかな~。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

紅葉のぶどう畑(リューデスハイム)

コッヘムに続き、日本の家族と今度はライン川沿いの街、リューデスハイムに行ってきました。
リューデスハイム訪問も私にとっては2度目になります。前回は生まれたばかりのコタロウを伴って行ったのでもう4年前ですか!

前回の記事はコチラ




01

駅から歩いてくると左手に、紅葉した蔦の絡んだお城が見えてきました。こちらはライン川中流域の上部で最も古いお城とされるブレムザー城。その築城は10世紀末頃まで遡るそうですが、幾度となく改築や戦争による破壊などを経て、1950年からワイン博物館となっています。




02

試飲ができるそうなのでワイン好きの方は是非!苦手という方でも綺麗な庭が開放されていますので写真を撮るだけでも立ち寄る価値がありますよ。
その庭には葡萄を絞るためにかつて使われた道具などが配置され、歴史を垣間見る事ができます。




03

木製の味のある看板。「SEILBAHN」とはドイツ語でゴンドラの事。
そう、この街の見所は、ゴンドラに乗って高台から広大な葡萄畑とライン川を眺める事。ただの“名産ワインを味わう街”だけじゃないところがいいですよね。

さて、その風景やいかに。




04

ゴンドラからの眺め。葡萄畑の中を進んでいきます。
紅葉真っ只中なので、まさに黄金色の絨毯がはてしなく敷かれているような光景です。




05

06




07_2

カメラ好きの父、大興奮。




08_2



09_2

時間と体力のある人は葡萄畑の中を歩く事もできます。





10_2

頂上に着きました。遠くにライン川をのぞみます。




11_2

あ~なんて雄大な景色。コッヘムもそうでしたが、葡萄畑にくわえ豊かな水をたたえたこの悠久の流れを合わせて見ることができてこそ溜息も漏れます・・・。




12

高台にはニーダーヴァルト記念碑が建っています。
この記事を書くにあたってウィキペディアで調べたところ、この記念碑は普仏戦争後のドイツ帝国
発足を記念して建設されたものだそうです。


一番上の巨大な象がゲルマニア像。
記念碑を建設するにあたり、ドイツ帝国の初代皇帝ヴィルヘルム1世が最初の石をここに置いたそうで、全ドイツ人の統一を記念しているのだとか。

ひょえーっ。そんなに立派な記念碑だったんですね。ただただ大きさに驚いて、記念碑までの階段をひたすらコタロウと上り下り競争していたのですが(笑)。




13

再び降りてきました。ここがガイドブックにも掲載されているつぐみ横丁。細い路地の両脇にお土産物屋さんや地元ワインが楽しめるレストランがひしめき合って活気のある通りです。
私たちもこの通りに面したレストランで食事をしました。




14

折りしも季節はフェダーヴァイサー(発酵途中のまだワインになる前の飲み物)の時期!青々と茂る夏の葡萄畑もいいですが、いつもとは違った味と表情を見せてくれる秋に訪れるのもおすすめです。






15

オマケ。

これ、リューデスハイムの駅のホームなんですが、何か違和感ありませんか?

線路とホームに段差が無いんです。
ですので、電車が止まった時、まだホームには着いていない、駅に着く前に途中で止まったのかと勘違いしてしまいました。降りかけて、あ、違うと思って一旦戻ろうとしましたが、降りているお客さんもいたので慌ててまた降りたという笑い話になりました。


★コテコテの観光地ですがいいところですよ。★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

男の子の本能?

男の子の本能なのでしょうかねぇ。夫が昔の日本のアニメをコタロウに見せていた時の事。コタロウの言動が興味深かったのです。

ロボットが出てきたら「カッコいいねぇ」と言ってみたり、戦隊もののテーマソングは聴いたこともないのに妙にノリよく一緒に歌おうと試みるとか。

これってやっぱり男の子ならではなのでしょうか。
ロボットが胸を張ってポーズとってみたからって、私にゃなんの感動もありませんがねぇ。

そしてコタロウがおもちゃで遊び始めたベビーの頃から今もなお続く「男の子の不思議」があります。それは、車への興味。

毎日毎日、「ママ、一緒に車で遊ぼうよ」のお誘いは正直苦痛でしたわ。
3
歳超えてからは言葉を使った少々高度な遊び方ができるものの、それまではひたすらミニカーをちょっとずつ動かしながら「ブーブー、こんにちはコタちゃん、ブッブー」とか言うだけですよ。


何がおもしろい?


彼の車への興味は尽きず、最近では シフトが今何速に入っているか を気にするようになりました。

夫が車を運転していると、「パパー、今34?」とか質問するのです。もちろんスピード出ているのをお望みなので、「5がいい。5にして」と要望を言う時も。


おかしくない? 何速かを気にする4歳児。
この間なんて、コジロウを乗せたベビーカーを自らぐいぐい押し、「ママー、今3?」とか聞いてきましたけど。



先日は突然ニヤニヤしながら「ママのおっぱい大きいね。こーんくらい」と、腕をめいいっぱい前に伸ばして大きさを表現してみせました。
思わず吹きだしそうになる私。

夫:「ママが泣いちゃうからやめとけ。もっと小さい。」

コタロウ:「じゃあこのくらい・・・?」(自分の胸から手を20センチほど離して)

夫:「もっとだ!」

ごめん、はっきり言おう、そんなに無い!保育園の先生ならそれくらいあるが・・・。

そんなことに興味を持ちはじめたのも男の子の本能なのでしょうか?



★今日もご訪問ありがとうございます★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

晩秋のモーゼルへ(コッヘム)

去年の秋やクリスマス休みにちょこちょこお出かけしたり小旅行をしたのに全然記録をつけていませんでした。完全に季節はずれですが、普段の記事にこっそり紛れ込ませて掲載していきたいと思います。

その第一弾はコッヘム編。


秋に日本の家族が遊びに来ていた時、コッヘムというモーゼル川沿いの街に行きました。
コッヘムに行ったのは2度目です。前回は観光の目玉のコッヘム城には行かなかったし、紅葉も綺麗な季節ですし、今回はゆっくり観光したいな~と思っていましたが、なにせ気まぐれで大騒ぎするコジロウ付き。思うように観光はできませんでしたので、写真を中心にさら~っとお届けしたいと思います。

前回のコッヘム観光の記事はこちら





01

電車の駅を降りてモーゼル川を見ながら旧市街へ向かいます。川に映る紅葉が綺麗。




02

丘の中腹にコッヘム城(ライヒスブルク城)が見えてきました。

街の中心地からバスでお城に向かいました。歩いても行けますが、そこそこ傾斜のある坂なのでベビーカーや小さい子供連れにはバスが便利ですね。片道2.5ユーロだったかな?




03

お城の門をくぐって振り返ったところ。




04


こんな絶景が広がっています。




05

大砲が置かれていました。築城は西暦1000年頃とも言われていますが、この長い歴史の中で実際にこの大砲が活躍した場面もあったのでしょうか。




06

この像はなんだったかな。鎧をかぶったライオンらしいのですが私には河童に見えました・・・。




07

門番?
ここからは入場料を払っての、ガイドツアーによる見学になります。見てみたかったのですが、眠くてぐずっているコジロウはとても連れていけません。じぃじとNちゃんだけ見学して、私たち家族は麓まで歩いて戻ることにしました。




08

THE
・お城!のイメージそのままの雄々しい姿。




09




11

帰り際に仰ぎ見る。全体像も素敵。





12

別角度から。葡萄畑の紅葉が色を添えて、秋の景色もまたいいですね。




13

街中に戻ってきてお昼ご飯を食べました。
この時期のドイツといえば、フェダーバイサーとフラムクーヘン!!Nちゃんが飲んでいるのは白ワインですが、コッヘムといえばワインの街でもあります。秋の味を堪能してもらえてよかったです。




14

その後街中をお土産などを求めながら散策しました。
木組みの家が並ぶ広場に立派な騎馬像が。




15

しかしよく見てみると・・・・人を踏みつけてひき殺してる勢いですが・・・。




16

毛糸屋さんの看板。かわいい!





17

なんてことない場面ですが、私たちにとって記念すべき写真です。
コジロウが夫の手も離して完全に一人で歩いています。8月末に初めて歩いてから2ヶ月(この時は10月末)2ヶ月経っているといっても、やはり他の子とは違いその歩みも遅く、一人で歩けるようになるには時間がかかっています。そのコジロウが外で、しかも人通りの多い街中で歩いているんです。思わず急いでシャッターを切っちゃいましたよ。ここが自分の足でしっかりと歩いた初めての街となりました。




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2度あることは3度、いや、それ以上ある

私、過去の自分のブログ記事を検索してみました。
コタロウのジーンズに購入後1ヶ月もしないうちに穴が開いちゃったよーっていう記事を掲載したのが1219日付。
その後も続く激しい使用に耐えかねて、補修したところがまた穴開いてしまったので、年明けにまた直しましたの。




P1230143

今まで何度か様々な方法で補修をしてきたけれど、やはり上からガバッと新しい布を縫い付けるのが長持ちしそうです。

今回のは膝にバンダナを巻いた風(夫に見せたら、失笑されました)。




P1230144

わざと立体感も出して、膝の屈伸に布が耐えられるようにしてみたのですが・・・。


よし!これでOKだ。さぁ元気に遊んでこい。

で、5日くらい前。

コタロウ:「ママ、穴開いちゃった」

って、唯一穴が開いてなかった別のズボンを見せる息子。
しかも、しかもね、開いたのはまた左膝ですってよ。

またか~~~っ。
捨てませんよ、また補修しますよそのズボン。このサイクルでいちいち捨てていたらもったいない。

でもね、新品ジーンズを買いました、私。
1
本くらい穴の開いていないズボンを履いてほしいです・・・。
今回穴が開いたものは補修したらまたアップします。今度はどんな風にしようかなー。




★今年も母ちゃんは夜なべ決定★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

天気が悪いと疲れます

毎日雨です。それも、さっきまで青空も見えていたのに急にザーッと降りだすとか。
こうなってくると、もう保育園の送り迎えがすごーく面倒くさい。朝は夫と一緒に車で行くので楽ですが、お昼は徒歩でコジロウを迎えに行き、夕方再びコタロウを徒歩でお迎えに行きます。

他のお母さんもみんな同じ事やってるよ?と言われてしまうとそれまでなんですが、なにせコジロウが魔の2歳児のイヤイヤ期真っ只中。


私:「コジロウ、おいでよ」

コジロウ:「ヤダ、行かない」


私:「お兄ちゃんのお迎え遅れちゃうからさぁ・・・」


コジロウ:「いやーだぁー!」


私:「お菓子食べる?ママ持ってるよ。それとも抱っこしようか?」
(←あの手この手を駆使)


コジロウ:「要らん!! ギャーッ!!」



お願いだから静かにして・・・。


身体の動きがのんびりなので、逃走をはかったり大暴れするということがさほどないだけマシなのですが、一時が万事この調子で、しかも声が大きい。

コタロウの保育園までは徒歩10分ほどですが、その間ベビーカーで休むことなくずーーーーーーっとギャーギャー泣き叫んでいることもしばしば。あまりの声の大きさに道行く人は振り返り、やさしく声をかけてくるお婆ちゃんもいますが、お構いなしで泣くコジロウ。
こうなると埒があかないので、早く目的地に着いてコジロウの気を紛らわせようと急いで歩いてベビーカーを押しまくる私ですが、周囲から見ると子供がこんなに泣いているのにガン無視する鬼のような母親に映っているに違いない。

ベビーカーの上で暴れまくって靴を自分で脱ぎ捨てるのが彼の得意技。何度も何度も「靴落としましたよ」と周りの人に拾ってもらっています。


そしてなかなか口も達者。
今日もこんなやりとりをしていました。

私:「お外は寒いから帽子被って家に帰ろうね」

コジロウ:「要らん! ベビーカー乗らない、歩く!」


歩くって・・・徒歩約20分の道のりコジロウに歩かせたら日が暮れるわ。それに5分も歩かずして「抱っこー」ってなるのが関の山。
お菓子で釣ってなんとかベビーカーに座らせた私。家路へと出発!
急に降りだした雨。やだーっ、さっきまで晴れてたから傘いらないと思って持ってこなかったのに。


私:「雨よけのカバーをベビーカーにしようね。濡れちゃうから」

コジロウ:「要らんー!! オニギリ食べたい!今食べる!」


私:「オニギリは今は無いよ・・・家に帰ったらオニギリでお昼ご飯にしようか」


コジロウ:「やだ!今! ぎゃーっ(涙ぽろぽろ)」




その後持参していたバナナなどを道すがらあげて落ち着かせたものの、事あるごとに

コジロウ:「右曲がる!」(←俺様はこっちの道を行きたい。曲がれ、の指示)

私:「いや、真っ直ぐ行くよ」(雨降ってるんだよ、最短距離で帰りたいんだよ)

コジロウ:「右~~~!!ぎゃーーっ」



ブロロロローーーー(バスが通る音)

コジロウ:「バス乗りたい」

私:「そうだねぇ。今度乗ろうねぇ」


コジロウ:「バス乗りたいぃぃ~~~」


私:「はいはい」


コジロウ:「
はい“は1回だけね」



ねぇ、この台詞言う? 言う?
2歳児が。


家へと歩を進めながらも、もっと食べ物よこせと言われればご機嫌損ねぬようつど都度貢物をし、話しかけられればそれに応対している母、ずぶ濡れ。

つ ・ か ・ れ ・ る ・ よ~~~~っ



コタロウも地面に大の字になったり逃走をはかって大変だった時期もあったけれど、それは1歳の時の話で意思疎通ができるようになってからはこんなに大騒ぎすることもなかったような気がします。通園路ではとにかくちょろちょろして柵があればよじ登り、他の幼稚園児がいれば付きまとい、作業中の車があれば延々立ち止まったりして通園にはてしない時間をかけてはいたけれど、本人は楽しんでいたものです。
それに対してコジロウはまだ長距離を歩けないし、私も腰痛があるので何度も抱っこをせがまれても困るということもあって必ずベビーカーに縛り付けてしまいます。自由がないことへの不満ですぐに機嫌が悪くなったりもしているのかもしれません。そう思うと少し可哀想ですが、それを鑑みても・・・


あなた少しウルサイあるよ



毎日こんな騒がしい弟と帰宅する兄、コタロウ。母が弟に手を焼いている間文句も言わず黙って歩くか、時には「コジちゃん、家に帰ったらボクのお菓子あげるから泣かないでね」なんて声をかけてあげたりしています。

そんな言葉に感動して母が涙しそうになるわ。肝心の弟はお構いなしで騒いでますけどね。お兄ちゃんって大変だなぁ・・・急にコタロウがすごく良いコに見えてきたぞ~~~。
私の実姉も、「我侭放題の妹(私の事)の世話が大変だった、幼心にも自分がしっかりしなければと思った」と語ることがあるんですがね、うん・・・きっと兄弟姉妹ってこういうことなんでしょうね(なんじゃそりゃ)。


現在25ヶ月のコジロウ。イヤイヤ期っていつまで続くのかしら~~。
しばらく無理だろうから、せめてお天気が良くなってくれないかなー。そうすればお疲れ具合も少しは軽減されるような気も・・・。



★母ガンバレ、の応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

子供たちへのクリスマスプレゼント

今回の子供たちへのクリスマスプレゼントは手編みの小物にしました(それだけじゃないけど)。




P1220875

コタロウには帽子。
自分で形を考えながら編んだので、クリスマス当日オープンのびっくりプレゼントにも関わらず、コタロウに5回くらい試着させながら編みました(笑)。

市販のニット帽ではあまり無いであろうブリム(つば)をつけて、横にシワを寄せたようなデザインにしました。こんな説明でわかる?


サンタクロースから贈られたはずのプレゼントの中身はママの手編み。コタロウは若干の疑問を感じたらしく、質問してきました。

コタロウ:「ママが包んで(ツリーの下に)置いたの?」

私:「違うよー。一度サンタさんに取りにきてもらったの。コタロウが良い子にしてたからこうやって包んで持ってきてくれたんじゃないかな」



それ以上何も言わなかったところをみると、一応納得したのか?しかしこの矛盾に気がつく日も近いでしょうね。






Dscf3113

コジロウにはレッグウォーマー。
基本コジロウは暑がりなので冬でもズボンの中にタイツは履かせていません。ベビーカーに座らせるとズボンが上にひっぱられるので足首が外に出てしまうんですよね。さすがに素足がむき出しになっているのは寒かろうと常々思っていたので、まだまだベビーカーが必要なコジロウにはこれを。




Dscf3114

写真のクオリティが悪すぎて色が変なかんじになっていますが、すごく綺麗なグラデーションになっている毛糸を使っているんですよー。
ベビーカーに座らせてから靴を脱がなくてもさっと着脱できるように、またジーンズなど厚めのズボンの上にかぶせられるように太めに編みました。
ボタンを互い違いにかけたようなデザインにして、くしゅくしゅ感を出しています。

レッグウォーマーというと女子のアイテムという印象ですが、色を地味めに(2歳児には地味すぎですけど)してちょっと工夫すれば男の子でもいけますよね。



★今年も頑張っていろいろ編もう!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

アパートの工事途中経過-2

窓枠交換工事の記事の続きです。

あーあ、昨日は業者にすっぽかされたよ(詳しくはその1を参照ください)。コジロウを無駄に保育園休ませちゃったじゃないの。そして無駄にまた家具を動かしたりビニールをかけたり、という労力を使ったじゃないのよ。いったい次はいつ来るんだよ?
と思っていた火曜日。
何気にテラスへ出入りする窓を見ていたら・・・





P1220919

床が水浸し。

なんじゃこりゃーーーーー!


どこから漏れている?!原因を探るべく天井を見上げると・・・・




P1220928

天井に亀裂が。明らかに刃物で切りましたっていう。

あ・い・つ・ら・~~~~~~!!(怒)(←業者のこと)


よくわからないけれど、とにかくこの天井の亀裂から染み出した水が窓枠を伝い、床にどんどん溢れてきている状態です。雑巾で拭いても30分くらいで1枚目の写真の状態になるほどです。
業者が窓枠外す時に天井を壊したに違いない。うちはアパートの最上階なので、屋上に溜まっていたか何かした水が先週の工事日から少しずつうちの屋根に染みてきて今日になって漏れたのか?

即行、アパートの管理人に電話をするも留守電。
待てど暮らせど管理人からの折り返し電話がないので、夫が会社から直接アパートの管理会社に電話をかけてくれました。
その結果、2時から3時の間に管理人が状況を見に来るとの事。

また土足で歩いてラグを汚されても嫌なのでラグをよけたりなんだりして待っていましたが、3時半近くになっても来ず。
おいっ!コタロウを保育園にお迎えに行く時間が迫ってるんだよ。何時に来るんだよ!と、もう一度管理人に電話。



管理人:「今日は専門の技術者がつかまらないから明日の2時半に行くよ」



最初からそう言えーーー!!



結局その日は帰宅した夫が水を外に逃がすような措置をとってくれたので、それ以上家の中が濡れることはありませんでした。

そして翌日。管理人が技術者を連れてやってきました。きっちりと話をつけてもらうために夫の会社のドイツ人に立ち会ってもらい、通訳をしてもらいました。

おそらく屋上の方に問題があるので、そこで対処するので家の中は今は何もせず、しばらく様子を見るとのこと。
当然と言えば当然ですが、この事態が起きたのは管理人のせいではありません。窓枠交換業者も水漏れとなってくると自分たちの仕事の範疇ではないので修繕に立ち会うこともありません。皆が皆、自分のせいではないと思っています。
でも、いったいどうなってんのよ!って文句を言いたい気持ちはあるのに誰からも謝罪の言葉はありません。こういう場合、日本だったらどんな対応をしてくれるのでしょうか。


この日の午前中、窓枠交換業者がやってきました。

業者:「残りの作業をするから明日はどう?」

それよりも月曜日に無断で来なかったことを謝罪なり弁明しなさいよ!明日ならコジロウの保育園をまた休ませないといけないじゃないの。しかも明日は夕方に外出予定だから無理。

私:「明日はダメ」

業者:「じゃあ今日ね。後で来るから」

後って何時よ?大慌てで準備しましたよ。コジロウが風邪ぎみでぐずっていたのにそれを完全に無視しながらベッドやらなんやら動かしてビニールかぶせて。

残りの作業とは、窓枠と壁との隙間に埋めたシリコン材(?)を隠すように幅木みたいなものを貼り付ける作業です。
まずはテラス側の大窓に取りかかりました。
で、それが終了したと思ったらとんでもない一言を告げました。

業者:「幅木が無いんだ。今注文しているのが年明けに届くから、今日の作業は終わり。残りの窓は年明けにまたやるからね、OK?」



はぁ?

アンタさっきそんな事一言も言ってなかったでしょうが。今日残りの作業をすると言った時点で、どこの窓をやる予定だったのか申告しなさいよ。私はてっきり全室の窓をやるものだと思っていたのよ。だから家具を動かしたりビニールかけたりしたのに、またもやその労力が無駄になったじゃないの。しかもね、残りは年明けね~~なんて軽く言ってるけど、あんたが終了させたのは1箇所だけで、まだ5箇所も残ってるじゃないの!!


業者:「今年はこれで終了だからもう窓を(クリスマスの飾りで)綺麗に飾ってくれてもいいよ~」

この日が1216日。もう遅いっつーの。絶対に他のドイツ人からも苦情が出ているに違いない。


こうして業者は帰っていきました。年明けいつ来るのか知らないけれど。
でもまぁ、シリコン材むき出しで見た目は悪いものの、とりあえず年内はもう業者が来ないということでちょっと落ち着きました。


と、思っていたその2日後。
掃除をしていて窓枠の下を見た時のこと。窓の下には奥行き20センチほどの板が設置されています。つまり、窓枠とこの板の隙間をシリコン材で埋めている状態。
この板の下を覗いてみたら・・・




Dscf3097

シリコン材が板の下にまで流れこんで、板を支える金具の隙間にまで入り込んで破壊。



怒・ 怒・ 怒!!凸(`Д´メ)



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

クリスマスマーケット-モーゼル川が大蛇行する街Traben-Trarbach

Traben-Trarbach (トラーベン・トラーバッハ)

フランスより流れてくる母なるモーゼル川は、ドイツに入ると細かい蛇行を繰り返しコブレンツにて父なるライン川と合流します。
そのコブレンツの南西約60kmに位置するのがTraben-Trarbach。モーゼル川が大蛇行を見せる風光明媚な場所に静かに佇む街です。
ここで他の都市とは一風変わったクリスマスマーケットが行われているというのを夫がみつけ、連れて行ってくれました。




01

冬なので本当にひっそりとしたかんじ。




02

この、雫が垂れたような形の下の部分に位置する街です。丘に登れば大蛇行の様子が見れるかもしれませんね。


さて、ここの特徴的なマーケットというのが、「Mosel-wein-nachts-markt」。街中に点在するいくつかの建物のKeller(地下)を利用しており、その中にはレストランあり、小物や食材のお店あり。




03

では実際に行ってみましょう!
ここはホテルの地下ですが、トンネルのような所を通ります。ちょっとドキドキ。




04

地下だから天井は低いし中も薄暗いです。でもコンクリートや煉瓦がむき出しになっているところが雰囲気あります。
写真左側はレストラン-カフェスペースになっています。クリスマスマーケットに来るとちゃんとしたレストランに入らない限り外で食事することになりますが、ここだと寒さや風雨をしのいでワインをちょっと飲む、なんてのもできていいですね。




05

ここはまた別の建物のマーケット。小さな街が一番賑わう時()。人がいっぱいで、もちろん通路は狭いし階段もあるのでベビーカーのコジロウは外でお留守番です。




06

ずらっと並んだワイン樽にキャンドルが灯されていて雰囲気満点。




07

ソーセージがカゴに山盛り。




08

チーズ。奥は山積みになったパン。




09

スイーツもあったり。




10




クリスマスマーケットの時期に合わせてやっているというだけで、基本は特産品であるワインを楽しむというスタイルのようなので、いわゆる一般的なクリスマスマーケットで見かけるお店は少なめでした。


新年も3日くらいまでは開催していたようですし、いつもと違った雰囲気を味わうのに大人同士で訪れてみてはいかがでしょうか?

http://www.mosel-wein-nachts-markt.de/




11

帰り際、近隣の村で面白い銅像を発見しました。猫もかんぱーい!



★この街いいね、と思った方は★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

クリスマスマーケット-Mayen編

今日から子供の保育園が始まりました。ドイツの新年休暇は1日のみなので冬休みのスタートがいつも早いですね。私もまた慌しい日々に突入です。
そして、あれ?「ダイエットは来年から」って去年言っていた気がする。ボチボチ始めるか・・・。(;´д`)

さて、ブログの方も去年掲載しきれなかったクリスマスネタをさっさと載せてしまいますか。今しばらくクリスマスの話題におつきあいくださいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Mayen
はコブレンツから西に約25キロメートルほどの小さな街です。市街地には城門や塔などががあり中世の面影を残しています。ちょっとドライブしてそこのクリスマスマーケットに行ってきました。




P1220937

クリスマスマーケットは中心部の広場1箇所だけのこぢんまりしたものでした。人口18千人の小さな街だから仕方ないか・・・。




P1220946

でも立派な広場と、こーんなに立派なクリスマスツリーもお目見えして、街の雰囲気はとても素敵でした。




P1220934

お昼ごはんに私が選んだのが白身魚のフライ。タルタルソースをかけて、これをパンに挟んでしまうところが欧米ですね。



P1220945

コタロウは綿飴デビュー。
ドイツでもお祭りやクリスマスマーケットでは綿飴が売られています。でもお値段は日本とは違いとても安いです。この大きさで1.5ユーロでした。
正体は不明だけど周りの子が食べているのを見て食べたいと言い出したコタロウ。
最初は調子よく食べていましたが、半分もいかないくらいでもういい、と。




P1220951

こんな小さな街のマーケットでしたが、思わぬ収穫がありました。クリスマスをモチーフにした木のオーナメントです。こんなのコブレンツでは売っていないんですよー。偶然にも今年のツリーには木製オーナメントを飾っていたこともあり、コレクションにたくさん買っちゃいました♪




P1220955

家の窓にこんなふうに飾ってみました。
大満足で眺めていたら、コタロウが「でもこれあまりよくないと思う」ですって。
まぁ・・・子供にとってはつまらないですよね。もっとキラキラしている派手な飾りの方が好きですよね。




P1220954

こんな車バージョンもありましたよー。コタロウとコジロウに。




P1220952

ドイツの幸運のシンボルまでありました!
左から馬の蹄鉄、煙突掃除人、豚です。新年にかけてこの幸運のアイテムがあちこちで出回ります。うちでも玄関に飾ろうかな。


いかんせん見るものはさほどないのですが、お城の周りを散策したり、疲れたら広場にあるカフェで休んだり。
私たちは予想外に気に入った買い物もできましたし、良い気分でカフェでお茶して帰りました。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

行く年来る年

今年は例年にも増してオサボリ正月を迎えました。
大掃除、なし。
大晦日の夜に夫に「大掃除しなかったね」と言われましたけれど、
「小掃除ならしたよ」とシレっと答えた私。30日に友人が遊びに来た際ちょこっと掃除したのを「年末掃除」と呼んでみました。




P1230129

そして2015年最後の晩餐。
今年は市内で唯一日本人が経営しているお寿司屋さんに注文しました。日本に帰国して以来、半年ぶりのお寿司です。贅沢~~~。1年間頑張った自分たちへご褒美です。
それに年越し蕎麦とお吸い物を添えて。


明けて新年。毎年なんらかのお節料理を1品は作っているのですが、今年は無しです。朝はきな粉餅。昼はまさかのラーメン。夜はカレーライス。なんじゃそりゃー。




P1230140

お正月飾りは今年もヘンテコ飾りを。鏡餅がないのでミカンだけ。それに折り紙で折った縁起物(鶴亀)をつけて。
コタロウとお散歩に行った時にみつけた黄色い花と赤い実を花瓶にサクッと挿して終了!とりあえず玄関にも赤い実をつけたしめ縄飾りを飾っておきました。


クリスマスを頑張りすぎて燃え尽き症候群になっているお正月。



★新年の初応援クリックお願いします!!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

元日のごあいさつ

あけましておめでとうございます。
皆さま、昨年は大変お世話になりました。

相変わらず情報に乏しい自己満足ブログにご訪問いただいたみなさま、残念ながら今年もそんな調子でまいりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

私をはじめうおこ家の家族の健康を気にかけ、いつも救援物資や暖かい言葉をおくってくださった日本の家族のみなさん、ありがとうございます。

そのほかにも子供たちの保育園関係、友人、知人、親族などなど書ききれませんが、私たちと関わりお付き合いをさせていただいているみなさん、いつもありがとうございます。

いろいろとありまして、決して良い事ばかりではなかった2015年。
今年は幸多き年になることを切に願っています。
そして皆さんに支えられていることを忘れず、笑顔を交し合っていけたらと思っています。




Dsc_0280

朝から雨の大晦日。
午後から晴れて眩しいほどの夕日を見せてくれました。

終わりよければ全てよし?
楽しい思い出も苦い記憶も何もかも包み込んで、それらをぐっと飲み込むようにゆっくりと沈んでいった2015年最後の輝き。

新年の空はドイツらしいどんよりとした重い雲に覆われています。
“初日の出”なんておめでたい雰囲気に欠けるお正月をドイツで迎えること7回目。

何も変わらないかもしれないけれど、とにかく一生懸命頑張っていこうといつも心に留めています。

2016
年、どうぞよろしくお願いします!




★あけましておめでとうございます★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »