フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« クリスマスマーケット-モーゼル川が大蛇行する街Traben-Trarbach | トップページ | 子供たちへのクリスマスプレゼント »

アパートの工事途中経過-2

窓枠交換工事の記事の続きです。

あーあ、昨日は業者にすっぽかされたよ(詳しくはその1を参照ください)。コジロウを無駄に保育園休ませちゃったじゃないの。そして無駄にまた家具を動かしたりビニールをかけたり、という労力を使ったじゃないのよ。いったい次はいつ来るんだよ?
と思っていた火曜日。
何気にテラスへ出入りする窓を見ていたら・・・





P1220919

床が水浸し。

なんじゃこりゃーーーーー!


どこから漏れている?!原因を探るべく天井を見上げると・・・・




P1220928

天井に亀裂が。明らかに刃物で切りましたっていう。

あ・い・つ・ら・~~~~~~!!(怒)(←業者のこと)


よくわからないけれど、とにかくこの天井の亀裂から染み出した水が窓枠を伝い、床にどんどん溢れてきている状態です。雑巾で拭いても30分くらいで1枚目の写真の状態になるほどです。
業者が窓枠外す時に天井を壊したに違いない。うちはアパートの最上階なので、屋上に溜まっていたか何かした水が先週の工事日から少しずつうちの屋根に染みてきて今日になって漏れたのか?

即行、アパートの管理人に電話をするも留守電。
待てど暮らせど管理人からの折り返し電話がないので、夫が会社から直接アパートの管理会社に電話をかけてくれました。
その結果、2時から3時の間に管理人が状況を見に来るとの事。

また土足で歩いてラグを汚されても嫌なのでラグをよけたりなんだりして待っていましたが、3時半近くになっても来ず。
おいっ!コタロウを保育園にお迎えに行く時間が迫ってるんだよ。何時に来るんだよ!と、もう一度管理人に電話。



管理人:「今日は専門の技術者がつかまらないから明日の2時半に行くよ」



最初からそう言えーーー!!



結局その日は帰宅した夫が水を外に逃がすような措置をとってくれたので、それ以上家の中が濡れることはありませんでした。

そして翌日。管理人が技術者を連れてやってきました。きっちりと話をつけてもらうために夫の会社のドイツ人に立ち会ってもらい、通訳をしてもらいました。

おそらく屋上の方に問題があるので、そこで対処するので家の中は今は何もせず、しばらく様子を見るとのこと。
当然と言えば当然ですが、この事態が起きたのは管理人のせいではありません。窓枠交換業者も水漏れとなってくると自分たちの仕事の範疇ではないので修繕に立ち会うこともありません。皆が皆、自分のせいではないと思っています。
でも、いったいどうなってんのよ!って文句を言いたい気持ちはあるのに誰からも謝罪の言葉はありません。こういう場合、日本だったらどんな対応をしてくれるのでしょうか。


この日の午前中、窓枠交換業者がやってきました。

業者:「残りの作業をするから明日はどう?」

それよりも月曜日に無断で来なかったことを謝罪なり弁明しなさいよ!明日ならコジロウの保育園をまた休ませないといけないじゃないの。しかも明日は夕方に外出予定だから無理。

私:「明日はダメ」

業者:「じゃあ今日ね。後で来るから」

後って何時よ?大慌てで準備しましたよ。コジロウが風邪ぎみでぐずっていたのにそれを完全に無視しながらベッドやらなんやら動かしてビニールかぶせて。

残りの作業とは、窓枠と壁との隙間に埋めたシリコン材(?)を隠すように幅木みたいなものを貼り付ける作業です。
まずはテラス側の大窓に取りかかりました。
で、それが終了したと思ったらとんでもない一言を告げました。

業者:「幅木が無いんだ。今注文しているのが年明けに届くから、今日の作業は終わり。残りの窓は年明けにまたやるからね、OK?」



はぁ?

アンタさっきそんな事一言も言ってなかったでしょうが。今日残りの作業をすると言った時点で、どこの窓をやる予定だったのか申告しなさいよ。私はてっきり全室の窓をやるものだと思っていたのよ。だから家具を動かしたりビニールかけたりしたのに、またもやその労力が無駄になったじゃないの。しかもね、残りは年明けね~~なんて軽く言ってるけど、あんたが終了させたのは1箇所だけで、まだ5箇所も残ってるじゃないの!!


業者:「今年はこれで終了だからもう窓を(クリスマスの飾りで)綺麗に飾ってくれてもいいよ~」

この日が1216日。もう遅いっつーの。絶対に他のドイツ人からも苦情が出ているに違いない。


こうして業者は帰っていきました。年明けいつ来るのか知らないけれど。
でもまぁ、シリコン材むき出しで見た目は悪いものの、とりあえず年内はもう業者が来ないということでちょっと落ち着きました。


と、思っていたその2日後。
掃除をしていて窓枠の下を見た時のこと。窓の下には奥行き20センチほどの板が設置されています。つまり、窓枠とこの板の隙間をシリコン材で埋めている状態。
この板の下を覗いてみたら・・・




Dscf3097

シリコン材が板の下にまで流れこんで、板を支える金具の隙間にまで入り込んで破壊。



怒・ 怒・ 怒!!凸(`Д´メ)



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« クリスマスマーケット-モーゼル川が大蛇行する街Traben-Trarbach | トップページ | 子供たちへのクリスマスプレゼント »

コメント

うおこさんが気の毒すぎます。
日本だったら絶対に そんな業者には仕事がこなくなりますよ。
ドイツ人の客にも同じような対応をするんでしょうか?

宇宙は広大で夢があり、地球の美しさは素晴らしいです。
しかし、そこに住む人間に問題がありますね。
日本も問題だらけですから。

先日はアチラに訪問してくださり有難うございました。

>ブチャ猫さん

そうですよね~~~。日本はなんでもお客様は神様ですが、ドイツはそうではありません。作業員はただの作業員。自分の仕事をするのみ(そのクオリティは様々ですが)で、自分の仕事の範囲外の事は知らん顔です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスマーケット-モーゼル川が大蛇行する街Traben-Trarbach | トップページ | 子供たちへのクリスマスプレゼント »