フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 子供たちの冬の工作 | トップページ | 保育園のクリスマス会 »

第二アドベントと私のアドベンツカレンダー

日曜日は第二アドベントでした。
午後のお茶の時間にはアドベントクランツの2本目のロウソクにも火を灯し、シュトーレンなどクリスマスのお菓子を家族揃ってパクパク。



P1220869

今回はキンダープンシュなんぞも飲んでみたりして。Kinder Punsch(キンダープンシュ)は、リンゴやサクランボ、葡萄、カシス等の果物をミックスしたジュースに香辛料等を少しくわえて香り豊かにしたもの。ホットワインのアルコール無しバージョンといったかんじでしょうか。ホットワイン同様に温めて子供たちが飲むもので、これもクリスマスの名物(?)となっています。




P1220861

今日はコタロウと一緒にクッキーを焼きました。型抜きとデコレーションはコタロウ担当。あ、微妙な顔のアンパンマンとドラエモンは私がやりましたが・・・む、難しいな。
これからご近所さんや知り合いに配るようにせっせと焼かなくては。うちには天板が1枚しかないので一度に焼ける量が少ないんですよねー。もう1枚買うかどうか検討中です。

うむうむ、今年はかなり正しきアドベントの迎え方をしている我が家(笑)。


さて、121日から始まったアドベンツカレンダー。子供たちは保育園から帰ってきてその日の分を開封するのを楽しみにしています。
いいですよね~、毎日楽しみがあるって。ママもそんな喜びが欲しい。

と思って、飾りましたよ、私の分も。アドベンツカレンダーを!!




P1220826

これは既成のですけど。キッチンの扉に。

夫が気がついて密かに入れてくれないかなという期待をこめてね!!

カレンダーの上には「ママ専用。誰か入れてくれてもいいですよ」ってメモもつけましたよー。
どうなったかって?もちろん予想通りの結果ですよ、無し無し無し。


当然コタロウは気になって質問してきます。


コタロウ:「これママの~?何も入ってないの~?」

私:「そうなの~。誰も入れてくれないんだ~。」

コタロウ:「ふ~ん・・・」



翌日。

コタロウ:「まだ何も入ってないの~?」

私:「そうだねぇ。」


コタロウ:「コタちゃん、ママにお菓子入れてあげたいから、こっち見ちゃだめだよ。」

そう言って自分の机の引き出しから秘蔵のお菓子を持ってきてゴソゴソ入れている様子。

嘘!そんなことしてくれるの?!しかもそれはこっそりやるものだと思っているらしく、お茶碗洗いをしている私にこちらを見るなと念を押す(バレバレだけど)。


それから物置き場へ行ってお菓子ダンボール(我が家には常にお菓子をストックしているダンボールあり。子供は勝手にそこからお菓子を出してはならない決まり)を覗き込んで、
コタロウ:「ん~もっと入れてあげたいんだけど、何かないかな~・・・」。

手持ちのお菓子が日数分のポケットを埋めるには足りなかったので、追加で入れるお菓子を探しに行ったらしい。

それからニコニコしながらカレンダーを私に見せ、「(背の高いお菓子がポケットに入りきらなくて)見えちゃっているけど、いい?」って。


いや~~~~ん、ママ ノックダウン。

やられました。なんて優しい子なの。
ぎゅーーーーっと抱いてほっぺたにぶちゅっとしてやりましたよ(笑)。


おかげで私も甘いクリスマスを満喫中です。って、子供のお菓子食べてるんかい!



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 子供たちの冬の工作 | トップページ | 保育園のクリスマス会 »

コメント

コタロウ君優しいのね~( ^ω^ )
私もメロメロになっちゃう☆
メモはもっと見やすいところにはりましょう!

>ポン子さん

わが子に感動した瞬間でした。このままマザコンで育てよう(笑)。

カレンダー、ポン子さんの旦那さんは気付いて入れてくれそうですね。

コタロウ君、優しいですね~私も感動です!!
今度は、子供を利用して(!)ご主人様にアピール、という手はどうでしょう(笑)??

>さくらさん

返信遅れました!

本当はそのつもりだったんですよ。コタロウが「パパ入れてあげて」と言ってくれないかな~と期待していたのですが、自ら入れてくれるという方法をとったのには驚きと感動でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供たちの冬の工作 | トップページ | 保育園のクリスマス会 »