フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ちょっと残念な第一アドベント | トップページ | 子供たちの冬の工作 »

松ぼっくりでクリスマス飾りを制作

松ぼっくりを使ったクリスマスの飾りを作ってみました。



Dscf27001

かさ(?)の一片一片の間に毛糸のポンポンを挟むように入れて糊付けします。
以上!完成~~~。簡単すぎる(笑)。

ポンポンをもっとはっきりとした球形のものにしたり、カラフルな小さめの玉を使えば電飾のようにも見えるので、よりクリスマスツリーっぽくなります。でもそれですといかにも~って感じになるので、今回はナチュラルな色合いのものを使い、もそっとしてるけど温かみがある風に仕上げました。
後はお好みでリボンや色紙で飾りつけをしてもいいかと思います。




Dscf3033

これを使ってこんなクリスマスのコーナーも用意してみました。
ガラスのコップの中に小さな松かさやシナモンスティックを入れ、その上に松ぼっくりを。コテコテのクリスマスでもなく、地味だけどさりげなく冬のデコレーションってかんじになったかな。




Dscf3037 Dscf3036




松ぼっくりはその辺で拾ってきたものを使っていますが、汚れや虫が付いている場合があるので熱湯で洗っています。水に濡れるとかさが閉じますよね。乾かす時に松ぼっくりをちゃんと立ててあげると開いた時に綺麗な形になって使いやすくなりますよ。



ところで松ぼっくりが落ちる時期は決まっていないってご存知でしたか?
木には年がら年中松ぼっくりがなっているんです。で、風が強い日や寿命が来た時にポロっと落ちる。
それなのに、松ぼっくりを用いた飾りがクリスマスのイメージを持っているのは何故なんでしょう?



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ちょっと残念な第一アドベント | トップページ | 子供たちの冬の工作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと残念な第一アドベント | トップページ | 子供たちの冬の工作 »