フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ネームプレート制作 | トップページ | これはすごい!ハンブルクのミニチュアワンダーランド-1 »

火事です、避難してください!

コタロウと2人きりで旅先のホテルに宿泊した時の事です。
観光を終え、疲れきってぐっすりと寝静まった深夜0時頃。


ウ~~~ウ~~~ウ~~~~!!
○■×%&◎・・・・



・・・・・・・?(覚醒率10%)



ウ~~~ウ~~~ウ~~~~!!!


え~なんで目覚まし時計が鳴っているんだろう・・・私、携帯のアラーム設定なんかしたかな・・・それにしてもずいぶんうるさい音だな(覚醒率20%)




ウ~~~ウ~~~ウ~~~~!!!
△■%◎#*!!



どうなってるのこれ、携帯押してもアラームが消えないんですけど(うおこ、寝ぼけながら枕元にあった携帯を連打)。てか、赤い光がぐるぐる回っている・・・(覚醒率40%)




ウ~~~ウ~~~ウ~~~~!!!
「火災警報機が作動しました。すぐに避難してください!!」
(←ドイツ語)


!!!(lll゚Д゚)(覚醒率100%)


かかか、火事!?
コ、コタロウ、起きてっ!!

コタロウ: ぐーぐー すやすや


どうりで聞いたことのない音だと思った。何がアラームよ、音が消えるわけないじゃん、火災警報機だもの。そして赤い光は警報機のランプが作動したのね。


「すぐに逃げろよ~~~~」
(↑館内放送。ドイツ語だから正確にはなんて言ってるかわからないけれど、そんなもの古今東西同じこと言うに決まってる。とにかく外に出ろ、と言っていることだけはわかった。)


パジャマの上に慌てて自分のジャンパーをはおり(この時は4月上旬。寒い日が続いていたので冬の上着を着ていました)、お財布の入ったカバンにカメラを突っ込んでコタロウを揺り起こす。


うおこ:「コタロウ!お願い、起きて!!」
コタロウ: ぐーぐー

だめじゃ、こりゃ。

コタロウのジャンパーをひっつかみ、寝ているコタロウを抱きかかえてドアの外へ。廊下は既に避難する人で溢れていました。でもみんなゆっくりと歩いており誰も慌てている様子はなく。
よかった、そんなに緊急事態でもなかったんだ。

避難している最中に私の腕の中でようやく目覚めたコタロウ。どうしたの?とか言っていたような気はするけれど、とりあえず私は必死だったのであまり覚えていません。他の宿泊客の流れに乗って外へ出て、ホテルの前で待機することになりました。

見上げると、私の部屋の2つ隣くらいの部屋の火災警報機が作動しているようです。赤いランプがぐるぐると回っていました。それで私の部屋からもランプが見えたのね。でもそこで火災が起きている様子はありません。


コタロウを石の塀の上に座らせ、上着を着せて靴を履かせました。寒いというのでまた抱っこをします。でしょうね、寝起きでパジャマのまま飛び出してきたんですもの。部屋を出る前にコタロウに靴下だけは履かせてきたのですが、よく考えたらそんなことするよりも一刻も早く避難した方がよかったかな。
寝ぼけてまだよく動いていない頭をフル回転させた時、外は寒い!って思ったのと、地震などがあって避難するときは靴を履いたほうがいいと、どこかで言っていたのを覚えていたんです。素足だと崩れた瓦礫や散乱した物の上を歩いて足を怪我する怖れがあるから。
でもこれ火事だし、コタロウは私が抱っこしていたし靴も持って出てきたのだから靴下は不要だったのかもしれませんね。

あ~、我ながらあの深い睡眠から目覚めて素早い行動できました♪と、自画自賛しているところに消防車が3台到着しました。ホテルの火災ともなれば一大事だから3台も来たのかしら。それとも来たのはハシゴ車とポンプ車と、レスキュー車だったのかな。
(コタロウにいつも読み聞かせをねだられている消防車の絵本の中で、火事があったときハシゴ車とポンプ車とレスキュー車とスノーケル車が出動していくのです。違いがわかりませんけどね。コタロウを抱えながらそんなことを思い出していた私・・・)

消防車が来たのが嬉しかったのか、私に抱っこされながらコタロウは「うけけけけ・・・・」と笑っておりました。


結局ホテル側からは何の説明もなかったので詳細はわかりませんが、おそらく警報機の誤作動だったのではないでしょうか。もしくは誰かがタバコでも吸ったのか。
外へ出てから30分ほどして「もう大丈夫です、中に入ってください」とホテルの係員から声がかかり、みんなそれぞれの部屋へと戻っていきました。

コタロウはまたすぐに眠りにつきましたが、私はなんだか少しドキドキしてしばらく眠れませんでした。今回は何事もなかったからよかったものの、もしも本当の火事になったら?


本当の緊急事態では身一つで逃げなければなりませんが、普段から物の置き場所はいつも定めておいた方がいいなと思いました。

何事もなくめでたし、めでたし。



★何事もなくよかったね、のクリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ネームプレート制作 | トップページ | これはすごい!ハンブルクのミニチュアワンダーランド-1 »

コメント

いや~大変でしたね~。それはそれはビックリされたことでしょう。私だったらもう心臓バクバクで焦ったことでしょう。でもうおこさんは冷静に、そして素早くご対処されましたね!何事もなくて本当に良かったです。
日本へ一時帰国中とのこと、すごく暑くて台風がきたりと大変ですが、美味しいものを堪能して、ご家族のお時間を楽しんでくださいね!

>さくらさん

避難したのなんて、初めての経験でした。
自分ひとりならばまだしも、子供と一緒だったのでちょっと焦りましたよ~~~。
それにぐっすり寝ていたので。

もう少し日本を楽しんでドイツへ帰国しま~~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネームプレート制作 | トップページ | これはすごい!ハンブルクのミニチュアワンダーランド-1 »