フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 熊のぬいぐるみの末路 | トップページ | 「わたしのワンピース」制作 »

保育園の友達の誕生日パーティー

本日は写真もなく長文になりまーす。


コタロウが保育園で同じクラスの子の誕生日パーティーにお呼ばれして行ってきました。日本よりも「誕生日」を重んじるドイツ。いったいどういう形式でパーティーをやるのでしょう?子供よりも興味津々な私。

まず、招待状に書いてあった連絡先へ電話をし、出席の意思をお伝えします。
この子は保育園ではコタロウと仲良くしていますが、特別仲がいいということでもなく、保育園外で一緒に遊んだことはありません。私もこの子の両親とはお迎えに行った際に何度か挨拶した程度です。

単刀直入に、ドイツでの誕生日パーティーに行くのは初めてなのでどういうスタイルなのかわかりません、と言っちゃおう。プレゼントを持って行きたいけれどなんでも良いのか、それとも○○ちゃん(誕生日を迎える子は同い年の女の子)は何か欲しいものの希望があるのか、と。
プレゼントの件は一応ご両親にお伺いをたてておけば間違いないかなと思い。


すると、ドイツではよくある形式なのかもしれませんが、私にとっては少々意外なお返事が返ってきました。


希望があります。このご近所に唯一ある文房具屋さん(本やおもちゃも置いている小さなお店)に行って選んで欲しい。そこのお店の店員さんが全部わかっているから、彼女に○○ちゃんの誕生日プレゼントを買いたいと言えば良い、と言うのです。


・・・本当に?

半信半疑でお店に行きそう伝えると、本当に手配ができていました。
買い物カゴに誕生日の子の名前が買いてあり、その中に商品がいくつか入っています。
「はい、この中から見てちょうだい」と、目の前にカゴが差し出されました。

要するに、こういうことらしい。
事前に保護者がわが子が欲しがるであろうものをお店の商品の中からいくつかセレクトしておく。プレゼントの贈り主は保護者からお店情報を得て指定のお店へ行く。
そしてセレクトされた商品の中からコレと思うものを購入する。

プレゼントする側も悩まなくてよいし、もらう側も欲しいものがもらえて嬉しいというなんとも合理的なシステムです。


そういえば、おもちゃ屋さんなどでプレゼントボックスなどと書かれた箱がいくつも並んでいたのを見たことがあります。
今回の誕生日に限らず、ドイツではよく行われるシステムのようです。


カゴの中にはジグソーパズル、ヌイグルミ、文房具などが入っていました。私はその中から、シールを貼ったり紙を切り抜いて着せ替え人形ができる本みたいなものを選びました。

で、ちょっと思ったのが・・・上記のシステムはとても合理的ではありますが、時と場合によるな・・・と。
商品に値段表記がなかったので一つ一つの正確な値段はわかりませんが、おそらくどれも10ユーロ近くはするだろうと思われました。ちなみに私が購入した本は6ユーロ。
4歳の子がお友達からもらう(お金を払うのはその親だけど)プレゼントの額としては少し高額ではないかなぁと。

子供がお友達にあげたいと思うものを子供と相談しながら決めたり、手作りのものを綺麗にラッピングしてあげるのが幼稚園児同士のプレゼントとしては妥当なのかなと思っていました。実際私はもしも先方に特に希望がなければ折り紙や日本のかわいらしいシールなどをいくつか見繕ってあげようかと思っていました。

うーん、なんだかね、このシステムだと親が選んで購入している感が出ちゃうんだよねぇ。
あ、でもまだ金銭感覚もなく、自分で選んだり手作りのものを作るのも難しい幼稚園児には逆にこれでいいのかしら。小学校にあがったくらいから、例えば自分のお小遣いで買える程度(実際に購入するのは親だとしても)のものをプレゼントするというのがいいのかしら。


それはさておき。
誕生日パーティーは土曜日の午後3時から6時半までの予定でした。
友達の家に子供を送り届けた後親は一旦家に帰り、後でまたお迎えに行きます。気心の知れた同級生ばかりだったのでコタロウもすぐに遊び始めたたため、私もすぐにおいとましてきました。

6時過ぎにお迎えに行くと小さなお菓子をお土産にいただいて帰ってきました。
パーティーがどんな様子だったかコタロウに尋ねるも、まったく要領を得ない説明です。


うおこ:「最初に何をしたの?」

コタロウ:「遊んだの」

うおこ:「プレゼントを開けたのかな?」

コタロウ:「うん、開けたよ」

うおこ:「それから?歌を歌ったの?ケーキは美味しかった?」

コタロウ:「ケーキは食べなかった。」

誕生日会でケーキを食べないなんてことないと思うけど・・・。


うおこ:「そうかなぁ?じゃあ何を食べたのかな?」

コタロウ:「お菓子食べた。後、ピザ食べた。コタちゃんも作ったの」



どうやら子供たちと一緒にピザを作り、それを夜ご飯の代わりとしてくれたらしい。
3時間半もの間、アパートの中(お庭があるような一軒家ではない)だけで何をして遊んだのか聞いたけれど、車で遊んだとしか返事が返ってきませんでした。女の子2人姉妹の家なんだけどねぇ・・・。

ともあれ本人が楽しく過ごせたようでよかったです。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 熊のぬいぐるみの末路 | トップページ | 「わたしのワンピース」制作 »

コメント

私もドイツに住んでいます。うちは日独家庭です。
子どもの誕生日会のプレゼントの金額は数年前まで10ユーロくらいと言われたけど、最近食事も出る場合は、15ユーロくらいになってきたとGeschenkebox制度をやっているおもちゃやさんが言っていました。
ただ、個人のおもちゃやさんって高いものが多くて、1つがすでに15ユーロとか12ユーロとか・・・1つじゃなんだし、結局20ユーロ近くになってしまうことが多いです。
お住まいの地域によると思いますが、ご参考まで。

>通りすがりのものです さん

情報ありがとうございました。やはり相場は10~15ユーロくらいなんですね。
私の息子も今年は友達を誕生日パーティーに招待したい、なんて言い出しました。郷にいっては郷に従えで、Geschenkebox制度を利用すべきかどうか・・・。
どちらにしても子供たちが楽しめること、を第一に考えてパーティーを企画したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊のぬいぐるみの末路 | トップページ | 「わたしのワンピース」制作 »