フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 三国をうろつく旅-三国国境地点ファールスの丘 | トップページ | 親子工作教室20-毛糸で縫った羊 »

三国をうろつく旅- オランダ・マーストリヒト

本日は、紀元前50年に古代ローマ人がマース川に渡し場を築いたことから「ヨーロッパの十字路」と呼ばれた街、マーストリヒトを観光します。




Photo

マルクト広場に威風堂々たる姿を見せているのは市庁舎。6年の歳月をかけて1664年に完成したとか。




Photo_2

当時の街は二大勢力に支配されていたため、正面に階段が二つあるのだそうです。




Photo_3

マルクト広場は市庁舎と、隅っこの方にこのような噴水が立っているだけの、とにかくだだっ広いという印象でした。
像のおばさんもなかなか貫禄があります。




Photo_4

噴水の噴出し部分をよく見ると、ウサギや鳥・・・何か意味があるのでしょうか。




Photo_5

おばさんの像と反対側にはこんな方がひっそりと立っております。
この方、
燈火用ガスを発明したミンケラーというお方なのだそうです。事前に調べた情報では片手に本物の炎を持ち続けている、と。

え、持っていませんけど?どういうこと?と思っていたら、コインを投入するところがあるじゃありませんか。ちゃんと確認はしませんでしたが、もしかしてお金入れたら炎がつくっていう仕様?




Photo_6

路地に入るとこんな建物が並んでいます。
煉瓦づくり。建物に比べて大きな窓。オランダっぽいです。




Photo_7

観光案内所。




08

フライトホフ広場にやってきました。
正面が聖ファールス教会。その歴史は6世紀にも遡り、オランダ最古の教会のひとつとも言われているそうです。
左側に聳える赤い塔は聖ヤン教会。




09

なぜこんな色をしているのでしょうか?かつては牛の血で染めたといわれているそうですが、理由はわかりません。かつてない威圧感があります・・・。




10

聖ファールス教会の入り口はフライトホフ広場に面しておりません。裏側をぐるっと回ることにしました。教会と道路を挟んで向かいの建物をつなぐ城壁のような壁をくぐります。小さなアーチは人が通り、大きなアーチのところは馬車でも通ったのでしょうか。




11

聖ファールス教会の入り口。




12

内部はステンドグラスもない簡素なつくり・・・との話も聞いていましたが、白を基調とした清楚なイメージの教会でした。天井の青い模様が素敵。




13

高い天井を見上げながら頑張ってカメラのズームを拡大してみました。こんな模様が施されていて、個人的には好きですね~。





14

フライトホフ広場に戻ってきて、カフェに入ります。

「In Den Ouden Vogelstruys」 市内最古のカフェだそうです。このときはサッカーのワールドカップの時期でしたので賑やかな装飾がなされていました。外は広場を見渡すオープンカフェですが、中は子供連れではあまりに場違いでシックなバーといった雰囲気でした。11種類のビールをはじめとした様々なお酒を楽しむことも出来るし、軽食やケーキといったカフェの要素も併せ持つお店でした。




15

聖母マリア教会。
高々と聳える2本の円柱型尖塔、それに挟まれた巨大な四角い壁面。これまでにあまり見たことがないような佇まいです。



16

ゆらめくたくさんのろうそく。その向こう側には聖母マリア像。ここを訪れ、ろうそくを灯した多くの人々は聖母マリアに何を願ったのでしょうか。




17

教会の尖塔?(ちょっと形が違うみたいですが)を持って微笑むマリア像。柔らかな光の当たり方がとても綺麗。救いを求めたくなるような・・・。


このマーストリヒト、地獄門や城壁など見所は他にもあります。マストリヒト駅側からマース川を渡す橋の景色も良いようです。
私たちは今回、まだ0歳だったコジロウがあまりの暑さにぐずったり汗だくになったりしたので無理をせず、全ては見て歩きませんでした。
それでも異国情緒と歴史を感じながらの街歩きで楽しい旅となりました。コジロウが初めて自分の口から水を飲んだという記念すべき旅でもありましたし♪


★マーストリヒトもいいね、と思った方は応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 三国をうろつく旅-三国国境地点ファールスの丘 | トップページ | 親子工作教室20-毛糸で縫った羊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三国をうろつく旅-三国国境地点ファールスの丘 | トップページ | 親子工作教室20-毛糸で縫った羊 »