フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 「わたしのワンピース」制作 | トップページ | 三国をうろつく旅- オランダ・マーストリヒト »

三国をうろつく旅-三国国境地点ファールスの丘

もう1年前の話になります。旅行記って記憶の新しいうちに書くべきなのに、書き出すと長くなるから日常を綴ることに追われて後回しにされがち。そしてあれよあれよという間に1年経ってしまいました。
記憶も曖昧でその時の資料なんかも紛失しちゃいましたが、なんとか書いていきたいと思います。




01

えっ、1年も前?そりゃーコジロウもまだまだベビーって感じで、Magensondeも装着してますわ。


今回は三国の国境をうろうろしてきた旅行なのですが、それがどこかと言うと、夫&コジロウの後ろの国旗をご覧あれ。
左よりドイツ、ベルギー、オランダです。そう、この3国の国境を有する地点に行ってきました!




02

今回は車の旅。ドイツを西へ西へ。たとえ地続きでも、その国らしさは家並みに表れてきます。こんな壁面はドイツであまり見たことがないし、煉瓦作りや窓の感じがオランダっぽいです。あ、でも停まっている車がベルギーの車だから、ここはベルギーかな?
なにせ目的地に近づくと気がつかないうちに何度か国境を越えていたりするもので。




03

目指すはあの展望台があるファールスの丘。
ちょっとしたレストランやガーデン迷路、遊具のある公園などがあって、小さなテーマパークのようになっていました。




04

格好良く決めポーズ・・・!この石碑は何かわかりませんが、とりあえず撮影しておきます。




05

なんとも素朴ですが、これが三国国境地点になります。コタロウが座っている下に国境線があるのがわかりますか?石碑に記された「NL」はオランダ。コタロウは今オランダとドイツにまたがっています。




06

「D」はドイツ。




07

「B」はベルギー。それにしても国名の表記も、白いペンキで手書きしました、みたいな簡素なものでいいんだ・・・。




08

では展望台に上ります。文字表記も3ヶ国語で。エレベーターがありますのでベビーカーごとコジロウも一緒に上りました。




09

雄大な景色。確かこちらがオランダ方面だったと思います。




10

ベルギー方面。




11

ドイツ方面。


ここから少し北西へと進み、オランダのマーストリヒトへ向かいました。




12

街の観光は翌日にとっておき、まず向かったのがこちら。
「聖ドミニコ教会」。正確には元教会?




13

建物は歴史を感じられる古い教会そのものですが、入り口は一風変わっています。その正体は・・・



14

本屋さん!!
800年前に建てられた教会を本屋さんにしたものなんです。

イギリスのガーディアン紙が2008年に選んだ「世界で最も美しい10の書店」の堂々第1位に選ばれました。

セレクシーズ・ドミニカネン(Selexyz dominicanen
詳しくはこちら




15

異色の組み合わせなのに、こんなに調和しているなんて素敵すぎ。




16

厳かな雰囲気で空間を包み込む天井画。
下から見上げても・・・




17_2

上から見下ろしても美しい空間です。




18

この迫力!こんな部分を近くで見ることなんて普段ないですからね。




19




P1190631

記念に是非とも本が欲しい、でもオランダ語読めないし~~。と思っていたら絵本コーナーがありました。オランダといえばミッフィー。
ミッフィーのシリーズ絵本が7冊くらいあった中で、絵だけで文字のないものがありました。絵だけを見て物語を自分で考えるのです。その昔自分が子供の頃、字のない絵本に勝手に自分で考えた文章を書き込んだ記憶があります。子供たちがもう少し大きくなったらそんなことをしてもいいかもね、と思いそちらを購入しました。

でもねー、齢40にもなると想像力が欠如してくるものですね。後日コタロウにこの本を読んでと言われると、いつも全く同じ内容になっちゃうんですよね。しかも面白くもなんともない・・・。


次回はマーストリヒトの街を散策編です。



★行ってみたいと思った方は、応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 「わたしのワンピース」制作 | トップページ | 三国をうろつく旅- オランダ・マーストリヒト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「わたしのワンピース」制作 | トップページ | 三国をうろつく旅- オランダ・マーストリヒト »