フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2日連続で流血事件

先日、相次いで子供を負傷させてしまいました。
あ、でも順調に回復しましたので今は大丈夫です。記録として記事に残しておこうかと。



まずはコジロウ。
家族みんなで遊びに行った時のこと。ダイニング椅子から転げ落ちました。その椅子は背もたれも肘掛も座面に接しており、奥行きもあるタイプ。そこに座らせて、私は目の前に立っていたのですが、夫とコタロウが離れた所にいたのでそちらに目をやりコジロウからちょっと目を離してしまったのです。その隙に肘掛に手をついて立ち上がり、足を座面から踏み外して回転するように落下。
その瞬間が見えたのですが、私の鈍い反射神経では助けることができませんでした。

すぐ側に木製のテーブルとベンチがあり、うまい具合にその狭い隙間に仰向けの状態でバタンと落ちました。後頭部を打ったかもしれませんが、頭から落ちたわけでもないし、すぐに泣き出したので大丈夫かなと思い抱っこしていたら、血が・・・。

わっ!唇か舌を切ったのかも。と、よく見ると、ぎゃー!鼻血出してる~~~~~~っ。
鼻からも血が出てるし、それが口の中に流れていってヨダレとともに口からも流血。


ごめんね、ごめんね、ごめんね~~~~~~!!!
しばらくして泣きやんでその後は大事に至りませんでしたが、もう心配でなりませんでした。1時間くらいして吐いたりしないか、いつもと様子は変わらないか、お昼寝や夜寝ている時は本当に寝ているのか(そのまま意識失ったりしてない?)と、なんども確認しました。

どこにもぶつからずに落ちたように見えましたが、鼻が切れるくらいだからどこかにぶつかったのか?でも鼻も顔も腫れた様子はありません。衝撃で毛細血管が切れたのでしょうか。そんなことある?


あ~~~怖かったです。
あ、そうそう。これにはオチがありまして。
翌朝目覚めたコタロウが、「ママー、コジロウが血だしてるよ」と報告しに来ました。慌ててベッドに寝ているコジロウを見ると、枕には10円玉大くらいの血の染みが。そして耳が赤い。

「耳の穴から血を出してる!!」 焦って叫んだ私に夫が一言。「いつもの耳を手でひっかいただけやろ」
あ、ほんとだ。コジロウはしばしば自分の耳をガリガリひっかくので、普段からかさぶたになっていてよく出血しているのです。

夫:「耳の穴から血を出してたら死んでるわ」

そうですね・・・・びっくりしました・・・。




そしてコタロウ。
アパートの階段を慌てて上ったときの事。転んで階段の角に眉毛の上をぶつけて切ってしまいました。私も夫もそれを見ていなかったのでどうしてそうなったのか、どういう状況で転んだのかわかりません。
傷は長さ1cmくらいでしたが出血がそこそこあり、深そうです。自分の手で負傷部分を押さえたので両手も血だらけ。

こんな怪我をしたのは初めてです(自転車で陸橋の欄干に激突して唇をけっこう切ったこともありますが・・・)。実は夫が「ここで待っていろ」と言ったのにも関わらず、勝手に動いた結果の怪我。あまりの状態にさすがに焦った夫に、「言うことを聞かないからこういうことになるんだ!」と怒られるわ、痛いわ、出血しているわで少々パニックになったコタロウ。珍しく痛いよ~っと、ワーワー泣いていました。

ひとまず応急処置をしましたが、金曜の夜だったので(土日は小児科は休み)、救急病院へ連れていきました。

これは縫うことになるかも・・・と心配しましたが、消毒した後傷口を塞ぐようにテープを貼ることで済みました。このテープは最低1週間は剥がしてはならないとのこと。そして月曜日に小児科に行くようにと言われ手紙を渡されました。

月曜日に小児科に行くと、翌週の月曜日まで剥がしてはならないとのこと。お風呂やシャワーは更に2日後までお預けだそうです。


その後は無事にくっついたので大丈夫でしょう。


これで少しは懲りて親の言うことをきくようになるかなぁと夫と話しておりましたが、予想通り何も変わらずです。それでも言うことを聞かないときは(危険だなと思うときは特に)、「そうやって言うことを聞かなかったから痛い思いしたんじゃないの?」と脅しております。こういうことは早く学習してもらいたいものですね。

コタロウが今回の件で学習したのは「血が出ていなければ大丈夫」です(笑)。小さい頃からよく転ぶ子だったので、そのたびに私が「痛かったの?あ~でも血が出てないから大丈夫よ~」と軽く受け流していました。それでコタロウは怪我や痛みの程度を出血しているか否かで大丈夫かそうでないか判断する傾向だったんですね。今回の怪我でそれに拍車がかかりました。

その後も外で転んだ時、手や肘が少々痛かっただろうにガバっと起き上がって打撲箇所を確認、「大丈夫、血が出ていない」と自分で言っておりました。笑える・・・。



あ、そういえば2日連続で我が子の血を見た私ですが、実は子供たちの血液型を知りません。出生時に調べないので大人になっても自分の血液型を知らないなんて人も多いようですね。

知らなくても生活に全く影響はないですが、なんとなく子供の事ですから知っておきたいような気もするんですが?ていうか、特にコジロウは病気の関係で何度も血液検査しているのだから教えてくれてもいいのにと思っちゃいます。



★男の子の親は血をみるよね・・・★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

森で遊んできました

これを持っていけば入場料割引!というクーポン券がありまして、家族で行ってきました。
森の動物公園とでも言うのでしょうかね。森の中で飼育されている数種類の動物を見ながら森を歩いて一部遊具があるところで遊ぶ、というかんじ。




P1210669

入場ゲートをくぐったらいきなりこんな所を歩きます。本当に森の中でちょっとびっくり。
2.8kmのロングコースと1.7kmのショートコースがありました。けっこうな勾配の坂道だったので今回は短いコースを。コジロウを乗せたベビーカーで坂を下るのも上るのもなかなか大変でした。翌日は二の腕が若干筋肉痛になりましたよ。




P1210670

熊がいました。ここでエサやり体験ができます。エサを1ユーロで購入して柵の中に投げ入れます。が、写真右の大きな熊はお腹がいっぱいだったのか、まったくやる気なしでエサが目の前に落ちても見向きもせず。




P1210684

他に動物は定番の鹿、イノシシ、ヤギ、アヒル、ウサギ、羊などがいました。羊やヤギの声に合わせてコジロウも「ンメェ~~~~~」とか言っていたので、先日の室内遊技場に行った時よりはコジロウも楽しめたかな。新鮮な空気の中でお昼寝もできたし。




P1210688

珍しい動物としてはアルパカなんていましたよ。実物を見たのは初めてでした。

動物園ではないので、広大な土地をけっこう歩いてちょろっと動物を見るというかんじでした。思ったより動物は少なかったですが、いい運動にもなりましたし、子供の遊具施設もあったのでまぁよかったかな。





P1210676

ソリを積んで森の中に敷かれたレールを上っていきます・・・・




P1210673

そのソリで400mのコースを滑りおりてきます。リュージュのようなかんじですね。
ブレーキとアクセルのハンドルがあり、自分でスピード操作ができます。コタロウがスピード出せというのでアクセル全開で飛び出しましたが、カーブではけっこう左右に振られるものですね。スピード調節しないとコースアウトしちゃうんじゃないかと思いました。迫力があって面白かったですよ。

1回2ユーロもまぁ納得。コタロウはまだ乗りたそうにしていましたが、公園があったからそこで遊ぼうと巧みにもちかけて3回で切り上げてもらいました。




P1210685

その公園でも力の限り遊ぶコタロウ。




P1210686

一方コジロウ・・・前回の室内遊技場と同様です。どの遊具に乗せても嫌がるし、小石が敷き詰められた地面に素足で立たせたらもう1歩も歩けず泣くのみ。
助けを求めて差し出された手。その後ろでブランコに立って乗る兄ちゃん。この兄弟が一緒に公園で遊ぶ日は遠い・・・。




P1210687

最後にミニショベルカー初体験。好きですねぇ、こういうの。

「まだ遊びたかった。何で帰るのー!」と、車に乗ってからもぶつくさ文句を言われながら帰路につきました。そのコタロウ、乗車5分で即行寝ていましたけど・・・あれだけの坂道を走り回って体力の限界まで遊んでおいて何が「もっと遊びたい」じゃ。


あ、クーポン?
持っていったくせに使うの忘れましたけど、何か?


今回行ったのはこちら
Wild-und Freizeitpark Westerwald




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの室内遊技場はこんなかんじ

先日Tolli-Parkという遊技場に行ってきたのでご紹介したいと思います。




P1210609

まずお出迎えしてくれたのは、この施設のキャラクター、Tolli君。これまた微妙なキャラクターですなぁ。アシカ?オットセイ?
ここの施設の住所がNikolaus-Otto 通りなのと、キャラクターの名前がTolliなので、うん、これはきっとオットセイだな(勝手に決定)。



P1210611

入場する人はとても遊技場に来たとは思えぬ荷物を持参しています。手前のお姉さんが手にしているのは大きなサラダボール(家で調理してきたサラダ入り)。

その先を行く人は飲み物が入っていると思われる大きなクーラーボックスを転がし、手には食料が入った赤いカゴ。一番上にはパンの袋。

ここは飲食物の持ち込みがOKでした。子供が長時間遊んでいる間、大人たちは席に座ってのんびり食事をしたりするのですね。なので家族だけに限らず、子供同士が友達で、その両家族で来たりすることも。

お誕生日会をここですることもできるんですよ。Happy Birthdayと書かれた誕生日席が用意されており、誕生日パーティープランがあって、事前に申し込むと予約席に簡単なテーブルセッティングもしてくれたり、飲み物が飲み放題になったり、フライドポテトプレゼントとか。
テーブルに次々と持参した紙コップや紙皿を並べ、ケーキやらドーナツを置いていたお母さんも見かけました。
ここでパーティーをすれば、自宅に招くよりも楽かもしれませんね。子供も思いっきり遊べて楽しいですし。




P1210633

室内はこんなかんじ。大きなアスレチックみたいなものがあります。いろんな障害物を乗り越えながら上まで上って・・・




P1210634

迫力満点滑り台で、それ~~~!


3歳未満くらいの小さい子供も安全に遊べるように、もっと小さい規模のアスレチックもありました。その他にはトランポリンや昔お祭りで見かけたような空気が入った大きな滑り台など。

室内遊技場に行ったのはこれで2回目ですが、どこもだいたいこんな雰囲気ではないかと思います。




P1210622

ここは室内だけではなく、屋外もあります。
身体をゴムロープ(?)に付けて高くジャンプするトランポリン(名前何て言うのかな?)。



P1210631

ボート?とか。




P1210629

何よりもコタロウを夢中にさせたのは、やっぱり車系なんですけどね。こちらはちょっと大きめ自転車なのでパパと乗車。小さめで足が届いたものではひたすらひたすらコース内を走り回っていました。
その間コジロウはベビーカーでお昼寝。パパとママはアイスを食べて見学。




P1210637

ゴーカート初体験。4歳になったばかりだけど一人で上手に乗れるものですね。

コジロウはといいますと、公園にあるもの全てが苦手です。滑り台も、ブランコも砂場も芝生も。とにかく何をさせても嫌がって泣くので、ただひたすら兄ちゃんが動き回る様を眺めたり、抱っこを要求してくるだけでした。

コタロウはもう大満足で遊びましたが、コジロウにとってこういう場所はストレスです。かわいそうですが、早く慣れて楽しく遊んでくれたらいいな。


それにしても飲食物持込可能ってすごいですよね(私がもう1箇所行ったことのある遊技場は以前持込可能でしたが今はダメになってしまいましたが)。日本ではあまりこういう所なさそうですね。



今回行ったところはこちら
Tolli-Park




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

念願かなってテラスを♪

念願かなって・・と言うには大げさかもしれませんが、ずっと憧れていたテラスの床を木製パネル化することを実現しました♪
こんなアパートのテラスでそんなことしちゃうなんて変かも、とは思いつつ、でもやってみたいと思っていたのです。




P1210655

だって、現在はコレ。茶色とも灰色ともつかないボソボソのマットがひいてあります。これは入居した時既にあったもの。風が強くて植物の欠片が飛んできたり、コタロウが遊んだ土や砂が散乱すると、ものすごく汚い~~~~って印象でした。

子供ができてからはテラスでくつろいだりお茶をしたり・・・なんてこともなくなり、時間がないのを理由にテラスにある花壇のお世話もあまりしなくなり。テラスを綺麗にしたい反面、あまり利用していないものにお金をかけるのはどうか?ということで実行に至っていませんでした。

が、ついに入居6年にして夫の許可が下り、買ってきてくれました~~~。やった~~~嬉しい♪♪




P1210657_2

30cm四方のパネルをつなぎ合わせて置いただけ(イケアのです)の簡単なものですが、大満足です!なんだか広くなったような印象です。




P1210658

まだハイハイしているコジロウも汚れを気にせずテラスに出られるようになったのでよかったです。

これを機に、ごちゃごちゃした棚の中も整理してもっと見栄えをよくしよう。当面はボビーカーと水であそぶおもちゃ(1枚目の写真に写っている青い色のもの)で占領されてしまうけれど、今年はテラスに椅子を出して夕涼みとか、子供が寝た後夫婦でワイン飲んだりとかしてみたいです。



★今日もご訪問ありがとうございました★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

保育園でお祭り

4月末の日曜日にコタロウの通う保育園で年に1度のお祭りがありました。
10時から開催され、最初は隣接する教会で神父さんによるお話(?)、ミサ(?)みたいなものがありました。参加自由だったので私たちはこれは参加しませんでした。なので詳しいことはわかりません。参加したところで話の内容はさっぱりわからないと思いますが・・。



Photo_8

11時からはお楽しみタイムです。園庭で子供たちは自由に遊びまわったり、先生たちが用意したゲームに参加したりします。

例えばこれは、テニスボールを3回投げて、積み上げた缶を全部倒すゲーム。




Photo_9

スプーンにプラスチックの卵を乗せてジグザグのコースを落とさずに歩くゲーム。

他に魚釣りゲームもありましたね。これらのゲームをすると、必ず参加賞がもらえました。鉛筆だったり、プラスチックの笛やコマ、風船など。コタロウは楽しんで何回も遊んでいましたよ。




Photo_10

それを談笑しながら見守る保護者たちの図。

園庭でソーセージを焼き、それをパンにはさんだもの、飲み物各種、保護者たちが持ち寄ったサラダやケーキを有料(ほんの小額です)でいただくことができました。
それをお昼ご飯にしながら知り合いと話をしたり、子供の遊ぶ様子を見学します。




Photo_11

ママさんたちが持ち寄ったケーキ。チョコケーキ率が高い高い(笑)。
行事に参加する保護者全員ではありませんが、こうして何かしらを持ち寄ったり、売り子を担当するなどして協力しあいます。私は初めてで勝手がわからないので、お手軽にコーヒーを持参させていただきました。


ここでの収益金はおそらく保育園で文房具を購入したり、このイベントにかかった費用の一部に当てたりするのだと思われます。そういえば別のイベントに参加した時も、ママさんが作ったケーキを売っていたり、参加費は必要なくてその代わり寄付を募っていたりしていました。

日本の保育園や幼稚園ではどうなんでしょう?こんなシステムあるのかな。
それともイベント自体が自由参加ではなくて全員が参加するものと決められていて、費用も毎月の教育費に含まれているとか?




Photo_12

園庭も飾りつけがしてあって賑やかに。

園の前広場ではフリーマーケットも開催。本1冊とコジロウのお洋服1枚、パズルのおもちゃをひとつゲットしました。




Photo_13

フェイスペインティングもしてもらいましたよ~~。
こちらでは子供のフェイスペインティング、好きですね~~。保育園に限らず、カーニバルや市主催の子供イベントなどでは街中でよくフェイスペインティングやっています。




Photo_14

午後2時からは子供たちによる出し物です。歌とちょっとした踊りのようなもの。日本の学芸発表会とはレベルが雲泥の差ではありますが、それでも子供たちがみんなで歌ったりする姿を見られるのでいいものですね。

ネズミに扮した男の子と女の子が中央に座っていて、先生のナレーションに合わせて何かしらの演技をしたり(台詞はなし)、周囲の子が歌ったりしていました。ストーリー仕立てになっていましたが内容はさっぱりわかりませんでした。

コタロウもみんなと一緒に元気に歌うはず!
・・・・が、その時のコタロウ、こんなことになっていました。




Photo_15

最後列から先生に抱っこされたままみんなを見つめるのみ。
なんでーーーーー????


この出し物の最初に2歳児たちによる踊りがありました。その時は知っている曲が流れていたため、元気よく一緒に飛び跳ねたりしていました。ところがその子たちが終了して客席の保護者の所に戻ったとたん、何故か「もうやらない。嫌だ」と言って私の所に戻ってきてしまいました。
出番はこれからだっつーに。

早くみんなの所に戻れと説得しても言うことを聞かず、夫が強引に先生のところへ連行したところ大泣き。結果、出し物の間ず~~~~~っと先生に抱かれたままちらっとも歌わず、あの子何してるの状態になっておりました。

これには本当にびっくりしました。たまに恥ずかしがったり、知らない子たちの輪に入るのをためらったりすることはあるのですが、あまり物怖じする子ではないと思っていたのに。周囲は友達だらけですし、歌だって何度か練習したであろうに。歌うこと自体は好きなはず。

先生曰く、「こんなに大勢の観客の前に出てびっくりしちゃったんじゃない?よくあることよ」って。

う~~~ん・・・。
後から本人に何故嫌だったのか聞いても説明できません。今日このイベントで歌を歌ったりすること自体を理解していなかったのかも。
あーあ。歌う様子を見たかったのになぁ。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コタロウ4歳になりました!

早いものでコタロウも4歳です。初めての出産だったこともあり、彼が産まれた時の事はけっこう覚えておりますが、それでも4年も前。
あんなにちっちゃかったのに、今ではお兄ちゃんになり元気ハツラツという言葉がぴったり。母はわが子の成長にしみじみ・・・。一方コタロウは、保育園でお友達の誕生日を何度も見てきたせいか「誕生日=ケーキを食べる」という図式が出来上がったようで、誕生日を楽しみにしていました。


今年も家族だけでささやかな誕生日会をしました。ささやかとは言っても存分に楽しんでもらうべく、部屋の飾りつけは頑張りましたよ。
絵本の世界を我が家に再現してみましょう~~、が、テーマ。
具体的には「ぐりとぐら」を取り上げることにしました。




Dscf2786

窓辺の木の飾りに追加したのは、ぐりとぐらが焼いたカステラを森の動物たちがみんなで食べるというあのシーンです。
久しぶりに絵を描いてみたくなって、絵本から少し拡大してトレースしたものに絵の具で色づけ。



Dscf2747

美味しいカステラを食べてみんな笑顔、みんな幸せ。絵本の中でもいい場面ですよね。




Dscf2748




Dscf2745

こちらは壁に吊るした誕生日おめでとうのボード。「ぐりとぐらのえんそく」からデザインをおこしてみました。
野原をかけっこしていた2匹が毛糸を足にからませて転びました。いったいこの毛糸はどこまで続いているのか?2匹は確かめるために毛糸をどんどん巻いていきます。毛糸は大きな玉になり、2匹力を合わせて押していくと、森の中の熊の家まで続いていました。毛糸は熊が着ていたチョッキがいばらにひっかかってほどけてしまったものだったのです。

このストーリーを、私は1枚のボードに表現してみました。2匹が押す毛糸玉の先にはコタロウの名前とHappy Birthdayの文字が毛糸でなぞられており、それは熊の着ているセーターにつながっているというもの。
熊のセーターは実際に毛糸で編んでいるんですよ。本当はチョッキを編みたかったのですが、ミニチュアのチョッキの編み方がわからなかったので、セーターにしました。


これねー、自分では大満足の出来だったんですよ。作るのにもけっこう時間がかかりましたし。でも実はコタロウの反応はイマイチでした。先に紹介した絵の飾りもそうでしたが、

うおこ:「コタロウ、これ、ママが作ったよ~~~!ぐりとぐらだよ~~~」

コタロウ:「うん」

これだけ。


うーん、まぁ仕方ないか。コタロウにとっては意味のあるものじゃないですからね~。文字も読めないし。
それよりもコタロウの関心を引いたのは・・・




Dscf2757

こちら。卵の殻で作った車で~~~す!
「ぐりとぐら」の内容を知っている方であればすぐにわかりますよね?動かせないけど、ちゃんとハンドル付きですよ。




Dscf2777

ぶっぶ~~~!って、早速家を走り回って遊んでくれました。次の日も「この車でお買い物に行く」と言って子供部屋まで一緒に電車ごっこみたいなことに付き合わされています。こんなに喜んでくれるなら努力も報われるというものです。




Dscf2785

ぐりとぐらの帽子も作ったよ~。





Dscf2763

そしてお待ちかねのケーキは、もちろんぐりとぐらが焼いたカステラ!
(見た目悪いけど・・・絵本のように綺麗な黄色じゃないけれど・・・)


カステラなんぞ、初めて焼いてみましたわ。市販の味には到底及びませんが、自宅でもそれなりに焼けるものだということがわかりました。コタロウが美味しいと言ってくれたので良しとします。




P1210589

テーブルの上もちょっとだけお飾り。ケーキの後ろにある卵の殻の車は誕生日カードです。



ところで、どうやって卵の殻で車を作ったのか気になる様子のコタロウ。

コタロウ:「これ、ママがパカってしたの(割ったの)?どうやって卵をパカってしたの?」

うおこ:「ぐりとぐらと一緒だよ。石で叩いて割ったの。」

コタロウ:「コタちゃんもパカってしたかったなぁ~。くっつけてみようか」

と言って車の片方を上にかぶせようとする。
・・・・・・もしかして、これを本当に卵の殻だと思っている?
こんなにダンボールやガムテープでベタベタ貼った様子が見えてるのに?


夫:「そうなんじゃない?」

うおこ:「うそ~~~っ 純粋だなぁ」

夫:「ちくちく くるやろ?」

うおこ:「?」

夫:「(コタロウが純粋すぎて胸が)痛いやろ。どす黒い人生を見てきた君には眩しすぎるやろ」

ええ確かに。どす黒いかどうかは置いておいたとしても、あまりの純粋さに驚きました。




土曜日が誕生日だったので、翌週の月曜日に保育園にケーキを持参しました。前もって先生にお祝いして欲しいと伝えておくと、簡単な誕生日パーティーを開いてくれるのです。

ドイツでは誕生日より前に「おめでとう」と言ってはいけないそうです。ですので、誕生日会も当日か後日やるのが通常のようです。

今年も頑張って用意しましたよ、同じクラスの子21人+先生3人分のケーキを。




Dscf2790

どん!
去年はケーキ二つ焼いて持って行ったのですが、作るのも持っていくのも大変なので今年は大きなケーキの型を購入しました。ど~んと30cmの焼き型。
でかっ。後何回出番があるんだろう、この型。日本では一般の主婦が持ってるサイズとは思えぬ大きさ。




P1210602

保育園では王冠をつくってくれ、おもちゃやお菓子のプレゼントももらいました。
どうだった~?と本人に聞いてもまだ説明ができないので(コタロウはあまり話す方ではないので、今日1日あったことの説明もできません)、どんな様子だったのかわかりませんが、とにかくケーキを食べてお菓子をもらったので楽しかったようです。


コタロウ、4歳のお誕生日おめでとう!



★誕生日おめでとう、ぽちっ★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ケーキ作り強化週間終了~

春の交通安全週間ならぬ、春のケーキ作り強化週間が終了しました~~~。

怒涛の11日間だったわ。普段ほとんどケーキを焼かない私なのに。
コタロウの誕生日には初めて作るケーキに挑戦する予定だったので、まずは試作をしてみました。


1日目:コタロウ誕生日(家用)のケーキ試作
2日目:
3日目:こどもの日用ケーキのスポンジ作り
4日目:前日制作したスポンジにデコレーション
5日目:
6日目:誕生日用ケーキ(家用)制作
7日目:
8日目:誕生日用ケーキ(保育園に持参する用)のスポンジ制作
9日目:前日制作したスポンジにデコレーション
10日目:
11日目:翌日友人が遊びに来るので、お出しするケーキ制作


合計5個焼きました。1回に卵を4個とか使うので、卵はもう見たくないよね。
「私の誕生日、こどもの日、コタロウの誕生日、母の日」と、イベントがめちゃくちゃ近いのが疲れる原因。自分用にケーキなんて焼く気力はないので誕生日と母の日は無視しましたよ、もちろん。
ケーキ作りに追われて他の事を後回しにしていたので、日曜日は母の日だっていうのにアパートの掃除当番で雑巾持って玄関前とか掃除してました。
ホント、主婦に休みはないな~~~。それでも夫が部屋に掃除機かけてくれたので助かりました。


若干腰痛なんですが、慣れないケーキ作りをやったのが原因ですかね?
もうケーキづくりは当分やらないと思われます。
あ、でも出されたら食べますよ。来るもの拒まず。甘いものウェルカム。





P1210600

掃除を終えて、午後からは街へお散歩に行きました。
新緑が綺麗な季節になりましたね。




P1210591

今年3度目のパフェです♪ナッツのソースがかかったパフェ。
本当はケーキでも食べに行こうかと言っていたのですが(まだ食べる気か?)、お目当てのカフェがやっていなかったのと、コタロウがアイスとケーキどちらを食べたいか迷った末にアイスを選んだのでこちらになりました。


体重? 


え、体重?


ケーキ作りでけっこう体力使っているから、摂取と消費カロリーがうまいこと相殺されているのでは?(と、思いたい。)



コタロウの誕生日の件はまた後日。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

子供の習い事

そろそろ子供に習い事でもさせてみたいなと思いつつ、まだ何をしたいという要望も無い子に何をさせるべきか?
とりあえずコタロウは身体を動かすことが好きなので、体操教室を体験させてみました。


ドイツでは就学前の子供向けに小学校の体育館や地域の公民館(?)を利用しての体操教室がわりと多く開設されているようです。

幼児向けコースなので、何かを教えるとか準備運動をしっかりやるということはなく、内容はとても緩~く遊びの延長みたいなかんじでした。最初はみんなで手遊び歌のようなものを歌いながら身体を少し動かします。
それからマットや平均台をセッティング。それも本来の使い方ではくて、例えば平均台を斜めにセットして滑り台にしたり。子供たちはそれで自由に遊びます。



P1210225

これは跳び箱を踏み台にしてマットの上に登り、滑り台のようにして遊んでいました。



P1210245

こちらは平均台を使った滑り台。木製平均台の両端には引っ掛ける部材が付いていて、
肋木(ろくぼく)っていうの(? 小学校の体育館の壁際に設置されている大きな梯子みたいな運動器具)にひっかけることができます。それで滑り台のようにできるんですね。

私が今まで使ったことのある平均台といえば鉄製(?)で幅がほとんどない細いものだったので、これは初めて見ました。




P1210236

先生が持つ棒を元気よく飛び越えてマットにダイブ。

日本でもこういう教室はあるのかしら。でも日本だとちゃんと体操とかしそうですね。

体操教室は数回行きましたが、開催曜日と時間などの折り合いの関係で今は一旦お休み中。でもコタロウは楽しかったようなのでまた機会があれば通ってみたいと思います。





P1210300

一方コジロウは、Spielgruppeに通い始めました。日本語ではなんて言うんだろう?プレイグループ?3歳までの(保育園に行く前までの)子が集まって親と一緒に歌ったり遊んだりするクラスです。まだまだ友達と一緒に遊べるような歳ではありませんが、他の子が遊ぶ様子を見たり外部と関わっていくのはいいですね。

ここは2時間のクラスなのですが、途中にオヤツ時間が設定されています。子供はパンなどを食べ、親はコーヒー飲んでおしゃべり。


ドイツ語の手遊び歌をほとんど知らないので、それが収録されたCDなんぞ買ってみましたよ。さぁ頑張って覚えるぞ~~!と思って家で聴いていたら、コタロウがけっこう上手に歌うではありませんか。保育園で習ったんでしょうね。でもよく耳で聴いただけで意味もわからないのに覚えられるな~と感心しちゃいました。
頭がすっかり固くなっている私は歌詞カードを目で見て単語を確認しないとなかなか覚えられませぬ。

コジロウももしかしたら日本の童謡より先にドイツ語の歌を歌ったりして?



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

この季節といえば

ドイツで生活していると、「春がやってきた~~~!(歓喜)」感をものすごく感じます。

夏がやってきた、さぁ日光浴するぞ~アイス食べるぞ~~~ よりも、
春だ! ホワイトアスパラ、ひゃっほう♪ それイチゴ祭りだ、BBQだ~~~~!!!
に対する熱の方が断然熱い。それに日光浴もアイスも春のうちからできちゃうし。


我が家でも例に漏れず、この時期しか食べられないアスパラ(白、グリーン共に)やイチゴを楽しんでいますけどね。
そしてもうひとつ、密かに季節を感じているもののひとつが、ルバーブ。




P1210567

ルバーブを使ったケーキがこの時期だけパン屋さんやカフェに登場します。
私は酸味のあるルバーブが好きで、ドイツに来てから3年くらいは毎年ジャムやパイなどを作っていました。が、いかんせん夫が好きではない。ジャムにしても私一人では消化しきれないのでここ2年くらいは作っていません。
一人でこんなケーキを食べて、「よし!今年も春の食べ物クリアしたぞ!」なんて思っているわけです。


さーて、食べ物もそうなんですが、ちびっ子を持つ母にとってこの季節と言えば・・・

子供が砂だらけになって帰ってくる


この季節と言わず、夏もですけどね。秋冬は日も短いし寒いから砂場で遊ぶことはほとんどありませんが、今は保育園で毎日ですもの。

保育園から帰宅したコタロウには次のような行動をとってもらっています。
家に入る前に扉の外で靴を脱ぐ。そのままお風呂場へ直行。シャワーを浴びる。
その後私は靴下とズボンをテラスに持っていって逆さまにして砂をほろう(払う)。

そうでないとものすごいんですもの。
靴下の中やズボンのポケットに入り込んだ砂は洗濯機で洗ってもそのまま残ってしまうし、着替えてもらわないと家中が砂でザラザラになります。我が家にはヨダレ垂らしながらハイハイしているコジロウがいるのでひどいことになります。

※余談ですが、「ほろう」って北海道や東北の方言みたいですね。つい最近まで知らなかった私。東京出身者に「砂をほろうって何?」と聞かれて初めて気がつきました・・・。


靴の中にもたんまり砂が。逆さまにすると「ざーーーーっ」と音がするんじゃないかと思うくらい出るわ出るわ。毎日この砂を溜めたら家に砂場が作れるかもよ。





P1210570

もう桜は終わったので、窓の木の飾りも衣替えしました。
背景がごちゃごちゃしてて毎回わかりにくいのですが、木が緑の葉で覆われたようなイメージです。



★今日もご訪問ありがとうございました★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

端午の節句2015

本日、端午の節句でした。今日はすごく忙しかったので前倒しで日曜日にお祝いしてもよかったのですが、そこは当日にこだわりたい私。頑張りましたよ~~~。


朝6時起床予定が、5時にコジロウが泣いたため、なだめたり・・・ウトウトしたり。

8時出発。コタロウを保育園へ送る→夫の会社へ(運転は夫)→今度は私の運転で帰宅

9時 コジロウのセラピーの先生が来宅

10時 セラピー終了後にコジロウと遊び、とにかくコジロウを疲れさせる作戦。

10時半 コジロウの寝かしつけ(午後に病院の予約があるのでいつもより1時間早く寝かす)

11時 コジロウが寝たところで戦闘開始。前夜に焼いておいたスポンジケーキのデコレーション。

12時 慌てて自分の昼食をとる。コジロウのためにオニギリを用意して12時半に外出。

13時~15時半 コジロウの病院。いろいろ検査など・・・。コジロウが診察室に入るなり大声で泣いたりするから疲れたわ。病院は過去3回の入院でコジロウにとっては辛い思い出しかないからな~。

16時 コタロウを保育園に迎えに行く→帰宅

その後夕食の用意、こどもの日のお祝い。


ええ、もちろん夕食はサボりましたよ。まさかのラーメン。

(しかも夫に手伝ってもらって)


こどもの日の夕食とはとうてい思えませんが、いいんです。夕食が遅くなるとコタロウが電池切れでご飯もろくに食べられなくなるので、最近の我が家の夕食はちょっと早め。
今日はゆっくり用意している時間がなかったので良しとしましょう。その代わりケーキ作ったので許してね。




Dscf2731

じゃじゃ~~~ん、そのケーキです。
鯉のぼり型にしてみました♪切り口やイチゴの見え方がうまくいきませんでしたが、コタロウはちゃ~んと鯉のぼりだとわかってくれましたよ。




Dscf2734

お祝いついでに私のプチ誕生日会も便乗して(この数日後にはコタロウの誕生日も控えているので、そう何度もケーキを焼くのはしんどいわ、という諸事情により)。

夫が薔薇の花束を買ってきてくれました。





Dscf2715

以前仕事でお世話になり今もお付き合いをさせていただいている方より、手作りの兜をいただきました!折り紙でこういった季節の飾りを制作されている先生の作品です。
なんて素敵。さりげなくも趣のある品です。先日、実家の父がくれた陶器のマメ5月人形(?)に合わせたら、あら、ぴったり!素敵な端午の節句飾りになりました。ありがとうございました~~~。




Dscf2717

コジロウも去年の今頃とは比べ物にならないほど元気になりました。
母の願いはいつもひとつ。(実際はもっといっぱいあるけど・・・)

子供たちよ 元気に、健やかに、大きく育てよ。


★こどもの日 おめでとう、のワンクリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

花粉症疑惑

4月10日くらいに、突然喉が痛くなりました。私が風邪を引くときは、たいてい喉の痛みから始まるので、今回もまたそれなのかと思いました。

翌日には透明な鼻水が出て、くしゃみの回数も多くなり。そして片目が軽い結膜炎のように腫れて少し痒いのです。

風邪だからってこんなにくしゃみ出るかな?鼻水が流れるように出るんですけど。
これってまさか・・・花粉症?


夫:「チーン  ご愁傷様~。」



ついに許容量の限界に達したのかしら。嫌だよ~~~出来ることなら避けたいよ~~~。

と、嘆いていたのですが、その後4日くらいで症状は消えました。
あれ?やっぱり風邪だった?


それから10日くらいは何事もなく過ごしました。そして4月末になってまた喉の痛みと片目に違和感が。今回は腫れるほどではありませんが、目の周囲を押すとちょっと痛いかな、程度。


ねぇ、風邪なの? 花粉症なの?


わからん。さっぱりわからん。
コジロウが頻繁に風邪を引いて鼻水垂らしているものだから、風邪菌をもらっている可能性は大。でも身体は元気でそれ以上の症状は無いのです。
実は、去年も春に風邪のようなそうでないような症状が出ました。

これは風邪なのか、それともこれから一生付きまとってくる恐ろしい病気のほんの序章にすぎないのか。

来年も同じ時期に同じ症状が出たら疑わしいので、一応記録にとどめておこうと思い、この記事を書きました。

後者ではありませんように!!




★花粉症ではありませんように。なんまいだ~~~★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »