フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 年末旅行5-白亜のウィーン市街 | トップページ | 年末旅行7-音楽の都でちょっと音楽体験&シェーンブルン宮殿 »

年末旅行6-アンカー時計と本場のザッハトルテ

書きたいネタがたくさん溜まっているので、更新頻度を上げて、ちゃっちゃと旅行記を終わらせたいと思います。


今日は音楽にゆかりある街らしい、仕掛け時計を見にいきます。




01

アンカー時計はまるで橋のように2つの建物を結び、旧市街の通りの上に架かっている幅10メートルの時計です。

12時間の間に、ウィーンの歴史に登場する12の人物像(またはカップル)が、左側から現れ、この橋を通過します。 それぞれの人物は様々な時代を代表し、それに相応しい音楽が流れます。




02

建物にはどの時間にどの人物像が現れるかが記されています。ローマ皇帝マルクス・アウレリウス、カール大帝、マリア・テレジア女帝などがいます。
毎時一人ずつ現れますが、正午の12時には全ての人物像のパレードを見ることができます。最後に登場するのはヨーゼフ・ハイドン。曲は「天地創造」の中の「天は神の御業を物語る」という旋律です。




03

文字盤が変わっていますね。定規のように目盛りがついています。
音色もとても綺麗でしたし、見終わった時はミニコンサートを聴いたような気分になりましたよ。是非、正午に行くことをおすすめしたいです。




04

みなさん正面ばかりを見ていましたが、裏側にもちゃんと時計があるんですよ。橋の下にもレリーフが施されており、凝ったつくりになっています。




05

この時計の針、よ~く見ると手がスペード型の棒を持っているようになっています。なんだか面白いですね。




06

このアンカー時計があるHoher Marktはウィーン最古の広場だそうです。
といってもこのモニュメント(?)があるくらいで、今はあまり広場の面影はありませんでした。




07

今日の目玉のもうひとつは、ウィーン・リングトラムに乗ること。黄色い車体が目印の路面電車です。
トラムが走るリング通りの内側(ウィーン歴史地区)は2001年にユネスコの世界遺産に登録されました。車窓には次々とウィーンの歴史的な建造物が表れ、ヘッドホーンで名所のハイライト紹介を聞くことができます。日本語版もありました。車内の液晶ディスプレイと実際の建物を見比べることができたのでとてもわかりやすかったです。




08

こちらはゲーテ像。




09

ええと・・・こちらはなんだったかな。常に動いているのでちゃんとした写真は撮れないのがちょっと残念。
所要時間は約25分。あっという間でしたが、短時間で歴史建造物を垣間見、ウィーンの雰囲気を味わうにはとてもよい観光手段でした。冬でも楽に観光できますしね。




10




11

白い建物ばかりの中でひときわ目立つ外観のカフェ。





12

絵画に登場するような雰囲気の街角。
なんてことのない景色に誘われて近寄ってみると・・・




13

窓のディスプレイが素敵でした。造花ですけれど、鮮やかにペイントされた缶に無造作に活けられた感じがかわいらしいです。こういう、素敵な街角発見、みたいなの好きです。





14

突然ですが、こちら、ザッハトルテです。
おいしそうでしょ~~~♪ウィーンの名物菓子といえばザッハトルテ。本場で味わいたくて、混んでいるのを覚悟でザッハトルテの販売&ウィーン王室御用達で有名なケーキ店「デメル」に行ってきました!


いや~~~並びましたね。これにたどり着くまでにどれくらい時間を費やしたんだろう?かかった時間を計っておけばよかった。いえ、実際にはかかった時間よりも労力的に大変だった、というのが正直なところですね。


入り口を入ると手前に店頭販売のスペースがあって、奥と2階がカフェブースでした。店内は思いのほか広かったのでお客様の回転は速かったと思うのです。ですが、そのために店内から出る人と入っていく人、カフェ待ちの列とで、狭い通路は激混み。おまけに観音扉の入り口は片方しか開いておらず、人がすれ違えないのでどうしても一方通行になります。
「すみません、すみません」と何度も言いながらベビーカーをおして強引に前進、順番待ちの列に並びました。

カフェの通路は狭いのでベビーカーを持ち込めません。カフェの入り口に畳んで置いていかなければなりません。ベビーカーを畳むということは荷物は全部持参です。オムツや子供二人分の着替え、コジロウ用の食事や水筒、非常食(コタロウ用のオヤツやパン)など、けっこう荷物は嵩張るんですよね・・・。おまけにコジロウはまだ立てないので夫と交代で抱っこしながら順番を待ちます。
コジロウも入れると5人なのでソファー席のような広い席でなければならず、なかなか席に通されませんでした。

でも、助かったのはコタロウがぜんぜんぐずらなかったから。寒い中観光した後なのに疲れただのお腹空いただの言わずに大人しく並んで待っていてくれました。これでコタロウも「抱っこ~」なんてことになったら最悪ですが、そこはつくづく感心してしまうコタロウ。偉かったのでご褒美にミニザッハーなる小さなザッハトルテを食べさせてあげました。





15_2

王室御用達に相応しい内装。


とっても美味しかったです。最近の旅の楽しみは、おいしいスウィーツを堪能すること。ご馳走様でした~~~。



★ザッハトルテ食べたくなった方は、ぽちっ★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 年末旅行5-白亜のウィーン市街 | トップページ | 年末旅行7-音楽の都でちょっと音楽体験&シェーンブルン宮殿 »

コメント

ウィーン、懐かしい〜。
10日ほど滞在しましたが、昨日のように覚えています。
ザッハトルテは生クリームと一緒に食べても甘過ぎました。
若い頃は羊羹一本食べられたのにσ^_^;

時計は裏から見たらしいことに今 気が付きました(≧∇≦)
マリア・テレジアの黄色い建物の中を見学しクタクタになったり、オペラ座で舞台裏の見学したりと
貴重な体験も良き思い出です。

コタ君、良い子でしたね❗️

追伸
毎日 お邪魔して楽しく拝見しています。

>ブチャ猫さん

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。お返事が遅くなりまして申し訳ございません。他の記事「コメントが入力できない」にも書きましたとおり、何かの不具合で私自身もコメント入力できない状況になっております。ちなみにこの返信は、そういったトラブルの一時的な解決方法により入力可能になっておりますが、根本的に解決されておりませんので、もしかしたらブチャ猫さんも現在コメント入力が不可能になっているかもしれませんね・・・。


ウィーンに10日も滞在されていたんですね。この写真の中にもブチャ猫さんがご覧になった景色もありましたか?そして、時計を裏からご覧になっていたとは!残念~~~~っ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年末旅行5-白亜のウィーン市街 | トップページ | 年末旅行7-音楽の都でちょっと音楽体験&シェーンブルン宮殿 »