フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 食べられるようになるまでの道-6 | トップページ | 干支でめでたく玄関を飾る »

「プゼレントくつったよ~~!」

「プゼレント(プレゼント) くつったよ~~!(作ったよ)」


間もなく3歳10ヶ月になるコタロウの台詞です。
この年齢にして未だにいい間違いを正せないって、どうだろう?

世間ではひな祭りを祝っていた3月3日。我が家では夫のささやかな誕生日会を催しておりました。


うおこ:「パパの誕生日に首飾りでも作ろうか」

コタロウ:「うん!コタちゃん、ケーキの絵を描く!」

絵を描いて色画用紙で鎖を作って完成。


うおこ:「これは晩御飯の時に渡すからね。パパが帰ってきてすぐに見せちゃダメよ。」

コタロウ:「わかった。内緒ね」 
人差し指を立ててシー(内緒)のポーズ。


夫帰宅。


コタロウ:
「パパ~~。プゼレントくつったよ~~!」o(*^▽^*)o


おいっ!


夫:「うわ~、ありがとう。コタロウが作ってくれたの?」

コタロウ:「うん、コタちゃん一人でくつった。」


どんな嘘?ママと一緒に作ったし。



Dscf2414

秘め事のできない3歳児。夕食時にはハッピーバースデーの歌を歌って首飾りをかけてあげてました。しかもこの歌、今回はグレードアップしてドイツ語バージョンで歌っていました。




Dscf2421

当日に大慌てで作ったケーキ。
HAPPY BIRTHDAYの文字をクッキーで作って側面にデコレーション。文字の型も無かったので生地をナイフで切りながら作ったのよ。けっこう凝ってるでしょ?そして見えてないけど中身は初めてのチョコスポンジに挑戦。
ほら、バレンタインデーを思いっきりスルーしたから誕生日はチョコケーキにしようかと思っていたわけで。

・・・で、何故それを当日慌てて作る羽目になったかというと、前日の夜、失敗したから。
前日にスポンジだけ焼いておこうと思っていたら、どういうわけか卵白が全然泡立たず、メレンゲが作れなかったのです。お砂糖が在庫切れしたため、やり直すこともできず・・・。


当日の朝9時~10時にコジロウの発育訓練をしてくれているセラピストが来宅。それまでの間に家中のゴミをまとめて捨てに行き、洗濯をして掃除機を少しかける。

10時から子供二人を連れて(コタロウは風邪気味だったため、保育園をお休み)お散歩&スーパーに買い物。

帰宅後コジロウに少しご飯を食べさせて寝かしつけ(本を読んだ後寝るまでベッドで一緒に横になる)。

寝たと同時に昼食の用意、コタロウと昼食。

昼食後コタロウを寝かしつけ(同じく本の読み聞かせはしますが、その後は放置)。

チャンス到来!子供二人が同時にお昼寝している間に大慌てでケーキ作り。

スポンジを焼いている最中にコジロウ起床(もっと寝てよ)。コジロウに昼食を食べさせる。

ケーキが焼きあがる。誕生日ディナーとひな祭りを兼ねていたので酢飯をつくってお稲荷さんを作る。

作っている間にコタロウ起床(もっと寝ろよ、パート2)

子供二人に邪魔されながら(本を読んで攻撃、狭いキッチンで足にまとわりついてきたり)お稲荷さん完成。

その後コタロウと一緒にパパへのプレゼント制作。

それからお稲荷さん以外の食事用意開始、夫帰宅、夕食。

お茶碗洗い後、スポンジを切ってケーキ作り再開。写真ではわかりませんが、中に挟んだアーモンドを砕いたり、上に散らしたチョコレートをスライサーで作るなど、今回はシンプルだけどデコレーションには時間がかかってしまいました。クッキーを数日前に焼いておいたのが唯一の救い。

出来たてを冷蔵庫に入れ、ちょっとでも冷やす間に紅茶を淹れてコタロウの寝る準備。コジロウは夫が寝る準備と寝かしつけをしてくれました。助かった・・・。

夜8時、ケーキできましたよ~~~。
はぁ~~~~怒涛の1日でした。




Dscf2426

コタロウには特別にアンパンマンクッキーを作りましたよ~。
ケーキ食べた後、風邪薬飲ませて即行寝てもらいました。




Dscf2402

あまりにバタバタしていたのでひな祭りの事は何にもできませんでした。この飾りをコタロウと一緒に作ったくらいかな。


自分、お疲れ様でした。あ、「夫よ、おめでとう」を先に言うべきか(笑)。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 食べられるようになるまでの道-6 | トップページ | 干支でめでたく玄関を飾る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食べられるようになるまでの道-6 | トップページ | 干支でめでたく玄関を飾る »