フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

笹の葉~さ~らさら♪

笹の葉は使っていませんが。今年は七夕の飾りを作ってみたのでそのご紹介を。




P1190779

まず折り紙でいっぱいパーツを作ります。こちらもテレビでサッカー観戦の合間にちまちまと。
最近ものづくりのネタが続いていますが、ワールドカップ開催のおかげで意外にも制作が進みます~。





P1190812

パーツを用意したところでコタロウに糊でペタペタ貼るのを手伝ってもらいました。
連続して同じ角度で貼っていく、ということがまだ理解できないのでしょうね~理解できても実行するのはとても難しいようです。ぐっちゃぐちゃの角度で貼るので結局私が手を出してしまいました。





Dscf9827

じゃん、こんなかんじ。

以前に丸太の輪切りをもらっていたのをインテリアに使いたいな~と思い、ここで登場させてみました。それに本物の木の枝を挿して、そこに作った飾りをぶら下げています。
折り紙だけだとありきたりの感じになりますが、これで少しはちゃんとした飾りに見えるかな?





Dscf9829_2

願いを込めた短冊も。コジロウのは私が代筆、というか私の願い・・・。




Dscf9830_2

コタロウのは自分で作ってもらいました。お絵描きにイマイチ興味がないコタロウは汽車や飛行機のシールをペタペタ。願いを聞いてみたら、「コウちゃん飛行機に乗りたい」ですって。去年もそんなこと言っていたような、いないような。





Dscf9833

折り紙飾りの作り方はこちらのサイトを参考にさせていただきました。


願いが届きますように。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

子供靴の消費が激しいので・・・

あーあ、サッカー日本代表グループリーグ敗退しちゃいましたね。
我が家にはこのために製作した日本国旗がテラスに吊るしてあったのですが、夜に試合をネットで観戦して翌朝起きてみたら、ゴミ箱に捨てられていました。

おいっ!


夫:「もういらんやろ?」


そうですけど、作ったこちらの労力も考慮してよ。いつか何かで使うことがあるかもしれない。たたんで収納しておきました。(そうしてゴミが増えていく・・・。)




さーて、本題です。
製作したつながりで、ものづくりをした話を。




P1190778

これは何でしょう?革を縫い合わせてにゴムをつけています。
ちなみにコタロウは「これ、カバン?」って聞いてきました。





P1190777

コタロウの靴のつま先カバーです。履かせるとこんなかんじ。

元気いっぱいに動き回るコタロウさん、靴の消費スピードが半端ではない。
4月に一時帰国した際にじぃじ、ばぁばに買ってもらった靴を即行壊し、その代わりにと購入した運動靴も、つま先部分が剥がれてきてしまいました。そして写真の白い靴もつま先のゴムがめくれてきて・・・。
原因はおそらく自転車。幼稚園からの帰り道は毎日、ペダルのない自分の両足で蹴って進むタイプの自転車に乗っています。そこでつま先を地面に擦ったりしているのでしょう。


子供靴でもそこそこの値段がしますからね~。
サイズが小さくなったわけでもないので、もう少し長く使ってもらいたいです、家計のために。


で、夫のアイディアで試しにこんなのを作ってみました。
家のミシンは革が縫えないし、こんなに小さな立体をミシンで上手に縫えるはずもなく、サッカー観戦の合間にチクチク手縫いしましたよ。
少しは靴が長持ちしてくれるといいのだけど。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

アブラムシにより壊滅状態の庭

もともと手荒れのトラブルが耐えない私の手。それに加え、両腕に汗疹みたいな湿疹が出てあまりに痒かったので皮膚科に行ってきました。

先生の見立てでは、この湿疹は植物によるものではないか、と・・・。
森に行ったか?畑や庭仕事をよくするか?など聞かれましたが、私はテラスにある少量の植物をお世話しているだけ。
でもなんとなく心当たりがあったんですよ。コタロウと木を使った工作をしようかなと思って、その辺の公園や林から木を拾ってきたんですよね。そして木の皮を素手で剥いたりしたんですが、その後からちょっとずつ出始めて。ちょうど気温と湿度があがった時期だったので汗疹だろうと思っていたのですが。


え~、本当に植物が原因なのかしら。
そんな我が家のテラスの近況は、これまたよくありません。
春先は順調に花が咲いていたテラスのミニ花壇。端午の節句に合わせて菖蒲が咲くかな~と楽しみにしていたのに、アブラムシが大量発生して全てやられてしまいました。
蕾は栄養分を吸い取られていくようにゆっくりと枯れてきて、残ったのはビッシリとアブラムシがこびりついた葉のみ。
他の植物にも転移していき、開花期間が長いはずの勿忘草も枯れはてていきました。




P1190701

残ったのはラベンダーと別の鉢に植えてあるゼラニウム。さすがにラベンダーはハーブ系だから(?)アブラムシは今のところついていません。




P1190700

ニゲラもなんとか咲きましたが、なんだかこれも怪しい・・・もう間もなく終わりそうです。例年ならばもっと夏頃まで咲いているはずなのに。


アブラムシ対策をどうしようか考えて知人に相談しましたが、良いアイディアは無く。
日本でよく使用されているようなオルトランがドイツに無いかどうか聞きましたがよくわかりませんでした。牛乳を薄めて散布すると良いという対策法もありますが、実践して効果がなかったという話も聞きました。


結論、てんとう虫を飼ったら?



無―理―!そんな気長なことはやってられません。

とりあえずアブラムシの被害にあった植物は根ごと引っこ抜いて処分しました。もう来年菖蒲や他の花が生えてこなくても仕方ないかな・・・。
これで被害が収まればいいのですが、土にも生息していたようですし、来年もこういうことになるかも。





P1190702

花壇はすっかり寂しくなってしまいました。でもお手入れする時間があまり取れないので、来年は花壇の作り方自体見直していかないとなーと思っています。
花いっぱいの綺麗なテラスを目指していましたが、ちょっと方向転換。
今は鉢植えも少し処分してスペースをつくり、そこにボビーカーを置いて子供が遊べるようにしました。こんなに狭いテラスでもコタロウは大喜びでボビーカーに乗って楽しんでいます。


それにしても、今年に限ってどうしてこんなにアブラムシが発生してしまったのかしら。
蟻が大量にいるもの原因かな。そして今後の対策は?詳しい方がいらっしゃったら教えてくださーい。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ミルクが飲めない赤ちゃん

サッカーワールドカップで盛り上がっている最中ですが、ちょっと暗い話をお届けします。
前回の記事「コジロウの病気」の続きです。一気に書くのは大変なので、日常の記事の合間に少しずつ書きためたものを掲載していきたいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コジロウはミルクを自力で飲むことができません。オッパイからも、哺乳瓶からも。

誕生してから7週間病院で暮らし、その間ミルクを飲む訓練を続けていました。
初めは10mlだったものが30、50と量を増やし、退院時にはなんとか毎回90mlまで飲むことができるようになりました。目標は毎回110mlを日に6回。それには及びませんでしたが、飲むことが決して容易ではないコジロウにとって、90mlもとても喜ばしい結果でした。
2度だけ100ml飲んだこともあり、私たちは希望に満ちていました。これからどんどん飲めるようになり、健康な赤ちゃんに近づいていくのだ、と。


ところが生後2ヶ月半をすぎた頃からまた量が落ちていきました。

1回に50mlしか飲めなかった。30、20、今日は1日で30mlだけ・・・。
ミルクを飲むのが辛いのです。
飲みたいのに、飲めない。

苦しいよ、辛いよ。
毎回涙を流しながらギャーギャー泣いて苦しんだコジロウは、やがて飲むこと自体が嫌になり、哺乳瓶を見ただけで拒否反応をおこすようになりました。

それは花びらが散るように脆く、哀しく。
必死に守ろうとする私のこの両手から、はらはらと零れ落ちていきました。
もう無理強いすることは私にはできず、コジロウはついに1滴も飲まなくなってしまったのです。


その時の気持ちを何と表現してよいか、未だにわからない。


このあと私も夫も、ただひたすら機械的に同じ作業を繰り返していくことになりました。
それは、注射器でミルクをコジロウに与えること。

口から十分にミルクを摂取することができないコジロウは、生まれた翌日からこの方法に頼ってきました。
鼻から胃まで細いチューブを通し、ミルクを注射器で直接胃に流し込むのです。このチューブをドイツ語ではMagensonde(マーゲンゾンデ)と呼んでいます。
私は3時間~4時間おきに搾乳を繰り返し、哺乳瓶に入れて冷蔵庫に保管。最初に口から飲めていたうちは哺乳瓶から与え、1回の目標摂取量に満たない分は注射器で与えていました。

そのためMagensondeは24時間常に装着状態。顔にはいつも余計な緑色のチューブがぶら下がっている。チューブを固定するためのテープもコジロウの小さな顔を味気無さで覆う。
1週間ごとの交換時には、何枚も写真を撮ったよ。これが本当の顔だもの。

でも、これが命綱。
これがないとコジロウは生きていけない。


ミルクの時間はきっちり4時間おき。入院していた病院で決められた時間です。それが深夜だろうがコジロウが寝ていようが関係なく、時間が来ればミルクを温めて与える。
深夜に時間通りに起きる自信が無いときは目覚まし時計をかける。


哺乳瓶から飲ませないと赤ちゃんが飲むこと自体を忘れてしまうから、必ず毎回与えなさい、と、あるドクターは私に言いました。
それは正しいように思えましたが、迷いもありました。飲むという赤ちゃんに初めから備わっている本来の能力を忘れることがあるだろうか。こんなにも毎回嫌がっているのを無理に飲ませようとしたら、それこそ拒否反応が強くなってもっと飲まなくなってしまうのではないか。


そうこうしているうちに、コジロウはお腹が空いても泣かない子になってしまいました。

泣かないのです。
お腹が空いたよ、眠いよ、何か居心地が悪いよ。
たいていの赤ちゃんはこのどれかを泣いて周囲に知らせるというのに、コジロウはそのうちのひとつが欠けてしまいました。
それでも最初は約4時間おきに泣いて目覚めたりしていたのです。なのに、やがてそれもなくなり。
先生が言うには、生まれてからずーーーーっと決められた時間にミルクを与えられてきた。それも本人がお腹が空いていようがいまいが関係なく、一定量を入れられる。
もしかしたら胃は常に満腹状態なのかもしれない。仮にお腹が空いたとしても、泣かなくても時間がくれば勝手に空腹は満たされる。泣く必要がない。


そして、泣くことを、忘れた。


私たちは親でありながら、自分の子のことがわからなくなってしまいました。
今泣いているのは、なぜ?
今お腹が空いているの?
それすらも、わからず。



生後4ヶ月からは言語療法士のもとに通い、口や舌の動きを見ながらミルクを飲めるようになるようアドバイスを受けています。しかし10ヶ月の現在も、飲むことができません。厳しい現実をつきつけられています。



私は今日も、明日も、これからもずっと、注射器にミルクを入れて与える作業を繰り返す。
いつの日かコジロウが自分で飲んだり食べたりできることを願って。その日が来ることを信じて。




★応援クリックしていただけますと励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

頑張れ、日本

P1190705

私は何を作っているのでしょう?




P1190706

もしや?




P1190707

できました~。
アイロンくらいかけろって?

サッカーワールドカップの日本戦の日に夫より国旗製作の要請を受けましてね。
使いふるしのシーツをチョキチョキ。家にあった端切れの赤い布をつなぎあわせて即席で。
日本の国旗が簡単でよかった~。




P1190711

テラスに掲げました。けっこう目立つ(笑)。

あ~でも初戦は負けてしまいましたね。残念!あと2戦、応援します。




P1190718

頑張れ~~~。コジロウも応援しているよ。
って、寝た。



★今夜はドイツ戦。こちらも応援しよう!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

自分の夏服にちょっと手を加えて

サッカーワールドカップ、始まりましたね~~。ふふふ、寝不足の日が続きそう。
しかも今夜はドイツでは早朝3時から日本戦!
ちょっと作りたいものも溜まっているので、サッカー観戦しながらちゃっちゃと作りたいと思います。



さて、最近作った(というか、手を加えた)もの。
義母が誕生日に夏服を送ってくれました。




P1190429_2

カワイイ。最近フリルがついたかわいい系の服なんて着ていなかったから是非着たいところ。
ん~でも、ちょっとサイズが大きいな、コレ。
産後のたるんだお腹を隠すにはいいけれど、ブカッとしすぎかも・・・。




P1190431

写真では分かりづらいと思いますが、自分でタックを入れてボタンもつけてみました。
久しぶりのミシンの出番です。


P1190432





ミシンといえば!
日本戦に向けて日本の国旗をミシンで作るか?テラスにドイツ国旗ぶら下げている家もけっこうありますからね。負けじと。



★今日もご訪問ありがとうございます。日本がんばれ~~~!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コジロウの病気

今日は我が家の次男・コジロウについて触れたいと思います。
コジロウは病気を患い、生まれた翌日から7週間にわたる長期入院をしていました。
(詳細は「うおこの入院生活記」にて)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コジロウが先天性の病気を抱えていると告げられたのは、コジロウが誕生して6週間目のことだった。
それと同時に退院が1週間後に予定された。
つまり、現段階では薬や手術で治すことができず、経過を定期的に検査しながら成長を見守ることになったのだ。


入院当初に患っていた病は完治したものの、なぜそんな病気にかかったのか、なぜそれが重症化して治りも遅かったのか、それを引き起こしているそもそもの原因はなんなのか、様々な原因が疑われ検査を重ねた。
しかし生後間もない身体には負荷が大きすぎ、原因の特定にいたることがなかなか出来なかった。コジロウの成長を待ってもう一度大きな検査を行い、ようやくきちんとした病名を聞くことができたのはコジロウが生後4ヶ月を迎えた時だった。



誕生の翌日からずっと病院で暮らしてきた私たちにとって、待ち望んだ嬉しいはずの退院。
嬉しいけど、哀しい。心中は複雑だった。

最初に患った病気さえ治れば、コジロウは元気になる。
何事も無かったかのように、普通の生活が始まる。

そう信じてきたのに、そうではないことが告げられたのだ。
いつ治るかもわからない見えない病をこの子は抱えている。
もしかしたらこの先ずっとなのだろうか?

入院中、何度も流してもう枯れかけたはずの涙がまたも溢れてきた。



それでも幸いだったのは、命に関わるものではないということ。

見えない先のことを心配したり悲観するのは意味がない。その日一日一日がコジロウにとって楽しい日になるよう親として最大限のことをしてあげること。
コジロウのことで、決して長男・コタロウの前で暗くなったりしないこと。

夫に力強い言葉をもらい、これだけは守ろうと約束した。




それからコジロウは多くの人に助けられながら我が家で暮らしている。まもなく生後10ヶ月。
普通の子を育てるのでは経験し得ない悩みや大変なこともあるけれど、それでも余りあるものをこの笑顔からもらっている。



Dscf9076


ママはあなたを産んで本当に幸せよ。




しかし、そうはいっても日々のお世話は避けられない。彼が抱える病そのものよりも、それが原因となって引き起こされる様々な問題の方がやっかいなのだ。

その問題のひとつに、ミルクが全く飲めない、というのがある。


これについては後日別の記事にて。




★読んでいただきありがとうございます。応援クリックいただけますと励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本滞在記-5

Img_0530

来たぜ!海遊館。
まーなんて贅沢なんでしょ。夫の実家の方でも水族館と動物園に連れていってもらいました。




Img_0566

もうお魚もへっちゃら。水槽に一人で近づけますよ。



Img_0570




P1190117



Img_0584

はしゃぎすぎて、帰りの電車で寝てしまったコタロウ。電車が駅に着いてもとても歩ける状態ではなく、駅前のイオンまで夫が抱っこで運びました。そのイオン内にあるソファーでさらに寝続けるコタロウ。

お昼寝なし、ベビーカーなしで海遊館を歩き続けたんですから、本当によく歩く子です。
体力ある子?足腰丈夫で運動できる子になるかも?母ちゃん期待しております。





Img_0602

動物園では再びトラを見て・・・。




P1190140

やっぱりお弁当はオニギリでしょ。





P1190141

あー、乗っちゃいましたか、遊具に。
こういうものに乗るにはお金が必要ということをコタロウは覚えたようです。街中のたまに行く商業施設内にコインで動く車があるのですが、それを見て興奮したコタロウは鼻息荒く私のところに走ってきて、両手を差し出して何を言うかと思いきや、
「ママー、お金ちょうだい」
でした。

毎回ダメよーっとお断りしてますが、そのうち「ケチ!」とか言われるようになるのかしら・・・。




P1190147

初観覧車。小さめだったので囲いはありません。ちょっと緊張したのかな、はしゃぐでもなく、真面目な顔で乗っていたそうです。





Img_0590

夫から突然送られてきた画像。これみよがしに・・・。私も食べたいよぉ。




P1190159

一時帰国中にコタロウがお世話になった皆さん、ありがとうございました。
コタロウは少し日本語も習得し経験値もあげて、ひとまわり大きくなって帰ってきました。
次回はコジロウも一緒に(というか、私が帰りたい!)行ける事を願って。



P1190080



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本滞在記-4

雪の残る北海道から関西へ!うおこの実家から夫の実家に移動してきました。



P1190083

これ、なんですかね、キッチンペーパー?とりあえずこんなイタズラをしてお茶目ぶりを披露してみたり。




P1190084

で、その上を歩く。




P1190104

やっぱり乗ります。イオンでカートに。



夫の実家では楽しい遊具のある公園に連れて行ってもらったようで、こちらでも大暴れしてきましたよー。




Img_0454

登る。



Dsc_0100

滑る。



Img_0452

くぐる。



Img_0462

ぶら下がる。




Img_0466

友達も一緒に。


このとき履いていたズボンは新品だったのですが、1日で穴が開きました。トホホ。




P1190091

ソリを持ってヘルメットかぶって、いくぞーーーー!!




Dsc_0031

普通に座って、それーーーー!




Dsc_0041

寝そべってもういっちょーーーー!




Dsc_0053

うつ伏せになって、てやーーーーー!!


「他の子が真似するから、こういう滑り方(寝たりうつ伏せの体勢)はやめてください!」


って見知らぬオバサンに注意されたそうですよ。

保護者が一緒にいて滑らせているんだから、自己責任ってことには・・・ならないでしょうかね?




Dsc_0116

たっぷり遊んだ後は、庭でバーベキュー。ドイツのお肉だけのバーベキューとは違います。ちゃんと野菜も乗ってますね(笑)。





Img_0490

また別の日には、こんな子供心をくすぐる公園に行ったようです。



Img_0488

遊具を逆から見るとこんなかんじ。




Img_0494

それ~~~~っ!

懲りないコタロウなのでした。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本人仲間と、ひな祭りとこどもの日お祝い

日本滞在記連載の途中ですが、日本人仲間と遅ればせながら「ひな祭り&こどもの日」のお祝いをしたのでご紹介します。



P1190443


ベルリンやフランクフルトのように大きな街ではないのに、日本人ってけっこう住んでいるものですねぇ。偶然街で見かけて知り合ったりなんだりで(しかも同じような年代で子供も似たような歳)、仲間が増えました。
まぁそれでも、我が家以外は旦那さまがドイツ人かヨーロッパの方で子供たちは全員ハーフですけれども。



P1190447

まずは友人宅の庭で子供たちを遊ばせます。お庭にこんな滑り台やブランコを作れちゃうなんて、まるで豪邸!日本では考えにくいですねー。こちらでは普通の家でもぜんぜんありなところがすごいです。
しかもこの小屋、旦那さまの手作りだそうで。子供にとっては夢いっぱいの秘密基地になりそう。
一緒に遊んでいた子が小屋に入ったところをコタロウが外から鍵をかけてそのまま忘れてしまい、その子を大泣きさせるという場面もありましたが・・・おい!なにやってくれゃってるのよ。



節分や七夕、お正月など何かのイベントごとにこうして集まっているのですが、毎回子供たちよりもママさんたちが盛り上がるのが食事タイム♪
みなさん外国人の旦那さまを持つと、どうしても日本食に飢えるらしく・・・集まりのときはそのイベントに合わせた日本食を用意しています。




P1190449

じゃ~~~~ん!!これ、すごーーーーい!お祝いらしく見た目も華やかなちらし寿司。




P1190450

お稲荷さんには鯉のぼりをいっぱい立てました。
中身は同じなんですけどね、子供たちは大きな鯉のぼりが立ててあるお稲荷さんを欲しがってました。
前日の夜に急に思い立って鯉のぼりを折り紙で作ったのですが、そのかいアリでした。




P1190454



P1190466

デザートのフルーツもスイカを器にしてかわいらしく。




P1190461

恒例の工作タイム。「こどもの日」をテーマに、鯉のぼりを作りました。
家でコタロウと一緒に作った(親子工作教室14-鯉のぼり)時にとても楽しそうだったので、それのミニチュア版を用意しました。今回はストローをつけてより本当の鯉のぼりらしく。


P1190462

うふっ。できたよー♪




P1190468

子供たちを雛人形に見立てて写真を撮ろう!というのが最初のアイディアだったのですが、それはグダグダになってしまいました(残念!)

外遊びに夢中になっちゃう子もいたり、お昼ご飯を食べてすぐに帰ってしまった子もいたりで、とりあえず4人だけ並べました。

女の子にはピンクの、男の子には深緑色のゴミ袋で作った衣装に金色の紙で作った帯を巻いて着物に見立てているのですが・・・うーん。
一応ね、扇子やお内裏様が持っているシャク(?)も用意したんですけれど、上手に持ってくれるはずもなく。正座させてきちんと小道具を持ってくれればそれなりに見えたと思うのですが、それは子供たちがもう少し大きくなったらのリベンジですかね。2年後くらいかな。

子供たちにまだイベントの意味は理解できていませんが、大人も子供も楽しい会となりました。



★楽しそう!と思った方は応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »