フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 親子工作教室14-鯉のぼり | トップページ | 今年の端午の節句 »

「木」っていいな

夫も私も、木製品にはちょっとしたこだわりがあります。こだわりというとちょっと語弊がありますが、たぶん一般的な人よりもほんの少し木への想い入れがあるのだと思います。

どうせ購入するのであれば長く使えて、生活に馴染み、そして時と共に味わいを増していくものがよい。私たちにとって木製品がそれを実現してくれる素材なのです。
ですから少々お値段がしても子供へのプレゼントには木製品で私たちの目からみて良いものを選んできました。
もちろんプラスチックやそれ以外のものもありますよ。その素材ならではの特性を生かした製品もたくさんありますからね。ケース・バイ・ケースです。


今回、日本から夫が木製品をたくさんお土産に購入してきました。





P1190206

ドイツで待つコジロウにおもちゃのお土産です。

かわいい鳥の形は笛です。
それと自動車。あ~これを小さいうちから与えたら、コタロウのように車キチガイになるかも(笑)。

右側の二つのリングは今時期にぴったり。
この時期の赤ちゃんは手にしたものを何でも口に入れてみたりすると思うのですが、コジロウは慎重な性格なのか、こだわりがあるのか、全てを口に持っていきません。
興味ないものは口に入れるどころか手にもとらないし、ほとんど見向きもしません。
でもこの木製リングは気に入ったようでカチャカチャ、ガシガシ、なめなめしています。





P1190204

小皿2枚。
木製品の食器はまだ持っていなかったので、てっきり自分たち用かと思ったら、コタロウとコジロウのおやつ皿ですって。
むむむ・・・チビたちはまだ木製品のよさなんてわからないぞよ?なんて贅沢な。

そういえば私の父が木製の器が好きで、木製品の工芸館などを見学したりお皿(うちではミカンとかおやつを入れていたような・・・)を購入していました。
昔は木のよさが理解できず、どこがいいのかね~なんて心の中で思っていましたが(しかも高いし)、今ならそれがわかるかも。





P1190208

こちらはミニ洗濯板。その名も「いたっこ」。
大きさがわかるように私の小指と比較してみました。

洗濯板なんて使ったのは生まれて初めてです。汚れがよく取れますね~~。
ほら、うちはコジロウさんが嘔吐魔(詳細はこちら)なので、今でも毎日吐き続けていますから、これは本当に便利です。
いたっこもまさか海を渡って外国でこんなに活躍するとは思ってもみなかったに違いない。





P1190225

大トリはこちら。
木製鯉のぼりです!!
これは素敵。事前に工房のホームページで一目見て私も気に入ったので、夫が実際に見てよかったら購入しようと決めていたものです。

これは5月にこだわらなくても年中飾っておくインテリアとしてもいいかなと。
今年はコジロウの初節句ですからね。
コタロウの時は両親に立派な兜をいただきました。コジロウにはお祝いに両親と私たちからこの鯉のぼりを用意しましたよ。


やっぱり木っていいですね。ぬくもりがあって。
特に子供用のものは、これから“愛情”という汚れをべったべた染み込ませて味わい深くさせていくのでしょうね。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

編みぐるみを中心とした、編み物によるベビーグッズ制作のお店をしています。
「アトリエPicco」のサイトはこちらから。

お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。


P1140017_2


※このブログの左サイドバーでも参考作品をご覧いただけます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 親子工作教室14-鯉のぼり | トップページ | 今年の端午の節句 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親子工作教室14-鯉のぼり | トップページ | 今年の端午の節句 »