フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

日本滞在記-3

Img_2304


あっという間にうおこ実家滞在の最終日となりました。
朝から大好きな蒲鉾を食べてご満悦なコタロウ。デザートにはイチゴももらってにんまり!このイチゴ、高かったんですってよ、ちゃんと味わったの?!

元気満点のコタロウに対し、かなーりお疲れのじぃじ、ばぁば。
前日の動物園では午前中たっぷり歩いたにもかかわらず、午後から見知らぬ子と坂道ダッシュの追いかけっこをしたりして。
私の姉も甥っ子のお相手してくれましたが、みんなでヨレヨレ。




10155960_10152095745567989_68969701

さーて、今日はロープウェイに乗りますよ。
雪景色の森を抜けて、札幌市が一望できる山頂の展望台を目指します。




Img_2362

乗り物はなんでも大好き、そして怖くない♪生後4ヶ月の時にはパパの抱っこで柵の無いゴンドラに乗せたりしましたからね。慣れているのかしら?




10153149_10152095744247989_60296283

景色を楽しむコタロウ。それを撮るのに忙しいじぃじ。の、姿を激写する姉。みんな忙しいね(笑)。




Img_2361_2

ゴンドラばいばーーーい。

余談ですけど、今コタロウの中でバスや電車が通りかかったらそれに手を振ってバイバイするのが流行りらしいです。夫がわざとコタロウよりも早く「バス、ばいばーーい!!」なんて言った日には、「あーーもぅ!コタちゃんがバイバイしたかったにぃ・・・」と本気でスネるというか哀しい顔をします。しまいには、「パパ、バイバイしない!コタちゃんする、OK?」なんて言われます。




Img_2342

わーっ 雪だー。




Img_2316

これが今回行った藻岩山ロープウェイのマスコットキャラクター、もーりす君。
写真には写っていませんが、山頂まではゴンドラの他にもーりすカーという世界初のミニケーブルカーにも乗るみたいです。それがなかなか格好いいです。私も乗ってみたい。

詳細はこちら




Img_2327



Img_2334

山頂にある「幸せの鐘」。
今度はパパもママもコジロウもみんなで来ようね。


お父さん、お母さん、姉さま、コタロウがお世話になりました~~~~。


次は夫の実家へ向かいます。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本滞在記-2

前回のソリ遊びに続き、短い滞在期間中、いーーーっぱい遊びに連れていってもらいましたよ。
本日は、水族館へ。




Img_2116

実はコタロウ、水族館は初めて。1歳になったばかりの時にイルカのショーを見たことがあります。でもその時は初めて見る水中を泳ぐ物体が怖かったらしく、パパにしがみついて泣いちゃいました。
さて、今回は・・・?




Img_2138

うぅっ、怖い!促されてポーズをとるものの、腰が引けています。





Img_2110

がっちり手を握ってもらってなんとか近づきましたが、基本的には水槽から1メートルの距離を保っていたそうです。


カワウソはネコだと思いました。
アザラシも魚だと思いました。




Img_2127

顔、びょ~~~~~ん。
円柱水槽ごしに撮影。こんな顔の魚がいそう。




1010710_10152095302587989_551138894

じぃじ、これ何?

だいぶ慣れてきました。
魚を食べることが好きなコタロウですが、ドイツではスーパーでも原型を保った魚を見ることはほとんどないですからねー。





Img_2185

帰りに私の叔母さん宅に寄りました。男の子二人を育てた叔母さん宅には今でも電車や車のおもちゃがあり、コタロウのために用意してくれました。
それの線路などを作らされて床にしゃがみこむ大人たち・・・の図。

叔母さん、今回はたくさんおもちゃなどを貸していただいてありがとうございました!






1511370_10152095292182989_643211312

翌日は動物園です。




Img_2229

魚より猛獣の方が怖いと思うのですが・・・こちらはもう慣れたのかな。平気なようです。




1958113_10152095294072989_428087653

熊もなんだか迫力ないね。




Img_2269

こちらの熊には興味津々。水中を泳ぐ姿に声をあげて笑っていたようです。




Img_2268

記念撮影。
あ、どうせなら右の親白熊さんのようにコタロウを抱えて撮影してほしかったな。って、無理ね。
14キロは重い~~~~。




Img_2293

北海道には数少ない路面電車にも発乗車。
いいですね~~。本当に盛りだくさん、おなかいっぱいメニューの滞在でした。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本滞在記-1

ママにガミガミ言われることもなく、日本でた~~~っぷりじぃじ、ばぁばに可愛いがられて息抜きしてきたコタロウ(今回コジロウと私はお留守番で夫とコタロウだけ一時帰国してきました)。

写真からその楽しさがあふれていたので、滞在記録として掲載していきたいと思います。




Img_1991

まずはうおこの実家へ。
おもちゃを知人から借りるなどしてたくさん用意してくれていたので、まるで幼稚園にでも来た気分?特に車のおもちゃにはすぐに飛びついて、一人で積んだり並べたりとご機嫌な様子。


4月上旬の北海道は道路はもう出ているものの、公園にはまだ雪が残っていたらしいです。良いお天気だったのでそり滑りに出かけました。




Img_2052

で、この格好。
え、どこの田舎っぺ?(笑)

ドイツからは全く冬対応の格好をしていかなかったので、実家にあるものをとりあえず着せてもらったら、なかなか斬新な姿になりました。
手袋とスキー用のズボンはじぃじの。頭には何を巻いているんですかねぇ?




Img_2046

でもいいんです。本人がとても楽しんでいたみたいですから。
それに、今シーズンのドイツ(私の住む地域)ではちらっとしか雪が降らず、全く積もらなかったので一度も雪遊びができていなかったんです。




Img_2072

それ!


楽しくて楽しくて、「もう1回」を連発。
雪の坂道を登らなくてはいけないんですもの。じぃじも、古希を迎えたばぁばも疲れ果ててヨレヨレになったそうです。




Img_2074

帰りにイオンへ。
そりゃ乗りますよね、車のカート。




Img_2083

ここにも車が。しばしの間、お遊びコーナーから離れようとしなかったらしいです。

あ~日本ってワンダーランド~
と思ったかどうかは知りませんが。



あ、そうそう。日本で「日本昔話」デビューしましてね。DVDを用意しておいてくれてたのですが、それが面白かったようで「桃太郎」などを何度も見ていたそうです。




P1190402

そのDVDをドイツにも持って帰ってきて家でよく見ています。
オープニングソング(「坊や~~~良い子だネンネしな~♪」)に出てくる男の子の人形。こんなのあるんですね。

で、コタロウが何をしているかわかりますか?
飛び出すしかけ絵本にドラゴンの絵があるのですが、それの背中に男の子を乗せているつもりなんです。
そうです、曲中の場面を再現しているんです。
この曲が流れると、わざわざ本棚から本を取り出し、おもちゃ箱から人形を取り出して、このポーズ。

子供って純粋だなぁ~~。人間はいつこの純粋さを失ってしまうのかしら。


DVDを見すぎたコタロウ。最近では私に向かって

「何しとるんじゃ?」

と聞きます。

それ、絶対日本昔話の影響でしょ!



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

市主催の遊びイベント

先週の土曜日は久しぶりに心地よいお天気!

なんだかとーっても変なタイトルになってしまいましたが・・・街中でイベントがあったので家族で行ってきましたよ。



P1190411

主に子供向けの「遊び」をテーマにしたお祭りというかイベントが開催されました。
これは市と賛企業が開催しており、中央駅から旧市街にかけての広大なスペースを使って行われました。




P1190407

こんなロッククライミング体験コーナーがあったり。消防車のはしごから吊るしたロープを身体に固定して高いところまで上ったり、なんてのもありました。




Dscf9520

こちらはソリ滑り体験。




Dscf9512

ちょっと、アナタ誰よ?

見知らぬ女の子が運転する三輪車の後ろに勝手に座り込んでひっぱってもらってました・・・。




P1190414

お父さんの魂に火がつく木工コーナーでは船づくりに挑戦。


P1190415

私がせっせと船を作っている間、コタロウは見本の船を噴水に浮かべて、もう夢中!




Dscf9514

ドラッグストアの前では、そこのお店で販売しているエコバッグか無地のカップに色をつけたり絵を描いたり。こちらではお母さんたちが燃えていました。カップにわが子の名前を大きく描いたりしてね。




P1190403

このおもちゃ、いいな~と思いました。パーツを組み立てて乗り物や椅子などを作るもの。ベースとなる穴の開いた板は木材。ジョイントや補強に使うパーツはプラスチック製だったかな?自分のアイディアで自分サイズの作品が作れるんです。




P1190406

これはロボットですよ~。コジロウはまだ見るだけですが、あちこちで配っていた風船をコタロウが4つももらってきたのでそれを引っ張って遊んだり、終始ご機嫌でした。




P1190417

砂、栗、苔、水など様々な素材が入った箱の上を目隠しして歩くというコーナーもあって、1日中このイベントを満喫しました。

何がいいって、これらの遊びを全て無料で体験できること。
日本ではこうはいかないような気がします。

わが子のためという名目で大人もモノづくりを楽しめて、とてもよいイベントでした。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

私の誕生日と母の日

うおこ家、怒涛のイベント月間が終わりました~~~~。
イースター(たいして関係ないけど)→こどもの日→うおこ誕生日→コタロウ誕生日→母の日
といった流れでした。
こどもの日とコタロウの誕生日にの影に隠れて、うおこ誕生日と母の日は完全にスルーかと思われましたが、ドイツ人の知人も増えた今年は案外祝ってもらえました(笑)。




Dscf9405

こちら私の誕生日記念コーナー。
バラの花束は夫から。チューリップとガーベラの造花はコジロウがお世話になっているドイツ人の知人から。

棚の両端は友人から出産祝いにもらった本と砂時計。遅れて届けられた品々が、ちょうど誕生日に近かったので一緒に飾りました。
真ん中は家族からの誕生日カードと誕生日のミニ本。



Dscf9282

歳はあんまりうれしくないのだけど、いくつになってもお祝いしてもらえるとやっぱり嬉しいかも。それも、立派なプレゼントじゃなくてもカード1枚でも。
そして本のプレゼントというのがまた嬉しいです。なかなか読む時間を取れないのだけど、心が豊かになるようで。


どんなに遠く離れていても空はつながっているから、とはよく聞く言葉だけど、時もそうなのかなと思います。時差があったり、まったく違う時間をすごしているような気がするけれど、この瞬間、やっぱり相手にも同じように与えられた時間が流れている。果てしなくもあり、刹那にも感じるその時間をどう使うかはその人次第なのだけど、自分は常に後悔することなく一生懸命過ごすことができればそれでいいのかな、と。

いつも自分のことだけでいっぱいになりがちな私ですが、ふりそそぐような笑顔に支えられている子供たちと過ごす時間や、遠く離れた家族や友人のことを想う時間を大切にしていかなきゃな、とこの誕生日に思いました。

砂時計の砂のようにサラサラと、音楽を奏でるように美しく後半の人生過ごしていけたらいいんですけどね。
私の場合、ドタバタごつごつたまに砂利が混じって目詰まりおこしつつ、なんとか帳尻合わせながら行くのかな。





Dscf9402


あ、そうそう。誕生日の朝、コタロウが「ママおめでとう」って言ってくれました。
夫が事前に「ママが来たらおめでとうって言うんだよ」ってコタロウに仕込んでいる声がばっちり聞こえましたけどね。来年あたりはそのおめでとうの意味を理解して言ってくれるかしら。


続けざまにやってきた母の日は、夜に家族でスペイン料理を食べに行きました。贅沢させてもらったなぁ。
そんな中、夫が衝撃的な現場を目撃。ご近所にインド人の家族が住んでいるのですが、そこのご主人が家族4人分のマクドナルドをテイクアウトして帰宅していたとのこと。母の日のディナーがマックか・・・。あ、でも「母の日だから夕食は作らなくていいよ」という気遣いとか?

スペイン料理、おいしくいただきました。ご馳走様でした。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コタロウ、3歳の誕生日

パンパカパ~ン♪ コタロウ、3歳になりました。おめでとうーーー。

もう3年一緒に居るんですか。早いですねー。
病原菌満載の幼稚園へも、たいして病気にもならず元気に通っています。本当に健康な子です。親にとってはそれが一番ですけどね。



さて、誕生日会は今年も家族だけで行いました。まずはプレゼントオープン。
お洋服(電車や車の絵柄多し)やミニカー、車のぬり絵・シールブックなど乗り物グッズのオンパレード。やっぱりねぇ・・・車が一番喜ぶんですよ。
パパからは実物の縮小版トラクターをもらっていましたが、見た瞬間に「うへへへへ」と怪しい笑いを浮かべてケーキそっちのけで見入っていましたから。




Dscf9455

傘も喜んでくれていましたよ。




Dscf9435

本日のディナー。
パンダご飯、ハンバーグ、カボチャ団子、キティちゃんのかまぼこ、トマト。
盛り付けはイマイチですが、楽しい感じにしてみました。
これがまた気に入ってくれたようで、翌日も「パンダ食べたい」とリクエストがありましてね。文字だけ見たら恐ろしい事を言う3歳児(笑)。




Dscf9469

食後はケーキタイム、な・ん・で・す・がっ、どうしてもスポンジケーキを上手に焼けないうおこさん。
バースデーケーキっぽくないけれど、バナナのパウンドケーキで勘弁して頂戴!
粉砂糖ふってロウソク3本立てればかわいらしくもなるかな~。
後は演出で誤魔化します。「3」の数字の形をした花火を立てて点火。線香花火がシュワっと光った瞬間、「おおっ!」って驚いてくれてました。




Dscf9463

コタロウは幼稚園で他の子供たちの誕生日を何回か経験して、「Happy Birthday」の歌を覚えたようです。ロウソクに火をつけたら、自分で「Happy Birthday to you~♪」と歌っていましたよ。
この歌はドイツ語バージョンもちゃんとあるのですが、幼稚園でなぜ英語で歌っているのかは不明です。



その幼稚園ですが、やっぱり“ドイツ式誕生日”から逃れられませんでした~~~。
ドイツで誕生日といえば、「今日私の誕生日だから」と、主役が皆にケーキ等を振舞います。それは子供に限らず大人も。会社にケーキや食事を持参して同僚に配るという・・・それ、本人が自分でやってくれるならいいですけどね。使命を受けた奥様たちはたまったものではありません。
私の友人は、夫の会社の同僚のために20人分のお肉やらケーキやらを焼いてオーブンフル稼働。部屋がめちゃくちゃ暑くなったって言ってました。


そして私。幼稚園のお友達&先生に振舞うケーキ25人分を用意・・・。
さぁ困った!子供が喜ぶカップケーキとか焼いたことないし。そもそも、そんなに大人数分のケーキ型とか持ってないし。

そんな習慣知りませんでしたわ、ってすっとぼけちゃう?
いやーでも、単に手渡すだけじゃなくて話によると、プチパーティーを開いてくれて、その場でケーキをいただくらしいのね。
他の子がお祝いしているのに自分は無しっていうのも可哀想かも。

ということで、やむを得ずいつものレモンチーズケーキを2つ焼きましたよ。ドイツにしては小さめの型しか持っていないのでボリュームに欠ける分は、この季節らしくイチゴを添えて。
ふぅ~~~なんとかなりました~~~。
来年までには何かしらの対策を練っておきます、はい。




P1190394

その幼稚園でも王冠を用意してくれていました。
それとミニカー、オペラグラス、かわいいとは言いがたいカエルのおもちゃなど、プチプレゼントまで用意してくれました。




Dscf9475

ケーキを食べていたら空に虹が。


うおこ:「虹がでたよー」

コタロウ:「なんでー?」

うおこ:「雨が降った後にお日様が出たら虹が見えるんだよ」

コタロウ:「なんでー?」


最近何に対しても「なんでー?」が口癖のコタロウ。
「今日はコタロウの誕生日なんだよ」 「なんでー?」
「なんでって、コタロウがパパ・ママに会いにきてくれたんだよ。だからおめでとうってお祝いするの」  「なんでー?」


なんでもいいですけどね。
この先の長い人生、ずっと光輝くものでありますように。


3歳、おめでとう!!



★誕生日おめでとう、の応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

誕生日の部屋の飾りつけ

コタロウ、人生3度目の誕生日。
「3」ってなんとなく区切りのいい数字ですし、いろいろなことが少しだけ理解しつつある年頃なので、ちゃんと「お誕生日会」をやることにしました。と言っても家族だけの小さな誕生日会なのですが、お祝いモードをたっぷり出していこうと思い、今年は例年よりも気合入れて準備しましたよー。


今年のテーマは、「飛行機」。
前回の記事でも書きましたが、4月に一時帰国をした際、飛行機がずいぶん印象に残ったようです。空を飛ぶ飛行機を見ては(ここではしょっちゅう飛行機を見ることができます)、「コタちゃん、パパと飛行機乗ったねぇ~」と言っているくらいですから。




Dscf9412

で、作ったのがコレ。折り紙で紙飛行機を折って天井から吊るしました。
12個ありますが、全部違う形なんですよ。誕生日が終わったら一緒に飛ばして遊べるのでいいかなーと。

コタロウがお昼寝している間に飾りつけしたのですが、起きてきて「ヒコーキ!」って喜んでくれました。


Dscf9411





Dscf9421

窓辺には最近コタロウとやった工作などにママからのメッセージを添えて飾りました。逆光でわかりづらいですね。




Dscf9419

こんなかんじです。手前は水彩画。絵の具デビューが遅くて、つい最近初めて水彩画をやらせてみました。
真ん中は色鉛筆で初めての塗り絵。上手に枠内を塗ってます。これも指差して「ヒコーキ!」
奥は手型をとったもの。手のひらのサイズ、約10.5cm。
コタロウが後から見たとき、成長の記念になるかなぁと思います(って、これ、取っておくの?)。





Dscf9292

主役には王冠贈呈しまーす。
これはまだ丸い形にする前の状態。今回のテーマは飛行機だけど、乗り物全般が好きなコタロウ。乗り物たちに集合してもらいました。船やトラック、気球などは全部手描きしたものを切り貼りですよ。はーっ大変だった(笑)。

そして「3」の文字は機関車のシールで作るというこだわり様・・・。誰もそこまで求めてないと思いますが、ここまできたら追求しちゃいましょう!




Dscf9426

おかげさまでこちらも気に入ってくれた様子。乗り物ひとつひとつを指差して「車、トラック、船、飛行機・・・」って言ってました。その後数日は時々被って遊んでくれていましたよ。
あぁ夜な夜な作ったかいがあった♪


もったいないからコジロウが3歳になるまで保管しておいて再利用、なんていうのアリかしら?
今回はコタロウと夫が一時帰国していたのでその間にせっせと作りましたが、もうこんなに時間を費やせないと思いますし。たぶん来年やコジロウの1歳の誕生日はもっと簡素になるかと・・・許せっ。





P1190380

忘れてはならないのが誕生日カードです。
飛び出す立体カードにしてみました~~。プロペラ機にはコタロウを乗せてみましたよ。





Dscf9422

そして王冠や誕生日カード、家族や知人からのプレゼントをまとめてわさっと、コーナーに置きました。それらの器は傘です。この傘もプレゼント。雨が降るたびずーーーっと欲しがっていたんですよね。


さぁ、これから家族だけの誕生日会をやりますよー。



誕生日会の記事はまた後日。



★母ちゃん頑張ったね、のクリックお一つお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

飛行機、飛行機♪

日本に一時帰国する前から「飛行機乗りたい、乗りたい」と楽しみにしていたコタロウ。
実際乗ってしまえばなんてことないのだけど、やっぱり飛行機には興味があったみたいで。
ヨーロッパ圏内や日本の国内線なんかも含めると、2歳児とは思えぬほど既に何度も飛行機に乗っているんですけどね。たぶん・・・20回くらい。




P1190165

ご覧の通り、空港ロビーで飛行機をひたすら眺めたり・・・。





P1190200

今回はANAを使ったのですが、ちびっ子セットなるものをパパに買ってもらってご満悦。
この3つで1セットになっていました。

そして機内では、キャビンアテンダントさんに夫のipadからコジロウの画像を見せてあげたようで、帰り際にお手紙までもらっていましたよ。手紙にそんなことが書かれていました。


このANAの子供用機内食がまたとても豪華だったようです。




Img_0617

じゃん!
夫曰く、子供のが一番美味しそうだったそうで。確かに。おやつまでついてくるのね。






P1190203

滞在中に夫がこんなものをみつけてお土産に買ってきました。
ポリスチレンで出来た組み立て式のブーメラン飛行機です。コタロウにはまだ難しいですが、なかなか面白いですよ。





P1190168

ドイツに戻ってきたコタロウは早速、久しぶりに対面する自分のミニカーを並べたりして遊んでいました。あれ、心なしか空港のターミナルみたいじゃない?


飛行機以外にも滞在中はいろいろな体験をしてすごく楽しかったみたいです。
そちらの記事はおいおい書いていきたいと思います。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今年の端午の節句

あーちょっとバタバタしていて更新怠っていました。
端午の節句、家でプチお祝いをしました。といっても、まだコジロウはご飯をバクバク食べられるわけではないので、記念写真を撮った程度ですけれど。




Dscf9284

コジロウにとっては一応初節句ということで、飾りつけはちゃんとしましたよ。
命名の掛け軸を飾って。




Dscf9286

実家の両親が作ってくれた陶器のコジロウ君人形はさりげなく兜にくくりつけ・・・。

そして左下に注目!夫が日本で購入してきた鯉のぼりのナノブロック。
いいですね~~。これも立派なインテリアになります。




Dscf9289

今年から仲間入りした木製鯉のぼりと、陶器の鯉のぼりも飾って、立派にできました!




Dscf9395




Dscf9277

こちらは手作りコーナー。
上段は先日コタロウが制作した鯉のぼりの工作。
下段は色紙で兜を折りました。
まだ意味は理解していませんが、コタロウにはこの兜を見せながら「こどもの日」の説明をしました。
自分用の兜があったのが嬉しかったようです。兜を指さして「こっちはコタちゃんの、これはーコジちゃんの」と言っていました。




P1190375

この日のメニューは夫の提案で、稲荷うどん定食なり。
コタロウの好きなお稲荷さんにうどん、小鉢にはひじきとお豆の煮物。それに折り紙で折ったこいのぼりをつけました。
毎年ご飯を兜や鯉のぼりの形に盛り付けたりしていたのですが、「またそういう無駄なことしてるの?」って去年夫に言われましたからね~、今年はあっさりやめました。
そうなんです、やっぱりお料理とか盛り付けが得意ではないので時間ばかりかかるうえにクオリティが低いので・・・我が家は今後食事ではなく室内装飾などの演出の方に力を入れるってことで勘弁してもらいます!

で、本日は特別な日にだけ登場する車の絵柄の食器を使いました。またすぐコタロウの誕生日が控えているのでこの食器は再びお目見えするのですが、これだけでも特別感が伝わるらしく、なんだか嬉しそうにしていましたよ。




Dscf9387_2

元気に、そして兄弟仲良く健やかに成長しますように。



★子供たちの健やかな成長に、ワンクリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

「木」っていいな

夫も私も、木製品にはちょっとしたこだわりがあります。こだわりというとちょっと語弊がありますが、たぶん一般的な人よりもほんの少し木への想い入れがあるのだと思います。

どうせ購入するのであれば長く使えて、生活に馴染み、そして時と共に味わいを増していくものがよい。私たちにとって木製品がそれを実現してくれる素材なのです。
ですから少々お値段がしても子供へのプレゼントには木製品で私たちの目からみて良いものを選んできました。
もちろんプラスチックやそれ以外のものもありますよ。その素材ならではの特性を生かした製品もたくさんありますからね。ケース・バイ・ケースです。


今回、日本から夫が木製品をたくさんお土産に購入してきました。





P1190206

ドイツで待つコジロウにおもちゃのお土産です。

かわいい鳥の形は笛です。
それと自動車。あ~これを小さいうちから与えたら、コタロウのように車キチガイになるかも(笑)。

右側の二つのリングは今時期にぴったり。
この時期の赤ちゃんは手にしたものを何でも口に入れてみたりすると思うのですが、コジロウは慎重な性格なのか、こだわりがあるのか、全てを口に持っていきません。
興味ないものは口に入れるどころか手にもとらないし、ほとんど見向きもしません。
でもこの木製リングは気に入ったようでカチャカチャ、ガシガシ、なめなめしています。





P1190204

小皿2枚。
木製品の食器はまだ持っていなかったので、てっきり自分たち用かと思ったら、コタロウとコジロウのおやつ皿ですって。
むむむ・・・チビたちはまだ木製品のよさなんてわからないぞよ?なんて贅沢な。

そういえば私の父が木製の器が好きで、木製品の工芸館などを見学したりお皿(うちではミカンとかおやつを入れていたような・・・)を購入していました。
昔は木のよさが理解できず、どこがいいのかね~なんて心の中で思っていましたが(しかも高いし)、今ならそれがわかるかも。





P1190208

こちらはミニ洗濯板。その名も「いたっこ」。
大きさがわかるように私の小指と比較してみました。

洗濯板なんて使ったのは生まれて初めてです。汚れがよく取れますね~~。
ほら、うちはコジロウさんが嘔吐魔(詳細はこちら)なので、今でも毎日吐き続けていますから、これは本当に便利です。
いたっこもまさか海を渡って外国でこんなに活躍するとは思ってもみなかったに違いない。





P1190225

大トリはこちら。
木製鯉のぼりです!!
これは素敵。事前に工房のホームページで一目見て私も気に入ったので、夫が実際に見てよかったら購入しようと決めていたものです。

これは5月にこだわらなくても年中飾っておくインテリアとしてもいいかなと。
今年はコジロウの初節句ですからね。
コタロウの時は両親に立派な兜をいただきました。コジロウにはお祝いに両親と私たちからこの鯉のぼりを用意しましたよ。


やっぱり木っていいですね。ぬくもりがあって。
特に子供用のものは、これから“愛情”という汚れをべったべた染み込ませて味わい深くさせていくのでしょうね。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

編みぐるみを中心とした、編み物によるベビーグッズ制作のお店をしています。
「アトリエPicco」のサイトはこちらから。

お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。


P1140017_2


※このブログの左サイドバーでも参考作品をご覧いただけます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親子工作教室14-鯉のぼり

今年も端午の節句に合わせてコタロウと工作をしました。
去年は鯉のぼりを作ったんですが、今年もそれです。一番わかりやすいかな~と。
(去年の作品はこちら)





P1190227


【材料】
・白い画用紙

・アラビックヤマトのり(プリット糊でもいいですが、すぐ乾いてしまうので液状の糊の方が扱いやすいです)

・カラフルな紙くず(今回はカーニバル時期にスーパーで売っていたものを利用しました。無ければ薄手の紙を小さく切るか、パンチで地道に作るか・・・)




P1190228

画用紙にマジックで鯉のぼりの絵を描きます。
なんとなくそれっぽく見えればいいのでデザインは適当です。




P1190230

ここからがコタロウの出番。鯉のぼりのうろこ部分に糊をつけてもらいます。
その上に紙くずを、ばーーーーーっと散らします。





P1190234

絵が見えなくなるくらいたくさん乗せたら、手で軽く押さえつけます。
次に画用紙を立てて余計な紙くずを振るい落とします。さぁどんなかんじになるかな~。





P1190235

余白がちょっと寂しかったのでクレヨンで色を少し塗ってもらって完成です。

とても簡単ですが、紙をちらす作業が楽しめたみたいです。
うん、これは次回も使えるアイディアかも。


ちなみにアラビックヤマト糊のような液状の糊って、ドイツに存在するのでしょうか?
文房具店をハシゴしましたがみつからなくて、今回一時帰国した夫に買ってきてもらいました。友人の話ですと、でんぷん糊みたいなものも無いそうです。
そうそう、薄手の工作用両面テープもドイツには無いんですよねー。何か作ろうと思って道具を探してみつからなくて、日本から送ってもらったもの多数・・・。

他のものでも代用できますが、昔から慣れ親しんだ道具がやっぱり便利なのです。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

編みぐるみを中心とした、編み物によるベビーグッズ制作のお店をしています。
「アトリエPicco」のサイトはこちらから。

お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。


P1140017_2


※このブログの左サイドバーでも参考作品をご覧いただけます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »