フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« Kindergarten(幼稚園)見学と申し込み | トップページ | 二人目が誕生しました! »

親子工作教室8-小麦粉粘土遊び

インターネットで小麦粉粘土の作り方を検索して、作ってみました。
コタロウに初、粘土遊び体験をさせます。

材料は小麦粉、水、食用油、バニラエッセンス、塩。
これを適当に混ぜてコネコネ・・・。

食紅でカラフルに色づけすると良いらしいのですが、代用できるものが思いつかなかったので上記材料のみで作りました。
こねている間、コタロウはひたすら「パン、パン!」と騒いでいましたよ。少し前に夫がパンを手ごねで作っている様子を見ていたのを覚えていたんですね。

できた粘土を手渡すと、早速コネコネ。細かくちぎって、ちぎったもの同士をくっつけて遊んでいました。
「丸める」という手の動きをしたことが無いんですね。手のひらの上で円を描くように手を動かすことができずに前後に動かしてしまうので、細長い棒状のものしか形を作れないようでした。

工作をさせていると、毎回「あ、そうか、まだこういうことが出来ないんだな・・・」と気付かされます。
それがだんだん出来るようになってくる喜びも発見できますけどね。




P1160748

手にくっつかないようにちょっと粉を入れすぎたか、市販の粘土よりも粘着性に劣っていたので私も形をつくるのがちょっと大変でした。
でもこんなのでも「これな~んだ?」と聞いたら、「ゾウ!」ってわかってくれましたよ(笑)。




P1160747

うおこ:「何作ってほしい?」

コタロウ:「ブーブー(車)」


こ、こんなんですけど・・・わかるかしら。




P1160750

コタロウ:「ぶーん、ぶーん」


テーブルの上で粘土の車を走らせてくれました。



あ、ちなみに目を離した隙に粘土を口の中に入れてました。全部食材だから大丈夫だけどさ・・・。
そこまでパンを食べたかったのか?てか、生だし。それはわからないのね。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« Kindergarten(幼稚園)見学と申し込み | トップページ | 二人目が誕生しました! »

コメント

うおこさんって芸術家ですね!アイディアが素晴らしい。
コタロウさんは食べちゃったけど安全な材料だからね。
幼児が楽しめる粘土遊びを孫にさせたいけど、親たちは忙し過ぎて保育園任せ。
親に勝る教育者はいませんから専業主婦って貴重なんですよね。

>ブチャ猫さん

専業主婦って貴重というお言葉、嬉しいです!
私の両親も共働きでしたし、ドイツに来なければ私も仕事を続けていたと思うので、
専業主主婦なんだから何かしっかりやらなくては、なんて気負いも多少あるんですよね。
でも子供にとってはいつも一緒にいて遊んでくれる大切な存在ですものね。
保育園に行くまでの後少しの時間を、子供と有意義に過ごしたいと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kindergarten(幼稚園)見学と申し込み | トップページ | 二人目が誕生しました! »