フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ドイツ鉄道博物館へ | トップページ | Kindergarten(幼稚園)見学と申し込み »

ドイツの砂場整備

私の住んでいる地域が大きなアパートが密集した、日本で言うとことの団地みたいな地域だからかもしれないけれど、近所に子供が遊べる公園がたくさんあります。
公園とまではいかなくてもアパートのすぐ前には砂場があって、お隣のアパートの子供たちと共同で使えたりします。

そしてこの砂場、年に数回は整備の方が来て砂を入れ替えたりするなど手入れが行き届いています。日本はどのようなシステムになっているのかわかりませんが、ドイツはちゃんとしているなぁという印象を受けました。




P1160461

コタロウを公園で遊ばせていた時のこと。
公園に作業員の方が何かの機械を持ってやってきました。

なんだと思いますか、これ?

遊具のある砂の上をゆっくりと進んでいます。
よーく見ていると、雑草取りの機械でした。作業員の方は2名。一人がまずスコップで砂をずーっと掘り返します。けっこう大変な作業です。その上をこの機械が走ります。

たぶん機械の下に回転する刃物が付いていて、砂や雑草を巻き上げているのでしょう。機械の真ん中くらいに網目になった板があり、前後にバタバタと揺れていました。ここでふるいにかけている状態?
1列進んだら機械を止めて板の下に設置されていた籠(?)を取り出します。そこには雑草だけが溜まっていました。それをリヤカーに乗せ、リヤカーがいっぱいになったら作業車へと運んでいく・・・という地道な作業。

コタロウは遊ぶのも忘れて釘付けになっていましたよ。

子供たちのために頑張れ、作業のおじさんたち、と心の中で思いました。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ドイツ鉄道博物館へ | トップページ | Kindergarten(幼稚園)見学と申し込み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ鉄道博物館へ | トップページ | Kindergarten(幼稚園)見学と申し込み »