フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

Kindergarten(幼稚園)見学と申し込み

昨年末の話になりますが、コタロウを幼稚園に通わせるべく、見学&申し込みをしてきました。
ドイツの幼稚園は一般的には3歳から通わせます。
もちろんそれ以前から通わせる場合もありますが、受け入れ枠は少ないようです。

日本同様にこちらでも待機児童が溢れており、産まれたらすぐにでも、もしくは遅くとも1歳までには通園申請をするべきなのだそうです。
うおこ家ではそんな情報に疎く、申し込みをしたのはコタロウが1歳半になってからでした。


申し込みは直接通いたい保育園へ連絡を取り、申請書を提出するのが手っ取り早いようです。
車や交通機関を利用しての送り迎えは難しいので、私は家から徒歩圏内にある4つの幼稚園に申し込みをしました。


どの幼稚園も申請書は「え、これでいいの?」というくらい簡素なものでした。
子供の名前、誕生日、両親の名前、連絡先、通わせたい時間(午前中だけなのか午後もなのか)、以上!!


個々の幼稚園でシステムは異なりますが、母親が仕事をしていない場合は午前中までしか預かれない、というところもありました。
そして面白いのが朝食は幼稚園で取るところが多いこと。

もちろん家で食べさせてから行き、食事時間に食べたくなければ食べなくてもかまわないようです。
内容を聞くと、どこの幼稚園もお決まりのメニューでした。
パン、ハム、チーズ、バナナなどの果物。
そして昼食は近くのお肉屋さんだったり、決まった業者さんからのデリバリーでお肉やスープなどの温かいものを食べるのだそうです。

「昼食は暖かい食事よ」と自慢気に(?)説明されたのが印象的でした。
幼稚園児にはおよそ似つかわしくない味の濃い料理が出されるのでしょうね・・・嫌だわ。
まぁお弁当を持たせずに、朝食も昼食もついでにお昼寝も済ませてくれたらとっても楽ではありますが。



私は申し込みも遅かったし、仕事もしていない身。
当然どこの幼稚園からも空きがないと言われました。おそらくコタロウが3歳になったら、もしかしたらそれ以降も待たなければならないかもしれないとのこと。
通いたい幼稚園を選ぶ権利はほとんどありません。

今はひたすら幼稚園からの空き連絡を待っている状態ですが、状況はどうなのかとしつこく連絡をこちらからした方がいいようです。それも直接出向いて行って。
あぁ面倒・・・。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの砂場整備

私の住んでいる地域が大きなアパートが密集した、日本で言うとことの団地みたいな地域だからかもしれないけれど、近所に子供が遊べる公園がたくさんあります。
公園とまではいかなくてもアパートのすぐ前には砂場があって、お隣のアパートの子供たちと共同で使えたりします。

そしてこの砂場、年に数回は整備の方が来て砂を入れ替えたりするなど手入れが行き届いています。日本はどのようなシステムになっているのかわかりませんが、ドイツはちゃんとしているなぁという印象を受けました。




P1160461

コタロウを公園で遊ばせていた時のこと。
公園に作業員の方が何かの機械を持ってやってきました。

なんだと思いますか、これ?

遊具のある砂の上をゆっくりと進んでいます。
よーく見ていると、雑草取りの機械でした。作業員の方は2名。一人がまずスコップで砂をずーっと掘り返します。けっこう大変な作業です。その上をこの機械が走ります。

たぶん機械の下に回転する刃物が付いていて、砂や雑草を巻き上げているのでしょう。機械の真ん中くらいに網目になった板があり、前後にバタバタと揺れていました。ここでふるいにかけている状態?
1列進んだら機械を止めて板の下に設置されていた籠(?)を取り出します。そこには雑草だけが溜まっていました。それをリヤカーに乗せ、リヤカーがいっぱいになったら作業車へと運んでいく・・・という地道な作業。

コタロウは遊ぶのも忘れて釘付けになっていましたよ。

子供たちのために頑張れ、作業のおじさんたち、と心の中で思いました。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ鉄道博物館へ

P1160722

コブレンツ市内に「DB Museum」(ドイツ鉄道博物館)があるのですが、相変わらず乗り物ブームが続いているコタロウを連れて行ってきました。




P1160723

まず入場チケットを購入。Familienkarte(家族チケット)で5ユーロという安さが魅力です。
駅長さんに扮したおじさんから入場チケットの切符を渡されてご機嫌のコタロウ。
まだこれが何かわかっていないのでしょうけれども、日付も刻印されているので思い出になるかな?




P1160689

数箇所に鉄道のジオラマがありました。
なかなかの規模で、もちろんコタロウは釘付けです。




P1160696

中には自分でスイッチを入れて汽車を走らせたり、スピード調節、線路の切り替えができるものもありました。
その走る汽車を追い掛け回すコタロウ。その姿が面白かったのか、小学生のお姉ちゃんがコタロウの走るスピードに合わせて汽車を動かしてみたり、バックさせたり・・・と、なんだか遊ばれていました。




P1160698



P1160708

これも説明を受ければ自分で動かせるようでした。いいですねー。子供に大人気。




P1160700

屋外には昔の電車がたくさん並んでいます。そして何かの計器も。
電車マニアの大人はこちらを見て楽しむ・・・のかな?


中を見学できる車両もあり、政府のお偉い様専用車両(?)なのか、立派な家具&バスタブ&電話付きのお部屋なんかもありましたよ。




P1160712

やっぱりSLはカッコイイですね。




P1160715

運転席に座って必死に計器を動かすコタロウ・・・。


帰りの車の中で「いっぱい電車見たね~。楽しかった?」と尋ねたら、満面の笑みで頷いていました。うーん、どこまでわかっているのかな。

コタロウがもう少し大きくなったらまた来てもいいかも、です。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ベビーシューズ制作



P1160240

赤ちゃんにベビーシューズ作りました。
スウェードっぽい生地を毛糸でちくちく縫い合わせたもの。
ネットでそれっぽい作り方を検索して、見よう見真似で・・・ですのでちょっといびつなのはご了承くださいませ。
ベルトに使用したネコちゃんの柄がかわいいでしょ?

こういうベビーシューズは簡単制作キットが3~5千円くらいで販売もされているみたいですね。




P1160239

裏地はぬいぐるみなどに使うモコモコの暖かい生地で。


もっと母の手作り品を用意してあげたかったのだけど、何かと時間がなくてあまり出来ませんでした。
一人目の時は、おくるみ、スタイ2枚、ぬいぐるみ、ベビードレス、鯉のぼりの飾り、子供部屋につけるカーテン、洋服を入れる籠などいろいろ作りまくったものです。
この差って・・・。


仕方あるまい、2番目の宿命じゃ。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

親子工作教室7-ウェルカムボード


最近ものづくりネタが多いかも。これでこそ私の目指す手作りブログ♪


が、しかーーし、残念ながらコタロウはクレヨンや他の工作道具を置いておいても強制的にやらせない限り、全くお絵描きなどをしようとしないんですよね。
今のところ興味あるのは車で遊ぶことだけのようで・・・。


さて、今回は赤ちゃんのためのウェルカムボード制作です。
こちらでは、出産後退院して初めて赤ちゃんが家にやって来るとき、玄関や子供部屋を飾りつけしてお迎えする習慣があるようです。

「ようこそ、我が家へ!」

それって素敵だな~と思い、コタロウの時にもやりました。
今回もやりますよ~。




P1160432

まず、白い紙の周囲をギザギザハサミで切って、ウェルカム~~~の文字を書きます。
あと数年はこれは私の仕事ですね・・・。




P1160435

かわいいスタンプがあったので、インクを付けてポンポン押します。
コタロウ、初スタンプ体験です。


P1160437




P1160431

台紙となる厚紙の周囲をパンチでランダムに穴を開けます。




P1160438

コタロウにはこの穴にモールを通して飾りつけしてもらいました。

次はここの穴に通してみたら?とか、
この色使ってみようか、などと少し誘導しました。
毎回、コタロウにも出来る作業を考えるのが大変ですが、パンチの穴にモールを通すことくらいはは簡単にできました。

すぐに飽きてしまうのでおやつを与えながらの作業でしたが・・・。




P1160444

白い紙を台紙に貼って完成です!
なかなか賑やかにできたかな?



★元気な赤ちゃんが我が家にやってくることを願って・・・★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本人と七夕祭り2013

友人宅で七夕祭りをやりました。大人6人、1~3歳の子供8人の総勢14人。
チビちゃんたちがおもちゃを散らかすし、走り回るし、壊すし、こぼすし、泣くし、喧嘩するし・・・のカオス状態でしたが、なんとか夏の雰囲気を出したイベントができました。




P1160561

まずは子供たちによる、七夕をテーマにしたうちわ制作です。




P1160563

小さい子はママが手伝いましたが、大きい子はもう一人でできます。
楽しんでくれたかな~。




P1160568

天の川をイメージした飾りでテーブルを七夕に演出して、日本の夏祭りで定番のメニューを用意しました。
唐揚げに焼きそば、たこ焼き。写真にはありませんが、この他におにぎりも。
おにぎりは、お腹を空かせた子供たちに全て食べつくされてしまったので一緒に並べることができず・・・。

ドイツでは皮付きの鶏肉なんて簡単に手に入りませんから、鶏1匹をわざわざ解体して唐揚げを作りました。たこ焼き器も日本から持参したもの。

うおこ家はともかく他のママさんは旦那さまがドイツ人なので、こういう日本食は本当に久しぶりで貴重なんです。




P1160572

デザートはスイカの器のフルーツポンチ!かっわいい~~~♪




725___4

最後に集合写真。子供たちは全員甚平や浴衣を着ました。
私も浴衣を着たかったけれど、このお腹じゃ無理だわ。




P1160573

友人宅に小さな笹の木があって、去年もここで撮影しました。
今年はなんだかバタバタしている間に短冊飾りもせず・・・す、すみません、私、工作担当だったのに!


この笹と一緒に子供たちの成長も見守っていきたいね、と願いつつ。



★今年のコタロウの願いはなんだろう?ママがベビーより自分に優しくしてくれますように、とか?(笑)★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »