フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ちょっとしたドイツからの贈り物 | トップページ | 坐骨神経痛 »

危うく産まれるとこだった

危ない、危ない。赤ちゃん、危うく早産になるところでした。

火曜日に産婦人科の定期健診に行ってきたのですが、


子宮頚管がめっちゃ短くなっている
赤ちゃんの頭がかなり下に下がっている


           ↓
       出産する病院送り


に、なったわけです。


まだ臨月にもなってませんよ~~~!
てゆーか、うおこ夫、出張中でドイツに居ないんですけど。


産婦人科に行くのにコタロウを午前中、友人に預けていきました。その友人が引き続き午後も預かってくれることになったのでその日のうちに検査をしに小児科付属の病院へ行きました。
電子辞書片手に。

そうしたらば、

1日検査入院

になっちゃったんです。

まーじーでー。
やめてよ~~~っ!


病院:「まだ妊娠34週だけど、万が一産まれても大丈夫だから」

いや、そうかもしれませんがね、でも早すぎるでしょ。予定日まで5週間ちょっとありますし。
赤ちゃんの推定体重をみても未熟児になっちゃいますよ。


しかしここは覚悟を決めるしかない。
「自分の意思で自宅に帰ります!」みたいな紙に署名して、一旦帰宅。
慌てて入院グッズをリュックに詰め込む。確か天気予報では夜に大雨になるはずだから家中の窓を閉めて、万が一入院が長引いた時のためにお茶碗洗いだのなんだの、家を整えて・・・。

不安になりながらも車で自宅と病院を往復。
(今思えば運転しない方がよかったのかも・・・。でもタクシーを呼ぶほど緊急ではないし、バスだと乗り継ぎがあって返って時間がかかるし。)


分娩監視装置で経過を見ること3回と採血の結果、今は状態が安定しているとのことで翌日の夕方5時に解放されました。
よかったーーーーーーーーーーーーーーーーっ。


でも赤ちゃんが下に下りてきていることに変わりはないので、なるべく安静にしていた方がいいそうです。いつ出産が訪れるかわからない、という不安付きでの退院となりました。


実は入院の4日ほど前に、お腹の左下あたりが痛くて痛くて夜もよく眠れず、ついでにこれまでなかった腰痛が弱いながらも急にやってきました。
もしかして出産が近いのかも、と、なんとなく予感はしていたのです。
今思えばあの腹痛は、骨盤の間に赤ちゃんの頭がぐりぐり入ってきた痛みだったのかも。


退院したその足でコタロウをお迎えに行きました。2歳1ヶ月にして初めてパパもママも居ないお泊まり会になりましたが、いい子にしてくれてたようです。
病院にいる間、入院することになっちゃうならば、預けて出てくるときにぎゅっと抱きしめてくればよかった・・・と、寂しくなりました。


退院した次の日、夫が出張から戻ってきました。

夫:「ただいま、ハニー。身体は大丈夫かい?可哀想に一人きりで不安だっただろう?よく頑張ったね」

うおこをぎゅっと抱きしめ、お腹をナデナデ。


               

なんて言動はひとっつもなし!!!



翌日から予定されていた別のドイツ国内出張に出かけていきましたとさ。


THE・日本のビジネスマン!




心配してよ、褒めてよ、30分も立っていられない(腰痛と腹痛に襲われるので)状況で抱っこ要求の激しいコタロウと一緒に過ごす大変さをわかってよーーーーー!!
しかもわが子がもしかしたらまた居ない間に産まれちゃうかもって状況になるかもよ?


うおこ:「素朴な質問していいかしら」

夫:「はい」

うおこ:「出張は取りやめにできなかったんでしょうか」

夫:「そうだねぇ・・・」

うおこ:「妻をいたわる言葉や抱きしめるといったことは・・・」

夫:「実際不安だったの?」
(↑出産は2回目なんだし不安も何もないだろうって考え)

うおこ:「そういう問題ではない」

夫:「病院には一人で行ったの?よく説明できたね」
(↑私の語学力でよく難しいことができましたね、ってこと)


健闘を称えるべき所を完全に間違っておる・・・。
そりゃあ初めて行く病院で電子辞書片手に頑張りましたよ。でもそれ、陣痛もなく少々の腹痛程度だったから出来たわけで。


まぁ、そうは言っても心配してくれていないはずはなく。
私が望むベタな気遣いを彼が苦手としているだけのこと。
一番困るのはコタロウが寂しい思いをしたりどうしようもなくなってしまうこと。
それ以外のことは母は強し、で頑張るしかないのです。

夫が出張から帰ってくるまでの間何事もありませんように。



★とりあえずよかったね、の応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ちょっとしたドイツからの贈り物 | トップページ | 坐骨神経痛 »

コメント

ビックリしましたよ。でも退院できて良かったですね。
うおこさんのおっしゃる通り、赤ちゃんは一日でも予定日近くまではお腹にいてほしいですね。

お父さんの出張中に産まれたら、こたろうさんが一人で不安だろうと心配になります。
ご主人がいらっしゃる時に出産されますようにと私も祈らせていただきます。

それにしても日本人はよく働きますよね。
うおこさんとは世代が違いすぎますが、我夫も同じようでしたからお気持ちが良く分かります。

>ブチャ猫さん

そうなんです。産まれても大丈夫と言いますが、やっぱり予定日近くまでは留まっていてほしいです。
でもなんだかんだ、このままうまくいきそうな気がしています。

夫は気を遣ってくれています。
わかってはいるのですが、ドイツ人だったら休暇取っていたかも、なんて思いまして(笑)。

うわわわ~大変でしたねヾ(.;.;゚Д゚)ノ
しかもご主人のいないときに...。
うおこさん不安だったでしょう(泣)
コタロウ君、初めてのお泊り大丈夫だったんですね!
さすがお兄ちゃん!!えらいな~。
コタロウ君のお世話もあってきついと思いますが、
なるべく安静に!!
出張中何事もないよう祈ってます

>ポン子さん

夫が出張から帰ってきました。なんとか一人で出産は免れたようです・・・。
お泊まり会大丈夫でしたが、本人はちょっと寂しい思いをしたようで、
その後ママへの甘えモードに拍車がかかり、軽い夜泣きも復活。
外に連れ出してあげられないし、家でもあまり相手できずにいるのでストレス溜まってしまっているようです。

ほんとに、何事もなくてよかったね。
旦那さんがいない時なんて、なんてタイミングの悪い・・・

自分だけならタクシーや救急車呼べばなんとかなるけど、コタロウ君いるもんねー。
旦那さん不在で長期入院になんてなったら・・・

私も万が一切迫早産とかになって入院なんてことになったら、どうしたらいいんだろうって考えるよ。
そうならないことを祈るしかないけどね。

>gattaraさん

一人目が1週間早く産まれただけの安産だったので、まさかこんな事態になるとは思いもよらなかったよ。
切迫早産になる可能性は誰でも持っているものね。
助けてくれる友人たちが近くにいてくれることに感謝です。

こうなると出産まで体調不良も無く当日も安産というのは本当に運がよいとしか思えない。gattaraさんも何事も無く経過しますように~。

とりあえず、よかったですーーー。
大事に大事に、安静にしてください。

旦那さん、ザ•日本男児。
うおこさんとの会話、笑ってしまうけど、笑えないというか。。。
ドイツ人の旦那さんが奥さんをすごく大事にする話を(また)聞いたばかりなので、なおさらうおこさんに同情&共感します。

>小梅さん

ねー、日本男児ですよね。
どっちがいい悪いは無いのですが、愛情をしっかり態度で示す欧米人を見ていると、ちょっとそのカケラが欲しい・・・と思ってしまいます(笑)。
いいんですけどね、うちは日本人夫婦なんで。

その後お腹もさほど痛くならないので、このまま予定日近くまでいけるような気がしています。お騒がせしました~。

すっごいハラハラして読んでたけど、
「素朴な質問していいかしら」からのやり取りにほほえましく思ってしまったーー!
ごめん(笑)
そこは相変わらず=愛変わらず という感じに私は捉えたけれど。
実際は、大変だったろうに・・うおこの文章力がオチ着くんだね(*゚▽゚)ノ

コタロウ君もよく頑張ったね☆

>imaちゃん

相変わらずかしら。でも少しはたくましくなった?(笑)
コタロウは頑張りました。
でもその後数日間、ずいぶんママに甘えたり、夜泣きを少ししていたのでやっぱり寂しかったのかなと思うわ。

無事産まれたら報告するねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとしたドイツからの贈り物 | トップページ | 坐骨神経痛 »