フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 坐骨神経痛 | トップページ | いよいよ臨月 »

エストニア&フィンランドのお土産

男二人旅に出ていた夫とコタロウ。
エストニアとフィンランドに行っておりました。

エストニア共和国はソビエト連邦から独立したバルト三国のひとつで、ヨーロッパの北東部に位置します。
首都のタリンからフィンランドのヘルシンキまでは船で2時間程度で行けるという立地からか、北欧諸国を旅するついでに気軽に立ち寄ることも出き、多くの観光客で賑わう都市のようです。



P1160147

タリンの旧市街地はユネスコの世界遺産にも登録されているほど歴史的価値のある建造物が多いそう。小高い丘から赤屋根ごしにバルト海を臨む景色は絵になりますね。


留守番うおこにお土産をたくさん買ってきてくれましたよ~。




P1160074

エストニアは伝統的な柄・手法で制作されたリネンやニット製品が定番だそうです。
写真は「セーターの壁」と言われている所。城壁を利用してニット製品などを販売するお店がずら~り。
機械による大量生産品ではなく(中にはそういった製品もあると思いますが)お婆ちゃんによる手編製品などが手に入ります。

ここならば私の好きな北欧柄の製品が手に入るかも!と思い、夫に頼んで立ち寄ってもらいました。
雪の結晶とか、トナカイといったいわゆるベタな北欧柄がけっこう好きなのですが、意外にもドイツではあまり見かけないんですよね。北欧柄の子供服が欲しい~~と常々思っていたんですよ。




P1160180

左の帽子はコタロウに。右のは私用。帽子の先端が長~く編まれており、そのまま首に巻いてマフラーにできちゃうという面白いデザイン。グラデーションがとっても綺麗で気に入りました♪




P1160176

タリンではもうひとつiittalaの食器を。
iittalaといえばフィンランドのブランドですが、タリンは物価も安く、探せばこちらで購入するほうがお安く手に入るという情報を夫がゲット。

iittala のKastehelmiガラス皿26cm。
まるで雫をちりばめたようなデザインが瑞々しいですよね。新鮮なサラダをガラス皿に盛り付けたいという憧れがこれで実現しそうです。



フィンランドに渡った二人。
先ほどのiittalaもそうですが、フィンランドといえば優れた北欧雑貨に溢れる国。ムーミンに代表されるアラビア食器のアウトレットショップもあります。
B級品などがお値打ち価格で手に入るということで、もしかしたら北欧雑貨大好き日本人はみ~んな訪れているかも?

夫も行きましたが、残念ながらコレ、というものは無かったらしく何も購入せず。




P1160178

もう一つの目玉は同じくフィンランドのブランド、マリメッコ。
前回、スウェーデンに行った時にマリメッコの子供用食器をコタロウに購入したのですが、それとお揃いのリュックサックを。
コタロウの大好きな車のデザインです。




P1160110

似合う?




P1160179

後はもうすぐやってくる赤ちゃんにお洋服をいろいろ。
写真右側の黄色い模様が入った服はタリンで購入しました。エストニアの伝統柄なんだそうです。

けっこうな量を購入したと思いますが、それでも「買うのこれだけでいいかなぁ」と思わせるほど、マリメッコでは他の日本人観光客がこれでもか!というくらいここぞとばかりに大量購入していたそうです。
日本で買うとバカみたいな値段しますからねぇ・・・気持ちがわからなくもないです。




P1160181

後はペーパーナプキンをお願いしました。わーい、こんなに♪
日本に帰国したら、ヨーロッパ生活の思い出としてチマチマ使おう♪


夫より驚きのこぼれ話をひとつ。
乳幼児連れの大人一人、トラム(路面電車)がなんと
無料。コタロウをベビーカーに乗せてトラムに乗車した夫。料金を払おうとしたら運転手さんに「子供連れなんでしょ、いらないわよ~」と。

さすが福祉の国!!
そりゃあ税金も高くなるわ。

※バス・地下鉄など全ての乗り物で適用なのか、子供の年齢は何歳まで有効かなどの詳細はわかりません。





Img_0097_23

それにしても北欧の物価は高いですよね。
レストランでサーモン料理を注文した夫。これで23ユーロですって。ぐはぁ!


なんだかお土産買いに行かせたような旅になっちゃったかしら。
でも夫は男二人旅が大変ながらも楽しかったらしく、早速次の旅行はどこに行こうかな~なんて呟いています。

やめろ、もう妻は臨月じゃ。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 坐骨神経痛 | トップページ | いよいよ臨月 »

コメント

うふふ!もし娘も臨月だったら同じことを書くと思いますよ<やめろ、もう妻は臨月じゃ。

こたくん、リュックサック似合ってますよ!

こたろうさんの帽子とそっくりの物を、独身の頃の娘がフィンランドで買ってきました。
北海道で役立つことでしょう。毛糸の質が違いますよね。
手編みのセーターも毛糸が違うので暖かいこと、残念ながら父親へのお土産でした。

旦那さん、お買い物のセンスがあっていいですね~
マリメッコのリュックかわいい~♫
うちの夫は買い物に全く興味がないので、銘柄指定のお土産でも、
探そうともせずに「見つからなかった」の一言で済まされそうです。
バルト三国は未踏の地です。タリンいつか行ってみたいな~

あら、国外だったんですね!!
凄い、勇気ありますねご主人。
さすが北欧、物価高すぎ!!!
長期滞在は出来ないですね~。
Kastehelmiは毎年夏になると「欲しいな~」って思います。
でも高くて手が出せません...。

>ブチャ猫さん

帽子の形自体も北欧のデザインなんでしょうね。
エストニアのニットは、通常よりも細い毛糸で編んでいるので硬くしっかりしているような話を聞きました。
それで質が違うかんじがするのかもしれません。

>ぐりこさん

旦那さま・・・まぁ男性陣は概してお買い物苦手ですよね。
バルト三国はそれこそ日本に居てはおそらく一生行かない国かもしれませんね。
ドイツ国内から飛行機で行くならばさほど時間もかからないですし、ドイツに住んでいる間に行ってもいい国かもしれませんね。
ヨーロッパとはちょっと違う雰囲気を味わいに、私も行ってみたいです。

>ポン子さん

Kastehelmi、その後使っていますが、いいですよ~。
果物も野菜もなんだか新鮮に見えますし、ザル蕎麦用のお皿にもしています。
まぁ・・・高いんですけどね、それでも日本で買うより断然安く購入できました。
通販で購入しても日本で買うよりはすごくお安いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坐骨神経痛 | トップページ | いよいよ臨月 »