フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

暴食の結果

二人目を妊娠して食べづわりでした、という話は前々回の記事でしました。
何かを食べていないと具合が悪くなるのでとにかく食べ続けました。
そしてめでたくつわりが過ぎ去った頃に日本へ帰国。

お、おいしい・・・!食卓に並ぶ全ての料理がキラキラ輝いて見えました。


魚介類が大好きな私にとって、実家のある北海道は食の宝庫。
うまいーーーー!あれも食べたい、これも食べたいっ。

周囲の声:「妊婦さんなんだからたくさん食べて栄養とらなきゃね」

そ、そうですよね。体重増加は気になるけれど、ドイツに戻ったら節制生活をすればいいか・・・。



以下、暴食の記録(ほんの一部)。


帰国したその日の晩に魚介鍋、翌日にホッケの開き、次の日にも焼きニシン。


P1060866

回転寿司にて食べまくり。

手っ取り早くたくさんの種類の日本食を楽しむには居酒屋さんが便利。
ツブに焼き鳥、鶏のからあげ、酢の物・・・



P1140930P1140932










日本ならでは、ってことでこんなものまで注文しちゃいました。
メロンソーダ(笑)。
隣は子持ちししゃも。


夫の実家のある関西に移動する際には夫からの要請もあり、ツボダイとホッケ、ホタテをクール宅急便にて北海道から配送(最初に私とコタロウだけ北海道に帰国し、仕事のある夫は後から関西にのみ帰国。北海道には来なかったのでこちらからおいしいお魚を手配したのです~)。


着いた次の日だったかな、「赤福」を食べました。これ、最高ですよね!



P1150019

岡山に温泉旅行にも行きましたよ。
お部屋にこういうお菓子を用意してくれてるっていいですよね~。


P1150032P1150105_2



P1150039

質より量のワンプレート方式のドイツから来ると、こういうのって本当に美しいと思ってしまいます。


日本滞在期間が残りわずかになってきました。
最後4日間くらいの追い込みがすごかったです。

せっかく関西方面に来たのだから・・・ということで義両親が食事に連れていってくれ、


P1150114P1150116

てっさ、てっちり



次の日は昼にハンバーグ、夜にお刺身&北海道から持ってきた魚を焼いて。



P1150124

さらに翌日はリッチに回らないお寿司屋さんへ。夜はおでん。
その翌日は昼食に餃子の王将で中華を食べ、間食にたこ焼き、夜はすき焼き。


そして最終日の夜は焼肉を食べに行くという・・・。その間の間食でミスタードーナッツも忘れません。


結果、この1ヶ月と1週間で体重が約4キロ増!!
なななな、なんと妊娠前からは8キロ増!!!


この不良妊婦!!(*`ε´*)ノ 



ややや、やばすぎる~~~~。
妊婦がダイエットなんて・・・とか言ってる場合ではない。このままでは妊娠糖尿病とかになってしまう。
ということで早速ドイツに戻ってから節制生活です。
毎朝生野菜を良く食べ、若干ですが食べる量を減らし(関西にいるときはご飯2膳食べていたからな~)、後はもちろん野菜中心生活。

食べる量を減らした結果、すぐにお腹が空くのでまたツワリのときのような気持ち悪さが・・・。
自業自得ですがコントロールしていきます。
あ、でも妊婦健診で尿タンパク値も血圧も正常でしたよ♪



★うおこの体重の行くへやいかに?!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

布市がやってきた

どーも。ドイツは現在イースター(復活祭)で盛り上がっております。イースターの時期と言えば春の始まりを祝う時期!ってイメージがあるのですが、今年のドイツは寒いです~。
冬のジャンパー&帽子が手放せません。

そんな中、我が街に布市(Stoffmarkt)がやってきました。



P1150182

半年に一度、約4ヶ月をかけてドイツの各地を巡る布の市場です。はるばるオランダから来ているんですよ。

私のイメージでは布を含めた手芸品は日本より高いような気がします。そのくせ布の柄はあんまりかわいくなかったり・・・。
この布市ではそんなに安く手に入るという訳ではありませんが、なんたって品数が豊富なので欲しい布などを手に入れるチャンスです。



P1150183




P1150184




P1150185

今回は布を少しとボタン、飾り用のテープを購入しました。
これでまたコタロウの洋服を作るぞ♪




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2人目の妊娠は・・・

2人目の妊娠というのは、自分たちを含め周囲もたいがい一人目ほどの驚きと感動と特別感を持ってはくれないものです・・・よね。
いや、もちろん嬉しいんですよ。でもほら、一人目ほどってこと。

一人目のときは妊娠の報告をするや、日本の家族・友人から妊婦さん応援グッズ、安産祈願護符、ベビーグッズなどが届けられたりしたものです。
私もせっせと胎教に良いという音楽を聴き、妊娠中の食生活の本を読んで健康に気をつけ、生まれ来る我が子のために編み物三昧の優雅な日々。

がっ!二人目ともなると、胎教に良い音楽はコタロウのための童謡にとってかわり、食生活への取り組みも甘く、コタロウの相手で疲れ果てた夜は何もせず就寝。


産婦人科での扱いも違います。
コタロウの時は超音波映像を見ながら様子を語ってくれた医師も、二人目ともなるとわりと機械的なかんじが・・・・。診察後に画像写真も言わなきゃくれなくなってしまいました。
私もうっかり言い忘れたりして、たった2枚しか写真がない。もう大きくなってきたので身体び全体写真なんか手に入らないのに~~~~。


なんだか可哀想なベビーちゃんです。
よくありがちな、2人目は幼い頃の写真が少ない、なんてことにならないように気をつけたいと思います、はい。

それでも無事に生まれてきて欲しい気持ちに変わりはないもの。日本一時帰国時には安産祈願へ行ってきました(これに関しては別記事にて)。
すんごくかわいらしいベビー服も日本でゲットしてきましたよ。


あ、そうそう。
二人目の出産は一人目のときよりも楽になるって話を聞いたことがあります。そうだったらいいな~と期待している私ですが、二人目だからって容赦してくれないのが、


THE・つわり  です。



一人目の時に私的にはめちゃくちゃ苦しんで、分娩時よりもあのつわりを繰り返す方がごめんだ、と思っておりました。
しかしそいつはまた情け容赦なく襲来。

妊娠6週から14週までと、けっこう長めでした。
一人目のときと同様、食べつわり。毎日吐き気と倦怠感に襲われ、常に何か食べていないと気持ちが悪くなるので間食しまくり。

眠い~気持ち悪い~。でもコタロウにはそんなこと関係ない~。
頼むから寝かせて・・・と、遊びたい盛りのコタロウを無視してベッドに横になったことも。
折りしも季節は寒くてどんより暗い真冬。
コタロウを公園に連れ出して遊ばせる元気なんてない。
日照時間ゼロの日だって珍しくない。こりゃノイローゼコースまっしぐらでしょ。

そして私の場合、どんなに吐きそうになっても絶対吐けないんです。

「吐く~、死ぬ~、もうだめ~」

と毎日繰り返しておりましたら、夫より
「また吐く吐く詐欺ですか。どうせ吐かないんでしょ」と、詐欺呼ばわり。


もしもつわりが全くない妊婦さんがいらっしゃったら、超ラッキーな体質(?)と思ってくださいね~。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

1歳10ヶ月

遅くなりましたが、コタロウ1歳10ヶ月の成長記録です。


ついに

ついに


言葉が出たーーーーーーーーーーーーーーー!!!



赤ちゃん言葉だけで一向に単語らしきものを発しなかったコタロウですが、ついにしゃべりました!!
日本に一時帰国して2日ほど経った日、急にこちらの言った言葉をオウム返しのように言うようになりました。「パン食べようか~」と言ったら「パン」と言ってみたり。もちろん発音は正確ではないので何言っているのかわからないこともありますが。


1歳9ヶ月までに言えた言葉は「パパ」「ママ」「チュース」「アロー(ハロー)」のみ。さ、寂しい!

それがですね、日を追うごとにどんどん増えてきて、ななな、なんとこんなに言えるようになりました。


「パン」
「あった」(物を探して見つかった時に使う)
「(カン)パーイ」(乾杯)
「チ―ン」(電子レンジやエレベーターの音を真似て)
「ピーポー」(救急車の音を真似て)
「にゃー」(ネコの鳴き声を真似て)
「にゃんにゃん」(鳥以外の動物はとりあえずにゃんにゃんだと思ってるっぽい)
「あーれー?」(不思議に思った時や主に物や人を探すときに使用)
「来た」
「来て」
「ここ」(場所を指すときに使用)
「こっち」
「開~け~て~」
「ネンネ」
「(バ)ナナ」
「出来た」
「どーん」(物がぶつかる擬音)


自ら話さずに、こちらが言った単語を繰り返すだけのものもありますが、それは理解して話しているのだと思われます。
今のとことは名詞よりも動詞や擬音語が多いかな。


急に言葉が出てきたのは明らかに一時帰国して日本語に触れる率が格段に上がったことが影響していると思われます。
ドイツ生活では私は一方的に話かけていますが、会話としての日本語を聞く機会はほとんどありません。私と夫が話しているといっても、それを聞くのは1日に3時間程度。私も夫も普段からベラベラしゃべるタイプではないですし。
それが日本ではじぃじ、ばぁばが朝から晩まで一緒にいる生活。そしてドイツで私と二人だけで過ごす日中とは全く違ってさまざまな場面に出会ったり、どこに行っても日本語が飛び交っていたり。

新しい単語が出てくるたびに夫とハット顔を見合わせて驚きと喜びを噛み締めています。
うおこ家では絵本を見ながら「これはリンゴだよ、リ・ン・ゴ」などのように無理に覚えさせようとは一切していなかったので、突然予想外の単語がコタロウから発せられると驚きと喜びも増します。
あぁ、母ちゃん嬉しい!

・・・でも、これがドイツに戻ったらアッサリ忘れてしまうのかもしれませんねー。



言葉以外

・滑り台を座ったまま滑れるようになった。
今までは最初から寝かせないと途中で後ろに倒れて頭を打ってしまっていたのですが、いつの間にかできるようになっていました。

・歌って踊る
童謡に合わせて振り付けをしたり、発音できる音を発したりなど、歌おうとする感じが見られる。


あ、ちなみに。
たくさん単語が出てくるのと同時に「ママ」を忘れました。今は「遊んでくれる人=パパ」のようです。父親以外の人も相手をしてくれればパパと呼び、私もしつこいくらい「ぱぱー」と呼ばれます。
言葉をたくさん理解しているのに、なにゆえ基本的な「パパ」「ママ」の概念が未だ理解できていないのかが疑問です。




P1150152

日本では自販機が気になって仕方がなかったコタロウ。
届くボタンは全て触り、おつりが出るところ、ジュースが出るところは手をつっこんでパタパタ。
ドイツには自販機無いからねぇ・・・。珍しかったんでしょうね。



★春には2歳を迎えるコタロウに、ポチットお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日独の生活ギャップ

日本へ一時帰国するたびにちょっとした生活ギャップを感じます。


日本に着いて思ったこと、驚いたこと。


・家の便座や流し台が低い!腰痛持ちとしては洗面台があの低さでは顔洗うの辛い・・・。

・パン屋さんでパンを買うと、1個ずつビニール袋に入れてくれる。

・店員さんがあまりに丁寧。ニコニコしてて言葉遣いも説明も、こちらの扱いも全てが丁寧で、返ってこちらが気恥ずかしくなります。

・え、それ、無料サービスですか?!
飲食店で水やお茶が無料ですよね・・・。食後にお茶を頼んだ家族に、それ、無料だっけ?って聞いちゃいました。
それと洋服などを買った時にプレゼント用だと告げれば簡易包装してくれますよね。そんな習慣、すっかり忘れていたのでドキドキしながら(小心者)聞きました。

・マスク着用
いや~驚きました。特に夫の実家がある関西へ行った時。びっくりするくらい皆マスクを着けているんですもの。車の中でもね。花粉症と黄砂とPM2.5対策なのだそうです。
花粉症ではない私にとってはマスク=風邪の図式しかなかったもので。甥っ子に会って開口一番「あれ~、風邪ひいたの?」なんて聞いちゃいましたよ。



ドイツに戻ってきてため息ついたこと・・・。

・お湯沸くの遅っ!!
火で沸かすのと電気とは威力が違いますねぇ、やはり。

・コタロウに水をあげよう、あ~面倒くさい。
日本では水道水をそのままあげてました。なんて楽チン。ドイツではカルキやらなんやらが気になるので、まず水道水を浄水器でろ過→ヤカンでお湯を沸かして煮沸消毒→冷ます、の工程をとっています。

・水が硬い!
髪を洗った時のサラサラ具合がぜんぜん違います。あ~・・・水悪いなぁ。

・今日のご飯、何にしよう・・・。
スーパーに行くと同じものしかないでしょ、種類が少ないでしょ、特に野菜。


愚痴だらけになってしまいそうなので、早くドイツの生活に慣れなくては。



食料品に関しては今回も気合を入れて日本から大量に仕入れました。
じゃん!



P1150162

スーツケース丸ごと1個分。




P1150163

そして、お菓子(笑)。
うおこ夫は無類のお菓子好き。家には常にお菓子のストックがあります。でもドイツ菓子は好まないのでここぞとばかりに買いました。お菓子だけでいったいいくら費やしたかしら・・・。




P1150156

そして今回も最大の難関はドイツでの税関。
なんせ小さな子供づれにしては異常な荷物の量。スーツケース3つにキャリーバッグ3つ。
コタロウにはこんな風に移動してもらいました。
時差ぼけで眠い~~~の図。

前回税関を通る時はコタロウにお菓子をちらつかせ、敢えてすぐには与えず泣かせ、子供が泣いているわ~。早く早く!っていう家族を演じて見事に通過。

そして今回はわざとお腹を突き出して歩き、ふぅ~、妊婦はしんどいわぁ。こんなに小さい子供もいるし、と、コタロウを前面に押し出す。何一つ怪しいところのない家族ですよ~~~とアピール。
子供が小さいと使えます・・・。


気温も低くてまだ春が遠そうなドイツ。でもまたドイツ生活です。
出産もひかえているし、しばらくは帰国できそうにないのでまたドイツ生活を楽しまなくっちゃ。




★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

しあわせのご報告

コタロウが誕生して1年と10ヶ月。
未だ親としての未熟さを感じつつも、日々、コタロウがいてくれることへの幸せをかみしめています。

そしてふたたび、大切ないのちをこの身に宿すことができました。

現在、妊娠19週(5ヶ月)、8月出産予定です。
ドイツに無事戻ってきてからのお知らせにしようと考えておりましたのでずいぶん遅れましたが、ここで皆さまにご報告いたします。

つわりは前回同様に厳しく、毎日「吐く~、死ぬ~」を連発して夫をうんざりさせておりましたが、それも今は治まりました。
その反動もあってか日本では暴食を重ね、一気に体重増加。
明日の定期健診で問題がないかどうかちょっと不安です。


8月までマタニティライフを満喫しつつ、無事に出産できることを祈っていきたいと思います。



★新しいいのちに応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

再開

どーもみなさん、長らくブログ更新を怠っておりました。
昨日無事ドイツに戻りました。
日本のあれやこれやにイチイチ感動して、そんな間にもコタロウが1歳10ヶ月を迎え、書きたいこと満載です。
が、かつてない疲労感に襲われておりますのでゆるりと進めてまいりたいと思います。
またよろしくお願いします。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

親子工作教室―3

2週に1回くらいは息子と一緒に工作をしたい・・・と思いつつ、ネタもなく3回で停滞中の親子工作教室。
しかも今回は工作と呼べるものでもないし。でも一応作ったので記録までに掲載しておきます・・。




P1140033

本日は「お絵描きボード」。
大き目のダンボールを2枚用意します。




P1140330

2枚をつなげてつなぎ目を補強します。
片面に紙を貼ります。




P1140334

はい、できました。即席ボードです。
模造紙がよかったのですが、こちらで白い模造紙をみつけることができなかったので、梱包用のクラフト紙をロールで購入して貼りました。
絵でいっぱいになったら紙を貼りかえれば何度でも使えます。

小さな紙の枠にとらわれることなく、自由に線が描けるようボードを制作したのですが、コタロウはお絵描きにまだ興味が無いようです。私が隣で描いていてもすぐに飽きちゃって他の遊びをしてしまいます。
活用されるのはもう少し後なのかな~。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツのソリって素敵♪

P1140841

ドイツに来てはじめての冬、子供用のソリをみつけて憧れました。
日本ではプラスチックのソリが主流ですが、こちらでは木製のソリが定番のようです。

もちろん日本のとは形が違いますがプラスチックもありますよ。
でも断然素敵なのが木製のもの。
持ち手がついているタイプもあり、それにいたってはサンタクロースが乗っているソリなんかを連想させちゃいます。



P1140842

ずーっといいなぁと思っていましたが私の住む町では雪が少ないので活用する機会もないなと思っていました。
が、去年のクリスマスに知人からプレゼントされ、ついにゲット!おりしも今季は雪が多くて3回ほどコタロウを遊ばせることができました。
そういう時に限ってカメラを持っていなくて写真が無いんですけどね・・・。

コタロウは大喜びできゃっきゃと声を出していました。
私がよく見ずにいきなりヒモを引っ張って、ついてこれなかったコタロウをすこーんと雪原に落としてしまったことも数回・・・。

木製なので長く使えそうですし、これは日本帰国の際は絶対持って帰ります♪



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »