フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

夢のダンボールハウス

作りましたよ~~、ダンボールハウス!
大きなダンボールが無くてつぎはぎだらけですが。


P1120975

家の中を色画用紙で装飾して鏡をつけてみました。




P1120976

作り始めると凝ってみたくなり、扉には鍵穴なんかもつけてみたり。




P1130270

ポストも付けてみました。
そこから小さな本などを入れて遊んでくれています。




P1120980

ポストの裏側は郵便物をキャッチする紙袋を設置。
家の中には吊り下げフックを作りました。物を引っ掛ける練習になっています♪




P1120974

窓からコンニチハ~。

追いかけっこをするとダンボールハウスに逃げ込んで、更に追いつめると窓から脱出したりします。




P1130268

自分の基地のように感じているのか、この家をすごく気に入ってくれたようで毎日ここで遊んでくれてまーす。
本当に作ってよかった♪ママさん頑張った甲斐がありました。



★ママさんコタロウのために何でも作るぞ!応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

我が街も都会化?

本日、我が街がちょっと都会化しました。
人口10万人都市にしては大きめの商業施設がオープンしたのです。
電器屋、靴・服、ちょっとしたフードコート、ドラッグストアなどなど・・・中身はいたって普通。
でもすごいのがスターバックス・コーヒーが入ったこと!
今日は人が多すぎたので落ち着いたころ行きたいと思います♪


「東京寿司」という回転寿司まで入店していました。
でも何人かわかりかねるアジア人(中国人だと思いますが、ちょっと違うような気も・・)が「いらっしゃいませ!」と思い切り平仮名で書かれたはっぴを着ておりました。
うーん・・・こちらも少し様子を見てから試そうかと思います。


たくさんのお客さんで溢れかえっていて活気はありましたが、思ったのは、「やっぱりドイツよね」ってこと。
日本だったらそういう大型商業施設がオープンする時はオープン記念セール!!と銘打って目玉商品がゴロゴロしていたり、他店との差別化を図るためにその施設内だけで使えるポイントカードとかありますよね。

ドイツ、そういうの、無し。
お店によっては10パーセントオフとかありましたが、それほど安売りしていた感はありませんでした。それを顕著に感じたのが電器屋さん。
電器屋さんを見に行った夫がつまらなそうな顔して戻ってきました(笑)。



P1130462

そんなこと全く関係のないコタロウは、施設前広場の噴水で楽しそうに遊んでました。
日本にいる叔母さんからいただいた長靴を初めて履いてご満悦の様子。

叔母さんありがとう♪似合っているでしょ?



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

秋ですね

寒い~。毎日寒いです。
午前中の気温は一桁台です。室温は20℃前後。あ~早く暖房付けたい。でもまだ9月ですもの。せめて10月に入ってからだよねぇ。

さて、なんとか気管支炎は快方に向かっております。
気管支炎で動悸が激しくなるってことあるかしら?私は少し動くとすぐに心臓がバクバクしてきて気持ち悪かったのですが。病院で心電図を2回とりましたが異常はなし。
明日からは語学学校にも復帰したいと思います。


自宅安静だったためちょっと時間ができたので、秋冬を迎える準備をしました。
家族3人分の衣替えとミニ花壇のお手入れ。
来週は秋の植物と球根を植えたいなぁと思いつつ・・・でも無理は禁物かな。




P1130362

寒くなってくると和食がいいですよね。
レンコンは先日、実家の母が送ってくれた貴重な一品。





P1130287

最近の夕焼けは綺麗です。
もうすぐこんな空も見られなくなるのかと思うと、季節の移り変わりが本当に惜しまれます。
最近撮影した空の写真を載せてみますね。


P1130312




P1130411





体調崩している間、製作がストップしてしまったのでまた明日から頑張ろう。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

風邪ではなかった

ひどい風邪をひいたものだと思っていたら、「気管支炎」と診断されました。
気管支炎なんて初めてです。感染の恐れがあるので日中はマスク着用、夜は隔離病棟(ほとんど使用していない子供部屋)で独りぼっちで就寝。
自宅安静のため語学学校も1週間お休み・・・あぁ・・・もうついていけない。


時々胃痛、頭痛に悩まされ、少し家事をするだけで心臓がバクバク。
コタロウを外に連れ出してあげることも、思う存分一緒に遊ぶこともできません。ごめんよー・・・。
ちょっと疲れたので横になっていたら、「遊ぼうよ~」と腕をひっぱってきます。「ごめんねー、今できないわ」というと不満そうな顔をして叩いてきたりします。
家中走り回って一人遊びをしてくれればよいのだけど、私が寝ている周りをうろうろしているばかりなのが切ないです。


最近ちょっと暴力的になってきたコタロウ。暴力といっても物を投げられるようになったので投げたり、強く叩いたりする程度ですが。
3日前は頭痛がしたので寝ていたら、おもちゃの携帯電話でこめかみのあたりをガツーンと殴られました。
その後、また気配がしたのでうっすら目をあけてみたら、太鼓を叩く用の木の棒をふりかざしておりました。
このときはさすがに思いましたね。

「あ、私、息子にコロサレル。」


うおこ夫にはこのように言ってあります。
もしも密室で私が頭から血を流して倒れていたら奴が怪しいかもよ、と。


今はだいぶ回復しましたが、これからの寒い季節、こんな調子で乗り切れるかしらー。
腰痛が発症しなかっただけ自分を大絶賛したい気分なんですが、そういうことじゃないですよね、はい。



★うおこ母ちゃんガンバレー、の応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの秋の味覚

食文化が貧しいと思われがちなドイツ(私も思っていますけど)ですが、季節ごとにひとつくらいは楽しめるものがあるもので。




P1130402

今まさにこの時期にしか味わえないものが
Federweißer(フェダーヴァイサー)。
まだワインになる前の、発酵途中のぶどう酒。ドイツではMostと呼ばれる段階にあるものだそうです。

酵母によりブドウの発酵が進み、果糖がアルコールと炭酸に分解されます。アルコール分が4パーセント程となると
Federweißerとして販売され、発酵が進むと最終的にはアルコールが11パーセント程になります。
完全発酵されるまでの全ての段階がFederweißerに含まれるので、飲む時期によって異なった風合いを楽しめるのかも。

今はまだ出始めて間もないのでアルコール分も少なく、まさに濃厚なぶどうジュース。
がぶがぶイケちゃいます。

ワイン同様こちらにも産地があって、私はやはり住んでいる地域のラインガウのものをチョイスしました。あ~おいしい!





P1130401

Federweißer
に合わせるものとしては玉ねぎケーキが定番ですが、これはまだ試したことがありません。
今回は
Flammkuchen(フラムクーヘン)を家で焼きました。FlammkuchenFederweißerはこの時期レストランでセットメニューにもなっていたりします。
Flammkuchenは日本で言うと、薄いピザ生地の上に酸味のあるクリームチーズを塗ってたまねぎとベーコンを乗せてオーブンで焼いたもの、というかんじかな。

ピザよりもあっさりしているし、
Federweißerにも合いますね。
ごちそうさまでした~~。



★体調崩しているからもっと栄養あるものを食べないといけないのだけど・・・。★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

1歳4ヶ月

どーも。
更新を怠っている間、コタロウは1週間も前に1歳4ヶ月になりました。


確か前回(1歳2ヶ月期)では脳の発達が特にみてとれた、と報告しました。
今月(1歳3ヶ月期)ではそうですね~・・・運動能力の向上かな。

爪先立ちで歩いてみたり、その場でくるくる回って自分で目を回してみたりしています。
低めの階段ならば何につかまらなくても3段ほど降りることができる。上りは両手で手すりにつかまれば一人でも上ることができる。
高速足踏みが得意で、音楽が流れると足踏みしながら踊る。その踊りにも体をちょっとひねってみたり、横揺れ、手の動きをつけてみたりと、バリエーションが加わった。
滑り台を両手でつかまりながら下から登る。
「小走り」から「走る」一歩手前くらいのスピードで動ける。
(スピードつきすぎて脚がついていかず、もつれて柱に顔をぶつけたりしています。最近では顔に常時3箇所は青あざ作っています。
( ̄_ ̄;)


そして、そして、なんと言ってもうおこ的にうれしかったのが、
「ママ」と呼んでくれるようになったこと!!ぱんぱかぱーん!!
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


「パパ、パパ」呼ばれて「ちがうよ~、ママだよ~」「マ・マ」といい続けたかいがあったわ。

朝から晩まで「ママ」→「なあに?」、「マーマー」→「はぁい?」、「マァマ」→「はいはーい」の繰り返し。どうしたの?って言うくらい突然「ママ」を連呼。


うおこ夫:「ちっ、マザコン野郎め!」
(「ママ」を言うようになったとたん「パパ」を忘れたみたいでめったに言わないので寂しくなっていると思われる。)



●身長・体重

79cm 10kg
(でも服は80だと小さいです)



●人見知り


人見知り知らずできましたが、今になって恥ずかしい気持ちが芽生えたのか、慣れていない場面に出くわすと急にパパ・ママにしがみついてきたりする。



●食

離乳食完了(できるだけ薄味・無糖を心がけています)

食の好みがだいぶでてきた。お魚大好き。人参・緑の野菜は細かくしないと食べない。



●男の子だねぇ・・・。

飛行機・電車が好きで、見ると指をさして喜ぶ。音を聞いただけでも反応する。
(時々、草刈機のヴィーンという音をヘリコプターの音だと間違って反応しているが・・・)



●おもちゃで正しく遊ぶ

むやみやたらに物を口に入れなくなった。今まではただ単に口に入れたりブンブンふりまわしているだけだったおもちゃを、正しい用途で使用するようになった。
たとえば自動車のおもちゃを床の上で転がしたり、積み木を重ねたり、砂場ではスコップで砂をバケツに入れることができる。



こんなところでしょうか。
来月期は何か言葉を発してくれるといいのだけど。



★「ママ」って呼んでくれるとかわいさが増しますねぇ。やったね、コタロウのクリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

これは・・・日本のパンです

ブログ更新を怠っておりました。何をしていたかと言いますと、風邪でぶっ倒れておりました。

あー、またです。
年初に「風邪をひかない」という目標を立て、春~夏にかけてはなんとか頑張って元気だったんですがねぇ。
1ヶ月ほど前から軽い風邪をボチボチひきはじめました。
今回は1週間以上前から喉が痛かったのと咳がひどくて、ついに熱も出ました。咳とタンがとめどなく出てきたので夜は眠ることができず、ホットハチミツレモンと生姜湯をがぶ飲み。
熱は下がったものの、咳のしすぎで横隔膜のあたりが筋肉痛です。


そんな1週間を過ごしている頃うおこ夫が何をしていたかというと・・・




P1130389

パン作り。

マニトバという小麦粉で作ったパンがふわっふわで美味しいのなんのって。
日本のパンにかなり近い感じに仕上がります。
小麦粉が違うだけでこんなに味に影響するのね~。




P1130378

中身を餡子(餡もうおこ夫がお豆から煮て作りましたよ♪)にしたのでコタロウにはちょろっとしかあげなかったのだけど、風合いの違いがわかってしまったのかしら、乾燥したドイツパンに見向きもせず、これを欲しがりました。


語学学校の託児所に同じく夫が作ったヨモギパンを持っていったのですが、保母さんにすごい勢いで質問されました。

保母さん:「こ、これ、カビが生えているんじゃ・・・それとも、これはチーズなの?!」

うおこ:「いや、それは・・・じゃぱにーず葉っぱ・・・」


紛らわしいことしてごめんよ。





P1130377


ブログも頑張って更新していきます。
記事ネタはたくさんあるのに書く時間がないよー!



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ただならぬ殺気

ワタクシ、部屋の中に入ってきたハエには容赦しない主義なんですの。
ドイツの窓には網戸なんてついておりませんから、ハエやら蜂やらが入り放題。

この間ハエが五月蝿かったものですから、新聞紙を丸めて殺生に及んだんですな。
的が外れてしまったので何度か腕を振り回したり狙いを定めていたら、コタロウが急に怯えだして立ちすくんだままちょっとアワアワしておりましたの。

あれ? もしかしてただならぬ殺気を感じてしまった??
(゚ー゚;



それから数日後、部屋にまた虫が飛んでおりましたの。
ハエではなかったので、あ~黒い虫が飛んでるな~とぼんやり眺めておりましたら、コタロウが突然、「あ゛-っ!」という力強い声とともに手をぐーにして腕を振りましたの。


こ、これはっ!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


もしかして先日のハエ叩きの真似をしている?!
思わず、うおこ夫と目を見合わせて笑ってしまいましたわ。
よほど衝撃的だったのでしょう。
それからというもの、時々急に思い出したかのように突然「あ゛-っ!」と言っては腕を振り回しておりました。
やっている本人がちょっと得意気なのと、頼もしさを覚えるくらい声が力強いので、それはそれで面白いですよ。


ハエ叩きブームは去ったのか、最近はもうやらなくなったけれど、これから何を真似されるかわからないから行動に気をつけないといけません~。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

シソに似て非なるもの

先日、韓国人の友人ができました。
その友人から家庭菜園しているという「エゴマの葉」をいただきました。


P1130180

見た目は青シソの葉そっくりです。それをやや肉厚にしたかんじ。
香りはありますが、青シソのように強くはありません。

韓国から日本に来た人がスーパーで「わ~い、エゴマが売ってる~♪」と、シソを買って食べてビックリしたという話を聞いたことがあったのだけど、きっとコレですね!!

「焼いたお肉やご飯を巻いて、コチュジャンとお味噌を混ぜたもので味付けして食べると美味しいよ」とのこと。

コチュジャンは確か・・・賞味期限が1年前にきれたものがあったはず・・・。
うーん、でもそれだけでおいしいかなぁ・・・

で、いろいろ試してみた結果、うおこ家では以下のレシピがおいしいと思いました。
本来の食べ方とは違うと思うけれど。


焼いた牛肉に焼肉のタレをつける。
(最初からタレに浸けたものを焼いてもいいと思います。タレはゴマ、豆板醤、醤油、砂糖などで自分で調合しました)
     ↓
ゴマの葉にお肉とご飯を乗せ、味噌とコチュジャンを混ぜたものを乗せる。お好みで薬味ネギも。
(夫は無いほうがよかったみたいですが、ピリっとするので私はネギ入りの方が好きです)


葉に独特の味があるので、お肉だけではなくご飯も一緒に巻いた方が美味しいと思いました。


まだ残りがあるので、何に使おうかしら・・・。
ちなみにシソとして代用はできそうにありません。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ワッフル食べるぞ、ベルギー旅行-ブルージュ2

ブルージュ旅行記の続きです。


16

街の中心地・マルクト広場のすぐ近くにあるブルグ広場にやってきました。
市庁舎に隣接して、聖血礼拝堂があります。
ガイドブックによると、十字軍遠征に参加したフランドル伯がコンスタンチノープルから持ち帰ったキリストの血が奉納されているのだそうです。




17

入場無料だったので入ってみました。中は金襴豪華です・・・。




18

窓からは虹色の光が。
歩き疲れたら教会でちょっと一休み、というのを私はよくやるのですが(椅子もあるし、中は涼しいし、ほとんどが入場無料だし。キリスト教徒さんに怒られますかね~。)、やっぱり神社やお寺同様に厳かな空気感があって、なんだか落ち着きます。





19

ブルージュではもうひとつ、聖母教会に行きました。

ここにはミケランジェロの聖母子像があるとのこと。
聖母子像は別料金を払わなければなりませんが、せっかく来たので見てみたい。





20

笑っているわけでもなく、ただ静かに目を閉じるマリア。穏やかな・・・というよりは気高さを感じるような・・・さすがミケランジェロです。男性でありながら、女性の、そして母の深い思いを表現できるとは。


21

私はコタロウを抱いてこんな表情できるかしら?いやー無理無理。
しばしマリアを眺め、“母”の研究にいそしみました(笑)。





22

聖母教会からさらに足をのばすと、世界遺産に登録されているベギン会修道院に行き着きます。緑の中に静かに佇む光景は絵になります。


23



24

街を歩いていたらこんなかわいいチョコレート屋さんが。お店自体がお菓子みたい。



さて、最後に食べ物情報を。
もういらない!というくらい十分にワッフルを食べましたが、やっぱり食事でもおいしいものを食べたいね~・・・ということで。



25

こちらは小エビのコロッケ。
中がとろ~り、カニクリームコロッケみたいにクリーミーでしたよ。カリカリに焼いたパセリは塩味が強いのですが、レモンをかけてコロッケといただくと、これまたおいしかったです。
レストランでは前菜として出していました。


ブリュッセルのレストランでもこれでもか!と宣伝していましたが、ベルギーの郷土料理として有名なのがムール貝。
見よ、この大きさ!



26

香草をたっぷり使ったムール貝の酒蒸しのような料理が大胆にも深鍋ごと出てきます。
しかもフリッツ(フライドポテト)と一緒に。フリッツには特に味がついておらず、ムール貝のお口直し的に食べるかんじかな?
ドイツを出たら絶対魚介類を食べるぞ!と思っていたので幸せ~。
でもあまりの量に残してしまいましたが。



美味しいものを食べてすっかり気分をよくした翌日のランチ。
観光地だからなのか、ドイツに比べるとレストランでの食事代が高いブルージュ。何を食べるか散々お店を回った結果、ちょっと軽めのものを選択。

メニューには「Croque Monsieur + Salad」 7.50ユーロ とありました。
ちなみに前日に食べて美味しかったコロッケは「Croquettes」。

あ、なんかスペルが似ている。何かがわからないけれど、これにしてみよ~~っと。

出てきたのが、コレ。



27

は?ただのトーストやんけ・・・。  え!まさかこれで7.5ユーロ???!!!
( ̄○ ̄;)!
思わずウェイターのお兄ちゃんに確認しちゃいました。え、これがCroque Monsieur?

はい、間違いないようです。

がくぅ~~~ _| ̄|○


旅の疲れがどっと出ました。
料理名を知らないのに果敢にチャレンジ注文して失敗するパターン(年に数回はある)。

後にうおこ夫に「ベルギー旅行で何が一番思い出に残っている?」と質問したら「どっかの誰かさんがコロッケだと思って注文したらパンが出てきたことかな~」と言っておりました。
またまた笑いを提供してしまったようです。

ブルージュに行かれるみなさん、ご注意を。




28

憧れの街ブルージュはお菓子みたいな街でしたね。
ブリュッセルでは雨に降られましたがブルージュはお天気に恵まれて最後に笑いもとったし、大満足の旅でした。



★失敗注文に笑っちゃった方は愛のワンクリックを!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ワッフル食べるぞ、ベルギー旅行-ブルージュ1

00

こんにちは~。今日はいいお天気。
水の都、ブルージュにやってきました(7月の話ですけど・・・)。




01

私の知人が「ブルージュは本当にどこに行っても街並みが素敵!」と言っていたので、ヨーロッパ滞在中に一度は行ってみたいと思っていた街。
運河に囲まれた歴史地区全体が世界遺産にも登録されているそうです。



02

では早速、運河めぐりのボートに乗船。
観光シーズンだったので多くの観光客が乗船待ちの列を作っていました。1台のボートに30人くらいがすし詰め状態で乗り込みます。
ベビーカーは乗船口に置くことができました。子供連れでも大丈夫。




03

風を受けながらいくつもの橋の下をくぐりぬけていきます。




04

こーんな低い橋も。手を伸ばせば天井まで届きましたよ。




05

コタロウも大喜び。
子供に限らず、水上だと大人もなんとなくはしゃいでしまうのはなぜだろう・・・。私だけ?




06

左右には階段状のファサードがついた家並みが続き、目を楽しませてくれます。




07




08

ボートを降りて、今度は徒歩で散策です。小さな街なので徒歩でも十分回れます。
レンガ造りの家並。ドイツや他の国で見る建物と形は似ていても、レンガ造りなのと窓が大きめなのが、オランダのそれと近い気がします。

そういえば、ボートに乗ったときに「かつては窓の開口部の大きさによって税金(?)が違った。たくさんの窓がある家は豊かな証。」というような事を案内の方が言っていたような気がします。英語やドイツ語なのでちゃんと聞き取れませんでしたが。




090



091_2

かわいいポスト!




10_2

あ!飛行機墜落!!・・・の、オブジェです。




11

中世の街並みには馬車が似合いますね。けっこうなスピードでカポカポ言わせて走っていましたよ。

馬のお尻から馬車の先にかけて黒い布がぶら下がっています。
道端に排泄物を落とさないよう工夫されているんですね。




12

馬専用の水飲み場???




13

マルクト広場にやってきました。
多くの馬車や人が行きかい、オープンテラスのレストランに漂う食欲をそそる匂い。食器の音と談笑のにぎわい。本当に活気のある広場でした。

これは西フランドル州庁舎。ネオ・ゴシック様式だそうです。




14

左に目を移すと、レンガ造りと切妻屋根のギルドハウスが並んでいます。ブルージュらしい景色だと思いました。
その手前には1302年の対フランスの一揆で活躍した英雄の像が。




15

像を挟んで向かいには八角形の鐘楼がそびえたっています。
15分ごとに47個のカリヨンが音を奏でるそうですが、これがまた綺麗な音。しかも毎回同じ曲ではなかったような気がします(そんな気がするだけで実際どうだったかはわかりません)。


長くなりそうなので続きはまた明日。


★ブルージュもいいね、と思った方は応援クリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »