フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ワッフル食べるぞ、ベルギー旅行-ブルージュ1 | トップページ | シソに似て非なるもの »

ワッフル食べるぞ、ベルギー旅行-ブルージュ2

ブルージュ旅行記の続きです。


16

街の中心地・マルクト広場のすぐ近くにあるブルグ広場にやってきました。
市庁舎に隣接して、聖血礼拝堂があります。
ガイドブックによると、十字軍遠征に参加したフランドル伯がコンスタンチノープルから持ち帰ったキリストの血が奉納されているのだそうです。




17

入場無料だったので入ってみました。中は金襴豪華です・・・。




18

窓からは虹色の光が。
歩き疲れたら教会でちょっと一休み、というのを私はよくやるのですが(椅子もあるし、中は涼しいし、ほとんどが入場無料だし。キリスト教徒さんに怒られますかね~。)、やっぱり神社やお寺同様に厳かな空気感があって、なんだか落ち着きます。





19

ブルージュではもうひとつ、聖母教会に行きました。

ここにはミケランジェロの聖母子像があるとのこと。
聖母子像は別料金を払わなければなりませんが、せっかく来たので見てみたい。





20

笑っているわけでもなく、ただ静かに目を閉じるマリア。穏やかな・・・というよりは気高さを感じるような・・・さすがミケランジェロです。男性でありながら、女性の、そして母の深い思いを表現できるとは。


21

私はコタロウを抱いてこんな表情できるかしら?いやー無理無理。
しばしマリアを眺め、“母”の研究にいそしみました(笑)。





22

聖母教会からさらに足をのばすと、世界遺産に登録されているベギン会修道院に行き着きます。緑の中に静かに佇む光景は絵になります。


23



24

街を歩いていたらこんなかわいいチョコレート屋さんが。お店自体がお菓子みたい。



さて、最後に食べ物情報を。
もういらない!というくらい十分にワッフルを食べましたが、やっぱり食事でもおいしいものを食べたいね~・・・ということで。



25

こちらは小エビのコロッケ。
中がとろ~り、カニクリームコロッケみたいにクリーミーでしたよ。カリカリに焼いたパセリは塩味が強いのですが、レモンをかけてコロッケといただくと、これまたおいしかったです。
レストランでは前菜として出していました。


ブリュッセルのレストランでもこれでもか!と宣伝していましたが、ベルギーの郷土料理として有名なのがムール貝。
見よ、この大きさ!



26

香草をたっぷり使ったムール貝の酒蒸しのような料理が大胆にも深鍋ごと出てきます。
しかもフリッツ(フライドポテト)と一緒に。フリッツには特に味がついておらず、ムール貝のお口直し的に食べるかんじかな?
ドイツを出たら絶対魚介類を食べるぞ!と思っていたので幸せ~。
でもあまりの量に残してしまいましたが。



美味しいものを食べてすっかり気分をよくした翌日のランチ。
観光地だからなのか、ドイツに比べるとレストランでの食事代が高いブルージュ。何を食べるか散々お店を回った結果、ちょっと軽めのものを選択。

メニューには「Croque Monsieur + Salad」 7.50ユーロ とありました。
ちなみに前日に食べて美味しかったコロッケは「Croquettes」。

あ、なんかスペルが似ている。何かがわからないけれど、これにしてみよ~~っと。

出てきたのが、コレ。



27

は?ただのトーストやんけ・・・。  え!まさかこれで7.5ユーロ???!!!
( ̄○ ̄;)!
思わずウェイターのお兄ちゃんに確認しちゃいました。え、これがCroque Monsieur?

はい、間違いないようです。

がくぅ~~~ _| ̄|○


旅の疲れがどっと出ました。
料理名を知らないのに果敢にチャレンジ注文して失敗するパターン(年に数回はある)。

後にうおこ夫に「ベルギー旅行で何が一番思い出に残っている?」と質問したら「どっかの誰かさんがコロッケだと思って注文したらパンが出てきたことかな~」と言っておりました。
またまた笑いを提供してしまったようです。

ブルージュに行かれるみなさん、ご注意を。




28

憧れの街ブルージュはお菓子みたいな街でしたね。
ブリュッセルでは雨に降られましたがブルージュはお天気に恵まれて最後に笑いもとったし、大満足の旅でした。



★失敗注文に笑っちゃった方は愛のワンクリックを!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ワッフル食べるぞ、ベルギー旅行-ブルージュ1 | トップページ | シソに似て非なるもの »

コメント

あ・・・これは結構日本語でも最近使われているような気がしますが・・・
スタバなどで「クローク・ムッシュ~」なるパン(間に何かが挟まっている場合もありますが)が、コーヒーなどのセットであるではありませんか

ま、これも良い思い出ですね(笑)

>セアガさん

ななな、なに~~~っっ!
スタバのない田舎街に住んでいるし、知らなかったよ~~~。
日本人は横文字好きだよねぇ・・・。本場で食べてもただのトーストでしたよ。
なんかジャムが挟まっていたような記憶がありますが・・・。
家で即効作れるし。友達を家に招いて「クローク・ムッシュ~よ~」なんて言って出したら、「ぷっ」って笑われそうな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワッフル食べるぞ、ベルギー旅行-ブルージュ1 | トップページ | シソに似て非なるもの »