フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

離乳食開始

生後6ヶ月を機に離乳食を開始しました。

ドイツで離乳食は人参オンリーか?と思わせるくらい市販の離乳食コーナーの瓶詰めはオレンジ色に染まっています。

純日本人のコタロウは基本に忠実に、まずは10倍粥から。
記念すべき瞬間の写真を撮ろうと、口に運ぶのは旦那さまにお願いして私はカメラを担当。
最初の一口目を口に入れた瞬間、探るような顔をしてべろ~っと出しました。


離乳食の進め方本:「初日は小さじ1杯から」



終~了~!\(^o^)/




早っ。(^-^;

その後は徐々に量を増やし、きな粉粥、ミルク粥など順調にバリエーションを増やしています。
すりつぶしズッキーニを2日連続であげたら珍しく便秘しました。
離乳食開始時はこれまで母乳だけで形成されていた腸内環境が変わるため便秘することもあるらしいです。コタロウにはまだちょっと早かったかな。

あ、そうそう。
離乳食を始めてからヨダレの量が格段に減りました。
飲み込むことができるようになったのではないかと。
便の臭いが急激に臭くなる・・・と聞いていましたが、それはさほど変わりがないような?


それにしてもなかなかの食欲で、スプーンを近づけるとスプーンを手で握ってがっついてきます。スプーンを口に運ぶ手を休めると、早くよこせと催促される始末。

この間は昆布と鰹節から和風だしスープをつくりおきしました。トマトのすりつぶしやじゃがいも粥も完食。
一昨日から1日1回だけど1回2品目にして量も増やしました。なんだかママゴトやってるみたいで楽しいです。

さあ、明日は何をあげましょか?




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

謎の病と帰ってきた腰痛

どーも。
出産以来さまざまな体調不良を訴えているうおこです。
は~っ。また床に伏せってしまったよ。(ノ_-。)


突然の胃痛&吐き気&38度の発熱。
金曜の夜に激しい悪寒とともに上記の症状に襲われましてねー。
土曜日は授乳以外の時間は1日中寝たきりでした。
てか、こんな状態で授乳してベビーは大丈夫なのか?


週末でよかった。旦那さまが居てくれたからコタロウのお相手は全て任せ、私のお粥まで作ってもらいました。
日曜日には熱も下がり、なんとか回復。

あ~よかった♪ヽ(´▽`)/

って・・・
更にひどい症状がうおこを待ち伏せていた。




腰痛、再び。ψ(`∇´)ψ



前回ほどではないけれど、それに近いほどの腰痛。
2週間ほど前から実は痛めていたのだけど、それほど酷くもなかったので騙し騙し過ごしていたのよね。それが、この寝たきり生活で一気に開花(?)。

筋肉が固まってしまったようで、前かがみも後ろに反ることもできない。若干猫背で歩くのが精一杯。床から立ち上がることもソファーから立ち上がることも困難。
もちろんコタロウを抱っこなんて無~理~っ!

泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣泣・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ほんと、腰痛持ちでいいことなんてひとっつもありゃしないよ。
どうしよう~。今回は何週間で復活できるだろうか・・・。



★どうか励ましの応援クリックをおねがいします!★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ぼくの椅子

前に勤めていた会社の先輩からベビーちゃん用の椅子をいただきました。
なんと手づくりですよ!!


P1090725


丸い座面が可愛らしい白木のシンプルなチェアー。
この先輩、今は独立して自分の工房で温かい木製家具をつくり続けていらっしゃいます。




P1090722

ぼくちゃんも大満足。
0歳にして自分専用椅子があるなんてなんて贅沢!この子にはできるだけ“本物”のものを、つまり使い捨てのものではなく長く使える良い物をあげたいと考えているのでとても嬉しいプレゼントになりました。

こうやって、誰かの思い出づくりの一助を担うお仕事をされているって素敵だなぁ~と思います。

工房のホームページはこちら。



先輩、ありがとうございます。大切に使わせていただきますね(私は。最近凶暴、もとい活発になりつつあるコタロウがどのように扱うかは保障の限りではありませぬ)。



★私の手づくりもこれくらい本格的だとかっこいいのになぁ。ポチっと応援ありがとうございます♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今年もクリスマスマルクト

ドイツは先週末からクリスマスマルクトがはじまりました。
もうクリスマスへ一直線。
そしてお祭り気分で浮かれている間に年末がやってくる・・・。なんだか今年し忘れたことがいっぱいあるような気がするけれど、それはまた後で考えることにして・・・・。
とりあえず今年も早速わが町のクリスマスマルクトに行ってきました。



Photo

毎年あまり変わり映えがしないので売っているものの写真は割愛しますが、それでもこんなふうに装飾された屋台小屋なんかを見るとワクワクしてきます。

去年の様子を見たい方はコチラ




Photo_2

今年はこんな風車が設置されていました。




Photo_3

通りも電飾で彩られ。




Photo_4

食べ物は相変わらずソーセージ(普段と変わらないだろ!とツッコミ入れたくなります)。



Photo_5

今晩の食事。
豚肉ステーキにキャベツのサラダと大量のポテト。おもいっきりジャンクなかんじです。
昨年は寒い中、ステーキを頬張って大きな口を開けたら顎関節症を発症したので今年は注意しながらいただきました(笑)。




Photo_6

大量のドライフルーツが売っていますが、私は苦手。
キュウイのドライフルーツなんてのもありました。




Photo_7

これは欲しくなっちゃいました!
クリスマスツリーのオーナメントで、結晶などの模様が施されたガラス玉です。
1箇所くり抜かれていて、中にはさらにツリーやサンタなどの飾りが。




Photo_8

これは去年はなかった催し。
門をくぐると・・・




Photo_9

建物の白壁を利用してライトアップ・アートが!もちろんテーマはイエス・キリスト。



Photo_10

この規模に圧巻。とても綺麗でした。
その光に導かれるように進むと、中央に馬小屋に見立てた小屋が設置してありました。



Photo_11

キリスト教徒にはとても重要な、イエス・キリスト誕生の場面を再現したものです。


残念ながらコタロウは熟睡していたので記念写真撮れず。
今度昼間に来ようかな。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

手づくりおもちゃ

コタロウのためにおもちゃを作りました。
持ちやすいよう、つまみ付き
ガラガラ

Dscf4306



う少し大きくなったらミニボウリングもできちゃうよ♪(ホントか?)

Dscf4307



作り方は簡単。
ヤクルトのようなプラスチックの空き容器に材料を入れて蓋をする。
その大きさに合わせて毛糸でカバーを編みました。


Dscf3910


5個作って、それぞれ音が変わるように中身を変えました。
写真のはコーヒー豆。他に貝殻、ピスタチオの殻、ビーズ、鈴。まぁ・・・子供が音の違いがわかる頃には壊れていると思いますが・・・。


どうしても子育てネタが多くなりますが、最近やっとてづくり品の紹介ができて本来の私のブログらしくなったかな・・・?



★コメント返信が遅れておりますが必ずお返事します!応援クリックもお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

国境の街ストラスブール-後編

1_2

ストラスブールのもうひとつの観光スポット
プチット=フランス地区にやってきました。
ここはもともとなめし革職人の居住区だったところで、小水路が入り組んだところにアルザス地方伝統の家屋が密集しています。
世界遺産にも指定されており、観光客で溢れかえっていました。




2_2

観光船が通ると橋が開閉する仕組み。





3_2

ドイツ領だったこともあるのでフランスでありながら木組みの家並みを見ることができます。





4_2



5_2

3月上旬でまだ肌寒かったけれど、川沿いをのんびりお散歩するのもおすすめ。




6_3



7_2


8_2



9_2

何気ない風景が絵になるって素敵だなぁ~。




10_2

こんな看板犬に出会えたり・・・





11_3

女の子が壁にいたずら描きを・・・いえいえ、女の子も絵です!




12_3

さてさて、うおこ家の旅にお菓子食べ歩きは欠かせません・・・って旅行記を書くたび同じ台詞を書いているような気がしますが(笑)。

だってー、お菓子が残念なドイツにいると、特にフランス語圏のお菓子屋さんのショーウィンドーを見たらテンションがあがってしまうんですもの。




13_2

お、おいしそう~~~~っ。(*゚∀゚)=3 ムッハー!!
上段右はエクレア・ヴァニーユ。珍しくバニラクリームが入ったものです。
エクレア自体ドイツではなかなかお目にかかれないのよ。日本にいたら信じられません。コンビニでも売ってるのに。




14

この街の有名カフェを2件紹介。

「Naegel」 
大聖堂近くのRue de Orfevresという小路にあります。
ちょっと値段は高めですが、どれも絶品。
人気で回転がはやいので目的のお菓子がある場合は午前中に行くのがいいと思います。
確か日曜と月曜の午前中が休みなので要注意!!
私たちは夕方にいくつか買って、夜にホテルでた~っぷりいただきました♪




15_2

「Christian」
ここも大聖堂近くのRue Merciereという路沿い。
隣接するサロン・ド・テでも食べられます。


当然ですが、フランス語です。
なんて書いてあるのか、発音もま~~~ったくわかりません。特に「Naegel」の方はショーウィンドーと注文するところがちょっと離れているので商品を指差してアレ、コレ、っと言うこともできず・・・。
でもさすが国境の街。お土産屋さんでもここでも、案外私のかたことドイツ語が通じました。




16_2

これがクグロフ。お菓子というよりはパンですね。
「Naegel」に小さいサイズのクグロフがあったのでお試しで食べるにはいいかも。


今回も楽しくおいしい旅、満喫しました。



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

国境の街ストラスブール-前編

  今年の3月の話ですが・・・古っ(゚ー゚;)、ドイツとフランスの国境の街、ストラスブールに行ってきました。今更感たっぷりですがブログに掲載していなかったし、自分の記録用としても書き残しておこうかと。



1

ドイツ西部に位置する私の住む街からは車で3時間ほど。
例によってパスポートは持参してますが、EU圏なのでスルーパスでフランス入国です。
写真は「1km先からフランスですよ~」の看板。




2

フランスの端っこなのでのどかな田舎街と思いきや、意外にも国際的な大都市。ライン川の河川港があり、ヨーロッパの交通の要所になっています。
ストラスブール、ドイツ語では
Straßburg「街道の街」を意味するのも頷けます。こんな近代的な路面電車が走っていました。私の出身地、札幌の路面電車が果てしなく昔っぽい気がする・・・。




3

そんな近代都市でも旧市街へ向かえばこんな場面に出会えます。個人的な感覚では、路面の花屋さんってすごくヨーロッパ的なイメージ。
この時は3月上旬だったので水仙の黄色で溢れていました。




4

この街の観光スポットは世界遺産となっているノートルダム大聖堂。
地元の砂岩でつくられているため、その色合いがなんともいえず温かみがあるというか、見るものの心に迫ってきます。特に西日を浴びた姿は本当に神々しい佇まいでした。




5 

ケルン大聖堂もびっくりの装飾が施されたゴシック建築。大きすぎて全体像をカメラに収め切れません。



6_2




7



8

パリのノートルダム寺院を思い出させるようなバラ窓が綺麗。



9

教会の奥には人の人生を表現したという天文時計があり、毎日12:30だったかな?になるとキリストの前を12人の使途が通りすぎる仕掛けをみることができます。




10

大聖堂前の広場。


11_2 

ストラスブールは歴史的に何度もドイツ領になったりフランス領になったり・・・を繰り返していたので、ドイツらしい木組みの家も混在しています。それがもうひとつの観光スポットになっていますがそれはまた次の記事で。




12_2

広場前にひときわ目をひくレストランLa Maison kammerzell.




13

ホテルから旧市街へ行く途中にあったコンサートホール。こういう建物はフランスってかんじがする。


他の見所として、Palais des Rohanもありました。
18世紀に司教館として建てられ、現在は装飾美術館、考古学博物館になっている建物。なんと王妃マリー・アントワネットの有名な「王妃の首飾り事件」で罪を問われたローアン枢機卿も住んでいたそうです。





17

さて、ストラスブールのもうひとつの楽しみ方としては雑貨屋さん巡りでしょうか。
ストラスブールのあるアルザス地方伝統の模様が描かれた陶器が賑やかに店先を飾っています。
ウィンドーショッピングするだけでも楽しいです。
写真右下はクリスマスに欠かせないお菓子、クグロフの型。




18_2

こ~んなかわいいお店も・・・買いたい衝動をぐっと堪えました。(`・∞・´)



15

そう、今回この街に来た目的は観光のみならず、コウノトリグッズを購入すること!

ストラスブールはコウノトリが市の鳥に指定されています。実際、野生のコウノトリはほぼ絶滅しているらしいのですが・・。

私が訪れたときは妊娠8ヶ月。赤ちゃんを運んできてくれるという幸運にあやかって、是非とも生まれてくる子に何かコウノトリグッズを買ってあげたかったんですよね。




16

これ!右側の肌着、かわいいでしょう?
フランス語で「パパ+ママ=僕」って書いてます。コウノトリも描かれているので一目で気に入り、これを購入。
その他に木製のコウノトリ型モビールを買いました。子供部屋に吊るしたところ、これはコタロウがとーっても気に入ってくれて、動かすたびにニヤニヤしています。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙




19

後編につづく



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本のおくつろぎ宿

寒くなってきたし、温泉でも入りたいなぁ・・・と。

もしも、もしもよ。
とてもリッチになって飛行機はビジネスクラスで一時帰国なんかしちゃって、リッチな温泉宿に泊まることができたら・・・。

もしも劇場を繰り広げながら何気に温泉宿のホームページを見た私。

たまたま見つけた宿のうたい文句に驚いたよ。


「宿泊者の皆様にゆっくりとおくつろぎいただくため、2歳以下のお子様連れはお断りさせていただきます」


はあ・・・・?┐(´-`)┌

乳幼児はぎゃーって泣くからダメってことでしょうか?


そして食事なし、布団要らずの乳幼児からもお金を取る宿もあった。
タオルも浴衣も子供の分は何も使わないのに。
代金は1000円なり2000円なりでたいしたことはないのだけど、その分まで取ろうっていう構えがなんだかね・・・。

ホテル経営者側からも言い分があるとは思うけれど、子供連れで行こうって気がなくなる。ホームページに堂々とうたっている「おもてなし」が聞いて呆れるなぁ。


腰痛と万年肩こり。温泉宿で肩と背中マッサージしてほすぃ・・・。_| ̄|○




★コメント返信が遅れておりますが必ずお返事します!応援クリックもお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

巨大ベビードレス

妊娠中、気合を入れて作ったベビーグッズのひとつ。
純白のベビードレス。

男の子だけど、赤ちゃんなんだし、
お宮参りには行けないけど愛情の証なんだし。

と、自分を納得させつつ頑張って編んだ。しかも人の洋服を編むなんて初めての経験。




P1080473

いざ完成~!
と思ったら、なぜか超巨大になっちゃいました。
うーん・・・理由はただひとつ。編み針と毛糸の太さが合ってなかったんだよね。
ゲージ測るのを横着したからなぁ・・・。

帽子もベビー靴も編んだんだよ。
でも巨大。


ちなみに生後1ヶ月の時に着せてみたのがこの写真。



P1080371

でか!(ノ∀`) アチャー



その後一度も出番無し。
私のあの努力はいったい・・・。

さ、寒くなってきたから今からでも着せてみようかしら。なんでそんな格好してるの?とつっこまれそうだけど。( ̄__ ̄;)



P1080475

パールボタンだけグリーンにしてみました。




★コメント返信が遅れておりますが必ずお返事します!応援クリックもお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

秋冬になると表れるもの

ドイツ人って、植物を育てるのが好き。
家の中に観葉植物があるのは当たり前だし、夏の間はテラスを綺麗な花で彩っている。寒さ厳しくなってきた今日この頃、もうテラスに置いておけないし、家からも溢れたそれらの植物がどこへ行くかというと・・・




Dscf4312

アパートの廊下



うちのアパートは廊下が広いうえに陽が当たる窓もあるからそこに置かれちゃうのね。
でも誰も文句なんか言わない。
便乗して私も植物置いちゃいました。

日本だとあまり見ない光景かも?



★コメント返信が遅れておりますが必ずお返事します!応援クリックもお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

のっぽさん

小児科で3回目の定期健診に行きました。

身長・体重・頭囲測定、聴力検査、口腔内(?)検査、聴診器での検査が主な内容。
加えて毎回、その月齢でチェックすべき身体検査を行います。
今回はうつぶせにした状態を検査していました。おそらくうつぶせにした時どのくらい身体を持ち上げられるか・・・などを診ていたと思われます。


前回はちょうど首すわりの時期だったので仰向けの状態から両手をつかんで起き上がらせるなどの検査をしていました。
それプラス、最初の2回は腰のあたりをエコーで検査していましたが今回は無し。



どれもまーったく問題ないようで一安心。
よっしゃ、いいぞコタロウ。

体重8000g、頭囲43.5cmはほぼ平均値。
身長にいたっては73cm!これはけっこう大きい方です。ま、測り方は若干適当でしたが・・・。
それにしても生まれた時は2950gの49cmだったから、「小さく生んで大きく育てる」をまさに実践中。



その次の日レストランに行きましたが、ウェイターさんてばコタロウを見るなりすちゃっと子供椅子を用意して、おまけにプラスチックのお皿にフォークまでつけて出してきました。

ん? まだお座りできませんぞ。
離乳食も始めてませんが・・・?

そんなに大きな子に見られたのかしらん。
ベビーカーもまだ座るタイプではなく、水平のカゴを使用している寝たきり坊ちゃんなんですけどねぇ。


★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

殺意が芽生える時・・・

最近のコタロウは昼間の寝つきが悪くなった。
布団に置いて抱っこしている手を抜くときが最大の難関。まぁそれは乳児であればよくあることだけど、以前にも増して敏感になっておりすぐに目を覚まして泣き出す。

自分で激しく頭を左右に振ったり、新生児期によく見られた身体の痙攣でも目を覚ます。
こうなるとおっぱいをあげないと寝てくれないか、タイミングを失ってもう寝てくれない。(;´д`)トホホ…

夕方まで起きていられると本当に身動き一つとれないし、本人もなんだか機嫌が悪い。
うまくいって寝てくれたとしても今までは1時間寝ていたが30分もしないで目を覚ますこともたびたび。

8kgの身体を抱えて歌いながら部屋をぐるぐる歩き続けること約10分・・・。
ようやく寝かしつけが成功したと思った10分後に泣いて起きるともう、ぐったり。
あぁ私まだ食器洗いしかできていない。お茶も飲んでないし、座りたい~~~っ。_ノフ○ グッタリ



で、昨日。
やっと寝かした5分後。




ぶぃーーーーーーーーん ぎゅるっ ぎゅるっ



ドリルで壁に穴を開ける音でコタロウ泣いてお目覚め。

先日同じアパートに引っ越してきた中東系の人たちに違いない。
ドイツは賃貸アパートでも壁に穴を開け放題だから、こんなことはよくあること。
でもさ、今お昼の12時すぎだよ?お昼は静かにしなきゃならない時間帯だよね?
コンクリートづくりのアパートは音が響くんだよっ。


昼ごはんを食べるのも我慢して、寝るタイミングを失ってしまったコタロウをあやす私。
(私の姿が見えないと泣いてしまうのでキッチンで料理もできない。我が家は独立キッチンなのに加え部屋が狭いからまだお座りできないコタロウを寝かせておくスペースもない。)



14時。
再びおっぱいをあげて寝かしつけに成功♪


5分後。



ぶぃーーーーーーーーん がんがんがん!

コタロウ:「うわーーーーんっ」




・・・殺 (#`Д´)





13時から15時はドイツ式にいうとお昼寝の時間じゃなかったのかい!
私がここに引っ越してきたとき、同じように17:30頃作業してたら
「俺が寝ていたのにうるさいんだよ!」と苦情を言ってきたドイツ人オヤジ、
出番だよ!とっとと文句を言ってこい!!



その後結局コタロウは夜まで寝てくれませんでした。(;д;)



★昼間に子どもと一緒に昼寝って無理だよね。 ポチっと応援お願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »