フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 生後10週の新生児連れて初旅行-ミュンスター編 | トップページ | 生後10週の新生児連れて初旅行-ブレーメン・後編 »

生後10週の新生児連れて初旅行-ブレーメン・前編




Photo

ブレーメンに到着です。
中央駅は赤レンガのどっしりとした佇まい。





Photo_3

ブレーメンといえば、グリム童話でお馴染みの「ブレーメンの音楽隊」。
マルクト広場には音楽隊像が立っています。この音楽隊像については次回の記事で触れますので今回はパス。


ガイドブックによると、ブレーメンは自由への意識が強く、ドイツで最初に共和制の自治都市になった街でもあるそうです。
そのシンボルである市庁舎と、市庁舎の前に立つローラント像はユネスコの世界文化遺産に指定されています。




Photo_4 

写真は1405~10年に建てられた市庁舎。
繊細な彫刻が施されたアーチと赤レンガがマッチしていて気高い雰囲気です。





Photo_5

ローラント像。巨大です。





Photo_6

市庁舎の緑と対照的な赤屋根が並ぶマルクト広場。





Photo_7

ここを訪れたらマルクト広場の一角にあるこのマンホールを探してください。
穴にコインを投入すると、ブレーメンの音楽隊にちなんだニワトリ、ネコ、イヌ、ロバの鳴き声がするんですよ。
でも意外と知られていないのか、観光客はほとんどこれを素通りしていました。
小さなお子さんがいる場合はけっこう穴場スポットだと思います。





Photo_8

13世紀前半の前期ゴシック様式で建てられた聖ペトリ大聖堂。天に向けて真っ直ぐに伸びた2本の尖塔がなんとも力強いです。





Photo_9

内部もまた素敵でした。
回廊部の天井模様に思わず感嘆の声をあげちゃいました。





Photo_10

ベトヒャー通りにやってきました。金色のレリーフが通りの入口です。
ここは昔、コーヒー豆で財を成したルートヴィヒ・ロゼリウスが私財を投じて造った中世の街並み。
わずか100メートルほどですが、建築の粋を集めた見ごたえのある通りです。






Photo_12

ほらっ。レンガ造りがいい雰囲気でしょ。







Photo_13

三角屋根と屋根の間にはマイセン製の鐘が30個並んでおり、12:00~18:00の毎正時に実際に鐘が鳴ります。鐘の音色を聴きながらこの通りを歩くのもいいかんじなのでオススメ。


写真の左側にレリーフがあるのがわかりますか?
これは大西洋を股にかけた冒険家たちのレリーフで、鐘が鳴り響く間次々と現れる仕掛けになっていました。




Photo_14

コロンブスやリンドバーグ、ツッペリンさんなどがありました。




Photo_16

この仕掛け時計の向かい側にあるレストランでランチタイム。
バーカウンターがありいかにも飲み屋さん的なメニューでしたが(客層も年配の方ばかり)、歴史ある雰囲気を楽しめました。





Photo_15





Photo_17

街歩き再開。もう少し脚をのばしてSCHNOOR(シュノーア)地区へ。





Photo_18

狭い路地にカラフルな家が立ち並ぶ、ベトヒャー通りとはまた違った趣。





Photo_19

こんなに狭い路地も。





Photo_20

可愛らしい雑貨屋さんを発見。
ブレーメンの音楽隊がデザインされたグッズもたくさんあり、コタロウ用に木製パズルとTシャツを購入。
ブレーメンに来たという記憶も残らないコタロウに、いつか日本に帰国したとき思い出になるかしら~。





Photo_21

オシャレな看板を探して回るのもまたよし。





Photo_22

民家の壁面に・・・・怖っ!







Photo_23



次回はブレーメンの音楽隊にスポットを当ててお届けします♪



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 生後10週の新生児連れて初旅行-ミュンスター編 | トップページ | 生後10週の新生児連れて初旅行-ブレーメン・後編 »

コメント

ようこそ、わが町 BREMENへ!!

最近は 雨ばかりなので、この雨の降ってない写真は貴重かも。

私は32週になり、なんだかキックが強い子で、もう生まれてくるんじゃないかと冷や冷やしています。

足の付け根がなんだか痛いし。。

それ以外は 順調のようですが、両親学校とかまだ通ってないし、やらなければいけないことが多いのに、進んでません。 はーっ。

ブレーメンかわいい!!
まだ行ったことがないんです(´・ω・`)ショボーン
来月1週間ほどハンブルグに行く予定なので
そのときに寄ってみようかな~。

コタロウ君は旅行中どうでした?
レストランとか『ぐずったらどうしよ~』
とドキドキしながら食べてます、私。

続き楽しみにしています♪

ブレーメン、前から行きたいな~と思っています。
見どころが多そうですね。ますます期待が高まります。
もし行く事になったらこちらのブログで予習させてもらいますね。

>Oさん

Oさんはブレーメン在住だったんですね!素敵な街で羨ましいですー。
子供が生まれた後も一緒にお散歩して楽しい街ですね。

マタニティライフも最終段階に入ってきましたね。
もうお腹が大きくて身動きが大変なのではないでしょうか。
経過が順調なのはなによりです♪

>Kuchenさん

ハンブルクに1週間も滞在しているのなら1日ブレーメンに行かれてはいかがですか?
後の記事で書きますが、ブレーメンからハンブルクに日帰り観光にも行きましたよ。

旅行中はわりとおとなしくイイコにしてくれたので助かりました。
レストランで泣いたりもしましたが、ドイツ人は赤ちゃんにはわりと寛大ですよね。
でも、オムツを替える場所を探すのが大変でした。

>ぐりこさん

機会があれば、ぜひ。
ウインドーショッピングをしても、ただ街を歩いても楽しい街だと思います。

ブレーメンの音楽隊は小さいころから何だか好きで、よく夢にまで出てきましたよ。
自分も音楽隊と食事をしていたり。
可愛いものが多いですね。お土産のパスルをこたろう君と遊びながら思い出を語るのも
いいですね。

>mikaさん

夢に出てくるってすごいですね。
物語ではロバたちは本当はブレーメンに到着しなかった・・・というのが不思議なところですけれど(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生後10週の新生児連れて初旅行-ミュンスター編 | トップページ | 生後10週の新生児連れて初旅行-ブレーメン・後編 »