フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« コタロウ、彦星様になる | トップページ | カルトナージュ »

夫自慢

本日の記事は夫自慢なので、興味のない方、不快な方はスルーしてください(笑)。
そして記事が長いです~。



世の男性陣よ、我が夫はスゴイぞ!!( ̄▽ ̄)


私が腰痛により使い物にならなくなったので、旦那さまは育児のみならず家事も全面的に協力してくれた。
しかも、文句一つ言わずに。


まず週末の掃除機がけ。
腰が痛くなってはじめて痛感する、掃除機をかけることの腰への負担。


ゴミ出し。
コタロウの使用済みオムツが入ったゴミ袋はかなり重いため、私には無理!


料理、お茶碗洗い。
痛みがピークの時はキッチンに30分立っているだけでも辛くて仕方なかったので、これは共同作業。
私が食材を切るなどして全て整え、後は焼くだけの状態にしたところで旦那さまとバトンタッチ。食後は旦那さまが食器を洗って私が拭くといった具合。
当然、食事のクオリティは落下。立ち時間を軽減させるためにおかずの品数は減り、煮物など時間のかかるもの、凝った料理は無し。お味噌汁はインスタントの即席味噌汁。
手首も痛かったからお米とぐのもかなりテキトーだったような気が・・・。

こんな時、日本だったらと思わずにいられない。
日本だったら簡単便利な食材もお惣菜も容易に手に入るし、最悪コンビニ弁当でも食事らしい食事ができる。
でもここでは作らないといけないのだ。


洗濯。
ドイツの洗濯機はドラム式で、蓋が洗濯機の前面についている。洗濯物を取り出すのは中腰姿勢になるため、当然私は出来ない。
床に膝をついて座る→洗濯物を取り出して痛い痛い言いながら立ち上がる→物干し竿までヨタヨタ歩く、を2往復。濡れた洗濯物は重いので腰を痛めている今、一度では持てません。
従ってこれも見かねた旦那さまが手伝ってくれることに。


ここまでが家事。
これが出来ていないだけでも主婦として何をやっているんだ、と落ち込む。
何をやるにも動作が鈍くて時間がかかる。
毎朝ちゃちゃっと用意していた朝食準備、旦那さまのお弁当づくりも出来なくなった。
ドイツでレストランにいかずに昼食をとりましょう・・・と思ったら、パンかソーセージか肉かポテトしかない。
毎日こんなものを旦那さまに強いるなんて。家族の健康すら守れないなんて。
自分が惨めになった。


そして、育児。
子供はかわいいけどオムツ交換はやりたくない、という男性も多いと聞くが、コタロウをこよなく愛する旦那さまはそれこそ積極的になんでもやってくれる。
その中でも本当によくやってくれた(現在も進行中だけど)と思うのは、夜の授乳協力。

私が床の布団で寝られなくなったので私は一人で寝室のベッドに、旦那さまとコタロウが子供部屋で布団で寝ている。
夜中にコタロウの泣き声が聞こえたら私はソロソロと起き上がり、壁に手をついてヨタヨタと立ち上がる。子供部屋に行ったら授乳用のダイニングチェアーに座ってスタンバイ。
旦那さまは床からコタロウを持ち上げて私に手渡す。
授乳が終わったら「終わったよ~」と告げてまた布団へと降ろしてもらう。


つ・ま・り

授乳のたびに旦那さまも一緒に起きてくれるということだ。
なんで?と思うかもしれないけれど、腰痛さんには床に座るという作業が一番辛いのです。
床に座ったが最後、赤ちゃんを抱えて立ち上がるなんて無理!床に座ったまま、壁によりかかったまま授乳・・・いやいやこれもかなり腰&手首に負担がある。

授乳が終了したら私はコタロウが眠ったのを見届けてまたヨロヨロと立ち上がり、寝室へと帰る。3時間後にまたお会いしましょう~って調子で。


ここまでやってくれる夫、なかなかいないと思う。
赤ちゃんが泣いていても気づかず寝ている人もいるという中で。


最近ようやく抱っこできるようになってきたので、コタロウを引き取ってベッドで一緒に寝ることを提案した。
がっ、夜に起きたとしてもコタロウと一緒に寝たいらしい。
スゴイな・・・さすがに私も驚いた。(゚0゚)

ありがとう、感謝、感謝です。



★良い夫を持って幸せです・・・。スゴイと思った方はポチッとクリックお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« コタロウ、彦星様になる | トップページ | カルトナージュ »

コメント

本当に、快く協力してくれる旦那さんで助かったね~
専業主婦なのに何故できない!とか言っちゃう人もいるという話を多々聞く中、旦那さんは素晴らしい!

やっぱり、いい時ばかりじゃなくて、大変な時こそ支えあうのが夫婦よね。
今度、相手が困った時には自分が頑張ろうって思うもんね。

出来た旦那様ですね。いまどきのイクメン旦那様ですね。
うおこさん、幸せ者です~^^
それにしても・・・腰痛、ひどいみたいですね。無理しないで下さい。
ドイツの掃除機ってどうしてあんなに重たくてデカイのかしら~といつも
思います。広告で見てもどれも大きくて重そうなのばかり。軽いのは売って
ないのでしょうか・・・

でも、分かりますよ! 旦那さん見ていたら、ちゃんといろいろやってくれそうです。
その上、息子さんを愛している。。。。
仕方がないですね。
一緒による寝るってことで、喧嘩にならないようにしてください。
すてきな お話でした。
ありがとうございます!!

ご主人頑張ってますね~。
お母様はもう帰国されたのですか?
痛いのはつらいけど、自分の役割が遂行できないのも
気分的に落ち込みますね。
洗濯機から洗濯物を出すのって、すごい大変ですよね。
熊子は最近になってやっと干せるようになったけど
洗濯機から取り出して立ち上がるのは未だに出来ません(涙)

うおこさん、お久しぶりです(^^)

あらあら旦那様本当に素晴らしい!!

うちの主人にもほんのひとかけらでもいいので見習って欲しいですよ~。。。
旦那様、お仕事も行かれてるんですよね?

うちなんて、育児休暇取ってる時から、一緒に寝ると泣き声で起こされるから嫌だとか言ってました。もちろん仕事再開して、今では絶対に、睡眠の邪魔をされたくないみたいです。
家事も、私が出産後は家の中がめちゃくちゃでした。食器は山のように積まれて、家の中はとても人には見せられない状態でした。。。。
本当、思い起こすと正反対ですね(苦笑)育児休暇は仕事をしたくない口実です。
おむつ交換も手伝ってはくれても、必ず、私も一緒でないと嫌みたいだし。
率先してなんてありえないですよ~。
本当に羨ましい限りです。

>gattaraさん

快く協力・・・かどうかは不明ですが、本当によくやってくれたと思います。
感謝の一語に尽きますね~。
タルタルステーキ・食中毒事件の介護の何倍にもなって返ってきました(笑)。
そろそろ私も食事のクオリティをあげていかなきゃ、です。

>withfluteさん

ドイツって職人マイスターが居て、ものづくりのレベルが高いイメージ。
でもそれは工業製品には当てはまらないですよね。
掃除機、本当に重くて毎度イライラしています・・・いったい何年前の掃除機よ?!って。

>☆暴走特急☆さん

内輪の話ですが、こんなにも協力してくれた夫の栄誉をたたえ、ブログで書いちゃいました。
育児はやるのが当たり前と言い切って、なんでもやってくれます。
ありがたや~。

>熊子さん

母はちょうど産後1ヶ月の時に帰国しました。
腰痛がピークになったのがその1週間後くらいで、どうすることもできず・・・。

洗濯機から洗濯物を取り出す辛さ、共感していただけましたか!
けっこう辛いですよね。
熊子さんはまだまだリハビリ中のご様子。腰は長期戦になると思いますが、とにかく安静にしてひとつひとつできることを増やしていってくださいね。

>hitomiさん

旦那様、ドイツ人には珍しい(?)方なのかしら・・・。
睡眠を妨げられるのは誰でも辛いことですが、育児休暇を取っているのならばもう少し協力してくれても・・・って思いますよね。
家の中がぐちゃぐちゃ、わかります!
私も人が家に来る時だけ慌てて整えてます。

本当に協力的で何でも出来るご主人様で良かったですね。
夜泣きが大変と別の部屋に寝てる人もいるとか。
子供に手がかかって食事の質が落ちたと文句を言ったとかいろいろ聞きますよ。
そんな中で、男性の鏡ですね~。二人目、三人目もこの調子でいっちゃいましょう。

‥‥‥‥ちょっと、羨ましすぎて目まいが(@Д@;
3人子供居て、旦那は何もしてくれなかったっけなぁ‥。
体調悪くても、自分で何でもしていたから回復しなくて。
腰痛の時期は布団寝たきりで授乳とオシメ交換したっけ‥
育児参加比率、それは今も現在進行中の悩みの種だわ。

うおこは、優しい旦那さんで幸せだね、感謝だね(◎´∀`)ノ
今は、栄養満点の食事が出来る事より、うおこの身体の回復が優先。
料理や洗濯より、母が笑顔でいる事がとっても大切だもん。

焦らずにね。

今日、うおこのお母さんに電話させて貰ったよ。
諦めていた陶芸も、何とか夏休み明けに行こうと思って。
娯楽贅沢は敵だと我慢せずに、巧く頑張ってみるわ~

>mikaさん

本当にそうですね。
旦那さまには感謝、感謝です。
今はなんとかなんでも一人でできるようになりました。
でも調子に乗っているとまた痛めそうなのでゆっくりと仕事を増やしていこうかと思ってます。

>yummycoちゃん

yummycoちゃん宅はそうだね・・・大変だったよねsweat02

私はだいぶ回復してきたので笑顔で頑張ってるよ!

おー、ほんとにすばらしい旦那様です。
私も、間違いなく旦那様には適いません。素晴らしい旦那様です。
自分では、ある程度良くやったと思っていましたが、上をいってますね。
(かみさんの評価は・・まあ聞くのはやめましょう(笑))
オムツ交換は、当時私の周りでもできないパパが多かったですよ。
おしっこはできるけど、ウンチができないという話も聞きました。
赤ちゃんと2人きりになれないとか。

そういう話を聞くと、自分の子どもなのに、そんなことでこの先親として務まるのかなぁ?と考えてましたね。当時は。
その後の話が分からないので、なんともいえないのですが。
うおこさんの旦那さんは、素晴らしいです。拍手!

>ichiroさん

拍手ありがとうございます!夫もこれで頑張りが報われたかな?
私もいつか恩返ししないといけないですね。

>>おしっこはできるけど、ウンチができないという話も聞きました。
>>赤ちゃんと2人きりになれないとか。

これ、私の周りでも話を聞きました。
う~ん、何故でしょう・・・自信がない・・・のでしょうね、きっと。
やっぱり育児は女性の仕事、という潜在意識があるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コタロウ、彦星様になる | トップページ | カルトナージュ »