フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 春の風物詩 | トップページ | 育て、いのちよ。 »

北海水産共同購入

先日、日本人の友人たち数人と北海水産の共同購入を行った。

こちらはオランダ人が経営する水産加工品会社。
FAX等で注文すると、ヨーロッパ各地に冷凍の水産物を届けてくれるのだ♪

やはりお値段は正直、高っ!って思うけれど、ドイツでは手に入りにくいのだから仕方ない。

注文用紙には、お刺身用の魚やカマボコ、ちくわなどのすり身類、ホッケやアジの開きという、懐かしさと嬉しさで涙が出そうな文字が連なっている。

まだ食してはいないけれど、思わずワカサギなんて注文しちゃったよ・・・。
(;´▽`A``



早速、日本食パーティーを開催。

ブリと甘エビのお刺身に、沢庵と納豆を添えて。

P1070542


ま~~~~~っっ なんて贅沢な食卓!!lovely fish
うちは基本ほぼ毎日日本食だけれど、それにしてもこれは豪華絢爛(笑)。



毎度毎度思うこと。

ドイツ人もお肉とポテトばかりがっついてないでもっと魚介類を食べればいいのに。|゚з゚)



★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 春の風物詩 | トップページ | 育て、いのちよ。 »

コメント

ブリはちと苦手なんだけど、赤マグロ食べたい~~!
普段は高いし手が出ないけど、手が普段出るかの環境差は
精神的にも違うだろうな‥
ちくわ・カマボコも殆ど食べないけど、それが希少になるのか‥

うおこの食への苦労と日本食の日記を読むたび思うコト。
もっと、日常当たり前に与えられる日本食の素材へ感謝(◎´∀`)ノ☆

確かに色はきれいだけれども匂いは・・・なので水仙却下。
ヒヤシンスかフリージアにしよう。
ところで、ドイツ独自のお魚とかあるのですか? まあ食べなれた日本の魚の方が
断然美味しいと感じるでしょうけれども。
聞くところによると、ドイツも地域によって随分と食材が違うようですね。

>yummycoちゃん

あれ、ブリ苦手?
甘エビもブリも美味しくて「美味しい~~~っ」を連発しながら食べちゃったよ。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

こちらで日本よりも優れた食材ってなんだろう・・・ソーセージと・・・生ハムやチーズが日本よりもずっと安い値段で手に入ることかな。
モッツァレラチーズはよく使うようになったね。日本ではたぶん1度も使ったことなかったけど。

>mikaさん

ドイツ独自の魚っていうのは無いと思いますよ。
内陸の国だから・・・。
でも北に行けば海に面しているので私が住んでいるところよりは魚が手に入ると思います。
それでも調理方法はフライにするか、ムニエルか・・・くらいだと思います。

ドイツで魚を買うのはホントに高いですね。REWEで売ってる冷凍ものでも結構するし。日本でもあんな値段だったかな?って思うくらいです。(日本で冷凍はあまり買わないか^^;)
おでんの種を買う時は勇気がいります(!)たまに食べると本当においしいと感じてしまいます~。

>withfluteさん

お魚類を買うときは勇気が要りますよね。
でも健康のためと思って多少値段には目をつぶっちゃいますねー。
うちは鮭はもっぱら冷凍物です。

ユキです。
お魚羨ましすぎ!
次回は私も是非参加したい~

お刺身は高価すぎて手がだせそうもないけど・・・

日々の料理に張り合いを出すため、私もブログを初めてみたよ。
まだ誰も来ないけど(笑

時間があったら見に来てね~

>gattaraさん

あ~どもどもっ。
ブログ始めたのね。後ほどゆっくりお邪魔しますね~。

お魚は次回の購入の時声をかけますよ♪いつ企画しよう?
甘エビはけっこう量があったから値段に納得かな。
ちょっと高いけど安心して生を食べられるという点(冷凍物だけど)では、その辺のお店では叶わないことだからねー。

共同購入はGood ideaです。
刺身などは、なかなか食べられないでしょうから。
写真みると、自分も食べたくなっちゃいました。
日本ではいつでも買えるんですから、やはり幸せです。

>ichiroさん

最低注文料金が約2万円~+送料なので個人的に頼むのはちょっと大変なんですよね。
お魚に飢えている日本人仲間と共同購入すれば、発注取りまとめや受け渡しが手間ですが、個人の負担は減るのでいいシステムです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の風物詩 | トップページ | 育て、いのちよ。 »