フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« あをによし奈良の都 | トップページ | ハロウィンの折紙 »

愛し緑の君

もうすぐハロウィン。街中はハロウィンかぼちゃのオレンジ色に沸いている。

私にはこの1年、心待ちにしているものがある。
1年前のこの時期のみ、Bioのお店で奇跡的に売られていた緑の君。
愛しい君の名は「グリーンカボチャ」!


ええ・・・そうなんです。ドイツにはグリーンカボチャ売ってないんですよね。
じゃがいもは大量摂取するくせに、かぼちゃを食べる習慣があまりないみたいで。

ドイツに売っているかぼちゃといえば「Hokkaido」という名のオレンジ色のかぼちゃ。
こんな異国の地で私の故郷の名がついた食材に出会えるとは!と、大いに期待して食べた結果あえなく撃沈した時の記事はこちら。

でも去年はハロウィン前のこの時期だけ自然食品を取り扱うBioの店で売っていたのだ。
今年もそれを期待していたのだが、見当たらず。


スーパーとしても、仕入れても売れないから置かないんだろうな。
昔ならいざ知らず、これだけ情報や流通が整備されてきたんだからもう少しいろいろな食材を食べようよ、ドイツ人。って思う。


この間、郊外の大型スーパーで韓国産エリンギが売っていた。エリンギなんてその辺のスーパーではまず購入することができない。
やっほぅ!とばかりにいそいそとカゴにエリンギを入れていたら、そんな私を見ていたドイツ人に話しかけられた。

「すみません、それはどんな味がするの?」

どんなと言われても・・・キノコの味の表現は難しい(しかもドイツ語)。

「とても美味しいですよ」(←答えになってないけど)

「あら、そうなの。○×$♯■▽・・・・?」(←何言ってるかわからない)

「私は野菜と一緒に炒めたりします・・・」

「あら、そう。ありがとう」

「どういたしまして・・・」


本当はお味噌汁に入れたり網焼きにしてポン酢で食べるのが好きなんだけど、そんなことドイツ人に伝わるはずもない。
結局ドイツ人のおばさん、エリンギは購入せず。
どうやって調理していいかわからないんだろうなぁ。
アジア食材の進出不足をものすごく実感。
でもその割りに普通のスーパーでお醤油が売られており、彼らはいったいこれをどのように利用しているのか疑問でならない。


★ポチっと応援ありがとうございます!! 励みになります★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« あをによし奈良の都 | トップページ | ハロウィンの折紙 »

コメント

やっぱり、国が違えば文化も違いますよね^^

ハロウィーンの時に売られているカボチャは食べられないのでしょうか?美味しくないだけ?

カボチャを日本から送ってもらったりとかは出来ないのでしょうか?

もし出来るのであれば送ってもらって、ドイツの人に日本のカボチャを食べさせてみてはいかがでしょう?

本当に意外ですね。エリンギぐらいは食べているかと
思っていました。
以前、白いかぼちゃを見たのですが、ドイツ産ですか?
飾るにはオレンジのかぼちゃは可愛いですが、お味がダメではね・・・
再利用できないですね。down
今年は日本の野菜は美味しくないですよ。despair
猛暑や気象の変化が激しくて、家で日よけに育てたゴーヤも
例年ほど大きくならずに色が変わってしまいましたし、
全般的に水っぽく、味の薄い野菜が多いように思います。
どこの国にいても美味しいものを探して食べたいですね。

ドイツのかぼちゃは水っぽいって聞きますね。スープ用にだったら使えるのでしょうか。
スーパーに見た事のない野菜がたくさんありますが、調理方法がわからなくて買えません。weep
語学力があったら、うおこさんに聞いてきたドイツ人みたいに、どうやって食べるの?って聞けるのに~と思います。coldsweats01

>cockneyさん

ハロウィン用のかぼちゃはオレンジの巨大かぼちゃか、グロテスクな形のものだから食べられないのではないでしょうか・・・。
グリーンかぼちゃ、日本から送ってもらいたいですけど、すごい送料になっちゃいますよね。coldsweats01
アジアショップで1/4の大きさにしたかぼちゃが売っていますが、高いのでなかなか手がでません。
こちらではおいしいかぼちゃは贅沢品ですね・・・。

>mikaさん

飾り用の小さな白いかぼちゃの事ですか?
ドイツでは白いかぼちゃはみかけませんね。

今年は本当に異常気象だったから日本で野菜が高騰しているみたいですね。
しかも美味しくないって・・・。残念ですねぇcrying

>withfluteさん

そうなんですよ。ドイツのかぼちゃは水っぽいらしいです。
スープとかお菓子に使うのならいいかもしれませんね。

私も試した事のない野菜&果物がいっぱいあります!
アーティチョークとか。
調理失敗した時に自分で食べないといけないので(捨てるのは忍びないし、かといって日本人夫は味に慣れてないから食べてくれそうにないし)、なかなかチャレンジできずにいます。

マイタケの風味を表現するのは、日本語でも難しいなぁ~
ドイツ食材のソーセージやベーコンと炒めると美味しいのにね!
バター&醤油というゴールデンコンビをドイツ人も知っているかな‥?
お節介でも教えてあげたいなぁ~ってコトで、頑張れヘ(゚∀゚ヘ)☆
(※人ごとだと思って楽しむ)

>yummycoちゃん

そうだねぇ。今度は頑張って説明してみるよ。
でもドイツに「野菜炒め」って存在するのかなぁ。
レストランでは数種類の野菜をきざんで炒めて味付けをした、っていう料理をあんまりみかけないような・・・。
メインはお肉かサーモン(オーブンで蒸し煮したかんじの。決して焼いてはいない)で、
その付け合せにはポテトかザウワークラウトというキャベツの酢漬けみたいなもの、もしくは生野菜のサラダがあるくらいよ。
日本のファミレスのハンバーグ定食を思い浮かべて。
一皿にハンバーグと人参のグラッセとポテトとコーンが乗ってるでしょ。
あんなかんじ。具材を混ぜた料理ではないの。ポテトならポテトだけで調理!みたいな。
伝わるかしら?restaurant

要するに‥
「材料ドーーン!オーブンドーーン!仕上げに生材料ドーーン!」
‥って感じ?

硬度の高い武器になるパンと言い‥キノコの「風味」を伝えるには
かなり壁があるのをなんとなく感じた‥。

きのこの味の説明は難しいでしょうね。
以前のノリの説明の時もどう説明すべきか想像もできませんでしたけど。

知らない食材は難しいですよね。
かみさんも外国野菜はほとんど手をだしません。
調理した料理サンプルや、ちょっとしたメモなんか置いとくともっと売れると思うのですが?

>ichiroさん

日本だったらいかようにも調理できそうですから、外国野菜も取り入れやすそう!
一緒にレシピが置いてあったらいいですよねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あをによし奈良の都 | トップページ | ハロウィンの折紙 »