フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« もしも蕎麦アレルギーになったら | トップページ | 必死の帰還 »

血も涙もない

日本人って、よっぽど不満がないかぎり異議申し立てや願望を組織相手に告げたりしないと思う。
いや、もちろんケース・バイ・ケースだし、最近ではモンスターなペアレンツっていう輩が横暴な要求を突きつけてきたりもするけれど。
少なくとも小心者の私は、あまり表立って意見を述べるようなことはしてこなかったのだが。


語学学校で、私のクラスの先生が2週間の休暇に入った。
代行で来た先生は教え方が非情に上手で全ての生徒が授業内容を理解できる。

かといっていつもの先生が悪いというわけではない。こちらもとても良いのだが、スピードが速すぎる。覚えも良くて出来る生徒にとってはどんどん吸収できるから語学力アップに繋がる。が、そうでない生徒にとっては速すぎてついていくのもやっとだ。
もちろん質問をすれば答えてもらえるが、そのスピードも速いから頭の中でゆっくり考えている間に次々と進んでしまう。

クラスの生徒たち全員の願いは、代行の先生にこれからもこのクラスを受け持ってもらいたいということ。

で、これを事務所に願いでることになった。
代行期間最終日の授業終了後、クラス全員で事務室へ。

事務のお姉さんは私たちの話を聞き・・・
「では、そうなるようにいたしましょう」って。


えっ、まじで?


「話はわかりました。でも我々も先生とよく話し合ってみなければなりません。上の者とも相談しますので、まずはこの話を預からせてください。」
っていう返事が返ってくるものだとばかり思っていた。

ガッツポーズまでして喜ぶクラスメートを尻目に、私の胸中は若干複雑だ。

担当の先生が嫌いなわけではない。
もう少しスピードをゆるめてくれればいいだけの話だ。
もしあっさりと変更になったら、担当の先生の仕事はどうなってしまうのだろう。
(そんなこと生徒には知ったこっちゃないのかもしれないけれど)


次の日、休暇を終えた担当の先生が暗い顔で現れた。
「あと2日で私は終了です。とても残念です・・・」


・・・・・・・・・。

お、重い空気・・・。( ̄◆ ̄;)


私も事務室に行きましたよ、一緒に。
でもまさかこんなに簡単に要求が通るなんて思ってもいなかった。
学校側と先生が面談でもして生徒の意見を先生に告げて少し様子をみるとか、先生側にも改善の余地を与えるものかと思っていた。
なのに、こんなにあっさり・・・。
日本ではありえない、と思うのだけど。


血も涙も無いな。
それとも何か?学校側としてはぐずぐずしていてお金を払ってくれている生徒が辞めてしまったら損失になるから?
ありとあらゆる対応がのんびりなドイツとは思えない早業。


中学生の頃、学習塾に通っていたことがあった。その時の先生(アルバイト大学生)がすごーく嫌で、授業も下手で友達といつも文句を言っていた。
もしもその時クラスメイトと結託して塾に不服申し立てをしたら解雇させることができたのだろうか?


かくして担当の先生は去り、代行だった先生が担当になった。
自分も加担したとはいえ、とても心が痛んだ出来事だった。




:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


◆「Café 空」よりお知らせ~◆

もうみなさん見てくれましたか?
ただいま「Café 空」のギャラリーで空の写真展を開催しています。
好きな写真への投票を受け付けていますのでコチラからお立ち寄りください♪
9月いっぱい開催中。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« もしも蕎麦アレルギーになったら | トップページ | 必死の帰還 »

コメント

はじめまして、cockneyです。

今はカナダに留学中です。ドイツ人の友達ができて、ドイツに興味を持ち、ドイツについてのブログを探していてこのブログにたどり着きました、

この記事を読んでいてなぜか僕まで悲しい気持ちになっちゃいました。。(笑)

今は日本ではまだ中学3年ですが、そのうちドイツにも行ってみたいと思っています。

宜しくお願いします^^

気持ち分かるなぁ。
意見は言いたかったけど、そんな・・・という感じですよね。
新しい先生はいいけれど、去る先生の気持ちを考えると。
いや、今までの先生でも、授業のペースを下げてもらえれば・・・

確かにそういうところが日本とは違うかもしれません。

>cockneyさん

はじめまして。
ブログへのご訪問&コメントありがとうございました(o^-^o)

中学3年生でもう外の世界に出ているなんて、貴重な体験をされていますね!
こちらドイツはもちろんドイツ語ですが、若い人はたいてい英語が話せます。英語さえ話せれば多くの国の方とコミュニケーションがとれますし、ヨーロッパではさほど困らないと思います。
英語もたいして話せない私としてはそれをとても実感します。
カナダで語学以外にも友人を通して多くの事を学んで素敵な留学をなさってくださいね♪

>ichiroさん

コメントありがとうございます。
自分たちの権利、要求を堂々とつきつける、しかもそれが認められる。
日本だったら「決められたことだから無理だろう」と、最初から諦めてしまいそうなことなのに。
そんなことを実感した一幕でしたね・・・。
どうにも後味が悪かったです。

はじめまして。
以前から拝見していました。(仕事の合間に・・Café 空で一息とか・・)
東京は雨です。それも傘さしていても濡れちゃうじゃんみたいな雨です。
私はドイツ生活にあこがれていてこちらを見つけました。
今は日本でドイツパンやらビールを楽しむぐらいですが、
いつか住んでみたい国です。またおじゃましますね。

>mikaさん

はじめまして!
いつも見てくださってたんですね、ありがとうございます♪
そしてコメントありがとうございました。
しかも「Café 空」を見ていただけたとは~~~~っheart04
嬉しいです。励みになりますhappy01

現実に住んでみると不満なんかもやはりありますが(ブログでもたまに書いちゃったりしてますが)、私にとっては住みやすい国で、けっこう気に入っています。
ビールがお好きなら、こちらに来たら美味しいのをたくさん味わえると思いますよ~。

ぜひまた遊びにきてくださいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もしも蕎麦アレルギーになったら | トップページ | 必死の帰還 »