フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

「Café 空」より ときどきFrühstückします

Frühstück
ドイツ語で「朝食」ですね。

ドイツではFrühstückと銘打って、カフェなどで珈琲と簡単なパンや軽食をセットで提供したりしています。
日本でもありますよね。朝定食だったり朝マックみたいなものが。
ところがドイツでは「朝」とは名ばかりの時間にコレをやっていたりします。
午後3時までとか、ヒドイ時は午後5時までとか。もちろんこれはお店によりますよ。


休日にゆっくり起きて朝食兼昼食を取りにカフェに出かけてくつろぐ・・・なんていうスタイルもよくみられます。
たまにはそんな過ごし方もいいですよね。


さて、「Café 空」ではこのFrühstückをときどきやります。
店主はたいへんきまぐれなのでときどきしかやりません(笑)
メニューは都度替わりますのでご了承ください。
本日はマスター手づくりのスープカリー。
カレーはドイツ人にも案外人気なんですよ。

Dscf3064

どうぞ召し上がれ。


※「Café 空」ギャラリーで9月いっぱい行っていた「空の写真展」、本日で終了です。
ご来店&投票くださってありがとうございました。
特に人気のあった写真が以下の作品。

10

12 

ギャラリーではまた展示会を行いたいと思います。ご興味のある人はコメント欄にご一報を。



★ブログ更新怠りがち・・・でもポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

必死の帰還

約2週間の一時帰国を終え、ドイツに帰ってきた。
日本は噂通りの猛暑で、成田に降りたとたんの熱風。
まず旦那さまの実家のある関西で数日を過ごしたが、生まれてこのかた道産子の私にクーラーが心地よいはずもなく。
おまけに私の実家の北海道に移動したときには一気に秋が訪れ、寒さに震えた。

極寒ドイツ→猛暑関西→急転直下の冷気ただよう北海道を移動した我々夫婦はまんまと風邪菌の餌食に。

帰りの飛行機が具合悪くて最悪だった。
鼻水ズルズルで鼻の下はカピカピだし、体調不良から口唇ヘルペスも発症。
腹痛&頭痛に悩まされ、着陸時の耳鳴りはかなりの痛さ。
ヨレヨレの私は人相が変わって入国審査で止められるのではないかと思った。


そんな思いをしてたどり着いたドイツは案の定寒い。
震えながら空港からの電車を待つ私の目の前を、分厚い脂肪という断熱材をまとったゲルマン人が半袖で通りすぎてゆく。
飲み物を飲もうにも売店にはコーラ、スプライト、ファンタオレンジ、炭酸水といった調子でお腹に優しくないものしか置いていない。
しかも暖かい物といったらコーヒーのみ・・・。




ばかじゃねーの、コイツら


(↑体調が悪いので機嫌が悪い)


全てが素晴らしすぎる(特に食文化)日本から戻ってみると、久々に毒づきたくもなる。
なんでこんなに食文化後進国なんだよ、ドイツは?!



ということで前置きが長くなりましたが(長すぎっ!)体調不良のため、ブログの更新は怠りがちになりますがボチボチ行っていきます。
皆さんのブログにあまり遊びに行けないかもしれませんがお見捨てなきようヨロシクお願いします・・・。



★ご訪問ありがとうございます。戻ってみると改めてドイツ寒いなー。ポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

血も涙もない

日本人って、よっぽど不満がないかぎり異議申し立てや願望を組織相手に告げたりしないと思う。
いや、もちろんケース・バイ・ケースだし、最近ではモンスターなペアレンツっていう輩が横暴な要求を突きつけてきたりもするけれど。
少なくとも小心者の私は、あまり表立って意見を述べるようなことはしてこなかったのだが。


語学学校で、私のクラスの先生が2週間の休暇に入った。
代行で来た先生は教え方が非情に上手で全ての生徒が授業内容を理解できる。

かといっていつもの先生が悪いというわけではない。こちらもとても良いのだが、スピードが速すぎる。覚えも良くて出来る生徒にとってはどんどん吸収できるから語学力アップに繋がる。が、そうでない生徒にとっては速すぎてついていくのもやっとだ。
もちろん質問をすれば答えてもらえるが、そのスピードも速いから頭の中でゆっくり考えている間に次々と進んでしまう。

クラスの生徒たち全員の願いは、代行の先生にこれからもこのクラスを受け持ってもらいたいということ。

で、これを事務所に願いでることになった。
代行期間最終日の授業終了後、クラス全員で事務室へ。

事務のお姉さんは私たちの話を聞き・・・
「では、そうなるようにいたしましょう」って。


えっ、まじで?


「話はわかりました。でも我々も先生とよく話し合ってみなければなりません。上の者とも相談しますので、まずはこの話を預からせてください。」
っていう返事が返ってくるものだとばかり思っていた。

ガッツポーズまでして喜ぶクラスメートを尻目に、私の胸中は若干複雑だ。

担当の先生が嫌いなわけではない。
もう少しスピードをゆるめてくれればいいだけの話だ。
もしあっさりと変更になったら、担当の先生の仕事はどうなってしまうのだろう。
(そんなこと生徒には知ったこっちゃないのかもしれないけれど)


次の日、休暇を終えた担当の先生が暗い顔で現れた。
「あと2日で私は終了です。とても残念です・・・」


・・・・・・・・・。

お、重い空気・・・。( ̄◆ ̄;)


私も事務室に行きましたよ、一緒に。
でもまさかこんなに簡単に要求が通るなんて思ってもいなかった。
学校側と先生が面談でもして生徒の意見を先生に告げて少し様子をみるとか、先生側にも改善の余地を与えるものかと思っていた。
なのに、こんなにあっさり・・・。
日本ではありえない、と思うのだけど。


血も涙も無いな。
それとも何か?学校側としてはぐずぐずしていてお金を払ってくれている生徒が辞めてしまったら損失になるから?
ありとあらゆる対応がのんびりなドイツとは思えない早業。


中学生の頃、学習塾に通っていたことがあった。その時の先生(アルバイト大学生)がすごーく嫌で、授業も下手で友達といつも文句を言っていた。
もしもその時クラスメイトと結託して塾に不服申し立てをしたら解雇させることができたのだろうか?


かくして担当の先生は去り、代行だった先生が担当になった。
自分も加担したとはいえ、とても心が痛んだ出来事だった。




:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


◆「Café 空」よりお知らせ~◆

もうみなさん見てくれましたか?
ただいま「Café 空」のギャラリーで空の写真展を開催しています。
好きな写真への投票を受け付けていますのでコチラからお立ち寄りください♪
9月いっぱい開催中。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

もしも蕎麦アレルギーになったら

蕎麦に限らず食べ物のアレルギーって恐ろしいよね。
特に蕎麦はひどい人になると呼吸困難、意識障害などのショック症状を起こす人もいるらしい。


我ら夫婦はお蕎麦好き。
とろろ蕎麦なんてたまらないわ~って調子なので、ドイツで滅多に食べられないのが残念だ。
で、先日久々に家で蕎麦を食べた(日本に一時帰国する前の話)。


数時間後、旦那さまの身体に異変が・・・。

身体全体に赤い発疹が次々と浮き出てきて、とても痒がっている。
尋常ではないその状況に、夜の11時だったため慌てて緊急外来をやっている病院へと駆け込んだ。
こんなことは始めてだ。
まさかの蕎麦アレルギー発症?!!!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!



そこの病院は残念ながら皮膚科は無かったのだが、先生が診てくれた。


がっ、 
蕎麦アレルギーを知らない。



そうだよね、ちゃんとした皮膚科の先生じゃないんだもんね。
ドイツに蕎麦は無いもんね。
辞書を片手に説明するも、「なんじゃそりゃ」って感じだった。( ̄◆ ̄;)


とりあえずこの症状を鎮めるために注射をズババッ!と3本ほど打たれた旦那さま。
直後から眠気が来たので家までは私が運転して帰る。
するとみるみるうちに発疹が引いていく。

スゴイ・・・・何を打ったんだろう。逆にコワイって。


で、次の日ちゃんと病院に行きたかったのだが遠方へ泊まりの出張だったためそのまま出発。
昼間はなんともなかったのに夜に

再び発症し、またまた夜中に緊急外来の病院へ。

そして再びズバズバッ!と注射を打ち込まれる旦那さま・・・。


これはもう、ちゃんとアレルギーテストを受けないと訳がわからない。
しかし2日続けて同じものを食べたわけではないので蕎麦アレルギーの可能性は低くなったわけだけど。


でももしも本当にそうだったとして、ドイツでちゃんとわかるのかしらね?



・・・・・・・・この騒動からしばらく経ったのち、蕎麦を食べてなんともなかったので蕎麦アレルギーでないことは実証された。
よかったよかった。(;´Д`A ```
でも蕁麻疹の原因は不明のまま。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

◆「Café 空」よりお礼◆

ただいま「Café 空」のギャラリーで空の写真展を開催しています。
おかげさまでたくさんの方にご来店いただきました。
投票くださったみなさん、ありがとうございます。


この写真展では好きな写真への投票を受け付けていますので、まだお越しいただいていない方はコチラからお立ち寄りください♪
9月いっぱい開催中。


★何も知らない外国人にむやみに蕎麦を食べさせたら危険だと思う・・・
かわいそうな旦那さまに同情クリックよろしくお願いします♪★

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

みみみみみ・・・・

実りの秋です。
数日間の猛暑以外は寒かったドイツの夏。そんな異常気象にもかかわらず、植物は例年通りに実をつける。まったく野生は逞しい。
近所を散歩しただけでもたくさんの実に出会った。


1_2

ホオズキ。


2_2

木になっていたこれはなんだろう?(写真ボケちゃった・・・)



22_2

これも背の高い木になっていたもの。なんでしょ、これ。
葉が顔の大きさほどもある。



3

セイヨウヒイラギ?(かな?)
日本に自生している柊は初夏に黒い実をつけ、葉の形が似ているというだけでいわゆるクリスマスの飾りに使うものとは全く別の種類なんだそう。



4

たぶんバラの実・・・。



5

名前はわからないけど垣根によく使われている木の実。



55

ひとつ前の写真のオレンジバージョン?
いや、葉っぱの形が違うな・・・。



6

一面にうす~くカビでも生えたかのような色の実。
こんな色で鳥に好んで食べてもらえるんだろうか?(笑)



7

雨に濡れて、アメジストの玉みたい!こんな紫色の実見たことない!



8

赤ちゃんの握りこぶしくらいの大きさの実。なんでしょ、これは?


これだけあれば鳥も食べ物に苦労すまい。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


◆「Café 空」より告知!!◆

ただいま「Café 空」のギャラリーで空の写真展を開催しています。
好きな写真への投票を受け付けていますのでコチラからお立ち寄りください♪
9月いっぱい開催中。

もう見てくれた方、ありがとうございます!!



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ふぁんだじあらんど~

ドイツ中西部のBrühl(ブリュール)という街にある遊園地に行った時の話。
ブリュールはケルンと旧西ドイツの首都・ボンとのちょうど中間くらいに位置しており、ここにあるアウグストゥスブルク城は世界遺産にもなっているという街だ。

今回、世界遺産は置いておいて、「phantasialand」という遊園地を紹介しよう。

まず園内の広さに驚く(東京ドーム何個分とか言われると、道産子の私にゃーさっぱりわからないのだけど)。
そして造作の凝り方がまたすごい。

園内は「チャイナタウン」「ミステリー」「ファンタジー」「アフリカ」などテーマごとに分かれており、それぞれのテーマに添った建物で構成されている。



1

ここはチャイナタウン。
「千と千尋の神隠し」の世界に紛れ込んだかのような錯覚さえ起こしそう。



2

こちらはメキシコ。



3

昔のベルリンを表現したゾーン。
ここには昔の衣装を纏った貴婦人や紳士が普通に歩いていたりして、遊園地であることを忘れてしまいそうになる。



4

こちらはファミリー向けのファンタジーゾーン。

5




もちろん乗り物も充実。宙吊りのまま激しく回転するコースターなど絶叫系もさることながら、ずぶぬれ必須のウォータースライダー、イリュージョン&マジックショー的なコーナーも。

まぁ言葉やお粗末な写真では伝わりにくいと思いますので、ファンタジアランドのホームページを是非見てください(ファンタジアランドのまわし者ではありません・・・)。


ここ数年、遊園地に来るたび具合の悪くなる私。
たぶんお腹空いた状態で、乗り物に乗るからだと思うのだけど・・・今回はコレで撃沈。


小学生の姪っ子と子供向けの乗り物しか乗れず(絶叫系は子供の年齢OKでもこちらの規定で身長が足りず~)、私も早々にダウンしたので遊び足りない様子の旦那さま。

ごめんよ~お腹が空いてて・・・・いや、単に歳で三半規管が弱ったのか・・・。


みなさんもお時間があれば是非どうぞ。楽しめますよ♪


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


◆「Café 空」より告知!!◆

ただいま「Café 空」のギャラリーで空の写真展を開催しています。
好きな写真への投票を受け付けていますのでコチラからお立ち寄りください♪
9月いっぱい開催中。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ペットボトルリサイクル

本日は久々にドイツ情報をお届け。

ドイツといえば“エコ”なイメージ。もちろんペットボトルはリサイクルに出す。

が、コレ、日本のように回収に来てくれるわけではなく、自分で買ったお店などに出しに行くのだ。
自分で出しに行くなんて面倒くさい、そこまでエコな気持ちは持ち合わせていない。
な~んて人も心配ご無用!
なぜならリサイクルに出せば返金されるから。
わずかでも現金を得られるとならば行きますよね。

正確に言えば、購入する時点で本体価格+リサイクル分の料金を支払っており(ドイツではPfandという)、ペットボトルを戻せばそれと引き換えにその分のお金が返金されるというシステムだ。
(※全てのペットボトルが該当するわけではありません)


出し方は二通り。
直接お店のレジに持っていくパターンと、ペットボトルリサイクル機に入れるパターン。


Dscf0182

例えば・・・スーパーにこんな機械が設置されている。


Dscf0183_2 

ペットボトル投入!
すると中でペットボトルに付けられたバーコードを読み込み、ボトルごとの返金額を計算。


Dscf0184

最後に返金額が書かれたレシートが出てくる。
これをレジに持っていけば返金してくれたり、次の買い物時に金券代わりとして利用できる。


日本でも昔、瓶を商店に持って行ったりしてたけど、そのシステムは今でも健在なのだろうか?



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


◆「Café 空」より告知!!◆

ただいま「Café 空」のギャラリーで空の写真展を開催しています。
好きな写真への投票を受け付けていますのでコチラからお立ち寄りください♪
9月いっぱい開催中。



★ドイツのこういうとこ好き。今日もポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

雨上がりの恐怖

雨上がりには虹が見えたり、雲間から光芒が放たれたり、鳥のさえずりが聴こえたり・・・と、心なごませる小さな出来事がしばしばある。

が、ここドイツにおいて、私には恐怖がある。
そいつの正体は・・・


巨大なめくじ。


どこからともなく現れる巨大なめくじが家の前の歩道にうようよ。
日本でみかけるなめくじを想像してはいけません。

全長(推定):5cm以上。
幅(推定):1cm以上。
体色:なんともいえない茶色。

デカイ、太い、気持ち悪いの3拍子揃った気色の悪さ。


Dscf3095_2

ブログに掲載するのもおぞましい・・・。でも、日本のみなさんにお見せしたい。
ちなみにコイツは推定7cm。


なめくじだって生きているのに・・・と思われた方、ごめんなさい。
でも私にはその有様が恐怖以外の何者でもないのです。( ̄_ ̄;)

茶色具合から一瞬、小さい○ンコが転がっているのかしらと思いきや(ドイツではよく道端に犬の○ンコが落ちているため)、ちょっと湿り気のあるそれはまさしくなめくじ。
そんでもって、きゃつら、体の下半分になんか模様が入っている・・・。全体がヌラっとしているのも気持ち悪いが、意味不明の模様が見えるのもまた、未確認生物を発見してしまったときのような恐ろしさがある。


それなら見なければいいのに、と思われますか?
でも、もしも、もしもよ、うっかりコレを踏んでしまったらどうなるかしら。太さからいって足裏に感触が伝わるのは確実。
1匹だけでなくランダムに散らばっているため、絶対に踏みたくないと思うと道路を凝視してしまうのね。


しかーも。その数時間の後、乾いて体長が若干縮まった彼らは、数匹の蝿にたかられるという運命をたどる。ほんと、○ンコに近づいてしまったように。



もう~~~なんだってこんな危険な道路にわざわざ出てくるのか?
大人しく草むらに居てくれればいいのに。
もしくは己の歩行速度の限界を知ってくれ!!


コレとミミズさえいなければ雨上がりは好きなんだけど・・・。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


◆「Café 空」より告知!!◆

ただいま「Café 空」のギャラリーで空の写真展を開催しています。
好きな写真への投票を受け付けていますのでコチラからお立ち寄りください♪
9月いっぱい開催中。



★勇気を振り絞ってナメクジ掲載してみた。励ましのクリックお願いします♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

最近の「Café 空」

寒くなってきましたね(それはドイツだけか?)。
朝目覚めた時に雨雲がたちこめて天気の悪い日が多くて出かけるのがなんだか億劫・・・。
そんな日はどうぞ「Café 空」においでください。
暖かい一杯の珈琲さえあれば満たされる・・・そんな空間を作っていきたいと思っています(架空だけど)。


Dscf3163



そんな「Café 空」では現在、空の写真展を開催中です。
コチラからどうぞご覧ください。

14



「Café 空」アルバムにも店内の様子とガーデンの写真を追加掲載いたしました。
コチラまたはこのブログの左サイドバーにある「Café 空」アルバムをクリックしてください。


「Café 空」?意味わからん、初めて来店したという方はコチラをご覧ください。



さて、今日も「Café 空」開店です。

Dscf3050



★今日もご訪問ありがとうございます。本日も愛の手を~♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今月のキャンドル(9月)

7月末よりついにドイツに夏は戻らず、完っ璧に秋になってしまった。
ブログのプロフィール欄に載せていた涼しげなキャンドルディスプレイもあまりに季節違いなので慌てて秋バージョンを制作しました。


Dscf3177

テーマは“秋の森”。
葉が色づき、やがて落ち葉や松笠が大地を豊かにする。



Dscf3184

忍び寄る寒さに奮えた時は明かりを灯せばぬくもりが・・・。
ガラスが冷たい印象なのでキレイ色のフェルトの服を着せてみました♪


まー松笠などを使う自体で安易といえば安易なんだけど。
9月といわず、たぶん10月もコレを継続する見通し・・・やっぱりその場にある材料だけで作るには少々無理が出てきたか?(笑)

それでもロウソクが活躍する時期に入ったのでちょっと嬉し。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

これまでに制作した作品はこちら

[1月][2月][3月][4月][5月][6月][8月]


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


◆「Café 空」より告知!!◆

ただいま「Café 空」のギャラリーで空の写真展を開催しています。
好きな写真への投票を受け付けていますのでコチラからお立ち寄りください♪
9月いっぱい開催中。



★今日もご訪問ありがとうございます。クリックも忘れずに宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

異文化交流できたかな?

ドイツ語のA1テストが終了して、クラスのメンバーも少し入れ替わりがあった。
9月から大学に通う若い子やA1取得だけを目的としていた人は去っていったし、ビザの有効期限が切れてしまう人も一旦自国に帰り、数ヵ月後にまたドイツへ戻ってくるといった具合。
私はもう少し続けることにした。


たとえ一時でも一緒に学んだ友人との別れはせつないものだ。
少しでも気持ちを伝えたいと思い、折紙を付けたお手製カードをプレゼントした。

Dscf3031


彼らとはお互いの国の言葉(簡単な挨拶など)を教えあったり、私は折紙を披露したりもした。
「ありがとう」や「こんにちは」だけならスペイン語、チェコ語、ロシア語、KIRUNDIというアフリカの言葉を覚えた。
漢字は異常にウケがいいので調子にのって黒板に書いたりもした(笑)。



少し前に学校で小さな昼食会があった。
少しずつ自国の食べ物を持ち寄っておしゃべりしながら食べるというもの。
私はミニオニギリを持参。
ちゃ~んと風呂敷に包み、日本文化全開モードで挑んだ(風呂敷がなんたるか・・・ということは語学力不足のため説明できなかったけど)。


Dscf2910


アメリカ人はチョコブラウニー。
トルコ人はオリーブの実をいろいろに味付けしたおつまみ、ポーランド人はお肉が入ったパイのようなグラタンのようなお料理。
チェコ人はチェコ風だというケーキを焼いてきた。


Dscf2915


オニギリ、なかなか好評で。さすがに梅干は彼らにはきっついだろうと思ったので、シソの葉とおかかにした。


「これは何?どうやって作るの?」
と質問されるも、私の語彙力で説明できるはずもなく。

「Reis(お米)! Salz(塩)! え~っと・・・ ニギニギ(握ってる風のジェスチャーと効果音)」


おかかを指して「中に入っている茶色いのは何?」

「えーーー・・・ Fisch(魚)! ドライフィッシュ、スライス、スライス!」\(;゚∇゚)/

英語も総動員してみるが、返って混乱を招いているような?


「und・・・(それと) Sojasoße(お醤油) を・・・」
こんなかんじでかけるのよ!と、再びジェスチャー)

「Sojasoßeって何?」

「えー・・・Das ist ・・・ Bohne?(それは・・・豆・・・?)」

自分が疑問形になってどうする。( ̄_ ̄;)



「(ふーん・・・ま、いいや。)じゃあこれは?(シソを指して)」


「Das ist ・・・ japanisch Blatt!(それは・・・日本の葉っぱ!)」Σ(;・∀・)


「じゃあこの黒いのは?(海苔を指して)」

「Meer(海)・・・え~・・・Meer(海)・・Gras(草)・・・」(@Д@;


・・・・・・・・・・沈黙。



無理―っ。もう絶対無理!


この人たち、素材自体を知らないんだもん!そんな彼らにレシピどころか素材まで説明できたら学校通ってないよー。



あぁでも楽しかった。みんなありがとう。
少しは異文化交流できたかな。


新メンバーとしてベトナム出身の男の子、アルジェリア出身のお母さん、イエメン出身のお姉ちゃんが加わった。
急にアラービッシュな雰囲気~。今度はアラビア語を教えてもらおう♪




★愉快な体験しています。今日もポチっとクリック宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

「Café 空」写真展のお知らせ

本日より「Café 空」では、店名にちなんで空の写真ばかりを集めた写真展を開催いたします。
どうぞお立ち寄りください♪

開催期間:9月1日~30日


写真展といっても、素人さんが何気に空を見上げた時に撮影したスナップ写真です。
クオリティの低さはご了承くださいね。
珈琲片手になんとなく和んでいただければ、程度です。


あ、それから好きな写真があれば是非投票してください。何も当たりませんが(笑)、ご感想などお聞かせください。
投票は9月いっぱい受け付けております。
コメント欄に気になった写真番号を入力ください。重ねてお断わりいたしますが、投票しても何も当たりません(笑)。

写真は「Café 空」アルバムのギャラリーにも掲載いたしました。
お時間ある方は他の店内写真などと一緒にそちらもご覧くださいね♪



ではごゆっくり。


※「Café 空」、なんじゃそりゃ?というひとはコチラをご覧ください。




:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



01_2



1: 『もうお帰りの時間だよ』


まもなく夕暮れ。空を自由に飛び回っていた雲も家に帰る時間かな~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


02


2: 『ロケット発射!』

厚い雲間から洩れた陽がロケットみたいな光を放っていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


03


3: 『光を抱えて』

厚い雲が神秘的な青に染まるのは光を隠しているから?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


04


4: 『翳り』

妖しいほどの翳りが近づいてきた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



05


5: 『粉砂糖』

空に撒き散らした粉雪?それとも粉砂糖?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


06


6: 『麒麟発見?!』

空想上の生き物が空を登っていく姿みたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


07


7: 『雲の絨毯歩いてみる?』

子供の頃、ふわふわの雲の上を歩く夢を見た。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


08


8: 『雲、走る』

強い風に引っ張られて雲が面白い形をつくっていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


09_2


9: 『20世紀絵画』

まるで絵画みたいな綺麗な色に溜息しか出なかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


10


10: 『紋様』

空に描いた紋様。なんて不思議。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11


11: 『しゅぱーーーーーっ』

顔めがけて光彩を放たれた。目、やられた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


12


12: 『ぷかぷか』

この後どこへ漂っていくの?行方をずっと見ていたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


13


13: 『いく筋もの行方』

飛行機雲の通り道。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



14


14: 『染』

どうしてこんな色に染まるのだろう。神秘としかいいようがない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



★今日もクリック宜しくね♪コメントもいただけると嬉しいです★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »