フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 「Café 空」 本日の珈琲 | トップページ | うおこの、世界の車窓から-クール編 »

うおこの、世界の車窓から-アルプス編

連載でお届けする「世界の車窓から」風旅行記。
見逃した人は過去の記事をこちらからご覧下さい♪

-導入編
-ミラノ編


ちゃらっちゃっちゃっ ちゃ~らら~ ちゃら~ ちゃ~ら~ら~ら~♪


午前10時20分ミラノ発、ティラーノ行きの列車がホームに・・・来たのかどうかわかりません(笑)。
発車時刻になっても電光掲示板にはホームが表示されず、悩める一家。さすがイタリアです。
ヨーロッパの中でも主要駅のミラノ中央駅でどうしてこういう事になるのか疑問ですが、前日のうちに見ておいた時刻表のホームに行くと、古めかしい列車が既に待っていました。



駅を通り過ぎるたび、見上げるほどの山がどんどん近づいてきます。


1_2

約2時間半をかけてイタリア・ロンバルディア州にあるティラーノという街に到着しました。
ティラーノはイタリアとスイスの国境の小さな街。
ここから「ベルニナ急行」に乗り換えてクールまでアルプスを南から北へと進んでゆきます。

おや、日本語の看板がありますね。
このベルニナ鉄道は箱根登山鉄道と姉妹関係にあるそうです。


2

2008年、この沿線の周辺景観がユネスコ世界遺産に指定されました。
万緑の山に映える真っ赤な列車が旅人の高揚感を誘います。

日本から来た小さな女の子、さぁ世界遺産の旅に出発ですよ。
14時04分ティラーノを出発した列車は約4時間半をかけてのんびりとアルプスを越えていきます。


3

まもなく最初の見所、BURSIOです。
ここには煉瓦で造られた見事なオープンループ橋があります。橋が円を描いているので、自分の乗った列車を撮影できるという絶好の写真スポット。これからあのアーチの上を進んでいきます。

おや、そういえばここはもうスイス。いつの間にか国境を越えてしまいました。
スイスはEU圏ではありませんが、パスポートチェックも何も無し。ヨーロッパは本当に地続きなんですね。



4

突然視界がブルーに覆われました!
ここはMIRALAGOにあるPOSCBIAVO湖。空の青を映したかのような、いえ、なんとも表現し難い美しいコバルト色に、車内から感嘆の声が洩れます。


5

絵に描いたような山間の小さな村を眺めながら列車はどんどん登っていきます。
POSCBIAVO湖がもうあんなに遠くに。



6

いよいよ行く手が険しくなってきました。いくつもの九十九折の道を慎重に進んでいきます。
CAVAGLIA駅から次のALP GRUEM駅まではこの路線で最大の標高差、なんと400m!いやはや、こんな急勾配の道をよくつくったなとしか言いようがありません。

左手に氷河が見えてきました。
真夏すぎるからでしょうか?それとも地球温暖化のせい?山頂の雪がどんどん溶けて滝になって流れ落ちているのがわかります。



7

さあ、山頂のOSPIZIO BERNINA駅に着きましたよ!
アルプスの雪解け水がつくったラーゴ・ビアンコ(白い湖)が静かに旅人を待ち受けてくれています。
波ひとつ無い、時が止まったかのような光景に心が和みます。



8

路線中もっとも高い所に位置するこの駅は標高2253m。
周囲は無数の岩と短い草に覆われています。それと高山植物でしょうか、車窓からは可憐なピンクと薄紫、黄色の小花をたくさん目にすることができました。



9

突然、大きな角を持ったヤギ(?)が登場!
車内販売のワゴンです。
旦那さま思わず「お~よしよしよしっ」。



10

列車は乳白色の小川に沿って下ってゆきます。



11


12

牧歌的な風景を眺めながら
「さっきハイジがいたねぇ」なんて冗談も飛び交います。

そろそろアルプスとお別れです。



13

18時27分列車はクールに到着しました。
スイス、初上陸です。
赤い線で囲まれているのがスイス。これでいうと、クールはオーストリアにちかい東側に位置します。

本日はここで1泊。
明日はこの街を観光します。




★素敵な景色でしょ?ポチっとクリックお願いします♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 「Café 空」 本日の珈琲 | トップページ | うおこの、世界の車窓から-クール編 »

コメント

素晴らしい景色ですね~~~ため息が・・・・。

私はサンモリッツからティラノに行きましたが真冬の一面雪景色でした。
それに比べて緑の美しい事!!

日本人が多いと聞きましたが、こんな景色って日本人好みですかね??

だんな様のお顔がヤギに見えてきたわ!

コバルトブルーの湖、キレイですね~、実際に見たら言葉にはならないくらい感動なんでしょうね。スイスを鉄道で旅、なんて憧れます。その辺からハイジとペーターが出てきそうですよね
旦那様もおちゃめです

>美遊さん

私が乗った電車で日本人は見かけませんでしたが、観光客は多いと思います。
山の見える景色って、やっぱり日本人は好きなんでしょうね。

>withfluteさん

この日は天気がよすぎて写真が白く飛んでしまっていますが、実際は全ての色彩がもっと鮮明で綺麗でした。
withfluteも、もし機会があればぜひ行ってみてくださいね~♪

景色が最高です。POSCBIAVO湖は感嘆の声が出てしまうでしょう。
氷河観たい+登ってみたいです。氷河は温暖化のせいで、どんどん後退しているようですよ。

一様じゃない湖の色、本当に「車窓景色」堪能形式で楽しい~
牧歌的な山と空と湖に、映える赤い列車も素敵だね(◎´∀`)ノ
って、車内販売ワゴン!剥製じゃなくて、カワユイお人形なのが良い☆
旦那様の「お~よしよし」顔も見たかったな(・∀・)ニヤニヤ

>ichiroさん

山登りはしたことないのですが、こちらではけっこう盛んだし、日本人も多く訪れているようですよ。是非、いつかチャレンジしてみてください!

>yummycoちゃん

剥製苦手なんだったっけ・・・。
あ、でもこれ、剥製ではなくてリアルな人形だったよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「Café 空」 本日の珈琲 | トップページ | うおこの、世界の車窓から-クール編 »